ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「若林正恭」の検索結果

「若林正恭」に関連する情報 1985件中 1〜10件目

「若林正恭」に関連するレストラン・飲食店

若林正恭は「アメリカの飯が嫌い」と明かし、帰国すると出汁文化の凄さなどを痛感するという。

出島光氏の朝は出汁をとることから始まり、コース料理の味付けや盛り付けの指示を飛ばした。歴代の料理長から承継した店の味にアレンジを加えていて、その味を求めて、多くの人々が足を運ぶ。仕込みの時間、調理場ではラジオをかけ流し、接客時に話のネタになることもあるという。

夜の時間、コース料理は全11品で、来店客の食事ペースも考え、出島料理長が配膳のタイミングを指示する。男性に囲まれているとあって、優しくしてはナメられると、時には語気を強める。出島氏は辻調理師専門学校を卒業後、2012年に今の店に就職し、修行を開始した。先輩とうまくいかず、1ヶ月で辞めてしまったが、初心に立ち返り、上野法男店主に再び働かせて欲しいと懇望。上野氏は才能を認めていたため、店に戻したという。

本谷有希子は厨房で飛び交う怒号が無くなりつつあると感じていて、YOUは「絶対、録音するじゃんか。後輩は。文春とか新潮に持ってっちゃう。怒鳴れないでしょ」とコメント。

ランチの営業が終了した午後3時、ジャージ姿に着替えた出島氏はスタッフたちと談笑しながらまかないを食し、15分の昼寝を取った。体力勝負とあって、他の従業員にも昼寝を取るよう徹底させている。

小学校低学年で料理人志望だった出島氏の夢は自分の店を出すことで、それまで、空腹は店で満たし、食費をうかせている。また、月に1度は”おやっさん”こと上野店主に奢って貰っていて、勉強してくれていると感じるという。

店の営業後、出島氏は系列店の柚上満太郎料理長と新メニューの打ち合わせを行った。季節の移ろいに合わせて、毎月のように新メニューを考案している。

 (懐石・会席料理)

「若林正恭」に関連する本・コミック・雑誌

若林正恭さんのエッセイが斎藤茂太賞を受賞した。受賞作は、若林さんが3泊5日で訪れたキューバ旅行を綴ったもの。心豊かな表現や、ピュアな視点が評価された。

「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」

Amazon.co.jp


「若林正恭」に関連する本・コミック・雑誌

オードリー・若林正恭が、キューバ旅行について書いたエッセーが、斎藤茂太賞を受賞した。受賞作「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」は若林さんが日本で生活する上で抱える不平不満は世界共通のものなのかという疑問を解くため、一昨年3泊5日の強行軍で訪れたキューバの旅をつづったものとなっている。(サンケイスポーツ)

「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」

Amazon.co.jp


サンケイスポーツ

オードリー・若林正恭が、キューバ旅行について書いたエッセーが、斎藤茂太賞を受賞した。受賞作「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」は若林さんが日本で生活する上で抱える不平不満は世界共通のものなのかという疑問を解くため、一昨年3泊5日の強行軍で訪れたキューバの旅をつづったものとなっている。(サンケイスポーツ)


サンスポサンスポ

オードリー・若林正恭が、キューバ旅行について書いたエッセーが、斎藤茂太賞を受賞した。


VOGUE

オカンはファッションイベントで終始イライラしていたが、そのイライラが会食で爆発したという。オカンは会食が楽しくないということで、息子に「帰る」と言って走って食事会の場所から逃げ出してしまったという。この「ITS」というイベントでファッション誌「VOGUE」のイタリア人編集者に出会ったという。そこでミラノの老舗百貨店のウィンドウディスプレイを担当することになったという。そこで実際にそのディスプレイが紹介された。若林正恭は最終的なラベリングを「天才のおばちゃん」と決めた。


