ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「萩谷麻衣子」の検索結果

「萩谷麻衣子」に関連する情報 515件中 1〜10件目

「萩谷麻衣子」に関連するイベント情報

長野五輪

39回目の優勝となった白鵬は1050勝まで記録を伸ばした。他にも幕内勝利956勝、横綱勝利762勝、年間最多勝9回、全勝優勝13回を記録している。次の目標は幕内勝利1000勝、幕内優勝40回、横綱座位63場所と定めている。他の目標である3年後の東京五輪について3横綱と土俵入りしたいと語っていた。1998年長野五輪開会式で当時の横綱・曙が土俵入りした事があり、そういう意味で目標を掲げている。萩谷麻衣子は「30代なので怪我しないように頑張ってもらわないとって感じです」とコメント。


「萩谷麻衣子」に関連するイベント情報

東京五輪

通算勝利数を1050に伸ばし39度目の優勝に華を添えた白鵬は名古屋場所を振り返り、11日目の御嶽海との一番について語った。幕内1000勝に目標を定めた白鵬は「東京五輪のために心と体をしっかり噛み合わせるような努力と準備をしていきたい」と話した。

39回目の優勝となった白鵬は1050勝まで記録を伸ばした。他にも幕内勝利956勝、横綱勝利762勝、年間最多勝9回、全勝優勝13回を記録している。次の目標は幕内勝利1000勝、幕内優勝40回、横綱座位63場所と定めている。他の目標である3年後の東京五輪について3横綱と土俵入りしたいと語っていた。1998年長野五輪開会式で当時の横綱・曙が土俵入りした事があり、そういう意味で目標を掲げている。萩谷麻衣子は「30代なので怪我しないように頑張ってもらわないとって感じです」とコメント。


まず一人目の質問者、自民党の小野寺五典議員の質問は加計学園に決まった経緯について愛媛県の加戸前知事は「色んなところに声をかけたが話がない。獣医学部があるといいなと悩んでいたところ県会議員と加計学園の事務局長に関係があって話が進んだ。愛媛県にとっては黒い猫でも白い猫でも獣医学部をつくってくれる猫がいちばんいい猫」と話した。そして次は山本地方創生大臣は総理からの具体的な指示は「すべて指揮した。総理と個別に話したことも指示を受けたこともない」と。総理は自分の口から言えないのでスピード感を持ってやるようにと前川さんは和泉補佐官から話をうけたと言っていた件について、和泉補佐官は「全く残っていない。したがって言っていない」と明言。早く進めろとの意図はどこにあったのかという質問について和泉補佐官は「総理が常々言っているように全体としてスピード感が必要という意図」と答えた。角谷浩一さんは「言った言わないの話が続くと結局、何もわからないということになる。証人喚問について和泉さんは国会が決めるなら従うと認めた。この話がここで決着しなくなる可能性が出てきた。山本大臣の説明だと全部自分がやっていたとなってるが、じゃあどうして官邸の人が入れ代わり立ち代わり相談に来るのか。そういうところを含めると全体的にはどこかで何かが動いていた感じがする」と話し、萩谷麻衣子さんは「前川さんと和泉さんの見ていて、決定的に和泉さんが弱いと思うのはそれを裏付ける文書が一切ないということ。前川さんの証言は時間や日付を細かく特定して証言していてメモや記録を持っているでしょう。前川さんの証言に対して信頼性を裏付ける文書などを文科省に残っている違いが大きいと思う」などと話した。川村晃司さんは「午後からの質問にも関係してくると思うが、前川さんのところにある文科省の文書によれば2018年4月に総理がお尻を切っていたというのがある。それに対して和泉さんはどういう風に思っていたかなど、記憶にないでは今までと同じ。また、読売新聞が前川さんの出会い系バーについて報道したが、その前に和泉さんから文科省を通じて、私と会う気があるなら会うと、前川さんは会うつもりがないから無視をした。そのことも和泉さんから持ちかけてきたので、関係筋とメディアとの関係があると言っておられる。この辺もきちんと質してほしい」と語った。


