ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「過食症」の検索結果

「過食症」に関連する情報 89件中 1〜10件目

摂食障害

堀越さんは父の看護をして家に帰ると、甘いものへの欲求が抑えられなくなった。体重が増えるたび自分を責め、大学を中退。そこで過食症とうつだと診断され、過去に拒食症だったことを自覚した。その後、体重は70kgになった。そんな中、元摂食障害患者のSNSに触れ、交流することで徐々に過食が減った。そして、堀越さんは過食症克服専門の審理カウンセラーになった。

千原さんは「真面目な方は真面目な方で不幸。なにも責めるところはないのに」、大久保さんは「許してあげることもできなくなっているんですね」とコメント。拒食症と過食症は両方発症するケースも多い。堀越さんが拒食症になった原因は”両親の不仲”。それを自分のせいだと思ってしまったからである。

親の「太ったんじゃない?」「妹のほうがかわいい」という何気ない言葉が、子供を追い詰めることがある。島野さんは「痩せすぎは良くないと警鐘を鳴らすことも必要」と話した。


うつ

堀越さんは父の看護をして家に帰ると、甘いものへの欲求が抑えられなくなった。体重が増えるたび自分を責め、大学を中退。そこで過食症とうつだと診断され、過去に拒食症だったことを自覚した。その後、体重は70kgになった。そんな中、元摂食障害患者のSNSに触れ、交流することで徐々に過食が減った。そして、堀越さんは過食症克服専門の審理カウンセラーになった。


過食症

堀越さんは父の看護をして家に帰ると、甘いものへの欲求が抑えられなくなった。体重が増えるたび自分を責め、大学を中退。そこで過食症とうつだと診断され、過去に拒食症だったことを自覚した。その後、体重は70kgになった。そんな中、元摂食障害患者のSNSに触れ、交流することで徐々に過食が減った。そして、堀越さんは過食症克服専門の審理カウンセラーになった。

千原さんは「真面目な方は真面目な方で不幸。なにも責めるところはないのに」、大久保さんは「許してあげることもできなくなっているんですね」とコメント。拒食症と過食症は両方発症するケースも多い。堀越さんが拒食症になった原因は”両親の不仲”。それを自分のせいだと思ってしまったからである。


拒食症

堀越さんは父の看護をして家に帰ると、甘いものへの欲求が抑えられなくなった。体重が増えるたび自分を責め、大学を中退。そこで過食症とうつだと診断され、過去に拒食症だったことを自覚した。その後、体重は70kgになった。そんな中、元摂食障害患者のSNSに触れ、交流することで徐々に過食が減った。そして、堀越さんは過食症克服専門の審理カウンセラーになった。

千原さんは「真面目な方は真面目な方で不幸。なにも責めるところはないのに」、大久保さんは「許してあげることもできなくなっているんですね」とコメント。拒食症と過食症は両方発症するケースも多い。堀越さんが拒食症になった原因は”両親の不仲”。それを自分のせいだと思ってしまったからである。

親の「太ったんじゃない?」「妹のほうがかわいい」という何気ない言葉が、子供を追い詰めることがある。島野さんは「痩せすぎは良くないと警鐘を鳴らすことも必要」と話した。


過食症

エリザベートは、次の王位を王位継承第1位のチャールズ皇太子ではなく、ウィリアム王子に継承する意思を表明しており、キャサリン妃はプレッシャーにより拒食症・過食症になっていると報じられている。同じ王室害出身者のダイアナ元皇太子妃は、生前インタビューで摂食障害と話しており、3年以上苦しんでいたとのこと。ウィリアム王子はダイアナ元妃の苦悩を間近で見ており、キャサリン妃にセラピーを提案し、極秘で体と心のセラピーを受けているとのこと。一方で、チャールズ皇太子の妻・カミラ夫人は、キャサリン妃に対して「弱すぎる、精神的に次の女王になるには不適格」などと周囲に漏らしているとのこと。


拒食症

エリザベートは、次の王位を王位継承第1位のチャールズ皇太子ではなく、ウィリアム王子に継承する意思を表明しており、キャサリン妃はプレッシャーにより拒食症・過食症になっていると報じられている。同じ王室害出身者のダイアナ元皇太子妃は、生前インタビューで摂食障害と話しており、3年以上苦しんでいたとのこと。ウィリアム王子はダイアナ元妃の苦悩を間近で見ており、キャサリン妃にセラピーを提案し、極秘で体と心のセラピーを受けているとのこと。一方で、チャールズ皇太子の妻・カミラ夫人は、キャサリン妃に対して「弱すぎる、精神的に次の女王になるには不適格」などと周囲に漏らしているとのこと。


ナショナル・エンクワイアラー

エリザベートは、次の王位を王位継承第1位のチャールズ皇太子ではなく、ウィリアム王子に継承する意思を表明しており、キャサリン妃はプレッシャーにより拒食症・過食症になっていると報じられている。同じ王室害出身者のダイアナ元皇太子妃は、生前インタビューで摂食障害と話しており、3年以上苦しんでいたとのこと。ウィリアム王子はダイアナ元妃の苦悩を間近で見ており、キャサリン妃にセラピーを提案し、極秘で体と心のセラピーを受けているとのこと。一方で、チャールズ皇太子の妻・カミラ夫人は、キャサリン妃に対して「弱すぎる、精神的に次の女王になるには不適格」などと周囲に漏らしているとのこと。


BBC

エリザベートは、次の王位を王位継承第1位のチャールズ皇太子ではなく、ウィリアム王子に継承する意思を表明しており、キャサリン妃はプレッシャーにより拒食症・過食症になっていると報じられている。同じ王室害出身者のダイアナ元皇太子妃は、生前インタビューで摂食障害と話しており、3年以上苦しんでいたとのこと。ウィリアム王子はダイアナ元妃の苦悩を間近で見ており、キャサリン妃にセラピーを提案し、極秘で体と心のセラピーを受けているとのこと。一方で、チャールズ皇太子の妻・カミラ夫人は、キャサリン妃に対して「弱すぎる、精神的に次の女王になるには不適格」などと周囲に漏らしているとのこと。


「過食症」に関連する本・コミック・雑誌

セレブ・ダーティー・ランドリー

エリザベートは、次の王位を王位継承第1位のチャールズ皇太子ではなく、ウィリアム王子に継承する意思を表明しており、キャサリン妃はプレッシャーにより拒食症・過食症になっていると報じられている。同じ王室害出身者のダイアナ元皇太子妃は、生前インタビューで摂食障害と話しており、3年以上苦しんでいたとのこと。ウィリアム王子はダイアナ元妃の苦悩を間近で見ており、キャサリン妃にセラピーを提案し、極秘で体と心のセラピーを受けているとのこと。一方で、チャールズ皇太子の妻・カミラ夫人は、キャサリン妃に対して「弱すぎる、精神的に次の女王になるには不適格」などと周囲に漏らしているとのこと。


RADARオンライン

エリザベートは、次の王位を王位継承第1位のチャールズ皇太子ではなく、ウィリアム王子に継承する意思を表明しており、キャサリン妃はプレッシャーにより拒食症・過食症になっていると報じられている。同じ王室害出身者のダイアナ元皇太子妃は、生前インタビューで摂食障害と話しており、3年以上苦しんでいたとのこと。ウィリアム王子はダイアナ元妃の苦悩を間近で見ており、キャサリン妃にセラピーを提案し、極秘で体と心のセラピーを受けているとのこと。一方で、チャールズ皇太子の妻・カミラ夫人は、キャサリン妃に対して「弱すぎる、精神的に次の女王になるには不適格」などと周囲に漏らしているとのこと。