ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「銚子漁港」の検索結果

「銚子漁港」に関連する情報 654件中 1〜10件目

銚子電鉄

香取市の2つ隣の銚子市にある銚子漁港は魚の水揚げ量が日本一だという。銚子でもう一つ有名なのが醤油で、1616年に醤油の醸造を始めた。利根川を利用することで関東平野から良質な小麦や大豆が手に入り、醤油造り発達の要因となったという。街には10軒以上の煎餅屋さんがあり、名物はぬれ煎餅で醤油の香りとしっとりとした食感が人気で、地元・銚子電鉄もぬれ煎餅を出しているという。ほとんどの煎餅屋さんでぬれ煎餅を販売しているそうで、煎餅屋さんでご飯調査。


「銚子漁港」に関連するグルメ情報

ぬれ煎餅

香取市の2つ隣の銚子市にある銚子漁港は魚の水揚げ量が日本一だという。銚子でもう一つ有名なのが醤油で、1616年に醤油の醸造を始めた。利根川を利用することで関東平野から良質な小麦や大豆が手に入り、醤油造り発達の要因となったという。街には10軒以上の煎餅屋さんがあり、名物はぬれ煎餅で醤油の香りとしっとりとした食感が人気で、地元・銚子電鉄もぬれ煎餅を出しているという。ほとんどの煎餅屋さんでぬれ煎餅を販売しているそうで、煎餅屋さんでご飯調査。

昭和28年創業のイシガミ・銚子駅前店の店内にはぬれ煎餅コーナーがあり、地元の海苔を使ったあられやおかきも並んでいる。売れているぬれ煎餅は定番のもので、濃い目の味だという。ぬれ煎餅は工場で作っているが店でも焼いていて、この日は焼く時間は終了してしまっていた。本社の犬吠店では焼いているそうで、店内には50種類の煎餅が並んでいる。うるち米で出来た煎餅のもとを使って焦げないようこまめに返し、焼きあがる約15分の間に4枚で300回ほど返すという。美味しく焼けるようになるまでに半年間かかるという。焼き色がついたら薄口醤油に漬けるが、ぬれ煎餅のための醤油で濃口と薄口の2種類あり、薄口はお客さんからのリクエストで作り始めたという。普通の煎餅はこの後数日乾燥させて焼くが、ぬれ煎餅はこれで完成。創業当時は裏メニューだったが人気とともに30年前から販売し始め、今では一日5000枚のぬれ煎餅を焼くこともあるという。焼き場に立ち続けて約9年の斉藤さんに「あなたのご飯見せて下さい」と聞くと断られ、社長に聞いてみると交渉成立。


ヤマサ醤油

香取市の2つ隣の銚子市にある銚子漁港は魚の水揚げ量が日本一だという。銚子でもう一つ有名なのが醤油で、1616年に醤油の醸造を始めた。利根川を利用することで関東平野から良質な小麦や大豆が手に入り、醤油造り発達の要因となったという。街には10軒以上の煎餅屋さんがあり、名物はぬれ煎餅で醤油の香りとしっとりとした食感が人気で、地元・銚子電鉄もぬれ煎餅を出しているという。ほとんどの煎餅屋さんでぬれ煎餅を販売しているそうで、煎餅屋さんでご飯調査。


ヒゲタ醤油

香取市の2つ隣の銚子市にある銚子漁港は魚の水揚げ量が日本一だという。銚子でもう一つ有名なのが醤油で、1616年に醤油の醸造を始めた。利根川を利用することで関東平野から良質な小麦や大豆が手に入り、醤油造り発達の要因となったという。街には10軒以上の煎餅屋さんがあり、名物はぬれ煎餅で醤油の香りとしっとりとした食感が人気で、地元・銚子電鉄もぬれ煎餅を出しているという。ほとんどの煎餅屋さんでぬれ煎餅を販売しているそうで、煎餅屋さんでご飯調査。


千葉県立中央博物館大利根分館

香取市の2つ隣の銚子市にある銚子漁港は魚の水揚げ量が日本一だという。銚子でもう一つ有名なのが醤油で、1616年に醤油の醸造を始めた。利根川を利用することで関東平野から良質な小麦や大豆が手に入り、醤油造り発達の要因となったという。街には10軒以上の煎餅屋さんがあり、名物はぬれ煎餅で醤油の香りとしっとりとした食感が人気で、地元・銚子電鉄もぬれ煎餅を出しているという。ほとんどの煎餅屋さんでぬれ煎餅を販売しているそうで、煎餅屋さんでご飯調査。


銚子漁港

香取市の2つ隣の銚子市にある銚子漁港は魚の水揚げ量が日本一だという。銚子でもう一つ有名なのが醤油で、1616年に醤油の醸造を始めた。利根川を利用することで関東平野から良質な小麦や大豆が手に入り、醤油造り発達の要因となったという。街には10軒以上の煎餅屋さんがあり、名物はぬれ煎餅で醤油の香りとしっとりとした食感が人気で、地元・銚子電鉄もぬれ煎餅を出しているという。ほとんどの煎餅屋さんでぬれ煎餅を販売しているそうで、煎餅屋さんでご飯調査。


