ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「裸の王様」の検索結果

「裸の王様」に関連する情報 132件中 1〜10件目

中国外務省

ファーウェイの女性幹部逮捕について解説した。容疑者はアメリカの金融機関に嘘の説明をして制裁対象のイランと不正取引をしたとして、詐欺容疑で逮捕された。現在は保証金8億4000万円で保釈され、居場所追跡の電子タグを付ける、帰国せずカナダの自宅で過ごすなどの条件にしたがっている。容疑者が配達ピザを報道陣に振る舞うこともあったという。この逮捕をめぐり、中国の外務省報道官は「アメリカとカナダは事実と法治を無視し世界から笑われることになる。現代版の“裸の王様“だ」などと話し、逮捕状を取り下げるよう求めた。遠藤誉は「米中の対立はハイテク競争が表面化したものと考えるべき」などと話した。トランプ大統領は「国の安全保障に有益なら介入する」とした上で、容疑者がアメリカに移送されその後保釈し中国に帰される可能性について、「それが交渉カードの1つになる可能性もある」などと話した。遠藤誉は「宇宙と半導体の分野で世界の産業を制覇する”中国製造2025“という戦略を、アメリカは叩き潰したい。言論統制をしている国が世界を宇宙を制覇することになるから、それは防がないといけない」などと語った。宮根誠司は「今は武器や兵器じゃなく情報をおさえた国が覇権を握る」などと話し、伊藤聡子は「遠隔操作など攻撃の痕跡がわからないような形で戦争が行われることになる」などと語った。


ファーウェイ

ファーウェイの女性幹部逮捕について解説した。容疑者はアメリカの金融機関に嘘の説明をして制裁対象のイランと不正取引をしたとして、詐欺容疑で逮捕された。現在は保証金8億4000万円で保釈され、居場所追跡の電子タグを付ける、帰国せずカナダの自宅で過ごすなどの条件にしたがっている。容疑者が配達ピザを報道陣に振る舞うこともあったという。この逮捕をめぐり、中国の外務省報道官は「アメリカとカナダは事実と法治を無視し世界から笑われることになる。現代版の“裸の王様“だ」などと話し、逮捕状を取り下げるよう求めた。遠藤誉は「米中の対立はハイテク競争が表面化したものと考えるべき」などと話した。トランプ大統領は「国の安全保障に有益なら介入する」とした上で、容疑者がアメリカに移送されその後保釈し中国に帰される可能性について、「それが交渉カードの1つになる可能性もある」などと話した。遠藤誉は「宇宙と半導体の分野で世界の産業を制覇する”中国製造2025“という戦略を、アメリカは叩き潰したい。言論統制をしている国が世界を宇宙を制覇することになるから、それは防がないといけない」などと語った。宮根誠司は「今は武器や兵器じゃなく情報をおさえた国が覇権を握る」などと話し、伊藤聡子は「遠隔操作など攻撃の痕跡がわからないような形で戦争が行われることになる」などと語った。


ファーウェイ

昨日、中国外務省の報道官はアメリカとカナダを「裸の王様」だと皮肉交じりに批判した。きっかけはファーウェイ副会長のカナダでの逮捕。アメリカはファーウェイ製品を政府機関などで利用することを禁じ、米中の対立は激化の一途をたどっている。アメリカは成長する中国のハイテク技術を警戒しているという。


テレビ朝日

中国報道官はきのうアメリカとカナダは“裸の王様”だとし「拘束を合法的だとする服を着たとしても事実とは違っており世間は笑っている」と発言した。中国外務省幹部はテレビ朝日の取材に「国家の安全保障が侵されていると言うなら証拠を見せてほしい。ファーウェイを締め出すなら日本がダメージを受ける」などと答えた。青木さんは「脅しではあるけど7千億近くファーウェイのおかげで日本の企業が潤っている。覇権争い、政治体制が心配だが日本の安全保障はどうするか非常に難しい」などとコメント。


ファーウェイ

中国外務省の報道官はアメリカとカナダを”裸の王様”と批判した。逮捕されたファーウェイの副会長を巡ってアメリカと中国の対立が深まっている。

産経新聞は政府は政府調達からファーウェイを事実調査排除する方針について来月民間インフラ事業者に説明する予定だと分かった。サイバー攻撃などリスク軽減のためファーウェイを締め出す狙い。高橋浩祐さんは「日本は個人データや保有データを抜かれ中国に使われては困るのでこのような動きになった」と説明した。

中国報道官はきのうアメリカとカナダは“裸の王様”だとし「拘束を合法的だとする服を着たとしても事実とは違っており世間は笑っている」と発言した。中国外務省幹部はテレビ朝日の取材に「国家の安全保障が侵されていると言うなら証拠を見せてほしい。ファーウェイを締め出すなら日本がダメージを受ける」などと答えた。青木さんは「脅しではあるけど7千億近くファーウェイのおかげで日本の企業が潤っている。覇権争い、政治体制が心配だが日本の安全保障はどうするか非常に難しい」などとコメント。

