ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「野村修也」の検索結果

「野村修也」に関連する情報 1488件中 1〜10件目

日産

朝日新聞の記事を紹介。日産の前会長がインドの自動車販売店の選定など、友人や知人への優遇が疑われる契約を日産に結ばさせていたと記事が伝えている。野村修也は弁護士は、第三者の利益を図って会社に損害を与えた場合には、民事上は忠実義務違反として損害賠償が問題になる可能性、特別背任罪になる可能性もある、などと話した。


東名高速

東名高速であおり運転の末、一家4人が死傷した事故。横浜地裁前から中継。裁判は続いており、弁護側の最終弁論、被告の最終意見陳述が行われている。午前中、検察側は危険運転致死傷罪について従来通り、被告の行為によって被害者が死傷したという因果関係は明らかと主張した。監禁致死傷についても、高速道路上であること、通行量など脱出できない状況があり、これも成立すると主張した。常習性が明らかで、執拗な意志に基づいており、2人が死亡した結果は重大として懲役23年を求刑した。これに対し弁護側は因果関係は認められない、監禁致死傷についても車線変更できたのではないかと述べ、無罪を主張した。きょうは遺族の意見陳述も行われ、長女の意見について書面より「家族みんなで死ねばよかったと何度考えたことか」などと読み上げられた。また、被害者男性の母も「息子夫婦は殺されたとしか思えない」などと、被害者女性の父は「2人の命の重さに見合う長い時間、刑務所に入れてほしい」と話した。懲役23年を求刑されたときの被告は、ハンカチで口元を押さえ、目をつぶって下を向いたとのこと。被告側は検察側が言っている事実関係は認めているが、弁護側は現在ある罪に当てはまらないとして無罪を主張している。

検察側は別の事件も合わせて懲役23年を求刑した。被告の運転の危険性が死亡事故に繋がったとして、停車後の事故でも危険運転致死傷罪や監禁致死傷罪などが成立すると主張した。これまでの器物損壊や強要などの罪も合わせて審議されている。被告は遺族の娘に手紙を出しており、内容としては謝罪の他に、同乗女性について「事故がなければ彼女と結婚する予定でした。彼女は体が弱く自分が支えたいと思っていたので、事故のことはお許しください」と書かれていたと明らかになった。これに対する弁護士の「これを被害者が読んだらどう思うか」という質問に被告は「怒ります」と、「被害者の遺族に伝えることか」という質問に「じゃないです」と答えた。安田洋祐は「理解が難しい」とコメントした。この文面を弁護側が明らかにしたことの理由について、野村修也は「一定の人生設計があったこと、その上で被害者感情を傷つけると部分も理解していると示させようとしたと思われるが、やや逆効果という感じもする」と述べた。デーブ・スペクターは「アメリカでもあおり運転は問題となっているが、アメリカの高速にはほとんど横に緊急用のレーンがある」「今回は日本の高速道路の、止めてはいけない所に止めたわけだから、運転中という言い方をしてもおかしくない」などと話した。


三菱自動車

逮捕後初の3社会合が行われ、「3社の取締役会はアライアンスの強い結束を維持することを強調してきた。この20年間、他に例をみない成功をおさめてきた。引き続きアライアンスの取り組みに全力を注いで参ります。」と共同声明が発表された。日産の社長は「3社で完全に方向一致しています。」と話している。かつて倒産寸前までいった日産をルノーがお金で助けたこともあってルノーの立場が強い。ルノーの筆頭株主はフランス政府。野村修也さんは「元々ルノーがフランスの国営企業だった。日産に対して厳しく意見を言いたい。日産としては関係は解消したい思いが強い。」などと話した。


