ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「赤江珠緒」の検索結果

「赤江珠緒」に関連する映画・DVD 34件中 1〜10件目

「赤江珠緒」に関連する映画・DVD

仁義なき戦い

2015年胆のうがんを公表していた俳優の渡瀬恒彦さんが死去した。スタジオでは、仁義なき戦いは迫力がすごかったと松本はトーク。その迫力のすごさから、怖いというイメージがあったため、トイレで会っただけなのに血でも洗っているのかと思ったとエピソードを展開した。


「赤江珠緒」に関連する映画・DVD

関ジャニが行った地方リサイタルと番組がスペシャルコラボで参加した。メンバー全員が様々なミッションに挑戦。その様子が収められたDVD「関ジャニ∞リサイタル 真夏の俺らは罪なヤツ」が11月16日にリリースされる。

「関ジャニ∞リサイタル 真夏の俺らは罪なヤツ[JAXA-5034/5][Blu-ray/ブルーレイ]」

価格.com


「赤江珠緒」に関連する映画・DVD

関ジャニが行った地方リサイタルと番組がスペシャルコラボで参加した。メンバー全員が様々なミッションに挑戦。その様子が収められたDVD「関ジャニ∞リサイタル 真夏の俺らは罪なヤツ」が11月16日にリリースされる。

「関ジャニ∞リサイタル 真夏の俺らは罪なヤツ[JABA-5240/2][DVD]」

価格.com


「赤江珠緒」に関連する映画・DVD

ダ・ヴィンチ・コード

「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」より、トム・ハンクスとロン・ハワード監督による番組宣伝。今夜のフジテレビは、「爆笑キャラパレード」「めちゃ×2イケてるッ!」映画「天使と悪魔」を放送。


「赤江珠緒」に関連する映画・DVD

青空エール

青空エールは8月20日から公開。ひたむきな青春ラブストーリー。


「赤江珠緒」に関連する映画・DVD

青空エール

竹内涼真は「下町ロケット」でブレイク。その後映画やドラマに数多く出演した。「臨床心理学者 火村英生の推理」などの出演作を紹介した。映画「青空エール」が20日公開。

竹内涼真は「青空エール」では高校球児を演じた。元東京ヴェルディユースのサッカー少年で野球の知識がまったくなく、野球ファンにも納得してもらえる演技のためバッティングセンターに通って役作りをしたと答えた。


「赤江珠緒」に関連する映画・DVD

変態だ

みうらじゅん原作・安齋肇監督の映画「変態だ」でベッドシーンを撮影中、みうらが台本を無視して乱入したという報道がされたが、みうらは否定した。


「赤江珠緒」に関連する映画・DVD

ビリギャル

長渕剛のコンサートに呼ばれた藤原竜也は長渕剛から「上がれ」と言われ「エビバディセイ!」と叫ぶと観客席がシーンとしてしまった。有村架純はビリギャルの撮影現場で息苦しさを感じ、視えるスタッフさんも「ここダメだよ」と言ってきた。腰が痛くなってきたので塩を握って演技をしたと話した。笑福亭鶴瓶は鶴瓶噺2015の舞台の後、伊藤淳史が来ていてビリギャルの話が中心になって鶴瓶の独演会の話が出なかったので「ええ加減にせい!」と叫んだという。赤江珠緒は指輪が外れなくなって消防署で切ってもらった話をした。


「赤江珠緒」に関連する映画・DVD

スター・ウォーズ フォースの覚醒

全米映画史上初の8億ドル超え、日本でも興行収入82億円を突破するなど大ヒット中の映画「スター・ウォーズ フォースの覚醒」。ネタバレ防止のため事前情報も極力カット、出演者にも台本を見せなかった。そんな中、日本の大手新聞社が丁寧すぎる人物相関図を掲載し、未視聴のファンから反発の声が相次いだ。

映画「スター・ウォーズ フォースの覚醒」についてトーク。映画を見た古市憲寿は、初めてシリーズを見たため前半がわからなかったので新聞を見ておけばよかったと話した。赤江珠緒は映画を見る前に相関図を見てしまい、先の相関図を入れてしまうのはダメだと語った。ピーコはネタバレがあっても面白いもののほうが良いと話した。犬塚浩はネタバレにより映画館の客が明らかに減少した場合は損害賠償になる可能性があると話した。ネットニュースも気を使っていて、昨年から見出しではスポーツの結果を掲載しないようにしている。前園真聖はスポーツの結果が最初にわかっていたら嫌だと語った。また、赤江とピーコは浜村淳がネタバレしてしまうことを話した。


「赤江珠緒」に関連する映画・DVD

ハッピーランディング

昨日、都内で映画「ハッピーランディング」のプレミア上映会が行われた。この映画は長嶋一茂がプロデュースした映画である。映画は結婚をテーマにした7つの物語が絡みあう恋愛群像劇である。また一茂さんも出演している。映画は来月より全国で順次公開される。

長嶋一茂はこの映画でハワイでの撮影という夢を叶えたとしたが、1人だけハワイで撮影したため他の共演者から苦情があったそうだ。赤江珠緒は映画を見てもう一度ウェディングドレスを着たくなる映画だったとし、長嶋一茂はこの映画の撮影中にスタッフなど8組が結婚したとのご利益があったことを話した。