ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「若林正恭」の検索結果

「若林正恭」に関連する情報 2133件中 1〜10件目

「若林正恭」に関連するイベント情報

スーパーボウル

オープニングトークで、若林正恭が200人のファンや野口聡一さんが集まったと紹介した。野口さんは2017年にスーパーボウルを観戦したと話した。


VOGUE

オカンはファッションイベントで終始イライラしていたが、そのイライラが会食で爆発したという。オカンは会食が楽しくないということで、息子に「帰る」と言って走って食事会の場所から逃げ出してしまったという。この「ITS」というイベントでファッション誌「VOGUE」のイタリア人編集者に出会ったという。そこでミラノの老舗百貨店のウィンドウディスプレイを担当することになったという。そこで実際にそのディスプレイが紹介された。若林正恭は最終的なラベリングを「天才のおばちゃん」と決めた。


「若林正恭」に関連するイベント情報

ITS

オカンはファッションイベントで終始イライラしていたが、そのイライラが会食で爆発したという。オカンは会食が楽しくないということで、息子に「帰る」と言って走って食事会の場所から逃げ出してしまったという。この「ITS」というイベントでファッション誌「VOGUE」のイタリア人編集者に出会ったという。そこでミラノの老舗百貨店のウィンドウディスプレイを担当することになったという。そこで実際にそのディスプレイが紹介された。若林正恭は最終的なラベリングを「天才のおばちゃん」と決めた。


ディズニーランド

停留所から舎弟に扮した若林正恭と西高スケバンに扮した日村勇紀が乗り込み、若林から東高スケバンに扮した川口春奈との喧嘩を止めて欲しいとお願いされた。浜田雅功と奥さんとの力関係を暴露された事、大阪ほんわかテレビのAPからのアンケートを読み上げられた事、川口から「お前らレベルと絡む気はない」と言われた事、松本がディズニーランドでタンクトップを着ていたと暴露された事で全員OUT。


ロサンゼルス・ラムズ

フィラデルフィア・イーグルスvsロサンゼルス・ラムズの試合は、フィラデルフィア・イーグルスが勝利した。

フィラデルフィア・イーグルスvsロサンゼルス・ラムズの試合を振り返ってのトーク。若林正恭は、「イーグルスはラムズ相手にしぶとく勝ちましたね」などと述べた。


「若林正恭」に関連するグルメ情報

ネオン缶

スタジオで、番組レギュラーの青木崇高、本谷有希子、若林正恭、YOUの、スタジオトーク。スタジオに「菓子工房ルスルス」の、「ネオン缶」、「夜空缶」、「鳥のかたちクッキー」が用意されて、一同がそれを試食した。


「若林正恭」に関連するグルメ情報

夜空缶

スタジオで、番組レギュラーの青木崇高、本谷有希子、若林正恭、YOUの、スタジオトーク。スタジオに「菓子工房ルスルス」の、「ネオン缶」、「夜空缶」、「鳥のかたちクッキー」が用意されて、一同がそれを試食した。


「若林正恭」に関連するグルメ情報

鳥のかたちクッキー

スタジオで、番組レギュラーの青木崇高、本谷有希子、若林正恭、YOUの、スタジオトーク。スタジオに「菓子工房ルスルス」の、「ネオン缶」、「夜空缶」、「鳥のかたちクッキー」が用意されて、一同がそれを試食した。


菓子工房ルスルス

新田あゆ子さんのセブンルール、「ルール1 誰にでも作れるレシピで作る」を紹介する。ある日、新田あゆ子さんが浅草の「菓子工房ルスルス」で、お菓子を作っていた。「菓子工房ルスルス」には、東麻布店、松屋銀座店、浅草店があり、「菓子工房ルスルスからあなたに 作り続けたいクッキーの本 ていねいに作る48レシピ」(マイナビ出版)、「くわしくて ていねいな お菓子の本 菓子工房ルスルスが教える」(柴田書店)という本も出している。新田あゆ子さんは、2006年に菓子教室のルスルスをオープンさせ、その後、お菓子の販売を始めた。現在の新田あゆ子さんは、誰にでも作れるレシピで、お菓子を作っているという。その理由を、「お菓子作りやったことなくて、入ってくるスタッフもやるので、みんな出来ます」などと話した。

新田あゆ子さんのセブンルール、「ルール2 妹の舌を信用する」を紹介する。ある日、新田あゆ子さんが店内でお菓子を作っていると、妹の新田まゆ子さんがやって来た。姉の新田あゆ子さんは、菓子作り・商品開発を担当しており、妹の新田まゆ子さんは、菓子作り以外の全ての作業や、接客を担当している。別の日に、新田あゆ子さんが、ほうじ茶とレモンを使ったチョコレートケーキの開発をしていた。その試作品を、妹の新田まゆ子さんに食べてもらい、評価をしてもらっていた。このように、妹の新田まゆ子さんに、新商品の感想を聞いているという。その理由を、「分からなくなっちゃうから。美味しいってだけ言われてると」などと話した。

新田あゆ子さんのセブンルール、「ルール3 年に一度は自分の未来を年表にする」を紹介する。新田あゆ子さんの子供の頃の写真が、数多く紹介された。新田あゆ子さんは27歳で、ルスルスをオープンさせた。新田あゆ子さんは年に一度、自分の未来を年表にしているという。その年表が紹介された。このような年表を作っている理由を、「他人よりちょっと遅くスタートしている。お菓子の世界に。不安になる時がある。自分を落ち着けるために書いてた」などと話した。

新田あゆ子さんのセブンルール、「ルール4 クッキーはパズルのように隙間なく詰める」を紹介する。ある日、新田あゆ子さんが店内で、クッキーを詰めていた。クッキーはパズルのように、隙間なく詰めるという。その理由を「いろんな形があると、食べるのが楽しくないですか」などと話した。また、「菓子工房ルスルスからあなたに 作り続けたいクッキーの本 ていねいに作る48レシピ」(マイナビ出版)に掲載されている、クッキーの写真が紹介された。

スタジオで、番組レギュラーの青木崇高、本谷有希子、若林正恭、YOUの、スタジオトーク。スタジオに「菓子工房ルスルス」の、「ネオン缶」、「夜空缶」、「鳥のかたちクッキー」が用意されて、一同がそれを試食した。

新田あゆ子さんのセブンルール、「ルール5 お昼は父の作ったおにぎり」を紹介する。ある日、新田あゆ子さんと新田まゆ子さんが、兄の大介さんについて話し合っていた。大介さんは、新田あゆ子さんの3歳上だったが、「菓子工房ルスルス」ができる少し前に、亡くなったという。2人が、大介さんの思い出を語り合った。その後、午前10時に父親の誠一郎さんがやって来て、昼食のおにぎりを届けた。このように、新田あゆ子さんの昼食は、父親の作ったおにぎりだという。その理由を「お父さんにお願いはしていないです。何かしたいみたいで」などと話した。


「若林正恭」に関連する音楽・CD

多目的スペースのバラード(大原バカリ子)

バカリズムは仲のいい友達を答えても、いないと答えることにしている。以前は若林正恭や山里亮太と仲がいいと考えていたが、2人がバカリズムの知らないところで鍋に行っていることにショックを受けたという。仲が悪いのは渡部建。敵わないと思っているのは、出川哲朗と狩野英孝。狙っていないのに笑いが起きるこの2人への劣等感は常にあるという。