ルノー

逮捕後初の3社会合が行われ、「3社の取締役会はアライアンスの強い結束を維持することを強調してきた。この20年間、他に例をみない成功をおさめてきた。引き続きアライアンスの取り組みに全力を注いで参ります。」と共同声明が発表された。日産の社長は「3社で完全に方向一致しています。」と話している。かつて倒産寸前までいった日産をルノーがお金で助けたこともあってルノーの立場が強い。ルノーの筆頭株主はフランス政府。野村修也さんは「元々ルノーがフランスの国営企業だった。日産に対して厳しく意見を言いたい。日産としては関係は解消したい思いが強い。」などと話した。


日産

ゴーン容疑者が契約したのはポール・ワイス・リフキンド・ワートン・ギャリソン。この弁護士事務所の会長が2018年最高の弁護士にされたブラッド・カープ弁護士。日本の刑事事件については元東京地検特捜部長の大鶴基成弁護士がゴーン容疑者の弁護人として活動を始めている。大鶴弁護士は特捜部時代にライブドア事件などを指揮。特捜部の元エース。2010年度から5年間、役員報酬を有価証券報告書に記載しなかったとして逮捕されたゴーン容疑者。報告書に記載されていない報酬を退任後に受け取るつもりだったとみられている。容疑者は容疑を避妊。私的な投資で生じた損失を日産に肩代わりさせた疑いも指摘されている。特捜部は全容解明を進めている。

逮捕後初の3社会合が行われ、「3社の取締役会はアライアンスの強い結束を維持することを強調してきた。この20年間、他に例をみない成功をおさめてきた。引き続きアライアンスの取り組みに全力を注いで参ります。」と共同声明が発表された。日産の社長は「3社で完全に方向一致しています。」と話している。かつて倒産寸前までいった日産をルノーがお金で助けたこともあってルノーの立場が強い。ルノーの筆頭株主はフランス政府。野村修也さんは「元々ルノーがフランスの国営企業だった。日産に対して厳しく意見を言いたい。日産としては関係は解消したい思いが強い。」などと話した。


秋篠宮邸

大嘗祭は即位した新天皇が行う国家の安寧を祈る宮中祭祀。1990年の前回は約22億円の国費の支出となった。憲法違反として裁判を起こされた。野村修也さんは「皇室の私的行事という位置づけにしている。公費の支出が政教分離に抵触するのではないかと問題になった。」などと話した。秋篠宮さまは内廷費で賄うべきものとしている。内廷費は年間3億円のもので相当規模を縮小しないとできない。伊藤聡子さんは「国民の税金を出して豪華にする必要はないという気持ちはわかる。」などと話した。行事が縮小することになると政治が決めたことを皇族が動かす政教分離に反するという見方もある。野村修也さんは「コミュニケーションにずれが発生したことが一番の問題。」などと話した。


「野村修也」に関連するイベント情報

宮中祭祀

婚約できない発言の心中についてトーク。横地明子は「会見場は毎年行われる誕生日に合わせた会見なのでユーモアに溢れる雰囲気があるが、今回は比較的最初からピシッとした雰囲気で始まった、小室さんの件について秋篠宮様が直接言及し、かなり厳しい見方をしたので記者の中でも驚いた、週刊誌で報道されて以降、きちんとした説明が公にされていないということをおっしゃっていると思う、国民にも説明して欲しいという趣旨での発言だと思う」とコメント。さらにテレビカメラの撮影がなかった後半で「大嘗祭は皇室の行事として行われる宗教色の強いもの、国費で賄うことが適当がどうか私としてすっきりしない感じ」と発言。大嘗祭とは新天皇が初めて行う毎年11月、天皇陛下が穀物をお供えし安寧と五穀豊穣を祈る神事「新嘗祭」であり、平成の大嘗祭は総費用約22億5000万円かかった。これの支出されるところが違い、新嘗祭は私的な費用として天皇家の生活費や宮中祭祀などを支出する内廷費から支出され2018年度は3億2400万円、一方大嘗祭は公的な費用として地方訪問や外国賓客の接遇など宮内庁が経理を行うもので2018年度は約92億円。新嘗祭、大嘗祭はどちらも神事であるが、大嘗祭は参拝人数も多く、生涯に一度の大きなものであるとして公的費用から支出されることに決まっているが、秋篠宮様は宗教行事と憲法との関係は疑問を呈して政教分離についての持論を述べたという。政府が決めた形に対して異なる意見を述べたという意味で注目されている。さらに「宮内庁長官などにはかなり私も言っているんですね、話を聞く耳を持たなかった」とだいぶ踏み込んだ発言をし、「内廷会計で行うべき、身の丈に会った儀式にすることが本来の姿ではないか」とコメント。野村修也は「大嘗祭は宗教的儀式であることは最高裁判所は前提にしている、それに対し国費を出すことは政教分離に抵触するのかということについては、目的と効果というものに照らして吟味していくということで今のところ憲法違反ではないという判断が下されている、しかし秋篠宮様は国民のお金を使うのはどうかと慮っており、逆に言うと神事に徹してしまうという考え方もあるのではないかと聞き取れる部分もあった、今回の事柄で私が一番大事にしないといけないと思ったのが皇室と宮内庁の間にコミュニケーションがうまくいっていたのかという点だと思う、皇室の方の発言を政府の政策判断に反映させることが上手くできるのかということを見直していくべき」などと解説した。


