ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「蓄光テープ」の検索結果

「蓄光テープ」に関連する情報 19件中 1〜10件目

ルミカライト

地震時に役に立つグッズを紹介。「蓄光テープ」は蛍光灯などの光を蓄え、照明が突然消えた時に明かりとなる。その他、震度4以上の揺れを感知して点灯する懐中電灯、コンサートなどでも使われる「ルミカライト」などを紹介した。


蓄光テープ

地震時に役に立つグッズを紹介。「蓄光テープ」は蛍光灯などの光を蓄え、照明が突然消えた時に明かりとなる。その他、震度4以上の揺れを感知して点灯する懐中電灯、コンサートなどでも使われる「ルミカライト」などを紹介した。


蓄光テープ

首都直下型地震が起きた際の対策を特集する。東大地震研究所・平田教授らチームは今後4年以内にM7クラスの地震が起きる確率を70%と試算している。先週では山梨で震度5弱が地震が起きるなどしている。群馬大学広域首都圏防災研究センター長・片田敏孝氏は、迅速な防災対策の必要性を説いた。中央防災会議では、冬の午後6時に最大震度6強の地震発生を最悪の事態と想定している。取材陣は江戸川区に住む嶋村一家の防災対策をうかがった。防災アドバイザー・山村武彦氏に指導を願った。

嶋村一家の自宅をチェックした。1981年から適用されている新耐震基準で作られた家は倒壊などの恐れがないとされている。山村氏は子供部屋などの問題点を指摘し、防災グッズを設置するよう勧めた。東京消防庁の資料映像では十分な対策をとる必要性を示した。

非常用備品は十分かどうか山村氏がチェックした。しかし5人家族にしては少ないと注意された。水食料は1週間分備えるべきだと山村氏は言う。ペットボトル35本分の水など必要な分を紹介した。簡易ガスコンロは必需品だという。ここで、内閣府の被害想定にのっとってシミュレーションした。

家族の安否確認の方法をチェックした。音声の電話、メール、災害用伝言ダイヤルと順立てて開設した。有効な連絡法として三角連絡法を山村氏は説明した。中継所となる1人に情報を集中させるというもの。熊本の祖父の家が良い、と話がまとまった。また親戚や学校などの連絡先を書いたものを常に所持しておくと良いと話した。

会社にいた場合どう行動すべきか。震災時、夫の嶋村法道は新宿区のオフィスにいた。当日は江戸川区自宅まで20km歩いたという。早く家族の顔を見たかったというが、ひざなどが痛んだ。山村氏は、建物の倒壊などで二次災害の危険性もあることを指摘した。東京都は一斉帰宅を規制するため「帰宅困難者対策条例」を定め、全従業員の3日分の食糧備蓄などを準備させ大気徹底を求める方針。夫・法道は近くの避難所に移動し待機することが望ましい行動だという。

自宅ではどう行動すべきかチェックした。地震の影響で停電の可能性があり自宅は真っ暗になり、閉じ込められる・ガス漏れ発生など危険がある。そこで山村氏は、暗くなると発光する「蓄光テープ」を足元や壁に貼っておくことを推奨した。また扉を一度開けてサムターンを回して閉じないようにすることを挙げた。妻・富美子は安全を確認した上で自宅に留まるべきだという結論に。

学校にいる子供はどうするべきかチェックした。震災時は妻・富美子は1時間後に迎えに行っていた。山村氏は今後東京都の条例によって、学校は児童生徒を安全な場所で保護するルールになりつつあると話した。震災では迎えに行った帰りに津波にのまれた人々もいたのだと危険を指摘した。無理に迎えにいかないこと、学校に子供は残ることが必要だという。


蓄光テープ

首都直下型地震が起きた際の対策を特集する。東大地震研究所・平田教授らチームは今後4年以内にM7クラスの地震が起きる確率を70%と試算している。先週では山梨で震度5弱が地震が起きるなどしている。群馬大学広域首都圏防災研究センター長・片田敏孝氏は、迅速な防災対策の必要性を説いた。中央防災会議では、冬の午後6時に最大震度6強の地震発生を最悪の事態と想定している。取材陣は江戸川区に住む嶋村一家の防災対策をうかがった。防災アドバイザー・山村武彦氏に指導を願った。

嶋村一家の自宅をチェックした。1981年から適用されている新耐震基準で作られた家は倒壊などの恐れがないとされている。山村氏は子供部屋などの問題点を指摘し、防災グッズを設置するよう勧めた。東京消防庁の資料映像では十分な対策をとる必要性を示した。

