ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「萩野志保子」の検索結果

「萩野志保子」に関連する情報 22件中 1〜10件目

上野動物園

若葉台メディアセンターに保存されている映像は約220万本。新たに放送された素材が毎日300本届けられる。膨大な素材データは文字データで管理されている。番組を保存する場合、放送日時と回数を記録し報道やワイドショー、スポーツなどの取材テープは取材日や場所、内容を確認している。出演者の萩野志保子を検索すると944件がヒットした。その中にはテレ朝の入社式の映像も入っていた。寺崎貴司で検索すると1943件がヒットし、モーニングショー 、トゥナイトなどが記録されていた。


若葉台メディアセンター

東京都稲城市に映像素材を保存すための施設「テレビ朝日若葉台メディアセンター」が完成した。六本木にある本社から直線で約25km。過去の放送テープや取材VTRなど約150万本が納められ、管理運用されている。1階にはイベントスペースがあり、屋外には多目的コートもあり、地域の人も利用できる交流の場となっている。開局した1959年以来、約220万件の映像を保存しているという。古いメディアから新しいメディアに移すことで新しい形で未来に残していく。アーカイブ推進室の主な役割は取材・放送した映像を保管し、番組製作者への映像貸出を行い検索システムの作成と管理、最新の記録メディアにダビングすることだという。

6月1日、若葉台メディアセンターの運用がスタートした。さまざまな場所で保管されてきた過去の放送テープや取材VTRなど約5千本が運ばれた。初めて保管されたのは「池上彰のニュースそうだったのか!!2HSP」だった。このあと2年の歳月をかけ、一日、約3000から5000本、計150万本の映像素材が保管される。放送されたばかりの映像素材も毎日本社から300本運ばれてくる。これらは今後、番組などで有効活用される。

アーカイブ推進室は過去の映像の貸出も行っている。貸し出す一連の流れは、希望する映像をライブラリーから検索し、若葉台メディアセンターへ貸し出し依頼を出す。スタッフが該当する映像をピックアップし、小型端末に表示された情報を元に対象のテープを探す。ピックアップされた映像素材をドライバーへ渡し、1日8便の定期便で届けられる。届けられたテープは本社のアーカイブ推進室スタッフによってチェックされ、ものによっては申請して即日、遅くても翌日には受け渡しが可能になっている。一方、急遽過去の映像素材が必要になった場合、即座に映像のピックアップ作業が行われ、臨時便として指定の場所に届けられる。

若葉台メディアセンターに保存されている映像は約220万本。新たに放送された素材が毎日300本届けられる。膨大な素材データは文字データで管理されている。番組を保存する場合、放送日時と回数を記録し報道やワイドショー、スポーツなどの取材テープは取材日や場所、内容を確認している。出演者の萩野志保子を検索すると944件がヒットした。その中にはテレ朝の入社式の映像も入っていた。寺崎貴司で検索すると1943件がヒットし、モーニングショー 、トゥナイトなどが記録されていた。

若葉台メディアセンターには毎日膨大な映像が届けられる。今重要視されている作業の一つが昔のフィルムや古いテープの管理。画質が劣化するだけでなく、再生する機械もなくなってしまうため。近い将来再生できなくなってしまうものがあり、フィルムやテープなどの過去素材を最新の記録メディアにダビングする作業がある。収録内容の確認を行い、ノイズチェックのあとダビングが開始される。ダビング中は専門のスタッフも同じ映像を確認し、ノイズや不具合がないかチェックする。現在は問題も抱えている。今使っているVTRデッキの保守期間が2023年で終わるという。5年間で約7万2千本のVTRをダビングする。5年で約7万2000本のVTRをダビングしおえなければならない。テレビ朝日開局から58年、保管されてきた膨大な映像は映像遺産といえる。


テレビ朝日

4月3日、テレビ朝日では入社式が行われた。3人の新人アナウンサーが入社。3人がアナウンサーとしてテレビ画面に出るまでには様々な課題をクリアしなくてはならない。今回は新人アナウンサー研修を紹介する。

きょうはアナウンサーの新人研修について伝える。スタジオには3人の新人アナウンサーの井澤健太朗、林美桜、三谷紬が出演。井澤健太朗は「甲子園のアルプススタンドのリポートについていた際にスポーツの感動を伝える難しさを知りました。これからはたくさんの感動を伝えられるアナウンサーになっていきたい。」など、林美桜は「クラシックバレエで培った表現力をアナウンサーの仕事でも活かしていきたい。」など、三谷紬は「自分の感情だけで泣いて笑っているだけでは視聴者の気持ちが共有できないことがわかりました。これからは視聴者の皆さんと一緒に笑って泣ける、そんなアナウンサーになりたい。」など述べた。

新人アナウンサー研修3週目。この日の課題は即時描写。目に映るものを言葉にするトレーニングだ。次の課題は発声・発音のトレーニング。 短い文章を読んで、言葉のアクセントやイントネーションを正す。ニュース原稿を読む練習では、萩野志保子が3人にニュース原稿を1回も下読みしていない状況を指摘。「読んでおかない人なんて今まで見たこと無い、これはちょっといかんですよ。(ニュース原稿を)もらったら絶対読んでおく」などと萩野は3人に述べた。