「野村修也」に関連するイベント情報

新嘗祭

婚約できない発言の心中についてトーク。横地明子は「会見場は毎年行われる誕生日に合わせた会見なのでユーモアに溢れる雰囲気があるが、今回は比較的最初からピシッとした雰囲気で始まった、小室さんの件について秋篠宮様が直接言及し、かなり厳しい見方をしたので記者の中でも驚いた、週刊誌で報道されて以降、きちんとした説明が公にされていないということをおっしゃっていると思う、国民にも説明して欲しいという趣旨での発言だと思う」とコメント。さらにテレビカメラの撮影がなかった後半で「大嘗祭は皇室の行事として行われる宗教色の強いもの、国費で賄うことが適当がどうか私としてすっきりしない感じ」と発言。大嘗祭とは新天皇が初めて行う毎年11月、天皇陛下が穀物をお供えし安寧と五穀豊穣を祈る神事「新嘗祭」であり、平成の大嘗祭は総費用約22億5000万円かかった。これの支出されるところが違い、新嘗祭は私的な費用として天皇家の生活費や宮中祭祀などを支出する内廷費から支出され2018年度は3億2400万円、一方大嘗祭は公的な費用として地方訪問や外国賓客の接遇など宮内庁が経理を行うもので2018年度は約92億円。新嘗祭、大嘗祭はどちらも神事であるが、大嘗祭は参拝人数も多く、生涯に一度の大きなものであるとして公的費用から支出されることに決まっているが、秋篠宮様は宗教行事と憲法との関係は疑問を呈して政教分離についての持論を述べたという。政府が決めた形に対して異なる意見を述べたという意味で注目されている。さらに「宮内庁長官などにはかなり私も言っているんですね、話を聞く耳を持たなかった」とだいぶ踏み込んだ発言をし、「内廷会計で行うべき、身の丈に会った儀式にすることが本来の姿ではないか」とコメント。野村修也は「大嘗祭は宗教的儀式であることは最高裁判所は前提にしている、それに対し国費を出すことは政教分離に抵触するのかということについては、目的と効果というものに照らして吟味していくということで今のところ憲法違反ではないという判断が下されている、しかし秋篠宮様は国民のお金を使うのはどうかと慮っており、逆に言うと神事に徹してしまうという考え方もあるのではないかと聞き取れる部分もあった、今回の事柄で私が一番大事にしないといけないと思ったのが皇室と宮内庁の間にコミュニケーションがうまくいっていたのかという点だと思う、皇室の方の発言を政府の政策判断に反映させることが上手くできるのかということを見直していくべき」などと解説した。


