ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「週刊現代」の検索結果

「週刊現代」に関連する情報 1302件中 1〜10件目

週刊現代

週刊現代は、東京五輪で台風がくるとマラソンが中止される可能性があると報じた。五輪は協議期間が定められており、最終日に設定されているマラソンは延期ができない。


「週刊現代」に関連するイベント情報

東京五輪

週刊現代は、東京五輪で台風がくるとマラソンが中止される可能性があると報じた。五輪は協議期間が定められており、最終日に設定されているマラソンは延期ができない。


「週刊現代」に関連するグルメ情報

小籠包

丸山桂里奈 は、たこ焼きや小籠包も一口で食べている。丸山が週刊現代でグラビアデビューした写真を紹介。尼神インター誠子が、番組の企画でフルヌードになった写真を紹介。


「週刊現代」に関連するグルメ情報

たこ焼き

丸山桂里奈 は、たこ焼きや小籠包も一口で食べている。丸山が週刊現代でグラビアデビューした写真を紹介。尼神インター誠子が、番組の企画でフルヌードになった写真を紹介。


週刊現代

丸山桂里奈 は、たこ焼きや小籠包も一口で食べている。丸山が週刊現代でグラビアデビューした写真を紹介。尼神インター誠子が、番組の企画でフルヌードになった写真を紹介。


よーじや

丸山桂里奈 は、たこ焼きや小籠包も一口で食べている。丸山が週刊現代でグラビアデビューした写真を紹介。尼神インター誠子が、番組の企画でフルヌードになった写真を紹介。


週刊現代

視聴が破産手続きをした観光強化の会長が2年前の市長線で市長の相手候補の選対委員長だったので協会潰しをしたとしか考えられないと観光協会元職員の話があったという。遠藤市長に関して徳島新聞社の肩を持っていないかという疑問があり、市長は青山学院大学卒業後四国放送にアナウンサーとして入社し四国放送の筆頭株主が徳島新聞社だったと語られた。これらに対して遠藤市長は「自分を応援してくれた団体は3つだけで選挙の時は周りは敵だらけだった、そんな状況でそれはあり得ない。もう一つ、四国放送の出身で徳島新聞社が筆頭株主だったからって全く関係ない、徳島新聞社が私を応援してくれたとかありませんし」などと語った。

今後徳島新聞社にもメスを入れなければいけないの、そこに切り込まなければ問題の解決にはならないし市長がそれをやらないなら解決する気がないなどと語られた。市長は良くしようと思えばやる方法はもっとたくさんあったはずが勘ぐられるような方向に走りすぎているのでおかしいと言われても仕方ないところがあった、などと語られ「市長も反省すべきところはあったみたいなニュアンスのことおっしゃってるんでちょっと見守りましょう」などと語られた。


週刊現代

徳島市観光協会の赤字問題について、駐車場と会場を結ぶシャトルバスの格安での運行などの徳島市からの要求も赤字の要因で、徳島新聞社によるチケットの事前確保も問題だったと元職員は話した。徳島市観光協会資料によると2016年は約620万円分、2017年は約460万円分のチケットを戻されたという。また看板広告料の15%を徳島新聞社が手数料として得ている。小川記者は「赤字が出ているのは市も理解していたはず。遠藤市長は市長になって初めて知ったと言っているが、市長になる人がこんな事も知らずになっていたら勉強不足。」などと話した。遠藤市長は「阿波おどりの赤字が積み上がっていたのは皆知らなかった。徳島新聞社の帳簿を調べたが強制力を持った監査は市としてはできず、徳島新聞社などを呼んで問題点を話し合おうと呼びかけたのがスタート。私が徳島新聞社とグルだという記事はデタラメ。」などと話した。予算案については徳島市議会は累積赤字4億3600万円の市を補償するのは賛成しており、観光協会等の監査結果はホームページに公表されている。市長は「阿波おどりの金の流れは市の職員も知らない状況で運営されていた。」などと話した。小川記者は観光協会が話し合いに応じなかったことについて「徳島新聞社を追及せずに観光協会に責任押し付けて話し合おうと言われても市長に対する信頼がない。」などと話した。


徳島新聞社

阿波おどり問題について。週刊現代の記者が取材に基づき制作した記事を元に事実関係を話し合う。阿波おどりの主催は去年まで徳島新聞社と徳島市観光協会。市からは約2200万円の補助金も出ている。しかし観光協会に30年余りで積み上がった4億円超の赤字が発覚、協会にも事情はあったものの、徳島市は補助金の打ち切りと破産手続きの申立を行った。今年の祭りの主催は徳島市長が実行委員長を務める「阿波おどり実行委員会」を発足。1500人の踊り子が集まり踊る祭りの花「総踊り」の中止を発表。利益をあげる為、4箇所の有料席のうち1箇所でしか行わないものを4箇所に分散させるのが目的だった。踊り手らの所属する阿波おどり振興協会はこの決定に反発し、路上で総踊りを強行。事故なども危惧されたが怪我人はいなかった。

