ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「週刊現代」の検索結果

「週刊現代」に関連する情報 1278件中 1〜10件目

週刊現代

今週の気になる見出しは、週刊現代の外国人選手の名前の秘密が選ばれた。クロアチアでは「××ッチ」、ポーランドは「○○スキ」など名字の末尾に付く選手が多く、これは誰々の息子や出身などという意味で旧ユーゴスラビア国ではよく見られたという。ブラジルでは本名で名前を登録している人は一人もおらず、本名がとても長いため愛称で呼びあうことが一般的だという。風見は、外国人から見た日本人は同じ名字が多いと思っているのではないかという。


週刊現代

丸山桂里奈さんのお尻撮影に完全密着。その写真は週刊現代の袋とじで見られる。

週刊現代に掲載される丸山の袋とじ写真を紹介。神田は顔よりケツが良いなどのコメント。撮影に臨んだ丸山は、気持ちは罰ゲームだったがお尻は喜んでいたという。


週刊現代

試合前日浪商の部員がインスタグラムに投稿した動画には「アイツや」「ぶっ殺す」といった事が話されていた。試合前日挑発する内容の動画を肘打ちした選手とは別の選手が投稿した。浪商教頭は「当該選手は動画の場にいなかった。当該選手は週刊誌報道後に動画の存在を知った」と話す。動画以外にもグループLINEの間で「殺すか」「やっちまいましょう」などのやりとりがあったという。試合前から桃山学院では部員や保護者の間で話題になっていた。このため問題プレーの予告だったのではと言われている。

前日のインスタグラムに上げられた挑発するような内容の動画は、”ひじ打ち”した選手とは別の選手が投稿したものだった。また、グループLINE上の「やっちまいましょう」などのやりとりについて関係者は、「彼らが日常的に使う言葉だった」と語った。安藤は「日大と同じ!」とコメントすると、スタジオで、若い人は「殺す」などの表現を使うのか意見を交わしあった。また、当該選手に指示はなく、試合に出続けていたので、監督からの指示ではないと考えられる。ハンドボール元日本代表は、”肘打ち”や”首つかみ”という問題プレーに対し、”未熟プレーではあるが、ボールのもとへ行くアタックとそれを防ぐディフェンスの正しい(あり得る)攻防といえ、これで罰則を与えたら多くの人が退場になるという判断もあったのではないか”と推測する。そして、ひじ打ちを”偶然当たった”という浪商に対して、”たまたま当たったと認識するのは難しい”とする桃山。SNSでの「ぶっ殺す」について”遊び半分”とする浪商に対し、”現実に反則が起きたら冗談じゃない”という桃山。両校の言い分は食い違っている。


週刊現代

石井亮次、古川枝里子が“紀州のドン・ファン”が愛用した“高級交際クラブ”について解説した。野崎氏は都内の交際クラブで登録し、女性を紹介してもらっていた。気に入った女性がいれば結婚してもいいという気持ちで付き合いをしていたという。このクラブに週刊現代記者が潜入取材。まずHPで登録。HPでは「人気職業(モデル、CA、アナウンサーなど)の女性多数在籍」と謳われていた。次のステップは審査。クラブから案内されたホテル併設ラウンジを訪れると、若い面接官の男性が待機していたという。面接官は「簡単に言えば“パートナー紹介所”のことです。結婚相談所と異なり、私達が仲介するのは1回目のデートまで」と話していたという。記者は年齢・職業・年収など詳細なプロフィールを提出し、希望コースを入会金3万〜30万円の中から選んだ。コースにより女性のビジュアルや肩書などランクが上がるという。後日、審査が通ると専用Webのアドレスが送られて来、デートのオファーが成立するとクラブがセッティング。紹介料は3〜15万円となっていた。面接官はデートの際、男性が女性へ「交通費」として5000〜1万円程度のチップを支払っていると話していた。


講談社

石井亮次、古川枝里子が“紀州のドン・ファン”が愛用した“高級交際クラブ”について解説した。野崎氏は都内の交際クラブで登録し、女性を紹介してもらっていた。気に入った女性がいれば結婚してもいいという気持ちで付き合いをしていたという。このクラブに週刊現代記者が潜入取材。まずHPで登録。HPでは「人気職業(モデル、CA、アナウンサーなど)の女性多数在籍」と謳われていた。次のステップは審査。クラブから案内されたホテル併設ラウンジを訪れると、若い面接官の男性が待機していたという。面接官は「簡単に言えば“パートナー紹介所”のことです。結婚相談所と異なり、私達が仲介するのは1回目のデートまで」と話していたという。記者は年齢・職業・年収など詳細なプロフィールを提出し、希望コースを入会金3万〜30万円の中から選んだ。コースにより女性のビジュアルや肩書などランクが上がるという。後日、審査が通ると専用Webのアドレスが送られて来、デートのオファーが成立するとクラブがセッティング。紹介料は3〜15万円となっていた。面接官はデートの際、男性が女性へ「交通費」として5000〜1万円程度のチップを支払っていると話していた。