アメリカについて行っているのはイギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダで、日本は過剰同調していてる。ファーウェイ排除のきっかけは15年前、アメリカのシスコシステムズの製品をファーウェイが格安で販売、取扱説明書はコピーした疑惑があり提訴した。FBIが捜査し製品設計を変更、シスコシステムズと和解した。この頃からアメリカがファーウェイの動向を監視し始めた。2011、12年に国防総省とアメリカの議会がファーウェイに「人民解放軍と密接な関係にあるのでは」と指摘しサイバー攻撃の懸念があると警告した。2015年にFBIがファーウェイの製品が普及することでアメリカ企業の通信網に中国政府とみられるアクセスが急増、と警告した。オバマ前大統領は習近平に「サイバー攻撃をやめなければ制裁」と警告した。ファーウェイはアメリカの報告書は憶測に基づいていると否定した。トランプ大統領は今年8月国防権限法で政府・軍事拠点でファーウェイ製品の使用を禁止した。高橋さんは「技術を制するものが軍事を制する。アメリカは新しい通信インフラが出てきているから中国を押さえつけて、覇権維持したい」と話した。

今の対立構造で言うと「中国は新興国として台頭、覇権国であるアメリカが不安を感じている」。ペンス副大統領は「中国は覇権を狙っている。アメリカ覇権に挑戦する国」「大統領とアメリカは一歩も引かない」などとコメントしていた。アメリカは経済面で余裕がなくなってきているとのこと。玉川さんは「これからは通常兵器の軍事力からサイバーに移る。通常兵器をどれくらい持っているかが覇権の裏打ちだった。」などとコメントした。青木さんは「10年後には中国がアメリカ抜くと言われている。中国のこれからの政治体制がどうなるのか注目点」と話した。

16世紀の覇権国はスペインだった。理由は「植民地」で、銀を採掘していた。次々と航路を開拓し植民地を広げた。銀の供給が激減し、無敵艦隊がイギリスに敗れ衰退していった。17世紀の覇権国はオランダ。スペインの植民地だったが1609年にスペインから独立、東インド会社を設立し繁栄した。1652〜74年の間に3度英蘭戦争が起きイギリスに負け。18〜19世紀の覇権国はイギリス。産業革命で繁栄したが工業化の波がアメリカなどに移っていき、第一次世界大戦で軍事・経済に負担になり衰退した。20世紀の覇権国はアメリカで理由は戦争。第一次世界大戦のときアメリカは被害が少なかったため、軍事物資の供給で潤い第二次世界大戦で勝利し経済大国になった。21世紀の覇権国は中国、どっちが握るのか争っている。覇権国への鍵はAIと5G。玉川さんは「中国が長い間アジアの覇権を持っていた」などとコメントした。


ファーウェイ

中国の通信機器最王手・ファーウェイの最高財務責任者の逮捕をめぐり、中国外務省はきのうアメリカとカナダに対して「事実と法治を無視し、世界から笑われることになる」としたうえで「裸の王様」などと強く批判した。報道官はさらに孟晩舟容疑者に対する逮捕状を取り下げるよう、改めて求めた。一方中国政府は先週、国家の運営に危害を及ぼす活動をしたとして、カナダ人2人を拘束しており、双方の対立が深まっている。


ファーウェイ

アメリカのポンペオ国務長官は14日、カナダとの外務・防衛閣僚会議で、中国によるカナダ人2人の拘束が「不法だ」として、早期解放を求めた。カナダのフリーランド外相も、中国の通信機器大手「ファーウェイ」のCFOの逮捕について「法治の原則によるもの」として、正当性を主張した。これに対し、中国外務省はアメリカとカナダを「裸の王様のようだ」と激しく批判。ファーウェイCFOの逮捕状の取り下げと完全な釈放を求めた。


ファーウェイ

ファーウェイ問題で「裸の王様」


ファーウェイ

アメリカのポンペオ国務長官は14日、カナダとの外務・防衛閣僚会議で、中国によるカナダ人2人の拘束が「不法だ」として、早期解放を求めた。カナダのフリーランド外相も、中国の通信機器大手「ファーウェイ」のCFOの逮捕について「法治の原則によるもの」として、正当性を主張した。これに対し、中国外務省はアメリカとカナダを「裸の王様のようだ」と激しく批判。ファーウェイCFOの逮捕状の取り下げと完全な釈放を求めた。


ファーウェイ

アメリカのポンペオ国務長官が中国によるカナダ人の拘束は不法だとして開放を求め、カナダのフリーランド外相はファーウェイの孟晩舟容疑者の逮捕は「法治の原則によるもの」として正当性を主張した。中国政府は「現代版の裸の王様のようだ」と述べ反発、孟副会長への逮捕状の取り下げと完全な釈放を求めた。


検索結果の絞り込み