非常用備品は十分かどうか山村氏がチェックした。しかし5人家族にしては少ないと注意された。水食料は1週間分備えるべきだと山村氏は言う。ペットボトル35本分の水など必要な分を紹介した。簡易ガスコンロは必需品だという。ここで、内閣府の被害想定にのっとってシミュレーションした。

家族の安否確認の方法をチェックした。音声の電話、メール、災害用伝言ダイヤルと順立てて開設した。有効な連絡法として三角連絡法を山村氏は説明した。中継所となる1人に情報を集中させるというもの。熊本の祖父の家が良い、と話がまとまった。また親戚や学校などの連絡先を書いたものを常に所持しておくと良いと話した。

会社にいた場合どう行動すべきか。震災時、夫の嶋村法道は新宿区のオフィスにいた。当日は江戸川区自宅まで20km歩いたという。早く家族の顔を見たかったというが、ひざなどが痛んだ。山村氏は、建物の倒壊などで二次災害の危険性もあることを指摘した。東京都は一斉帰宅を規制するため「帰宅困難者対策条例」を定め、全従業員の3日分の食糧備蓄などを準備させ大気徹底を求める方針。夫・法道は近くの避難所に移動し待機することが望ましい行動だという。

自宅ではどう行動すべきかチェックした。地震の影響で停電の可能性があり自宅は真っ暗になり、閉じ込められる・ガス漏れ発生など危険がある。そこで山村氏は、暗くなると発光する「蓄光テープ」を足元や壁に貼っておくことを推奨した。また扉を一度開けてサムターンを回して閉じないようにすることを挙げた。妻・富美子は安全を確認した上で自宅に留まるべきだという結論に。

学校にいる子供はどうするべきかチェックした。震災時は妻・富美子は1時間後に迎えに行っていた。山村氏は今後東京都の条例によって、学校は児童生徒を安全な場所で保護するルールになりつつあると話した。震災では迎えに行った帰りに津波にのまれた人々もいたのだと危険を指摘した。無理に迎えにいかないこと、学校に子供は残ることが必要だという。


ガスコンロ

首都直下型地震が起きた際の対策を特集する。東大地震研究所・平田教授らチームは今後4年以内にM7クラスの地震が起きる確率を70%と試算している。先週では山梨で震度5弱が地震が起きるなどしている。群馬大学広域首都圏防災研究センター長・片田敏孝氏は、迅速な防災対策の必要性を説いた。中央防災会議では、冬の午後6時に最大震度6強の地震発生を最悪の事態と想定している。取材陣は江戸川区に住む嶋村一家の防災対策をうかがった。防災アドバイザー・山村武彦氏に指導を願った。

嶋村一家の自宅をチェックした。1981年から適用されている新耐震基準で作られた家は倒壊などの恐れがないとされている。山村氏は子供部屋などの問題点を指摘し、防災グッズを設置するよう勧めた。東京消防庁の資料映像では十分な対策をとる必要性を示した。

非常用備品は十分かどうか山村氏がチェックした。しかし5人家族にしては少ないと注意された。水食料は1週間分備えるべきだと山村氏は言う。ペットボトル35本分の水など必要な分を紹介した。簡易ガスコンロは必需品だという。ここで、内閣府の被害想定にのっとってシミュレーションした。

家族の安否確認の方法をチェックした。音声の電話、メール、災害用伝言ダイヤルと順立てて開設した。有効な連絡法として三角連絡法を山村氏は説明した。中継所となる1人に情報を集中させるというもの。熊本の祖父の家が良い、と話がまとまった。また親戚や学校などの連絡先を書いたものを常に所持しておくと良いと話した。

会社にいた場合どう行動すべきか。震災時、夫の嶋村法道は新宿区のオフィスにいた。当日は江戸川区自宅まで20km歩いたという。早く家族の顔を見たかったというが、ひざなどが痛んだ。山村氏は、建物の倒壊などで二次災害の危険性もあることを指摘した。東京都は一斉帰宅を規制するため「帰宅困難者対策条例」を定め、全従業員の3日分の食糧備蓄などを準備させ大気徹底を求める方針。夫・法道は近くの避難所に移動し待機することが望ましい行動だという。

自宅ではどう行動すべきかチェックした。地震の影響で停電の可能性があり自宅は真っ暗になり、閉じ込められる・ガス漏れ発生など危険がある。そこで山村氏は、暗くなると発光する「蓄光テープ」を足元や壁に貼っておくことを推奨した。また扉を一度開けてサムターンを回して閉じないようにすることを挙げた。妻・富美子は安全を確認した上で自宅に留まるべきだという結論に。