読売新聞

まず一人目の質問者、自民党の小野寺五典議員の質問は加計学園に決まった経緯について愛媛県の加戸前知事は「色んなところに声をかけたが話がない。獣医学部があるといいなと悩んでいたところ県会議員と加計学園の事務局長に関係があって話が進んだ。愛媛県にとっては黒い猫でも白い猫でも獣医学部をつくってくれる猫がいちばんいい猫」と話した。そして次は山本地方創生大臣は総理からの具体的な指示は「すべて指揮した。総理と個別に話したことも指示を受けたこともない」と。総理は自分の口から言えないのでスピード感を持ってやるようにと前川さんは和泉補佐官から話をうけたと言っていた件について、和泉補佐官は「全く残っていない。したがって言っていない」と明言。早く進めろとの意図はどこにあったのかという質問について和泉補佐官は「総理が常々言っているように全体としてスピード感が必要という意図」と答えた。角谷浩一さんは「言った言わないの話が続くと結局、何もわからないということになる。証人喚問について和泉さんは国会が決めるなら従うと認めた。この話がここで決着しなくなる可能性が出てきた。山本大臣の説明だと全部自分がやっていたとなってるが、じゃあどうして官邸の人が入れ代わり立ち代わり相談に来るのか。そういうところを含めると全体的にはどこかで何かが動いていた感じがする」と話し、萩谷麻衣子さんは「前川さんと和泉さんの見ていて、決定的に和泉さんが弱いと思うのはそれを裏付ける文書が一切ないということ。前川さんの証言は時間や日付を細かく特定して証言していてメモや記録を持っているでしょう。前川さんの証言に対して信頼性を裏付ける文書などを文科省に残っている違いが大きいと思う」などと話した。川村晃司さんは「午後からの質問にも関係してくると思うが、前川さんのところにある文科省の文書によれば2018年4月に総理がお尻を切っていたというのがある。それに対して和泉さんはどういう風に思っていたかなど、記憶にないでは今までと同じ。また、読売新聞が前川さんの出会い系バーについて報道したが、その前に和泉さんから文科省を通じて、私と会う気があるなら会うと、前川さんは会うつもりがないから無視をした。そのことも和泉さんから持ちかけてきたので、関係筋とメディアとの関係があると言っておられる。この辺もきちんと質してほしい」と語った。


加計学園

まず一人目の質問者、自民党の小野寺五典議員の質問は加計学園に決まった経緯について愛媛県の加戸前知事は「色んなところに声をかけたが話がない。獣医学部があるといいなと悩んでいたところ県会議員と加計学園の事務局長に関係があって話が進んだ。愛媛県にとっては黒い猫でも白い猫でも獣医学部をつくってくれる猫がいちばんいい猫」と話した。そして次は山本地方創生大臣は総理からの具体的な指示は「すべて指揮した。総理と個別に話したことも指示を受けたこともない」と。総理は自分の口から言えないのでスピード感を持ってやるようにと前川さんは和泉補佐官から話をうけたと言っていた件について、和泉補佐官は「全く残っていない。したがって言っていない」と明言。早く進めろとの意図はどこにあったのかという質問について和泉補佐官は「総理が常々言っているように全体としてスピード感が必要という意図」と答えた。角谷浩一さんは「言った言わないの話が続くと結局、何もわからないということになる。証人喚問について和泉さんは国会が決めるなら従うと認めた。この話がここで決着しなくなる可能性が出てきた。山本大臣の説明だと全部自分がやっていたとなってるが、じゃあどうして官邸の人が入れ代わり立ち代わり相談に来るのか。そういうところを含めると全体的にはどこかで何かが動いていた感じがする」と話し、萩谷麻衣子さんは「前川さんと和泉さんの見ていて、決定的に和泉さんが弱いと思うのはそれを裏付ける文書が一切ないということ。前川さんの証言は時間や日付を細かく特定して証言していてメモや記録を持っているでしょう。前川さんの証言に対して信頼性を裏付ける文書などを文科省に残っている違いが大きいと思う」などと話した。川村晃司さんは「午後からの質問にも関係してくると思うが、前川さんのところにある文科省の文書によれば2018年4月に総理がお尻を切っていたというのがある。それに対して和泉さんはどういう風に思っていたかなど、記憶にないでは今までと同じ。また、読売新聞が前川さんの出会い系バーについて報道したが、その前に和泉さんから文科省を通じて、私と会う気があるなら会うと、前川さんは会うつもりがないから無視をした。そのことも和泉さんから持ちかけてきたので、関係筋とメディアとの関係があると言っておられる。この辺もきちんと質してほしい」と語った。

