ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「裸の王様」の検索結果

「裸の王様」に関連する情報 110件中 1〜10件目

「裸の王様」に関連する映画・DVD

みやぞんはサンシャイン池崎について、「声が大きいですね」と評し、3人の中で人気が落ちる芸人にアキラ100%を挙げた。ピアニストのように手を酷使して腱鞘炎になり、ネタ中にお盆を落として失態を演じてしまうと考えている。

「裸の王様[SSBX-2614][DVD]」

価格.com


「裸の王様」に関連する音楽・CD

ララバイラーラバイ

主題歌:「ララバイラーラバイ」ピコ太郎


「裸の王様」に関連する映画・DVD

アキラ100%は元々役者志望で俳優・椎名桔平さんの付き人兼運転手だったが、運転が下手で椎名さんが後部座席で台本が読めないくらいだった。すると椎名さんが自らハンドルを握りアキラは助手席に。これについてアキラは「信じられない“神対応”をして頂きました」などとコメント。

「裸の王様[SSBX-2614][DVD]」

価格.com


「裸の王様」に関連する映画・DVD

第4位はアキラ100%さん。今年R−1ぐらんぷりで優勝し、42歳の遅咲きながらブレークを果たした。全裸に股関をお盆で隠すだけの強烈な芸風は一度見たものを虜にする。

「裸の王様[SSBX-2614][DVD]」

価格.com


「裸の王様」に関連する映画・DVD

情報ライブ ミヤネ屋の番組宣伝。日米首脳の電話会談を速報解説や2017ブレーク芸能人&”流行語”など。

「裸の王様[SSBX-2614][DVD]」

価格.com


「裸の王様」に関連する本・コミック・雑誌

みにくいアヒルの子

15日から劇団四季のミュージカル「アンデルセン」が全国ツアーを開始した。アンデルセン役は鈴木涼太。裸の王様、人魚姫、みにくいアヒルの子など、世界中の子どもたちに読み継がれてきたお話。今回の公演は、そんな数々の童話を描いた童話作家アンデルセンの物語。「知っているお話がでてきてわくわくした。人魚姫のバレエのシーンが幻想的で綺麗で感動した。」と伊東アナウンサーはコメントした。また、このシーンでアンデルセンが手に持ち朗読している小道具の本を特別に公開。「本当にちゃんとリアルな脚本になっているんですね。」と驚く伊東アナウンサー。鈴木涼太は「本の中身はお客さんからは見えないように扱っておりなかなか見せることができないが、細かいところも一つ一つこだわって道具も作られています。」と述べた。劇団四季の「アンデルセン」は、12月21日まで全国78都市を巡る予定。


人魚姫

15日から劇団四季のミュージカル「アンデルセン」が全国ツアーを開始した。アンデルセン役は鈴木涼太。裸の王様、人魚姫、みにくいアヒルの子など、世界中の子どもたちに読み継がれてきたお話。今回の公演は、そんな数々の童話を描いた童話作家アンデルセンの物語。「知っているお話がでてきてわくわくした。人魚姫のバレエのシーンが幻想的で綺麗で感動した。」と伊東アナウンサーはコメントした。また、このシーンでアンデルセンが手に持ち朗読している小道具の本を特別に公開。「本当にちゃんとリアルな脚本になっているんですね。」と驚く伊東アナウンサー。鈴木涼太は「本の中身はお客さんからは見えないように扱っておりなかなか見せることができないが、細かいところも一つ一つこだわって道具も作られています。」と述べた。劇団四季の「アンデルセン」は、12月21日まで全国78都市を巡る予定。


「裸の王様」に関連する本・コミック・雑誌

裸の王様

15日から劇団四季のミュージカル「アンデルセン」が全国ツアーを開始した。アンデルセン役は鈴木涼太。裸の王様、人魚姫、みにくいアヒルの子など、世界中の子どもたちに読み継がれてきたお話。今回の公演は、そんな数々の童話を描いた童話作家アンデルセンの物語。「知っているお話がでてきてわくわくした。人魚姫のバレエのシーンが幻想的で綺麗で感動した。」と伊東アナウンサーはコメントした。また、このシーンでアンデルセンが手に持ち朗読している小道具の本を特別に公開。「本当にちゃんとリアルな脚本になっているんですね。」と驚く伊東アナウンサー。鈴木涼太は「本の中身はお客さんからは見えないように扱っておりなかなか見せることができないが、細かいところも一つ一つこだわって道具も作られています。」と述べた。劇団四季の「アンデルセン」は、12月21日まで全国78都市を巡る予定。


「裸の王様」に関連するイベント情報

アンデルセン

15日から劇団四季のミュージカル「アンデルセン」が全国ツアーを開始した。アンデルセン役は鈴木涼太。裸の王様、人魚姫、みにくいアヒルの子など、世界中の子どもたちに読み継がれてきたお話。今回の公演は、そんな数々の童話を描いた童話作家アンデルセンの物語。「知っているお話がでてきてわくわくした。人魚姫のバレエのシーンが幻想的で綺麗で感動した。」と伊東アナウンサーはコメントした。また、このシーンでアンデルセンが手に持ち朗読している小道具の本を特別に公開。「本当にちゃんとリアルな脚本になっているんですね。」と驚く伊東アナウンサー。鈴木涼太は「本の中身はお客さんからは見えないように扱っておりなかなか見せることができないが、細かいところも一つ一つこだわって道具も作られています。」と述べた。劇団四季の「アンデルセン」は、12月21日まで全国78都市を巡る予定。


検索結果の絞り込み