「野村修也」に関連するイベント情報

大嘗祭

婚約できない発言の心中についてトーク。横地明子は「会見場は毎年行われる誕生日に合わせた会見なのでユーモアに溢れる雰囲気があるが、今回は比較的最初からピシッとした雰囲気で始まった、小室さんの件について秋篠宮様が直接言及し、かなり厳しい見方をしたので記者の中でも驚いた、週刊誌で報道されて以降、きちんとした説明が公にされていないということをおっしゃっていると思う、国民にも説明して欲しいという趣旨での発言だと思う」とコメント。さらにテレビカメラの撮影がなかった後半で「大嘗祭は皇室の行事として行われる宗教色の強いもの、国費で賄うことが適当がどうか私としてすっきりしない感じ」と発言。大嘗祭とは新天皇が初めて行う毎年11月、天皇陛下が穀物をお供えし安寧と五穀豊穣を祈る神事「新嘗祭」であり、平成の大嘗祭は総費用約22億5000万円かかった。これの支出されるところが違い、新嘗祭は私的な費用として天皇家の生活費や宮中祭祀などを支出する内廷費から支出され2018年度は3億2400万円、一方大嘗祭は公的な費用として地方訪問や外国賓客の接遇など宮内庁が経理を行うもので2018年度は約92億円。新嘗祭、大嘗祭はどちらも神事であるが、大嘗祭は参拝人数も多く、生涯に一度の大きなものであるとして公的費用から支出されることに決まっているが、秋篠宮様は宗教行事と憲法との関係は疑問を呈して政教分離についての持論を述べたという。政府が決めた形に対して異なる意見を述べたという意味で注目されている。さらに「宮内庁長官などにはかなり私も言っているんですね、話を聞く耳を持たなかった」とだいぶ踏み込んだ発言をし、「内廷会計で行うべき、身の丈に会った儀式にすることが本来の姿ではないか」とコメント。野村修也は「大嘗祭は宗教的儀式であることは最高裁判所は前提にしている、それに対し国費を出すことは政教分離に抵触するのかということについては、目的と効果というものに照らして吟味していくということで今のところ憲法違反ではないという判断が下されている、しかし秋篠宮様は国民のお金を使うのはどうかと慮っており、逆に言うと神事に徹してしまうという考え方もあるのではないかと聞き取れる部分もあった、今回の事柄で私が一番大事にしないといけないと思ったのが皇室と宮内庁の間にコミュニケーションがうまくいっていたのかという点だと思う、皇室の方の発言を政府の政策判断に反映させることが上手くできるのかということを見直していくべき」などと解説した。


「野村修也」に関連するグルメ情報

11月29日号の週刊新潮には芸能プロ社長による社員へのパワハラの映像が紹介。映像では男性が後頭部をつかまれ、煮えたぎる鍋に顔を突っ込まれていた。2回目では、男性は1回目よりも強く鍋に押さえつけられていた。男性は必死に抵抗し、鍋はずり落ちていた。鍋は湯気が立ち上り、非常に熱い状態。その男性が22日に弁護士とともに会見を行った。パワハラは2015年12月、事務所主催の忘年会で行われた。男性はこの時期になると毎年この時の恐怖を思い出すという。

弁護士によると当時社長から「面白いことをやれ」言われ、被害者が出来ないと主張すると、被害者はビール15杯、体質的に苦手なレモンサワーをピッチャー2〜3杯で飲まされたという。被害者は以前からパワハラは受けていたそうで、遅刻をすると頭を丸刈りにされたり、罰金10万円を支払わされるなどの被害を受けていたという。社長への恐怖から拒否できなかった。その後、社長からの謝罪の言葉はなし。病院によると被害者は傷痕が残る恐れのあるやけどを負った。翌日、社長から「自分から頭突っ込んだんだよな」「何日後くらいから仕事できるの?」などという発言があったという。

鍋に顔を突っ込ませるパワハラについて東山さんは「パワハラじゃなくて犯罪でしょ」など述べていた。野村修也さんは「パワハラの中には明確な犯罪行為も含まれている。パワハラで全部括るのではなく、何が問題なのか一つ一つ分析が必要」など話す。