アナウンサー研修開始から1ヶ月後。この日行われた課題は発声・発音チェック。歌舞伎の薬売の口上「外郎売」で滑舌をチェックする。大西洋平は井澤の発声・発音チェックに「な行だ行の使い分けとかも舌を弾くのが弱いと難しくなる。舌の筋肉をもう少し鍛えよう」など、林に対しては「言い直しが多すぎる。1回つまった時そこからどうたて直せるかがアナウンサーをやっていくうえで大事」など、三谷に対しては「さ行をすごく意識しているのでその単語に入る時に力が入りすぎて逆にトチったりとか、そういうことにつながっていると思うので、もう少し気を楽に持ってもいいと思った」など指摘。

より実戦的な練習がスタート。食事リポート研修ではカメラワークもアナウンサーが考え、料理を紹介する。リポートが終わると会議室へ。映像を見ながら問題点を指摘する。スーパーJチャンネル・ニュース担当の上山千穂は「この表現には逃げないでほしい」NGワードがあったと指摘。井澤がそのNGワードについて「ジューシー」だったと回答。上山は「言いたいことは分かるけど、ジューシーという言葉を言いそうになったら飲み込んで別のワードに切り替える。」など述べた。実際に番組で使用した情報パネルを使っての研修では、林は「緊張して、説明しようと思っても自分がどこを言わなきゃいけないのか、そういうことばかり集中してしまって正しく情報を伝えることが難しかった」など述べた。ワイド!スクランブルなどの担当の佐々木亮太は「文章を読むだけでなく、聞きやすいか・どこが大事かちゃんと説明しないといけない自分の言葉にしなさいというのはそういうことだから。」など述べた。

アナウンサー研修5週目、会議室を飛び出して大学野球が開催されている東京ドームで実況研修をする。スポーツ実況を希望している井澤アナはなかなかの出来だが、「Get Sports」などの担当の三上大樹が林・三谷へぼそぼそ声で2〜3時間喋っても伝わらないと指摘し、もっと必死に食らいつくよう指示。続いてはリポートの練習。何を取材するのかは自由。取材時間は15分間。リポートする場所やカメラアングルも新人アナウンサーが決めなくてはならない。井澤アナはトーナメント表の横でリポートすることに決定。リポートの結果、取材だけでなくカメラアングルの計算も必要だということを覚えた。次の林アナのリポートでは「緊張で自分でも言っていることがわからなくなってしまったので、次はそういうことがないように練習します」など述べた。三谷アナのリポートでは、研修担当者から「勝手に自分の推測で言葉にしちゃダメ。代弁者として無責任なことを言っちゃダメ」など三谷アナへ指摘した。

ニュース原稿読みの研修では3人は萩野志保子アナから厳しい指導を受けていた。どう変わったかについて井澤アナは「来る時間を30分早めてさらに下読みの時間を増やした」など述べた。VTRではそれぞれの課題を伝えていたが、それぞれの課題を克服できたかについて3人がスタジオ上で実践。寺崎貴司は「3人ともそうなんですけれども、おっかなびっくり・ややかたさも見られるので、もっともっとドーンとリラックスして、それこそ自然にね、出していけるようになっていくとさらにいいのではないか」など述べた。


「萩野志保子」に関連するグルメ情報

中華そば

木村清社長が、続いて築地のラーメン店「築地 井上」を紹介。オススメはチャーシューが5枚も乗った「中華そば」ということで、萩野志保子が試食していた。木村社長は、行列客に早く料理を提供する店の姿勢を見るために通い続けているという。


「萩野志保子」に関連するレストラン・飲食店

築地 井上

木村清社長が、続いて築地のラーメン店「築地 井上」を紹介。オススメはチャーシューが5枚も乗った「中華そば」ということで、萩野志保子が試食していた。木村社長は、行列客に早く料理を提供する店の姿勢を見るために通い続けているという。


「萩野志保子」に関連するグルメ情報

上穴子

木村清社長が、まず築地の「すしざんまい 本店」を紹介。レディー・ガガが訪れたすし店としても有名で、レディー・ガガは「まぐろざんまい」を食べたという。木村社長は「本鮪の大とろ」、「うに」、「上穴子」が採算度外視のサービス品だと説明し、萩野志保子が試食していた。


「萩野志保子」に関連するグルメ情報

うに

木村清社長が、まず築地の「すしざんまい 本店」を紹介。レディー・ガガが訪れたすし店としても有名で、レディー・ガガは「まぐろざんまい」を食べたという。木村社長は「本鮪の大とろ」、「うに」、「上穴子」が採算度外視のサービス品だと説明し、萩野志保子が試食していた。


「萩野志保子」に関連するグルメ情報

本鮪の大とろ

木村清社長が、まず築地の「すしざんまい 本店」を紹介。レディー・ガガが訪れたすし店としても有名で、レディー・ガガは「まぐろざんまい」を食べたという。木村社長は「本鮪の大とろ」、「うに」、「上穴子」が採算度外視のサービス品だと説明し、萩野志保子が試食していた。


「萩野志保子」に関連するグルメ情報

まぐろざんまい(大名碗付)

木村清社長が、まず築地の「すしざんまい 本店」を紹介。レディー・ガガが訪れたすし店としても有名で、レディー・ガガは「まぐろざんまい」を食べたという。木村社長は「本鮪の大とろ」、「うに」、「上穴子」が採算度外視のサービス品だと説明し、萩野志保子が試食していた。


「萩野志保子」に関連するレストラン・飲食店

木村清社長が、まず築地の「すしざんまい 本店」を紹介。レディー・ガガが訪れたすし店としても有名で、レディー・ガガは「まぐろざんまい」を食べたという。木村社長は「本鮪の大とろ」、「うに」、「上穴子」が採算度外視のサービス品だと説明し、萩野志保子が試食していた。

 (寿司、魚介料理・海鮮料理、海鮮丼)