ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「野上慎平」の検索結果

「野上慎平」に関連する情報 123件中 1〜10件目

東京都水道局

下水処理水は、通常は下水処理後に川や海に放流される。今回逆流したものは、これよりさらに高度な処理をした三次処理水。しかし飲料水としては適していない質。この三次処理水はトイレ、スプリンクラー、公園の噴水等に利用されている。東京都下水道局によると、飲用しても健康に影響はないという。高木美保は「ニオイとかで気がついてよかったですけど」とコメント。今回、当該のトイレは下水処理水で流されており、バルブが開いていた。しかし勢いが弱まっていたため、ある職員が上水を配管に接続。下水処理水のバルブを閉めていた。しかし5年後の今回9月10日、上水を閉めて清掃、上水と下水のバルブを同時に流し、水圧の強い下水が逆流したと野上慎平が説明。高木は「報告書とかはなかったのか」と指摘すると、野上が「業者ではなく素人、職員がやった」と紹介。そして、水道法施行令で水道の給水管は他の排水管とつなげてはいけないことになっている。水道局は「違法だということを知らない人がやってしまうかもしれない。今後周知徹底をする」としている。


オカダヤ

オカダヤ 新宿本店の生地館にやってきた一行。野上慎平は、生地が今この瞬間ドキドキ・ワクワクという状態で待っているというと、中西学は破られる気持ちがわかっているな、と突っ込んだ。野上はプロレス実況中に度々シャツを破られていて、もっともシャツ破りに精通しているアナウンサー。解説は、オカダヤ営業一部の坂本麻里さん。取り扱っている生地は支店も合わせると約12万反あるという。


オカダヤ 新宿本店

プロレスラーのパフォーマンスのシャツ破りに最適の生地はなんなのか。暴走キングの真壁刀義と、野人・中西学がシャツ破りデスマッチで対戦。様々な素材のシャツを破りまくる。決戦の舞台は、オカダヤ 新宿本店。世紀の一戦を見届けるのは大のプロレスファンのマキシマム ザ ホルモンのダイスケはん。そしてタモリもシャツ破りに挑戦。

オカダヤ 新宿本店の生地館にやってきた一行。野上慎平は、生地が今この瞬間ドキドキ・ワクワクという状態で待っているというと、中西学は破られる気持ちがわかっているな、と突っ込んだ。野上はプロレス実況中に度々シャツを破られていて、もっともシャツ破りに精通しているアナウンサー。解説は、オカダヤ営業一部の坂本麻里さん。取り扱っている生地は支店も合わせると約12万反あるという。


新日本プロレス

タモリの挨拶。最近はプ女子と呼ばれるプロレスラー好きの女子が急増しているそうだが、人気レスラーは新日本プロレスのオカダ・カズチカだと話すと、マキシマム ザ ホルモンのダイスケはんは、今回の主役はオカダ・カズチカではなく、こちらの二人だと野上慎平と真壁刀義を紹介した。二人はかっこよくTシャツをやぶきたいという。さらに野上慎平が登場し、今日は世界で一番かっこよく破けるシャツ決定戦・シャツ1グランプリが開幕だと宣言した。


「野上慎平」に関連するイベント情報

全英女子オープンゴルフ

ここからは山本雪乃アナが担当する。野上慎平アナは世界水泳、全英女子オープンゴルフのため2週間取材でお休み。


「野上慎平」に関連するイベント情報

世界水泳

ここからは山本雪乃アナが担当する。野上慎平アナは世界水泳、全英女子オープンゴルフのため2週間取材でお休み。


「野上慎平」に関連するイベント情報

全英リコー女子オープン

VRを体験して取材する余裕がなかったという長嶋さん。世界水泳などで野上慎平が出張のため2週間番組を休むと伝えた。


「野上慎平」に関連するイベント情報

世界水泳

VRを体験して取材する余裕がなかったという長嶋さん。世界水泳などで野上慎平が出張のため2週間番組を休むと伝えた。


「野上慎平」に関連するイベント情報

北京オリンピック

クビアカツヤカミキリについて野上慎平は寒い所にも熱い所にも生息している。日本全国で生息可能なのではと見られている、若い木は樹液で幼虫が溺れて死ぬため老木を好むなど、吉永みち子は木の中に入ったら外から見えない。それをどういうふうに発見して駆除するかなど述べた。クビアカツヤカミキリは2012年ごろから日本で発見。中国の輸出が増えて木製の梱包材などに幼虫が寄生していた可能性がある。中国は北京オリンピック以降輸出が増えている。ドイツ・イタリア・アメリカなどにもクビアカツヤカミキリが行き渡っている。クビアカツヤカミキリは日本にはまだ天敵がいないため、今後被害が拡大する可能性がある。


ヒアリ

旬の桃が壊滅。原因は木の栄養を食い尽くし繁殖する中国外来種・クビアカツヤカミキリ。徳島・板野町にある桃農園は桃の収穫期を迎えるも桃の実はしぼんで小さいまま。木自体は枯れかけている。犯人である木の幹に隠れているクビアカツヤカミキリは中国・台湾・ベトナムなどで生息している外来種のカミキリムシ。クビアカツヤカミキリの幼虫は幹の表面に産み付けられた卵からかえると木の内側を食い荒らす。食い荒らされた木は水や養分をとることができず枯れる。実のならなくなってしまった木は伐採するほか方法はないという。クビアカツヤカミキリはバラ科である桃や桜を好む。5年前に初めて愛知で発見されて以来その被害は全国でも確認。東京・あきる野市でも他の木への被害拡大を防ぐためつけたネットの中には雌と思われる成虫が。150本の桜のうち60本の寄生。環境省はクビアカツヤカミキリを9月ごろまでに特定外来生物に指定。飼育や運搬などを原則禁止することにしている。国の専門機関もフェロモンで成虫をおびき寄せて駆除。新たな殺虫剤の開発も始めている。

クビアカツヤカミキリについて野上慎平は寒い所にも熱い所にも生息している。日本全国で生息可能なのではと見られている、若い木は樹液で幼虫が溺れて死ぬため老木を好むなど、吉永みち子は木の中に入ったら外から見えない。それをどういうふうに発見して駆除するかなど述べた。クビアカツヤカミキリは2012年ごろから日本で発見。中国の輸出が増えて木製の梱包材などに幼虫が寄生していた可能性がある。中国は北京オリンピック以降輸出が増えている。ドイツ・イタリア・アメリカなどにもクビアカツヤカミキリが行き渡っている。クビアカツヤカミキリは日本にはまだ天敵がいないため、今後被害が拡大する可能性がある。