阿波踊りについて。阿波おどりに4億3600万円の赤字が溜まっていたとは知らなかったと市長。これを改善するために、徳島市は赤字に6億円の補償を出していたが、それを実際の負債額まで補償額を落とした。9月に主催企業らと徳島市で赤字を解決するために会議を作ったが、その時観光協会は出てこなかった。観光協会は職員の給料も税金から出ている。監査を行った結果、でたらめな現状が出てきた為に、徳島市は援助を打ち切ったとの事。市長の行った調査団は徳島新聞社に対して調査を行っていないが、ずさんな会計の原因は徳島新聞社だと小川。中立性の欠ける報告書で観光協会に問題があるとするのはおかしいとも。自分たちが監査をする権限を持つのは観光協会だけであり、一般企業である徳島新聞社を調査する事は出来ないと市長。

観光協会は「徳島新聞社が売れる席を独占し、売れなかったものを差し戻すなどして不利益を被ってる」と申し出た所、徳島新聞社が脅すような事を言ったという記事もある。観光協会の改革は徳島新聞社の利権を減らすことだけではなく様々な内容に及ぶはずだったが、それを阻害されたと小川。そもそも徳島の阿波踊りは公共財であり伝統を守るために公費をどう入れるかは考えなくてはいけない。もっと緊密に話し合う必要があるのだが、後からきた責任者に対し現地の伝統をついできた人々が厳しい態度を取ってうまくいかない事はよくあると東国原。振興協会が路上で総踊りを強行したが、総踊りを行う事には肯定的な意見が多い。市長は強行の際はペナルティも検討すると事前に発言している。


四国放送

阿波おどり問題について。週刊現代の記者が取材に基づき制作した記事を元に事実関係を話し合う。阿波おどりの主催は去年まで徳島新聞社と徳島市観光協会。市からは約2200万円の補助金も出ている。しかし観光協会に30年余りで積み上がった4億円超の赤字が発覚、協会にも事情はあったものの、徳島市は補助金の打ち切りと破産手続きの申立を行った。今年の祭りの主催は徳島市長が実行委員長を務める「阿波おどり実行委員会」を発足。1500人の踊り子が集まり踊る祭りの花「総踊り」の中止を発表。利益をあげる為、4箇所の有料席のうち1箇所でしか行わないものを4箇所に分散させるのが目的だった。踊り手らの所属する阿波おどり振興協会はこの決定に反発し、路上で総踊りを強行。事故なども危惧されたが怪我人はいなかった。

総踊り中止は正しかったのか。観客の人気が集中する総踊りを中止し、4つの演舞場に踊り子と観客を分散する事でチケットの売り上げ増を目指した。しかしチケットの販売率は51%に留まった。総踊り中止を発表した事で「阿波おどりが中止になった」と思った人が多くいた為に、マイナスイメージが全国に流れた事は実行委員会の反省点だと市長。振興協会は総踊り中止について事前の相談がなかった事に憤慨しているが、事前の協議の出席は拒否されたとの事。各演舞場の料金は同一で総踊りが一箇所でしか見られないのは不公平だと考え、各会場で踊り手が踊り、最後は客も一緒になって踊るフィナーレを考えていたと市長。発表をする前に踊り手らには電話で知らせたとの事。話し合う場を設けたいと考えるならば密に連絡を取り合うなど伝え方はあるはずだが、電話1本で「連絡したが反応がなかった」と主張するのはおかしいと小川。それ以前に観光協会を一方的に潰した不信感があるので、それを拭わないと話し合いなど出来ないとも。

阿波踊りについて。阿波おどりに4億3600万円の赤字が溜まっていたとは知らなかったと市長。これを改善するために、徳島市は赤字に6億円の補償を出していたが、それを実際の負債額まで補償額を落とした。9月に主催企業らと徳島市で赤字を解決するために会議を作ったが、その時観光協会は出てこなかった。観光協会は職員の給料も税金から出ている。監査を行った結果、でたらめな現状が出てきた為に、徳島市は援助を打ち切ったとの事。市長の行った調査団は徳島新聞社に対して調査を行っていないが、ずさんな会計の原因は徳島新聞社だと小川。中立性の欠ける報告書で観光協会に問題があるとするのはおかしいとも。自分たちが監査をする権限を持つのは観光協会だけであり、一般企業である徳島新聞社を調査する事は出来ないと市長。


検索結果の絞り込み