「若林正恭」に関連するイベント情報

ITS

オカンはファッションイベントで終始イライラしていたが、そのイライラが会食で爆発したという。オカンは会食が楽しくないということで、息子に「帰る」と言って走って食事会の場所から逃げ出してしまったという。この「ITS」というイベントでファッション誌「VOGUE」のイタリア人編集者に出会ったという。そこでミラノの老舗百貨店のウィンドウディスプレイを担当することになったという。そこで実際にそのディスプレイが紹介された。若林正恭は最終的なラベリングを「天才のおばちゃん」と決めた。


京急

渡辺ひろ乃さんは5年間の婚活旅で世界中を巡り40カ国の男と付き合った。渡辺さんは30歳の時に100%の九州男児だった。若林正恭は羽田から京急乗っている時にやっぱ日本が1番と話すとした。渡辺さんはインタビューにきた人で、「僕じゃだめ?」と言われたと話した。渡辺さんは九州男児と5年間で離婚。


羽田

渡辺ひろ乃さんは5年間の婚活旅で世界中を巡り40カ国の男と付き合った。渡辺さんは30歳の時に100%の九州男児だった。若林正恭は羽田から京急乗っている時にやっぱ日本が1番と話すとした。渡辺さんはインタビューにきた人で、「僕じゃだめ?」と言われたと話した。渡辺さんは九州男児と5年間で離婚。


「若林正恭」に関連するグルメ情報

若林正恭は、苺を嫌いという人は聞いたことがないとコメント。青木崇高は、「苺」という字が草冠に母だと話したが、その理由は知らなかった。

渡部美佳がオーナーを務める苺のお菓子専門店「MAISON DE FROUGE」には、50種類以上の苺のお菓子が並ぶ。苺はその日の仕入れとお菓子の種類によって、最適の品種が選ばれる。この日のショートケーキには、「恋みのり」と「おいCベリー」の2種類が使われた。ルール1、95%以上熟した苺しか使わない。市場に出回っている苺は7〜8割の熟度で摘み取るが、完熟してから摘むと味の深みが全然違うという。

渡部美佳は大卒後、アパレルや流通関係の仕事に就いたが長続きせず。苺菓子専門店の開業を検討していた友人にもらった1粒の苺が、渡部の人生を変えた。2003年、渡部は友人と苺菓子専門店をオープン。2人ともお菓子作りはほぼ素人で、2〜3年たっても売り上げゼロの日があったという。それでも様々なイベントに出店を続けた結果、百貨店のバイヤーの目に留まり、少しずつ人気に。しかしオープンから10年、友人が結婚を機に店を辞めることになった。渡部はよりおいしい苺を求めて全国を回り、今では30種類もの苺を取り扱っている。それぞれの苺の魅力を引き出したスイーツを求め、店は行列の絶えない人気店に。ケーキ作りはスタッフに任せているが、レシピ開発は今も渡部が手掛ける。ルール2、ショートケーキの苺は4層。どこを切っても苺と生クリームのバランスがいいという。

スタジオにプレミアムショートケーキが登場。YOUは「苺の香り、すごい」とコメント。青木崇高は「味のバランスがいいですね」と話した。

午前9時、渡部美佳が出勤。開店前に事務作業をこなす。11時に開店すると、接客や苺の味の確認。昼食は近所のパン屋へ向かい、注文したのはスープ1杯のみ。ルール3、昼はあっさりした料理を食べる。味の濃いものを食べると、苺の繊細な味が分からなくなるからだという。

岡山県西粟倉村に、渡部美佳の工房がある。2016年、西粟倉村の新規事業支援プログラムに応募。村からの支援を受けて工房を運営している。ここでは焼き菓子やジャムを製作。苺ジャムだけは渡部が自ら作っている。ルール4、苺は横から食べる。先端の方が糖度が高く、全体の苺の特徴をつかむためだという。苺の味を確かめ、味の調整をしてジャムを作る。

渡部美佳は長野県伊那市の農園を訪れた。目当ては苺そのものではなく、苺の生態や遺伝子のことなどを勉強するためだ。ルール5、年齢は秘密にする。相手が自分より年下でも、気を使わせずに教えてもらうためだという。