ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「藤原家康」の検索結果

「藤原家康」に関連する情報 22件中 1〜10件目

はれのひ

今年の1月8日、はれのひは晴れ着トラブルを起こした。はれのひの元社長は着物業界の救世主と呼ばれていたが、横浜市等の新成人らが「店と連絡がつかない。」と警察等に相談した事で事件が発覚した。被害総額は3億円を超える。藤原家康弁護士によると、現金がないと思われる状態で営業を続けていたことは悪質だという。また、去年9月に振り袖を購入した時に約42万円の支払いなのにカードは使えないと言われたという。多田文明氏によると、こんな事はあり得ないという。はれのひが自転車操業状態だったこと等が分かってきた。元社長は国外逃亡を図っていた。1月26日に横浜地裁が破産手続きの開始を決定した。負債総額は約11億円だった。元社長はアメリカから帰国した時、神奈川県警に詐欺容疑で逮捕された。はれのひは2年前に2つの銀行から計約6500万円を騙し取った。(日本経済新聞)

はれのひの元社長は晴れ着トラブルについて謝罪していたという。しかし、被害者からは本心なのか疑問だという声が上がっている。(日本経済新聞)

公判で、はれのひ・元社長の無責任な経営姿勢が浮き彫りになった。元社長は「税理士から財政状況の報告を受けていたが、経理が苦手で重要だと思っていなかった。」と釈明している。(東京新聞)

はれのひの元社長に実刑判決が言い渡されたニュースについてのトーク。八代さんは「銀行を騙して融資を受けた。検察は求刑5年としているが、判決は半分になってしまった。」等とコメントした。渡辺さんは「娘の門出を傷つけられたら許せないと思う。」等とコメントした。

立川さんは「他の着物レンタルの店の人に迷惑をかけている。」等とコメントした。


日本経済新聞

今年の1月8日、はれのひは晴れ着トラブルを起こした。はれのひの元社長は着物業界の救世主と呼ばれていたが、横浜市等の新成人らが「店と連絡がつかない。」と警察等に相談した事で事件が発覚した。被害総額は3億円を超える。藤原家康弁護士によると、現金がないと思われる状態で営業を続けていたことは悪質だという。また、去年9月に振り袖を購入した時に約42万円の支払いなのにカードは使えないと言われたという。多田文明氏によると、こんな事はあり得ないという。はれのひが自転車操業状態だったこと等が分かってきた。元社長は国外逃亡を図っていた。1月26日に横浜地裁が破産手続きの開始を決定した。負債総額は約11億円だった。元社長はアメリカから帰国した時、神奈川県警に詐欺容疑で逮捕された。はれのひは2年前に2つの銀行から計約6500万円を騙し取った。(日本経済新聞)

はれのひの元社長は晴れ着トラブルについて謝罪していたという。しかし、被害者からは本心なのか疑問だという声が上がっている。(日本経済新聞)


両国国技館

貴乃花親方の処分についてスポーツ紙も大きく伝えていて、毎日新聞では日馬富士はきょうにも略式起訴すると報じている。先ほど臨時理事会が終了したと伝え、玉木正之は事の重大さを考えると時間が短いのではないかと話した。理事会の貴乃花親方の様子と、きょうの臨時理事会の様子を映像で紹介した。貴乃花親方はについて、鎌田靖は処分はこの場で受け入れるとみられると話した。貴乃花親方は理事会での処分について、「相撲協会は処分したいならすればいい、私はこのままで終わるつもりはない」とコメントしている。

両国国技館から川添永津子が中継。先ほど理事会が終わってすぐに貴乃花親方を乗せた車が出てきたとみられている。貴乃花親方の処分についての情報は入ってきていない。山本義幸が貴乃花部屋から中継で、報道陣は貴乃花親方が出てくるのを待っている状況だと伝えた。

理事会の席順について、鎌田靖は席順までは分からないが毎回貴乃花親方の正面に八角理事長いるというのが続いていると話した。貴乃花親方の責任は2つあり、暴行事件で警察に被害届を提出しながら協会へ一切報告しなかったことと、結束して協力していくことを決議したのにかかわらず、今月18日まで貴ノ岩への聴取要請を拒否したこと。貴乃花親方の処分について、藤原家康弁護士によると理事会でけん責などの処分が出た場合、評議員会で認められなければ重い処分を求めることも可能だという。


藤原家康法律事務所

反省文は証拠として採用され、野々村竜太郎被告の記憶障害の診断書は提出されていない。検察側からは有罪に持ち込めるという余裕が感じられたという。弁護側は裁判を引き伸ばして無罪を勝ち取るか、全てを答えて執行猶予を貰うかの選択肢しかないのだが、今回の公判はどっちつかずとなった。裁判官も呆れた様子であった。3回目の公判は4月25日の午前10時半から神戸地裁にて行われる。藤原家康法律事務所の藤原家康弁護士は、政務活動費を全額返金し、議員辞職もしているため執行猶予が付くのではないかとみている。しかし次回の論告求刑で反省していないと判断されれば実刑の可能性が高い。


