ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「過食症」の検索結果

「過食症」に関連する情報 109件中 1〜10件目

過食症

先週の放送では、摂食障害だった女性の壮絶体験を聞いた。専門家に話を聞くと、過食症は炭水化物を無限に食べてしまう症状、脳内で食欲と満腹中枢がうまく機能しなくなり、胃が満タンな状態でも食べ続けてしまう症状とした。

拒食症と過食症で苦しんだ仲河さんは、恋人と一緒に食事をするために克服したという。16歳の時拒食症に苦しんだ鈴木さんは、子供が産めなくなるのが怖くなり、親に孫の顔を見せるために回復したと話した。小山慶一郎は、自分で気づけないから家族の支えも大事だと思ったなどと話した。


拒食症

先週の放送では、摂食障害だった女性の壮絶体験を聞いた。専門家に話を聞くと、過食症は炭水化物を無限に食べてしまう症状、脳内で食欲と満腹中枢がうまく機能しなくなり、胃が満タンな状態でも食べ続けてしまう症状とした。

拒食症と過食症で苦しんだ仲河さんは、恋人と一緒に食事をするために克服したという。16歳の時拒食症に苦しんだ鈴木さんは、子供が産めなくなるのが怖くなり、親に孫の顔を見せるために回復したと話した。小山慶一郎は、自分で気づけないから家族の支えも大事だと思ったなどと話した。

ヒロさんと娘のみほさんは、ひどい時はこのままだったら1週間で死ぬと言われたという。当時の本音を聞き出すために、小山と加藤が別々にインタビューを行った。小山はみほさんに、摂食障害のきっかけを聞いた。みほさんは反抗期に親にかまってほしい気持ちがこじれ拒食症になり、体重は22kgまで落ちたという。みほさんは一番つらかったことを聞かれると、のどが渇いても飲むことが怖くて出来ない、水でさえ飲めなかったという。ヒロさんはみほさんになんで私を産んだなどと言われたとして、食べればいいのにと思っていたが、食べられないから困っていたんだななどと加藤に話した。


摂食障害

先週の放送では、摂食障害だった女性の壮絶体験を聞いた。専門家に話を聞くと、過食症は炭水化物を無限に食べてしまう症状、脳内で食欲と満腹中枢がうまく機能しなくなり、胃が満タンな状態でも食べ続けてしまう症状とした。

拒食症と過食症で苦しんだ仲河さんは、恋人と一緒に食事をするために克服したという。16歳の時拒食症に苦しんだ鈴木さんは、子供が産めなくなるのが怖くなり、親に孫の顔を見せるために回復したと話した。小山慶一郎は、自分で気づけないから家族の支えも大事だと思ったなどと話した。

千葉県某所で行われていた摂食障害の勉強会に、小山と加藤が潜入した。摂食障害家族の会ポコ・ア・ポコ代表の鈴木高男さんは約20年前にこの会を結成し、鈴木さんの店「喫茶店 つむぎ」や千葉県の福祉施設などで月1回摂食障害の勉強会を行っている。鈴木さんは、娘が最初摂食障害になって、皆さんと同じように私が困った、医療者と繋がり色々教わって、家族が家族を支えていくようにしたなどと話した。鈴木さんは摂食障害の特効薬は“家族の支え”だとして、勉強会で1000組以上の親子を救ってきたという。

ヒロさんと娘のみほさんは、ひどい時はこのままだったら1週間で死ぬと言われたという。当時の本音を聞き出すために、小山と加藤が別々にインタビューを行った。小山はみほさんに、摂食障害のきっかけを聞いた。みほさんは反抗期に親にかまってほしい気持ちがこじれ拒食症になり、体重は22kgまで落ちたという。みほさんは一番つらかったことを聞かれると、のどが渇いても飲むことが怖くて出来ない、水でさえ飲めなかったという。ヒロさんはみほさんになんで私を産んだなどと言われたとして、食べればいいのにと思っていたが、食べられないから困っていたんだななどと加藤に話した。


拒食症

摂食障害とは、食べることができなくなり体重が異常に減る拒食症と、食べても満足感が得られず食べることが止められない過食症に分けられる。摂食障害の患者数は、過去20年間で約10倍に増加、精神疾患で難病指定されている病気。今夜は摂食障害のシングルマザーに密着する。


過食症

摂食障害とは、食べることができなくなり体重が異常に減る拒食症と、食べても満足感が得られず食べることが止められない過食症に分けられる。摂食障害の患者数は、過去20年間で約10倍に増加、精神疾患で難病指定されている病気。今夜は摂食障害のシングルマザーに密着する。


摂食障害

摂食障害とは、食べることができなくなり体重が異常に減る拒食症と、食べても満足感が得られず食べることが止められない過食症に分けられる。摂食障害の患者数は、過去20年間で約10倍に増加、精神疾患で難病指定されている病気。今夜は摂食障害のシングルマザーに密着する。


過食症

ダイエットについて街の声を聞いてみると、幅広い年代の女性から痩せていたいという声が多数上がった。多くの人が経験したことのあるダイエット、しかし一歩間違えれば摂食障害に陥る危険性もある。摂食障害について国内では数少ない専門的治療施設の浜松医科大学附属病院の竹林先生は、肥満恐怖や痩せ願望のために食事のコントロールができなくなってしまう精神疾患の一つとコメントした。おもな症状は骨粗しょう症、無月経など様々。そして他の精神疾患に比べても非常に死亡率が高い病気で一回罹患すると7%亡くなってしまうという。また拒食症だけでなく過食症も含まれ2つの症状を繰り返す人も多い。


拒食症

ダイエットについて街の声を聞いてみると、幅広い年代の女性から痩せていたいという声が多数上がった。多くの人が経験したことのあるダイエット、しかし一歩間違えれば摂食障害に陥る危険性もある。摂食障害について国内では数少ない専門的治療施設の浜松医科大学附属病院の竹林先生は、肥満恐怖や痩せ願望のために食事のコントロールができなくなってしまう精神疾患の一つとコメントした。おもな症状は骨粗しょう症、無月経など様々。そして他の精神疾患に比べても非常に死亡率が高い病気で一回罹患すると7%亡くなってしまうという。また拒食症だけでなく過食症も含まれ2つの症状を繰り返す人も多い。


無月経

ダイエットについて街の声を聞いてみると、幅広い年代の女性から痩せていたいという声が多数上がった。多くの人が経験したことのあるダイエット、しかし一歩間違えれば摂食障害に陥る危険性もある。摂食障害について国内では数少ない専門的治療施設の浜松医科大学附属病院の竹林先生は、肥満恐怖や痩せ願望のために食事のコントロールができなくなってしまう精神疾患の一つとコメントした。おもな症状は骨粗しょう症、無月経など様々。そして他の精神疾患に比べても非常に死亡率が高い病気で一回罹患すると7%亡くなってしまうという。また拒食症だけでなく過食症も含まれ2つの症状を繰り返す人も多い。


骨粗しょう症

ダイエットについて街の声を聞いてみると、幅広い年代の女性から痩せていたいという声が多数上がった。多くの人が経験したことのあるダイエット、しかし一歩間違えれば摂食障害に陥る危険性もある。摂食障害について国内では数少ない専門的治療施設の浜松医科大学附属病院の竹林先生は、肥満恐怖や痩せ願望のために食事のコントロールができなくなってしまう精神疾患の一つとコメントした。おもな症状は骨粗しょう症、無月経など様々。そして他の精神疾患に比べても非常に死亡率が高い病気で一回罹患すると7%亡くなってしまうという。また拒食症だけでなく過食症も含まれ2つの症状を繰り返す人も多い。