ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「銚子漁港」の検索結果

「銚子漁港」に関連する情報 536件中 1〜10件目

船形漁港

千葉県の銚子漁港で船酔いする漁師などいない説を調査開始。55年前、最初に船に乗った時に船酔いした男性は「それ以来、船酔いしたことはない」と語り、「船酔いする漁師は商売になるわけがない」と指摘した。なお、漁師歴半年の男性は取材日も船酔いし、吐いたと明かした。その後も船形漁港などで調査を続け、船酔いするベテランの漁師は見つからないかと思いきや、漁師歴16年の男性は船酔いすると明かした。後輩の手前、バレないようにこっそりと吐くというが、漁師という仕事をこよなく愛していた。


船酔い

千葉県の銚子漁港で船酔いする漁師などいない説を調査開始。55年前、最初に船に乗った時に船酔いした男性は「それ以来、船酔いしたことはない」と語り、「船酔いする漁師は商売になるわけがない」と指摘した。なお、漁師歴半年の男性は取材日も船酔いし、吐いたと明かした。その後も船形漁港などで調査を続け、船酔いするベテランの漁師は見つからないかと思いきや、漁師歴16年の男性は船酔いすると明かした。後輩の手前、バレないようにこっそりと吐くというが、漁師という仕事をこよなく愛していた。


銚子漁港

千葉県の銚子漁港で船酔いする漁師などいない説を調査開始。55年前、最初に船に乗った時に船酔いした男性は「それ以来、船酔いしたことはない」と語り、「船酔いする漁師は商売になるわけがない」と指摘した。なお、漁師歴半年の男性は取材日も船酔いし、吐いたと明かした。その後も船形漁港などで調査を続け、船酔いするベテランの漁師は見つからないかと思いきや、漁師歴16年の男性は船酔いすると明かした。後輩の手前、バレないようにこっそりと吐くというが、漁師という仕事をこよなく愛していた。


銚子漁港

千葉ブランド水産物に認定の銚子つりきんめは一本一本手で釣り上げるため、魚の傷みが少なく見崩れもない。このブランド魚の料理が楽しめる東京・豊島区の「魚と酒はなたれ 大塚店」では他店とは一味違う冬限定メニュー「銚子つりきんめのしゃぶしゃぶ」が注目されている。昆布だしと特製いりこだしをたまり醤油で味付け。焼いたキンメダイの頭でうまみ・コクを出す。キンメダイをしゃぶしゃぶにすることでしっとりとした口当たりと繊細な脂が広がる味。


銚子漁港

千葉でも館山と勝浦で30cmの津波を観測。松戸市では揺れで78歳女性がベッドから転落死右肩を脱臼する軽傷。一時7つの市町村で150人と多数の避難者が高台などに避難した。引き続き警戒が必要。


「銚子漁港」に関連するグルメ情報

海宝丼極上

Bは丼専門店“海街丼”の「海宝丼極上」。銚子出身の黒田将嗣さんがオーナーを務め、銚子漁港から直送の新鮮な魚介を取り寄せている。「海宝丼極上」は無くなった時点で売り切れ。現在の時刻は14:19だが、予想売り切れ時刻は15:00。

一行はAの“Gottie’s BEEF”の「雲丹ローストビーフ丼」を選択し、目的地の有楽町へと向かった。一行はバスで移動したものの、渋滞に捕まり、早歩きで移動。見事3食をゲットすることに成功し、じゃんけんで勝った華丸以外が食べることができた。「雲丹ローストビーフ丼」を確実に味わいたい方は、13時半までに来店を。

Bの“海街丼”の「海宝丼極上」の現場に向かったスタッフとテレビ電話中継。「海宝丼極上」も3食残っていた。確実に味わうには14時半までに来店を。


「銚子漁港」に関連するレストラン・飲食店

Bは丼専門店“海街丼”の「海宝丼極上」。銚子出身の黒田将嗣さんがオーナーを務め、銚子漁港から直送の新鮮な魚介を取り寄せている。「海宝丼極上」は無くなった時点で売り切れ。現在の時刻は14:19だが、予想売り切れ時刻は15:00。

一行はAの“Gottie’s BEEF”の「雲丹ローストビーフ丼」を選択し、目的地の有楽町へと向かった。一行はバスで移動したものの、渋滞に捕まり、早歩きで移動。見事3食をゲットすることに成功し、じゃんけんで勝った華丸以外が食べることができた。「雲丹ローストビーフ丼」を確実に味わいたい方は、13時半までに来店を。

Bの“海街丼”の「海宝丼極上」の現場に向かったスタッフとテレビ電話中継。「海宝丼極上」も3食残っていた。確実に味わうには14時半までに来店を。

 (魚介料理・海鮮料理、海鮮丼)

銚子漁港

千葉県の銚子港で見つかった遺体の右足が別の男性のものと発覚した。右足の大きさは26cmで死後1ヶ月以上経過している、年齢などは不明だそうだ。


銚子漁港

千葉県の銚子漁港では先週、茨城・牛久市の33歳の男性の胴体が見つかっている。きょう午前に右の足首から下の部分が見つかった。黒い運動靴を履いていて漁港関係者が回収したごみの中にまぎれていた。


銚子漁港

きのう、千葉県銚子市の銚子漁港で岸壁と停泊中の船との間の海面で男性の胴体部分が見つかった。その後の警察への取材で遺体は首と両手、両足を刃物のようなもので切断された痕があることがわかった。また遺体は裸の状態で一部腐敗しているものの目立った外傷はないという。胴体以外の部分はまだ見つかっておらず警察は身元の確認を急ぐとともに死体遺棄、損壊事件として調べている。