記憶障害

元県議の2回目公判で、記憶に無い、聞こえませんをまた連発。検察官は被告に、思い出そうとする努力はしたかと質問、被告は診断書も出ている、努力の有無の次元ではないと答えるなどした。収支報告書作成についても被告は、作業を行ったかわからないなど曖昧な内容。検察が提出した被告の反省文を証拠として採用。被告の記憶障害の診断書は提出されなかった。次回4月公判で結審予定。

反省文は証拠として採用され、野々村竜太郎被告の記憶障害の診断書は提出されていない。検察側からは有罪に持ち込めるという余裕が感じられたという。弁護側は裁判を引き伸ばして無罪を勝ち取るか、全てを答えて執行猶予を貰うかの選択肢しかないのだが、今回の公判はどっちつかずとなった。裁判官も呆れた様子であった。3回目の公判は4月25日の午前10時半から神戸地裁にて行われる。藤原家康法律事務所の藤原家康弁護士は、政務活動費を全額返金し、議員辞職もしているため執行猶予が付くのではないかとみている。しかし次回の論告求刑で反省していないと判断されれば実刑の可能性が高い。


日刊スポーツ

昨日、詐欺、虚偽有印公文書作成・同行使の罪で元兵庫県議の初公判が行われた。地裁には傍聴席80席を求め1013人の希望者が並んだ。元県議の被告は発覚当時、認めていたが、裁判では起訴内容を全面的に否認した。八代さんは「弁護人と戦略を練って対応すると思う」とした。裁判では検察側、弁護側の質問に対して「覚えていない。記憶にない」を連発していたという。藤原家康弁護士は「弁護人と事前に覚えていないと連発することは不利になると打ち合わせているはず」とした。検察側からの質問に関して「覚えていない」というのはいいが、弁護人からの質問でも同様の回答だと、きちんと弁護活動をしているのか弁護人の責任も問われるし被告人が真摯に答えようとしているのかという姿勢も疑われてしまうと。被告は現在通院していて、記憶障害の可能性があると主張。その診断をされた日にちを聞かれると、12月9日ですとはっきり答えたという。時間を求めて最終的に覚えていないなどの返答では裁判長はだいぶ腹に据えかねた印象。記憶障害というのは昨年12月9日を覚えていた時点で成立しないという。


朝日新聞

昨日、詐欺、虚偽有印公文書作成・同行使の罪で元兵庫県議の初公判が行われた。地裁には傍聴席80席を求め1013人の希望者が並んだ。元県議の被告は発覚当時、認めていたが、裁判では起訴内容を全面的に否認した。八代さんは「弁護人と戦略を練って対応すると思う」とした。裁判では検察側、弁護側の質問に対して「覚えていない。記憶にない」を連発していたという。藤原家康弁護士は「弁護人と事前に覚えていないと連発することは不利になると打ち合わせているはず」とした。検察側からの質問に関して「覚えていない」というのはいいが、弁護人からの質問でも同様の回答だと、きちんと弁護活動をしているのか弁護人の責任も問われるし被告人が真摯に答えようとしているのかという姿勢も疑われてしまうと。被告は現在通院していて、記憶障害の可能性があると主張。その診断をされた日にちを聞かれると、12月9日ですとはっきり答えたという。時間を求めて最終的に覚えていないなどの返答では裁判長はだいぶ腹に据えかねた印象。記憶障害というのは昨年12月9日を覚えていた時点で成立しないという。


「藤原家康」に関連する音楽・CD

ぬくもり

平浩二さんの「ぬくもり」がMr.Childrenの「抱きしめたい」の歌詞に酷似していると問題になっているが作詞家はミスチルを知らないと主張している。法律的に類似はどのくらいなら許されるのか、藤原家康弁護士によると「2フレーズくらい同じでも危険、しかも特徴的な歌詞を使うとNG」だということ。著作権侵害に当たる場合10年以下の懲役または1000万円以下の罰金となり、民事請求でも損害賠償請求などが考えられるということ。


「藤原家康」に関連する音楽・CD

抱きしめたい

平浩二さんの「ぬくもり」がMr.Childrenの「抱きしめたい」の歌詞に酷似していると問題になっているが作詞家はミスチルを知らないと主張している。法律的に類似はどのくらいなら許されるのか、藤原家康弁護士によると「2フレーズくらい同じでも危険、しかも特徴的な歌詞を使うとNG」だということ。著作権侵害に当たる場合10年以下の懲役または1000万円以下の罰金となり、民事請求でも損害賠償請求などが考えられるということ。


産経新聞

最近話題になっている佐村河内氏がゴーストライターを使っていた問題など著作権について見ていく。泉谷しげるは「先天性欲情魔」や「自殺のすすめ」の著作権放棄を希望しており、法的には加納である。また、産経新聞では小学校の卒業生がプールにミッキーマウスの絵を書いてディズニーから「著作権違反で訴える」というメッセージが届き消すことになったことが報じられており、この件に藤原家康弁護士は「仕方がない、最近も知らないうちに著作権違反している場合が増えている」と述べている。