ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「装苑」の検索結果

「装苑」に関連する情報 138件中 1〜10件目

装苑

服にこだわりのある増田貴久は「mina」12月号に連載している「MASU Styling マスアイリング」、装苑2018年9月号「増田貴久のファッション企画 MFBB」で私服だと話した。


mina

服にこだわりのある増田貴久は「mina」12月号に連載している「MASU Styling マスアイリング」、装苑2018年9月号「増田貴久のファッション企画 MFBB」で私服だと話した。


武蔵野美術大学

ホラン千秋の同級生 菅原しおんさんは今ミシン刺繍のアーティストをしている。全国で個展を開いたり装苑にも掲載されている。注目の理由が独特で唯一無二のデザイン。プライベートの今は西荻窪の自宅で両親と暮らし、リビングで作品を制作している。彼女が刺繍の道を進んだ裏にはホラン千秋が影響していた。荻窪で生まれた彼女は2歳でシアトルへ。デザインに興味を持ち始め、都立国際高校に入学しホラン千秋と出会った。高校2年の時に、ライオン・キングで衣装を担当、デザイナーを目指すことを決意し武蔵野美術大学に入学した。糸を通して何かを描くことが自分の個性につながると確信し、様々な作品を作り上げた。


「装苑」に関連するイベント情報

ライオン・キング

ホラン千秋の同級生 菅原しおんさんは今ミシン刺繍のアーティストをしている。全国で個展を開いたり装苑にも掲載されている。注目の理由が独特で唯一無二のデザイン。プライベートの今は西荻窪の自宅で両親と暮らし、リビングで作品を制作している。彼女が刺繍の道を進んだ裏にはホラン千秋が影響していた。荻窪で生まれた彼女は2歳でシアトルへ。デザインに興味を持ち始め、都立国際高校に入学しホラン千秋と出会った。高校2年の時に、ライオン・キングで衣装を担当、デザイナーを目指すことを決意し武蔵野美術大学に入学した。糸を通して何かを描くことが自分の個性につながると確信し、様々な作品を作り上げた。


都立国際高校

ホラン千秋の同級生 菅原しおんさんは今ミシン刺繍のアーティストをしている。全国で個展を開いたり装苑にも掲載されている。注目の理由が独特で唯一無二のデザイン。プライベートの今は西荻窪の自宅で両親と暮らし、リビングで作品を制作している。彼女が刺繍の道を進んだ裏にはホラン千秋が影響していた。荻窪で生まれた彼女は2歳でシアトルへ。デザインに興味を持ち始め、都立国際高校に入学しホラン千秋と出会った。高校2年の時に、ライオン・キングで衣装を担当、デザイナーを目指すことを決意し武蔵野美術大学に入学した。糸を通して何かを描くことが自分の個性につながると確信し、様々な作品を作り上げた。


鳥柄巻きスカート

ホラン千秋の同級生 菅原しおんさんは今ミシン刺繍のアーティストをしている。全国で個展を開いたり装苑にも掲載されている。注目の理由が独特で唯一無二のデザイン。プライベートの今は西荻窪の自宅で両親と暮らし、リビングで作品を制作している。彼女が刺繍の道を進んだ裏にはホラン千秋が影響していた。荻窪で生まれた彼女は2歳でシアトルへ。デザインに興味を持ち始め、都立国際高校に入学しホラン千秋と出会った。高校2年の時に、ライオン・キングで衣装を担当、デザイナーを目指すことを決意し武蔵野美術大学に入学した。糸を通して何かを描くことが自分の個性につながると確信し、様々な作品を作り上げた。


Tシャツ(レディース)

ホラン千秋の同級生 菅原しおんさんは今ミシン刺繍のアーティストをしている。全国で個展を開いたり装苑にも掲載されている。注目の理由が独特で唯一無二のデザイン。プライベートの今は西荻窪の自宅で両親と暮らし、リビングで作品を制作している。彼女が刺繍の道を進んだ裏にはホラン千秋が影響していた。荻窪で生まれた彼女は2歳でシアトルへ。デザインに興味を持ち始め、都立国際高校に入学しホラン千秋と出会った。高校2年の時に、ライオン・キングで衣装を担当、デザイナーを目指すことを決意し武蔵野美術大学に入学した。糸を通して何かを描くことが自分の個性につながると確信し、様々な作品を作り上げた。


○○動物バッグ

ホラン千秋の同級生 菅原しおんさんは今ミシン刺繍のアーティストをしている。全国で個展を開いたり装苑にも掲載されている。注目の理由が独特で唯一無二のデザイン。プライベートの今は西荻窪の自宅で両親と暮らし、リビングで作品を制作している。彼女が刺繍の道を進んだ裏にはホラン千秋が影響していた。荻窪で生まれた彼女は2歳でシアトルへ。デザインに興味を持ち始め、都立国際高校に入学しホラン千秋と出会った。高校2年の時に、ライオン・キングで衣装を担当、デザイナーを目指すことを決意し武蔵野美術大学に入学した。糸を通して何かを描くことが自分の個性につながると確信し、様々な作品を作り上げた。


ブローチ

ホラン千秋の同級生 菅原しおんさんは今ミシン刺繍のアーティストをしている。全国で個展を開いたり装苑にも掲載されている。注目の理由が独特で唯一無二のデザイン。プライベートの今は西荻窪の自宅で両親と暮らし、リビングで作品を制作している。彼女が刺繍の道を進んだ裏にはホラン千秋が影響していた。荻窪で生まれた彼女は2歳でシアトルへ。デザインに興味を持ち始め、都立国際高校に入学しホラン千秋と出会った。高校2年の時に、ライオン・キングで衣装を担当、デザイナーを目指すことを決意し武蔵野美術大学に入学した。糸を通して何かを描くことが自分の個性につながると確信し、様々な作品を作り上げた。


コースター

ホラン千秋の同級生 菅原しおんさんは今ミシン刺繍のアーティストをしている。全国で個展を開いたり装苑にも掲載されている。注目の理由が独特で唯一無二のデザイン。プライベートの今は西荻窪の自宅で両親と暮らし、リビングで作品を制作している。彼女が刺繍の道を進んだ裏にはホラン千秋が影響していた。荻窪で生まれた彼女は2歳でシアトルへ。デザインに興味を持ち始め、都立国際高校に入学しホラン千秋と出会った。高校2年の時に、ライオン・キングで衣装を担当、デザイナーを目指すことを決意し武蔵野美術大学に入学した。糸を通して何かを描くことが自分の個性につながると確信し、様々な作品を作り上げた。