「週刊現代」に関連する本・コミック・雑誌

石井亮次、古川枝里子が“紀州のドン・ファン”が愛用した“高級交際クラブ”について解説した。野崎氏は都内の交際クラブで登録し、女性を紹介してもらっていた。気に入った女性がいれば結婚してもいいという気持ちで付き合いをしていたという。このクラブに週刊現代記者が潜入取材。まずHPで登録。HPでは「人気職業(モデル、CA、アナウンサーなど)の女性多数在籍」と謳われていた。次のステップは審査。クラブから案内されたホテル併設ラウンジを訪れると、若い面接官の男性が待機していたという。面接官は「簡単に言えば“パートナー紹介所”のことです。結婚相談所と異なり、私達が仲介するのは1回目のデートまで」と話していたという。記者は年齢・職業・年収など詳細なプロフィールを提出し、希望コースを入会金3万〜30万円の中から選んだ。コースにより女性のビジュアルや肩書などランクが上がるという。後日、審査が通ると専用Webのアドレスが送られて来、デートのオファーが成立するとクラブがセッティング。紹介料は3〜15万円となっていた。面接官はデートの際、男性が女性へ「交通費」として5000〜1万円程度のチップを支払っていると話していた。

「紀州のドン・ファン 野望篇   私が「生涯現役」でいられる理由 (講談社+α文庫)」

Amazon.co.jp


週刊現代

“紀州のドン・ファン”と呼ばれた男性の不審死から1か月以上。男性の妻にかすかな変化が。今週になり、1人で外出し買い物などに出かけるようになった。そんな中、2人の間で離婚話が持ち上がっていたことが明らかになった。男性は急死前親しい記者に「あの女はダメだ。家にもいないし家事もしない。離婚も考えている」と漏らしていた。実は男性にはこのころ夢中になっていた女性がいたという。


週刊現代

男性の約50億円と言われる遺産の相続の話し合いが本格化している。子どもはいないため今回の場合妻が4分の3、4分の1をきょうだいで分ける。50億と過程すると妻は約37億円、4人の兄弟がそれぞれ約3億円になる。男性の会社関係者によると妻の弁護士は男性が資産管理を任せていた会計士のところへ行って社長の全ての財産を明らかにするよう求めているという。妻は和歌山の家について「早く売りたい」と話す。石塚さんは「今回改めて雇われた弁護士。普通の夫婦と形が違うので複雑なポジションの弁護士。会社の方の権利とか守りたいものと奥様が守りたいものとすれ違いがあるので」と話す。

会社関係者によると相続に関しては男性の妹の知り合いの弁護士がきょうだいも含めて対応するという。親族によると男性は父親が亡くなった時に遺産をもらえなかったことを不満に思っていた。亡くなる前に結構なカネをもらっていたことが理由らしいが当時きょうだいでもめたという。男性はもらっていたカネを元手に金貸しをして大金を稼いでいたようだという。親族は取材に「儲けた分を色付けてきょうだいに遺産として返すべき」と話す。大久保さんは「莫大な金額ですしもめるでしょうけど。絵の価値とかはすごいでしょ」と話す。絵は百貨店から買ったものだという。竹田さんは「百貨店ではだいぶ高く買ってることもある。いざ売ろうとすると安い可能性もある」などと話す。石塚さんは「会社の赤字がどれくらいあるのか」などと話す。


週刊現代

先週のサンデージャポンの中で、日本がグループリーグで3勝すると予想、もし負けたらお尻を出すと公約していた。生放送の中で「負けたらどうする?」と尋ねられとっさに答えたと丸山。丸山は今年5月に週刊現代でグラビア初挑戦。もっと過激にしたかったが事務所に止められたとの事。


FRIDAY

愛犬イブから覚醒剤の成分が検出されなかった。イブの飼い主の男性は、イブが苦しんで死んでいった事に疑問を持っていたという。男性は家政婦に「イブに何をしたんだ。何か食べさせたんだろ?」等と声を荒げたという。その後、家政婦は怒って東京に返ってしまったという。また、男性の妻によると、警察は「2日程でイブの亡骸は返す。」と言っていたが、その後、「まだしばらく時間がかかるので、イブは返せない。」との連絡があったという。小川さんによると、警察が丁寧に調べた為、時間がかかったのだという。捜査関係者によると、従業員や知人らがイブを掘り起こして調べるよう警察に訴えたのだという。男性の妻は「私やお手伝いさんがイブを毒殺したなら病院に連れて行かない。」等と話しているという。(週刊朝日/週刊現代/FRIDAY)