衆院 閉会中審査の中継映像を背景に「NEXT加計学園「閉会中審査」新文書&新証言は!?」とテロップ表示。


加計学園

安倍総理大臣が出席をして加計学園の問題などを審議する閉会中審査がはじまった。萩谷麻衣子さんの注目は、「官邸側が今までのように加計学園ありきだったと否定するだけでなくて、どうして加計学園に決まったのかそのプロセスを具体的に説明できるかどうか」。萩谷さんは、「今までの与党の質問を見てみると岩盤規制を崩すことがいかにあったかということに終始していて、その先のなぜ加計なのかということが出てきていない。ここを注目していきたいと思います。」と話した。


ディズニー

中国版ウルトラマンについてトークを展開した。ホラン千秋が「もし(中国の)そのイメージで映画を作って壇上で再現したいのであればちょっと雑過ぎましたね」など話し、山内あゆが「これまでこういった似た作品の場合には”全く違うものです”とか、”そのものは知りません”との説明があったが、今回はハッキリとウルトラマンだと正式に言っているわけなんです」など話し、萩谷麻衣子が「中国での独占的利用権をもっている会社から許諾を得ているのであれば、ウルトラマンという作品をどう利用するかは合法になるが、ウルトラマンという作品のリメイクの範囲のものなのかどうか争いが出るかもしれない」など話した。


「萩谷麻衣子」に関連する映画・DVD

ザ・オートボット

中国版ウルトラマンについてトークを展開した。ホラン千秋が「もし(中国の)そのイメージで映画を作って壇上で再現したいのであればちょっと雑過ぎましたね」など話し、山内あゆが「これまでこういった似た作品の場合には”全く違うものです”とか、”そのものは知りません”との説明があったが、今回はハッキリとウルトラマンだと正式に言っているわけなんです」など話し、萩谷麻衣子が「中国での独占的利用権をもっている会社から許諾を得ているのであれば、ウルトラマンという作品をどう利用するかは合法になるが、ウルトラマンという作品のリメイクの範囲のものなのかどうか争いが出るかもしれない」など話した。


「萩谷麻衣子」に関連する映画・DVD

カーズ

中国版ウルトラマンについてトークを展開した。ホラン千秋が「もし(中国の)そのイメージで映画を作って壇上で再現したいのであればちょっと雑過ぎましたね」など話し、山内あゆが「これまでこういった似た作品の場合には”全く違うものです”とか、”そのものは知りません”との説明があったが、今回はハッキリとウルトラマンだと正式に言っているわけなんです」など話し、萩谷麻衣子が「中国での独占的利用権をもっている会社から許諾を得ているのであれば、ウルトラマンという作品をどう利用するかは合法になるが、ウルトラマンという作品のリメイクの範囲のものなのかどうか争いが出るかもしれない」など話した。


円谷プロ

中国版ウルトラマンについてトークを展開した。ホラン千秋が「もし(中国の)そのイメージで映画を作って壇上で再現したいのであればちょっと雑過ぎましたね」など話し、山内あゆが「これまでこういった似た作品の場合には”全く違うものです”とか、”そのものは知りません”との説明があったが、今回はハッキリとウルトラマンだと正式に言っているわけなんです」など話し、萩谷麻衣子が「中国での独占的利用権をもっている会社から許諾を得ているのであれば、ウルトラマンという作品をどう利用するかは合法になるが、ウルトラマンという作品のリメイクの範囲のものなのかどうか争いが出るかもしれない」など話した。