ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「設楽統」の検索結果

「設楽統」に関連する情報 3997件中 1〜10件目

「設楽統」に関連する料理レシピ

鶏むね肉とポテトのチリソース

鶏むね肉とポテトのチリソースを試食。設楽統は「鶏肉すごいジューシー、これはいい」と話した。


「設楽統」に関連するグルメ情報

ジャガイモ

鶏むね肉とポテトのチリソースを試食。設楽統は「鶏肉すごいジューシー、これはいい」と話した。

簡単 ひき肉とじゃがいものカリカリ焼き。シンプルな食材で作られているので、お酒のおつまみやお弁当にも使える。ボウルにひき肉と卵を入れて軽くこねたら、千切りにしたじゃがいもを加えて、塩コショウをして軽く粘りがでるまで混ぜ合わせる。小判型に整形して焼いたら完成。片栗粉などは使わず、じゃがいものでんぷん質だけでまとめるのがポイント。足りなかったらお醤油などをたらすと美味しい。


クックパッド

鶏むね肉とポテトのチリソースを試食。設楽統は「鶏肉すごいジューシー、これはいい」と話した。

簡単 ひき肉とじゃがいものカリカリ焼き。シンプルな食材で作られているので、お酒のおつまみやお弁当にも使える。ボウルにひき肉と卵を入れて軽くこねたら、千切りにしたじゃがいもを加えて、塩コショウをして軽く粘りがでるまで混ぜ合わせる。小判型に整形して焼いたら完成。片栗粉などは使わず、じゃがいものでんぷん質だけでまとめるのがポイント。足りなかったらお醤油などをたらすと美味しい。

ESSE年間定期購読のお申し込みは0120-887560まで。レシピの1品目は本誌最新号に掲載、その他はクックパッドへ。6月30日までの年間定期購読申し込み者に「リュックにもトートにもなる2WAYバッグ」をプレゼント。


「設楽統」に関連するグルメ情報

小籠包

今回はプライベートブランドを徹底取材。セブン&アイ・ホールディングスの「セブンプレミアム」やイオンの「トップバリュ」を取り上げる。

セブンイレブンやイトーヨーカドーなど、セブン&アイ・ホールディングスグループの全国2万店で展開するプライベートブランドが「セブンプレミアム」である。セブンイレブンには「切れてる厚焼き玉子」など様々な商品が並んでいる。年間1兆5000億円を売り上げる人気のヒミツは「メーカーとの最強タッグ」。例えば「ハンバーグステーキ」は、高級店さながらの工程を再現した施設を持つ日本ハムとタッグしている。セブン&アイでは売り場で得たお客さんのニーズから、商品ごとに最強の技術を情報を持つメーカーとタッグを結成し、プレミアムな商品を生み出している。

今年3月にリニューアルされた「小籠包」もそのうちの一つ。「手軽に本格的な中華を食べたい」とのニーズを受け、中華のメニューに関して知見をもつ米久とタッグを組んだ。米久はソーセージなどの加工食品や「小籠包」「水餃子」などの中華冷凍食品も手がける企業。そこで米久デリカフーズ 静岡工場を訪問。この工場では1mmの皮の薄さを実現。さらに長年の経験で得た知識から、薄くても破れにくい記事の原料を配合するなどし、本格的小籠包を実現させた。

スタジオで設楽統らがセブンプレミアムの「小籠包」4個入り199円(税込)を試食。設楽統は「皮これすごいな。お店の味だし相当うまい」とコメント。荻原博子は「デフレの時代なので物が売れない。どっかで差別化しないと売るに売れない。切磋琢磨がされている」とコメント。次は愛されて43年のトップバリュを品質の番人といわれる研究所を直撃。


トップバリュ

今回はプライベートブランドを徹底取材。セブン&アイ・ホールディングスの「セブンプレミアム」やイオンの「トップバリュ」を取り上げる。

今回は荻原博子が、セブン&アイ・ホールディングスの「セブンプレミアム」やイオンの「トップバリュ」といったプライベートブランドを解説する。小売店は企画を立ち上げ、メーカーさんと打ち合わせる。メーカーさんが製造したら、小売店が販売する。このサイクルにより、品質がどんどん向上する。プライベートブランドは食品の他にも家電や自転車なども扱っている。荻原さんはスイーツ男子はプライベートブランドからきていると言い、「コンビニでスイーツを置いたら意外と男の子が来て、買って食べてたら人気になった」などと話した。 

スタジオで設楽統らがセブンプレミアムの「小籠包」4個入り199円(税込)を試食。設楽統は「皮これすごいな。お店の味だし相当うまい」とコメント。荻原博子は「デフレの時代なので物が売れない。どっかで差別化しないと売るに売れない。切磋琢磨がされている」とコメント。次は愛されて43年のトップバリュを品質の番人といわれる研究所を直撃。

