ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「蕎麦アレルギー」の検索結果

「蕎麦アレルギー」に関連する情報 12件中 1〜10件目

花粉症

猫カフェ「にあにゃあ」で店長として長尾昴さんは猫好きながら、猫アレルギー。酷いときは喘息の吸入薬がないと辛いという。ちなみにもう1人いる店員さんも猫アレルギーだった。続いて、東京森林組合の生森良太さんは重度の花粉症に悩まされているが林業に従事していて、「自分が花粉症だということを忘れ、就職した」と明かした。そして、明治36年創業の満留賀が113年の歴史に幕を閉じた理由が店主の蕎麦アレルギー悪化によるものだった。畢竟、向いてなくとも好きな仕事に就職する人はいるのだった。


猫アレルギー

猫カフェ「にあにゃあ」で店長として長尾昴さんは猫好きながら、猫アレルギー。酷いときは喘息の吸入薬がないと辛いという。ちなみにもう1人いる店員さんも猫アレルギーだった。続いて、東京森林組合の生森良太さんは重度の花粉症に悩まされているが林業に従事していて、「自分が花粉症だということを忘れ、就職した」と明かした。そして、明治36年創業の満留賀が113年の歴史に幕を閉じた理由が店主の蕎麦アレルギー悪化によるものだった。畢竟、向いてなくとも好きな仕事に就職する人はいるのだった。


蕎麦アレルギー

猫カフェ「にあにゃあ」で店長として長尾昴さんは猫好きながら、猫アレルギー。酷いときは喘息の吸入薬がないと辛いという。ちなみにもう1人いる店員さんも猫アレルギーだった。続いて、東京森林組合の生森良太さんは重度の花粉症に悩まされているが林業に従事していて、「自分が花粉症だということを忘れ、就職した」と明かした。そして、明治36年創業の満留賀が113年の歴史に幕を閉じた理由が店主の蕎麦アレルギー悪化によるものだった。畢竟、向いてなくとも好きな仕事に就職する人はいるのだった。


「蕎麦アレルギー」に関連するレストラン・飲食店

猫カフェ「にあにゃあ」で店長として長尾昴さんは猫好きながら、猫アレルギー。酷いときは喘息の吸入薬がないと辛いという。ちなみにもう1人いる店員さんも猫アレルギーだった。続いて、東京森林組合の生森良太さんは重度の花粉症に悩まされているが林業に従事していて、「自分が花粉症だということを忘れ、就職した」と明かした。そして、明治36年創業の満留賀が113年の歴史に幕を閉じた理由が店主の蕎麦アレルギー悪化によるものだった。畢竟、向いてなくとも好きな仕事に就職する人はいるのだった。

 (そば、うどん)

モミ

猫カフェ「にあにゃあ」で店長として長尾昴さんは猫好きながら、猫アレルギー。酷いときは喘息の吸入薬がないと辛いという。ちなみにもう1人いる店員さんも猫アレルギーだった。続いて、東京森林組合の生森良太さんは重度の花粉症に悩まされているが林業に従事していて、「自分が花粉症だということを忘れ、就職した」と明かした。そして、明治36年創業の満留賀が113年の歴史に幕を閉じた理由が店主の蕎麦アレルギー悪化によるものだった。畢竟、向いてなくとも好きな仕事に就職する人はいるのだった。


ヒノキ

猫カフェ「にあにゃあ」で店長として長尾昴さんは猫好きながら、猫アレルギー。酷いときは喘息の吸入薬がないと辛いという。ちなみにもう1人いる店員さんも猫アレルギーだった。続いて、東京森林組合の生森良太さんは重度の花粉症に悩まされているが林業に従事していて、「自分が花粉症だということを忘れ、就職した」と明かした。そして、明治36年創業の満留賀が113年の歴史に幕を閉じた理由が店主の蕎麦アレルギー悪化によるものだった。畢竟、向いてなくとも好きな仕事に就職する人はいるのだった。


スギ

猫カフェ「にあにゃあ」で店長として長尾昴さんは猫好きながら、猫アレルギー。酷いときは喘息の吸入薬がないと辛いという。ちなみにもう1人いる店員さんも猫アレルギーだった。続いて、東京森林組合の生森良太さんは重度の花粉症に悩まされているが林業に従事していて、「自分が花粉症だということを忘れ、就職した」と明かした。そして、明治36年創業の満留賀が113年の歴史に幕を閉じた理由が店主の蕎麦アレルギー悪化によるものだった。畢竟、向いてなくとも好きな仕事に就職する人はいるのだった。


「蕎麦アレルギー」に関連するレストラン・飲食店

にあにゃあ

猫カフェ「にあにゃあ」で店長として長尾昴さんは猫好きながら、猫アレルギー。酷いときは喘息の吸入薬がないと辛いという。ちなみにもう1人いる店員さんも猫アレルギーだった。続いて、東京森林組合の生森良太さんは重度の花粉症に悩まされているが林業に従事していて、「自分が花粉症だということを忘れ、就職した」と明かした。そして、明治36年創業の満留賀が113年の歴史に幕を閉じた理由が店主の蕎麦アレルギー悪化によるものだった。畢竟、向いてなくとも好きな仕事に就職する人はいるのだった。


蕎麦アレルギー

「113年続いた蕎麦屋の閉店理由」を出演者達が想像した。正解は蕎麦アレルギー悪化のための閉店だった。4代目は20年間店を続けたが蕎麦から離れた今、びっくりするほど体調が良いという。さらに父親も蕎麦アレルギーだった。


「蕎麦アレルギー」に関連するグルメ情報

カツオ節

人通りの少ない地下街にある「麺屋 しみる」のラーメンを紹介。店の主人は蕎麦アレルギーのため、麺には全粒粉を加え蕎麦をイメージしたという。スープのダシには豚挽肉と高級カツオ節を加えていると店長が説明していた。


検索結果の絞り込み