ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「菊池桃子」の検索結果

「菊池桃子」に関連する情報 1469件中 1〜10件目

「菊池桃子」に関連する本・コミック・雑誌

PTA不要論の声があげられている。背景にあるのは不満だ。子供が人質になっているという。ノンフィクション作家の黒川祥子さんは、PTAは時代とかけ離れているという。菊池桃子氏は、一億総活躍国民会議で、親の負担になっていると語った。ミスター文部省の寺脇研さんは、新しいPTA活動の形が考えられているという。

PTAで議題にあげられたことがあったという上田晋也さん。PTAは登下校の見守りなども仕事だという。コサージュ裁判という言葉がある。保護者が、PTAから抜けたら、その保護者の娘だけコサージュが渡されなかったという。コサージュの費用はPTA会費だという。コサージュ代金は払うと保護者は言っていた。訴えを起こしたという。裁判所からは退けられてしまったという。日本PTA全国協議会という組織が各学校のPTAを束ねている。

日本PTA全国協議会を取材した。昭和23年からはじまった。教科書の無償化の要望を政府に出したこともあった。三位一体をテーマにしているとのこと。不要論も承知していると参与は語った。

PTA不要論、時代のパスワードは?

「PTA不要論(新潮新書)」

Amazon.co.jp


「菊池桃子」に関連する音楽・CD

卒業-GRADUATION-

記憶力が問われるクイズが出題され正解するごとに10ノーベルが獲得できる。ヒット歌謡「1985年に発売した菊池桃子の『卒業-GRADUATION-』 ?に入る歌詞は何でしょう?」が出題。正解は「愛せやしないと」で全員不正解。


「菊池桃子」に関連する音楽・CD

SUMMER EYES

♪SUMMER EYES/菊池桃子。


ツイッター

菊池桃子へのストーカーで男がまた逮捕。最初の逮捕で注意を受けていたという。防止策に和田は、タクシーに乗っても家の手前で降りることだといい、泉もタクシーが去るまで待つという。ストーカー事件は、3月31日に自宅付近をうろつくストーカー行為をした疑いで、同日自分のツイッターに菊池さんに会いに行くと投稿、自宅近くに現れた所、警戒していた警察官に取り押さえられた。池袋署によると、容疑者は昨年秋ごろ、運転するタクシーに菊池を乗せたことで自宅を知ったと見られており、その後複数回にわたり自宅のインターホンを鳴らすなどの行為を繰り返し、執拗に交際を求めるメールも届いたという。この時の処罰が30万円の罰金、菊池への接近禁止が出されていた。泉は接近禁止を出されても誰かが見ているわけではなく難しいといい、和田は外国のようにGPSを埋め込む必要があると指摘。


Facebook

菊池桃子へのストーカー容疑で元タクシー運転手が逮捕。3月に逮捕されていた男と同じ人物で、接近禁止命令が出ている中でのストーカー行為だった。3月の逮捕のあと、菊池は逮捕されてからも今後が不安だと恐怖を語っていたが、その後容疑者は6月19日に菊池の自宅を訪れインターホンを押した疑いで逮捕。取り調べに対し容疑者は、どうしても会いたくて行ってしまったと容疑を認めている。


番組特製グッズ


ウエンツ瑛士20歳のブログ

2022年の改正民法で18歳が成人となるといい、その是非についてトーク。成人年齢が18歳となることで、結婚できる年齢は男女とも18歳、専門職の資格も18歳から取得可能、クレジットカードやローンの契約も親の同意なく可能、国籍選択や10年パスポートも18歳から取得可能。20歳が維持されるのは、飲酒・喫煙、競馬・競艇。少年法の引き下げについては議論が継続。松本は女性が15歳から18歳に引き上げられ自由ではなくなっている、飲酒や喫煙も分かるが18歳でも良いのではないかという。飲酒や喫煙、公営ギャンブルは健康被害や依存症への懸念で変わらずとなっている。ウエンツも大学で飲める人と飲めない人が分かれており、飲酒などは18歳でも良いのではないかとコメント。20歳になったウエンツのブログを紹介、ウエンツは20歳の自分に言うことはないという。小籔は、自分が20歳になったときはクソガキで18歳も20歳も変わらないという。


「菊池桃子」に関連するグルメ情報

パン

東京都のソノさん(女性28歳)は「色んなものを過剰に包装しすぎ。配達物のダンボールも無駄に大きいし、服や靴を買った時の大きい袋や箱もいらないと思うくらいです」などと伝えた。トラウデン直美さんはこの意見に賛成していて、「買い物に行ってもネットで頼んでもゴミの方がよっぽど多い」と話す。Gooランキングの過剰包装だと思うものランキングによれば、1位はネットで買った商品などだった。外国人の方もパンを1個ずつビニール袋に入れ、さらに手提げ袋に入れるなど、日本の過剰包装には驚いているもよう。


靴下

東京都のソノさん(女性28歳)は「色んなものを過剰に包装しすぎ。配達物のダンボールも無駄に大きいし、服や靴を買った時の大きい袋や箱もいらないと思うくらいです」などと伝えた。トラウデン直美さんはこの意見に賛成していて、「買い物に行ってもネットで頼んでもゴミの方がよっぽど多い」と話す。Gooランキングの過剰包装だと思うものランキングによれば、1位はネットで買った商品などだった。外国人の方もパンを1個ずつビニール袋に入れ、さらに手提げ袋に入れるなど、日本の過剰包装には驚いているもよう。