ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「藤田憲右」の検索結果

「藤田憲右」に関連する情報 343件中 1〜10件目

高松商業

藤田憲右によるとこの日を堺に2000年から延長15回に変更され、再試合の第1号が駒大苫小牧vs早稲田実業の試合で延長18回の再試合適用の第1号は板東英二だった。また、松坂大輔は試合中、キャッチャーと配給で揉め、ベンチに戻った際に笑いに変える神対応をした、PL学園の3塁コーチャー・平石洋介はサインの癖を見つけてアドバイスしていて、このアドバイスはキャッチャー小山を撹乱するためだったという。


早稲田実業

藤田憲右によるとこの日を堺に2000年から延長15回に変更され、再試合の第1号が駒大苫小牧vs早稲田実業の試合で延長18回の再試合適用の第1号は板東英二だった。また、松坂大輔は試合中、キャッチャーと配給で揉め、ベンチに戻った際に笑いに変える神対応をした、PL学園の3塁コーチャー・平石洋介はサインの癖を見つけてアドバイスしていて、このアドバイスはキャッチャー小山を撹乱するためだったという。


駒大苫小牧

藤田憲右によるとこの日を堺に2000年から延長15回に変更され、再試合の第1号が駒大苫小牧vs早稲田実業の試合で延長18回の再試合適用の第1号は板東英二だった。また、松坂大輔は試合中、キャッチャーと配給で揉め、ベンチに戻った際に笑いに変える神対応をした、PL学園の3塁コーチャー・平石洋介はサインの癖を見つけてアドバイスしていて、このアドバイスはキャッチャー小山を撹乱するためだったという。


「藤田憲右」に関連するイベント情報

高校野球

藤田憲右によるとこの日を堺に2000年から延長15回に変更され、再試合の第1号が駒大苫小牧vs早稲田実業の試合で延長18回の再試合適用の第1号は板東英二だった。また、松坂大輔は試合中、キャッチャーと配給で揉め、ベンチに戻った際に笑いに変える神対応をした、PL学園の3塁コーチャー・平石洋介はサインの癖を見つけてアドバイスしていて、このアドバイスはキャッチャー小山を撹乱するためだったという。


PL学園

松坂大輔の高校時代の伝説的な試合を振り返る企画。渡部が挙げた1998年の夏準々決勝 横浜vsPL学園の試合を振り返った。激闘の末、延長戦へ突入。試合は17回へ。当時、延長は18回までで決着がつかなければ引き分け再試合となる。17回で横浜が勝ち越しホームランを打ち、9-7で横浜が準決勝進出を決めた。

藤田憲右によるとこの日を堺に2000年から延長15回に変更され、再試合の第1号が駒大苫小牧vs早稲田実業の試合で延長18回の再試合適用の第1号は板東英二だった。また、松坂大輔は試合中、キャッチャーと配給で揉め、ベンチに戻った際に笑いに変える神対応をした、PL学園の3塁コーチャー・平石洋介はサインの癖を見つけてアドバイスしていて、このアドバイスはキャッチャー小山を撹乱するためだったという。


横浜高校

松坂大輔の高校時代の伝説的な試合を振り返る企画。渡部が挙げた1998年の夏準々決勝 横浜vsPL学園の試合を振り返った。激闘の末、延長戦へ突入。試合は17回へ。当時、延長は18回までで決着がつかなければ引き分け再試合となる。17回で横浜が勝ち越しホームランを打ち、9-7で横浜が準決勝進出を決めた。

藤田憲右によるとこの日を堺に2000年から延長15回に変更され、再試合の第1号が駒大苫小牧vs早稲田実業の試合で延長18回の再試合適用の第1号は板東英二だった。また、松坂大輔は試合中、キャッチャーと配給で揉め、ベンチに戻った際に笑いに変える神対応をした、PL学園の3塁コーチャー・平石洋介はサインの癖を見つけてアドバイスしていて、このアドバイスはキャッチャー小山を撹乱するためだったという。

続いて、1998年の夏準決勝 横浜vs明徳義塾の試合を振り返った。6-0で大きくリードされた横浜高校は8回、9回ウラで同点に追いつき、2アウト満塁でタイムリーを放ち7-6で横浜がサヨナラ勝ちで決勝進出を決めた。この試合で松坂大輔がテーピングを外した瞬間に球場が異様な雰囲気になった。