千葉県佐倉市にある『イオンスタイルユーカリが丘』。イオンは1974年に自信初のプライベートブランド商品カップ麺の『ジェーカップ』を発売。それ以来43年という長きに渡り様々な商品を展開してきた。いわばプライベートブランドの老舗。客のニーズに応えた超充実のラインナップ。例えばランドセルのトップバリュ『24色ランドセル』3万7800円は、今では当たり前となったカラフルなランドセルはイオン曰く先駆けとなったのが16年前に発売されたこちらの商品との事。梅雨にオシャレをしたいという要望から生まれたトップバリュ『fururiキッズ』950円〜や、力が弱い・爪を傷つけたくない方の為に開発されたトップバリュ『フタが開けやすいライトツナフレーク70g』95円など、細かいニーズを実現しかゆいところまで手が届く『トップバリュ』の商品。さらに客の期待に応えたいという事で特に力を入れているのが品質チェックという。

案内されたのは千葉市にあるとある施設。そこには『生活品質科学研究所』とありトップバリュ商品の品質チェックのために作られた特別な研究所との事。中へ入るとそこで行われていたのはキャリーケースの耐衝撃性試験で100kgの圧力を1分間に3回加え強度を調べる。さらにアレルゲン検査もおこなわれていて、卵・小麦・エビなど特定原材料7品目を使わずにつくられたトップバリュ『発芽玄米パスタと野菜のトマトクリームソースでつくるトマトクリームパスタセット』375円など、アレルギー物質に反応しないか薬品で表示通り含まれないかチェックする。別の研究室では不思議な光景が、女性が5人壁に向かって並んでいる。これは何のチェックか。それは消臭インナーの消臭効果についての官能試験だという消臭能力チェック。人工的につくった汗臭の入ったフラスコと汗臭に加えて消臭インナーの入ったフラスコを用意。2時間後それぞれのニオイを比較し消臭インナーの効果をみる。他の人の評価に影響されないよう壁に向かい私語も厳禁。さらに奥には厳格すぎる検査が行われていた。


セブンプレミアム

今回はプライベートブランドを徹底取材。セブン&アイ・ホールディングスの「セブンプレミアム」やイオンの「トップバリュ」を取り上げる。

今回は荻原博子が、セブン&アイ・ホールディングスの「セブンプレミアム」やイオンの「トップバリュ」といったプライベートブランドを解説する。小売店は企画を立ち上げ、メーカーさんと打ち合わせる。メーカーさんが製造したら、小売店が販売する。このサイクルにより、品質がどんどん向上する。プライベートブランドは食品の他にも家電や自転車なども扱っている。荻原さんはスイーツ男子はプライベートブランドからきていると言い、「コンビニでスイーツを置いたら意外と男の子が来て、買って食べてたら人気になった」などと話した。 

セブンイレブンやイトーヨーカドーなど、セブン&アイ・ホールディングスグループの全国2万店で展開するプライベートブランドが「セブンプレミアム」である。セブンイレブンには「切れてる厚焼き玉子」など様々な商品が並んでいる。年間1兆5000億円を売り上げる人気のヒミツは「メーカーとの最強タッグ」。例えば「ハンバーグステーキ」は、高級店さながらの工程を再現した施設を持つ日本ハムとタッグしている。セブン&アイでは売り場で得たお客さんのニーズから、商品ごとに最強の技術を情報を持つメーカーとタッグを結成し、プレミアムな商品を生み出している。

今年3月にリニューアルされた「小籠包」もそのうちの一つ。「手軽に本格的な中華を食べたい」とのニーズを受け、中華のメニューに関して知見をもつ米久とタッグを組んだ。米久はソーセージなどの加工食品や「小籠包」「水餃子」などの中華冷凍食品も手がける企業。そこで米久デリカフーズ 静岡工場を訪問。この工場では1mmの皮の薄さを実現。さらに長年の経験で得た知識から、薄くても破れにくい記事の原料を配合するなどし、本格的小籠包を実現させた。

スタジオで設楽統らがセブンプレミアムの「小籠包」4個入り199円(税込)を試食。設楽統は「皮これすごいな。お店の味だし相当うまい」とコメント。荻原博子は「デフレの時代なので物が売れない。どっかで差別化しないと売るに売れない。切磋琢磨がされている」とコメント。次は愛されて43年のトップバリュを品質の番人といわれる研究所を直撃。