学校にいる子供はどうするべきかチェックした。震災時は妻・富美子は1時間後に迎えに行っていた。山村氏は今後東京都の条例によって、学校は児童生徒を安全な場所で保護するルールになりつつあると話した。震災では迎えに行った帰りに津波にのまれた人々もいたのだと危険を指摘した。無理に迎えにいかないこと、学校に子供は残ることが必要だという。


群馬大学

首都直下型地震が起きた際の対策を特集する。東大地震研究所・平田教授らチームは今後4年以内にM7クラスの地震が起きる確率を70%と試算している。先週では山梨で震度5弱が地震が起きるなどしている。群馬大学広域首都圏防災研究センター長・片田敏孝氏は、迅速な防災対策の必要性を説いた。中央防災会議では、冬の午後6時に最大震度6強の地震発生を最悪の事態と想定している。取材陣は江戸川区に住む嶋村一家の防災対策をうかがった。防災アドバイザー・山村武彦氏に指導を願った。

嶋村一家の自宅をチェックした。1981年から適用されている新耐震基準で作られた家は倒壊などの恐れがないとされている。山村氏は子供部屋などの問題点を指摘し、防災グッズを設置するよう勧めた。東京消防庁の資料映像では十分な対策をとる必要性を示した。

非常用備品は十分かどうか山村氏がチェックした。しかし5人家族にしては少ないと注意された。水食料は1週間分備えるべきだと山村氏は言う。ペットボトル35本分の水など必要な分を紹介した。簡易ガスコンロは必需品だという。ここで、内閣府の被害想定にのっとってシミュレーションした。

家族の安否確認の方法をチェックした。音声の電話、メール、災害用伝言ダイヤルと順立てて開設した。有効な連絡法として三角連絡法を山村氏は説明した。中継所となる1人に情報を集中させるというもの。熊本の祖父の家が良い、と話がまとまった。また親戚や学校などの連絡先を書いたものを常に所持しておくと良いと話した。

会社にいた場合どう行動すべきか。震災時、夫の嶋村法道は新宿区のオフィスにいた。当日は江戸川区自宅まで20km歩いたという。早く家族の顔を見たかったというが、ひざなどが痛んだ。山村氏は、建物の倒壊などで二次災害の危険性もあることを指摘した。東京都は一斉帰宅を規制するため「帰宅困難者対策条例」を定め、全従業員の3日分の食糧備蓄などを準備させ大気徹底を求める方針。夫・法道は近くの避難所に移動し待機することが望ましい行動だという。

自宅ではどう行動すべきかチェックした。地震の影響で停電の可能性があり自宅は真っ暗になり、閉じ込められる・ガス漏れ発生など危険がある。そこで山村氏は、暗くなると発光する「蓄光テープ」を足元や壁に貼っておくことを推奨した。また扉を一度開けてサムターンを回して閉じないようにすることを挙げた。妻・富美子は安全を確認した上で自宅に留まるべきだという結論に。

学校にいる子供はどうするべきかチェックした。震災時は妻・富美子は1時間後に迎えに行っていた。山村氏は今後東京都の条例によって、学校は児童生徒を安全な場所で保護するルールになりつつあると話した。震災では迎えに行った帰りに津波にのまれた人々もいたのだと危険を指摘した。無理に迎えにいかないこと、学校に子供は残ることが必要だという。


郵船ロジスティクス

今月20日に東京ビッグサイトで開催された危機管理産業展を取材。ここではタケシンパッケージが開発したダンボールの間仕切りなどが展示され、避難所でのプライバシー確保に役立つと注目を集めた。とある会社の防災担当だというその他一般人ら来場者にアンケートを行ない、「危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理ランキング」をまとめた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理5位は、「防災対策グッズ」である。たためるヘルメットのタタメットを紹介。製造会社の森田さんは通常の産業ヘルメットと変わらない強度があると説明。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理4位は、監視カメラなどの「防犯対策」である。この会場の隣では、テロ対策特殊装備展’11が開催されており、爆発物処理ロボットなどが展示されていた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理3位は、「停電・節電対策」である。展示されていた蓄光テープは、災害時の停電・計画停電により売り上げが増えた。自宅で使用している今村さんは、明るければ少しでも安全に避難できると思うと話す。

原発事故の影響で除染に関する薬剤やシャワーテントなどが展示されていた。その中でも人集りができていたのは放射線を遮へいする塗料で、これは密度の高い金属で出来ており、固まるとある程度の放射線を閉じ込めるという。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理2位は「防災無線・通信」で、1位は「地震対策」だった。