続いて、1998年の夏の決勝、横浜vs京都成章の試合を振り返った。松坂大輔は決勝のこの試合でノーヒットノーランを達成。この試合で出した、全27アウトの映像が放映された。

スタジオでは、松坂大輔が風呂場で小倉部長と接触するのを避けるために誰よりも早く風呂に入っていた、”誰よりも早風呂”などの伝説が語られた。

早出明弘が松坂大輔へのインタビューを行った。松坂大輔は、「横浜高校時代、練習はキツかったですか?」という質問に対して、「1年生の時には戻りたくないです。自分だけ3年生と同じ練習メニューをやらされていたので、どんな理由で練習を休もうか考えてました」と答えていた。


「藤田憲右」に関連するグルメ情報

金華豚味噌漬け

御殿場にはカツマタという苗字の人が多く、勝俣州和、トータルテンボスは日本一多い苗字かと思いこんでいたという。ちなみに勝俣の知人、勝又美津代さんの旧姓は勝亦。さらにスタジオにはフルフール御殿場の「御殿場の水ゼリー」が用意され、井ノ原ら出演者が実食。その後、金華豚のついて話題になり、藤田憲右は「地元にいるとき、金華豚の有り難みが分からなかった」と振り返った。


「藤田憲右」に関連するレストラン・飲食店

みなみ妙見

13位:金華豚。飼育の難しさから「幻の豚」と呼ばれる、中国原産のブランド豚。金華豚は32年前、静岡県と友好提携を結んだ中国の浙江省から贈られ、養豚が始まった。山崎精肉店では難しい金華豚の飼育に成功し、販売までを行う御殿場で唯一のお店である。みなみ妙見ではそんな貴重な金華豚がしゃぶしゃぶで味わえる。

御殿場にはカツマタという苗字の人が多く、勝俣州和、トータルテンボスは日本一多い苗字かと思いこんでいたという。ちなみに勝俣の知人、勝又美津代さんの旧姓は勝亦。さらにスタジオにはフルフール御殿場の「御殿場の水ゼリー」が用意され、井ノ原ら出演者が実食。その後、金華豚のついて話題になり、藤田憲右は「地元にいるとき、金華豚の有り難みが分からなかった」と振り返った。


山崎精肉店

13位:金華豚。飼育の難しさから「幻の豚」と呼ばれる、中国原産のブランド豚。金華豚は32年前、静岡県と友好提携を結んだ中国の浙江省から贈られ、養豚が始まった。山崎精肉店では難しい金華豚の飼育に成功し、販売までを行う御殿場で唯一のお店である。みなみ妙見ではそんな貴重な金華豚がしゃぶしゃぶで味わえる。

御殿場にはカツマタという苗字の人が多く、勝俣州和、トータルテンボスは日本一多い苗字かと思いこんでいたという。ちなみに勝俣の知人、勝又美津代さんの旧姓は勝亦。さらにスタジオにはフルフール御殿場の「御殿場の水ゼリー」が用意され、井ノ原ら出演者が実食。その後、金華豚のついて話題になり、藤田憲右は「地元にいるとき、金華豚の有り難みが分からなかった」と振り返った。


「藤田憲右」に関連するグルメ情報

御殿場の水ゼリー

14位:フルフール御殿場。朝9時から行列ができる生フルーツゼリーの専門店で、美味しさの秘訣は店主自ら東京の市場で仕入れる高級フルーツ。ゼリーに使うのは果肉の美味しい部分だけで、ほんのり甘いプルプルのゼリーが果物の美味しさを引き立てる。食通の話題でとみに話題なのが「御殿場の水ゼリー」で、御殿場の美味しい水に、わずかな砂糖を加えただけの品。

御殿場にはカツマタという苗字の人が多く、勝俣州和、トータルテンボスは日本一多い苗字かと思いこんでいたという。ちなみに勝俣の知人、勝又美津代さんの旧姓は勝亦。さらにスタジオにはフルフール御殿場の「御殿場の水ゼリー」が用意され、井ノ原ら出演者が実食。その後、金華豚のついて話題になり、藤田憲右は「地元にいるとき、金華豚の有り難みが分からなかった」と振り返った。