セブンイレブン

今回はプライベートブランドを徹底取材。セブン&アイ・ホールディングスの「セブンプレミアム」やイオンの「トップバリュ」を取り上げる。

今回は荻原博子が、セブン&アイ・ホールディングスの「セブンプレミアム」やイオンの「トップバリュ」といったプライベートブランドを解説する。小売店は企画を立ち上げ、メーカーさんと打ち合わせる。メーカーさんが製造したら、小売店が販売する。このサイクルにより、品質がどんどん向上する。プライベートブランドは食品の他にも家電や自転車なども扱っている。荻原さんはスイーツ男子はプライベートブランドからきていると言い、「コンビニでスイーツを置いたら意外と男の子が来て、買って食べてたら人気になった」などと話した。 

セブンイレブンやイトーヨーカドーなど、セブン&アイ・ホールディングスグループの全国2万店で展開するプライベートブランドが「セブンプレミアム」である。セブンイレブンには「切れてる厚焼き玉子」など様々な商品が並んでいる。年間1兆5000億円を売り上げる人気のヒミツは「メーカーとの最強タッグ」。例えば「ハンバーグステーキ」は、高級店さながらの工程を再現した施設を持つ日本ハムとタッグしている。セブン&アイでは売り場で得たお客さんのニーズから、商品ごとに最強の技術を情報を持つメーカーとタッグを結成し、プレミアムな商品を生み出している。

今年3月にリニューアルされた「小籠包」もそのうちの一つ。「手軽に本格的な中華を食べたい」とのニーズを受け、中華のメニューに関して知見をもつ米久とタッグを組んだ。米久はソーセージなどの加工食品や「小籠包」「水餃子」などの中華冷凍食品も手がける企業。そこで米久デリカフーズ 静岡工場を訪問。この工場では1mmの皮の薄さを実現。さらに長年の経験で得た知識から、薄くても破れにくい記事の原料を配合するなどし、本格的小籠包を実現させた。

スタジオで設楽統らがセブンプレミアムの「小籠包」4個入り199円(税込)を試食。設楽統は「皮これすごいな。お店の味だし相当うまい」とコメント。荻原博子は「デフレの時代なので物が売れない。どっかで差別化しないと売るに売れない。切磋琢磨がされている」とコメント。次は愛されて43年のトップバリュを品質の番人といわれる研究所を直撃。


セブン&アイ・ホールディングス

今回はプライベートブランドを徹底取材。セブン&アイ・ホールディングスの「セブンプレミアム」やイオンの「トップバリュ」を取り上げる。

今回は荻原博子が、セブン&アイ・ホールディングスの「セブンプレミアム」やイオンの「トップバリュ」といったプライベートブランドを解説する。小売店は企画を立ち上げ、メーカーさんと打ち合わせる。メーカーさんが製造したら、小売店が販売する。このサイクルにより、品質がどんどん向上する。プライベートブランドは食品の他にも家電や自転車なども扱っている。荻原さんはスイーツ男子はプライベートブランドからきていると言い、「コンビニでスイーツを置いたら意外と男の子が来て、買って食べてたら人気になった」などと話した。 

セブンイレブンやイトーヨーカドーなど、セブン&アイ・ホールディングスグループの全国2万店で展開するプライベートブランドが「セブンプレミアム」である。セブンイレブンには「切れてる厚焼き玉子」など様々な商品が並んでいる。年間1兆5000億円を売り上げる人気のヒミツは「メーカーとの最強タッグ」。例えば「ハンバーグステーキ」は、高級店さながらの工程を再現した施設を持つ日本ハムとタッグしている。セブン&アイでは売り場で得たお客さんのニーズから、商品ごとに最強の技術を情報を持つメーカーとタッグを結成し、プレミアムな商品を生み出している。

今年3月にリニューアルされた「小籠包」もそのうちの一つ。「手軽に本格的な中華を食べたい」とのニーズを受け、中華のメニューに関して知見をもつ米久とタッグを組んだ。米久はソーセージなどの加工食品や「小籠包」「水餃子」などの中華冷凍食品も手がける企業。そこで米久デリカフーズ 静岡工場を訪問。この工場では1mmの皮の薄さを実現。さらに長年の経験で得た知識から、薄くても破れにくい記事の原料を配合するなどし、本格的小籠包を実現させた。

スタジオで設楽統らがセブンプレミアムの「小籠包」4個入り199円(税込)を試食。設楽統は「皮これすごいな。お店の味だし相当うまい」とコメント。荻原博子は「デフレの時代なので物が売れない。どっかで差別化しないと売るに売れない。切磋琢磨がされている」とコメント。次は愛されて43年のトップバリュを品質の番人といわれる研究所を直撃。


番組HP

設楽統ら出演者の挨拶。今週の投稿テーマは「私や周りの苦しい&ナイスな言い訳エピソード」、番組HPまで。


ノンストップ! ツイッター

設楽統ら出演者の挨拶。今週の投稿テーマは「私や周りの苦しい&ナイスな言い訳エピソード」、番組HPまで。