今年の来場者の傾向は、総務部などの会社の防災担当者が多かった。郵船ロジスティクスの佐藤さんは災害用品の補充をしようと思い来場したと話す。


危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理

今月20日に東京ビッグサイトで開催された危機管理産業展を取材。ここではタケシンパッケージが開発したダンボールの間仕切りなどが展示され、避難所でのプライバシー確保に役立つと注目を集めた。とある会社の防災担当だというその他一般人ら来場者にアンケートを行ない、「危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理ランキング」をまとめた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理5位は、「防災対策グッズ」である。たためるヘルメットのタタメットを紹介。製造会社の森田さんは通常の産業ヘルメットと変わらない強度があると説明。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理4位は、監視カメラなどの「防犯対策」である。この会場の隣では、テロ対策特殊装備展’11が開催されており、爆発物処理ロボットなどが展示されていた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理3位は、「停電・節電対策」である。展示されていた蓄光テープは、災害時の停電・計画停電により売り上げが増えた。自宅で使用している今村さんは、明るければ少しでも安全に避難できると思うと話す。

原発事故の影響で除染に関する薬剤やシャワーテントなどが展示されていた。その中でも人集りができていたのは放射線を遮へいする塗料で、これは密度の高い金属で出来ており、固まるとある程度の放射線を閉じ込めるという。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理2位は「防災無線・通信」で、1位は「地震対策」だった。

今年の来場者の傾向は、総務部などの会社の防災担当者が多かった。郵船ロジスティクスの佐藤さんは災害用品の補充をしようと思い来場したと話す。


蓄光テープ

今月20日に東京ビッグサイトで開催された危機管理産業展を取材。ここではタケシンパッケージが開発したダンボールの間仕切りなどが展示され、避難所でのプライバシー確保に役立つと注目を集めた。とある会社の防災担当だというその他一般人ら来場者にアンケートを行ない、「危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理ランキング」をまとめた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理5位は、「防災対策グッズ」である。たためるヘルメットのタタメットを紹介。製造会社の森田さんは通常の産業ヘルメットと変わらない強度があると説明。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理4位は、監視カメラなどの「防犯対策」である。この会場の隣では、テロ対策特殊装備展’11が開催されており、爆発物処理ロボットなどが展示されていた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理3位は、「停電・節電対策」である。展示されていた蓄光テープは、災害時の停電・計画停電により売り上げが増えた。自宅で使用している今村さんは、明るければ少しでも安全に避難できると思うと話す。

原発事故の影響で除染に関する薬剤やシャワーテントなどが展示されていた。その中でも人集りができていたのは放射線を遮へいする塗料で、これは密度の高い金属で出来ており、固まるとある程度の放射線を閉じ込めるという。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理2位は「防災無線・通信」で、1位は「地震対策」だった。

今年の来場者の傾向は、総務部などの会社の防災担当者が多かった。郵船ロジスティクスの佐藤さんは災害用品の補充をしようと思い来場したと話す。


危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理

今月20日に東京ビッグサイトで開催された危機管理産業展を取材。ここではタケシンパッケージが開発したダンボールの間仕切りなどが展示され、避難所でのプライバシー確保に役立つと注目を集めた。とある会社の防災担当だというその他一般人ら来場者にアンケートを行ない、「危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理ランキング」をまとめた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理5位は、「防災対策グッズ」である。たためるヘルメットのタタメットを紹介。製造会社の森田さんは通常の産業ヘルメットと変わらない強度があると説明。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理4位は、監視カメラなどの「防犯対策」である。この会場の隣では、テロ対策特殊装備展’11が開催されており、爆発物処理ロボットなどが展示されていた。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理3位は、「停電・節電対策」である。展示されていた蓄光テープは、災害時の停電・計画停電により売り上げが増えた。自宅で使用している今村さんは、明るければ少しでも安全に避難できると思うと話す。

原発事故の影響で除染に関する薬剤やシャワーテントなどが展示されていた。その中でも人集りができていたのは放射線を遮へいする塗料で、これは密度の高い金属で出来ており、固まるとある程度の放射線を閉じ込めるという。

危機管理産業展来場者200人に聞いた気になる危機管理2位は「防災無線・通信」で、1位は「地震対策」だった。

今年の来場者の傾向は、総務部などの会社の防災担当者が多かった。郵船ロジスティクスの佐藤さんは災害用品の補充をしようと思い来場したと話す。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (19)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (2)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (17)