「銚子漁港」に関連するグルメ情報

メバチマグロ

絶品!ランチ激戦区で行列。超特盛りマグロ丼が700円。 鮮度抜群!格安の秘密について店主は「千葉の銚子から直接買い付けている方から買っている。港直送人と呼んでいる」と話す。日本有数の漁獲量を誇る銚子漁港。この日も近海でとれたばかりの魚介類がずらりと並んでいる。そこにひと際目を輝かせる男がいた。彼こそが港直送人の佐藤さん。港直送人とは新鮮な魚を港から直接飲食店に届けるバイヤーのことで魚の流通においては革命的な存在。佐藤さんは、今が旬のメバチマグロをおすすめしていた。この日は、近海でとれた200匹ほどのメバチマグロが水揚げされた。脂の乗ったメバチマグロを求め魚のプロたちが動き出した。港直送人の目利きのポイントは「太っている体形が1個の理由。尻尾の回りについて脂の具合で判断する」のだそう。冷凍せずにそのまま運ぶことによって、赤みを増し、食べごろを迎えるという。この日は10件の注文が入った。一路東京を目指す。鮮度が肝心の生のメバチマグロを届けるのは時間との戦い。午後1時に出発高速道路に入ると午後3時になると幕張に。佐藤さんが港直送人を始めたのは35歳の時。元々飲食店を経営し、より安く、より美味しい魚を探すうちに港直送人の仕事を思いついたという。そして、銚子漁港から約2時間あまり。早速生の近海メバチマグロを運び込む。待っていた店主も、その新鮮さに喜びの声を上げていた。解体から約3時間ほど経っただけで、空気に触れ鮮やかなルビー色に。これが食べごろを迎えたサインだ。午後5時に魚と酒はなたれは開店。すると待ちかねていたお客はとれたてのメバチマグロの刺し身を注文。舌鼓をうっっていた。

通常のマグロ丼に乗せるマグロは100g程度だが、はなたれでは250g。インパクトは強烈だ。まずはメバチマグロの中落ちをたっぷり乗せる、さらにその上に赤みを敷いていく。そして、本マグロの中トロのおまけ付き。さらに100円足すとマグロ茶漬けが味わえる。まぐろ丼は1日100食限定。大人気で、まさに崖っぷちの店の救世主になった。本マグロに比べて庶民の味でもあるメバチマグロ。しかし、この数年メバチマグロの価格は高騰。一方銚子沖でとれる生メバチマグロもあがっているという。今やメバチマグロも高級食材になりつつあるようだ。そういった状況下で港直送人は引く手あまた。約60店の飲食店と契約している。


「銚子漁港」に関連するグルメ情報

まぐろの刺身

絶品!ランチ激戦区で行列。超特盛りマグロ丼が700円。 鮮度抜群!格安の秘密について店主は「千葉の銚子から直接買い付けている方から買っている。港直送人と呼んでいる」と話す。日本有数の漁獲量を誇る銚子漁港。この日も近海でとれたばかりの魚介類がずらりと並んでいる。そこにひと際目を輝かせる男がいた。彼こそが港直送人の佐藤さん。港直送人とは新鮮な魚を港から直接飲食店に届けるバイヤーのことで魚の流通においては革命的な存在。佐藤さんは、今が旬のメバチマグロをおすすめしていた。この日は、近海でとれた200匹ほどのメバチマグロが水揚げされた。脂の乗ったメバチマグロを求め魚のプロたちが動き出した。港直送人の目利きのポイントは「太っている体形が1個の理由。尻尾の回りについて脂の具合で判断する」のだそう。冷凍せずにそのまま運ぶことによって、赤みを増し、食べごろを迎えるという。この日は10件の注文が入った。一路東京を目指す。鮮度が肝心の生のメバチマグロを届けるのは時間との戦い。午後1時に出発高速道路に入ると午後3時になると幕張に。佐藤さんが港直送人を始めたのは35歳の時。元々飲食店を経営し、より安く、より美味しい魚を探すうちに港直送人の仕事を思いついたという。そして、銚子漁港から約2時間あまり。早速生の近海メバチマグロを運び込む。待っていた店主も、その新鮮さに喜びの声を上げていた。解体から約3時間ほど経っただけで、空気に触れ鮮やかなルビー色に。これが食べごろを迎えたサインだ。午後5時に魚と酒はなたれは開店。すると待ちかねていたお客はとれたてのメバチマグロの刺し身を注文。舌鼓をうっっていた。


銚子漁港

絶品!ランチ激戦区で行列。超特盛りマグロ丼が700円。 鮮度抜群!格安の秘密について店主は「千葉の銚子から直接買い付けている方から買っている。港直送人と呼んでいる」と話す。日本有数の漁獲量を誇る銚子漁港。この日も近海でとれたばかりの魚介類がずらりと並んでいる。そこにひと際目を輝かせる男がいた。彼こそが港直送人の佐藤さん。港直送人とは新鮮な魚を港から直接飲食店に届けるバイヤーのことで魚の流通においては革命的な存在。佐藤さんは、今が旬のメバチマグロをおすすめしていた。この日は、近海でとれた200匹ほどのメバチマグロが水揚げされた。脂の乗ったメバチマグロを求め魚のプロたちが動き出した。港直送人の目利きのポイントは「太っている体形が1個の理由。尻尾の回りについて脂の具合で判断する」のだそう。冷凍せずにそのまま運ぶことによって、赤みを増し、食べごろを迎えるという。この日は10件の注文が入った。一路東京を目指す。鮮度が肝心の生のメバチマグロを届けるのは時間との戦い。午後1時に出発高速道路に入ると午後3時になると幕張に。佐藤さんが港直送人を始めたのは35歳の時。元々飲食店を経営し、より安く、より美味しい魚を探すうちに港直送人の仕事を思いついたという。そして、銚子漁港から約2時間あまり。早速生の近海メバチマグロを運び込む。待っていた店主も、その新鮮さに喜びの声を上げていた。解体から約3時間ほど経っただけで、空気に触れ鮮やかなルビー色に。これが食べごろを迎えたサインだ。午後5時に魚と酒はなたれは開店。すると待ちかねていたお客はとれたてのメバチマグロの刺し身を注文。舌鼓をうっっていた。


「銚子漁港」に関連するグルメ情報

マグロ丼

絶品!ランチ激戦区で行列。超特盛りマグロ丼が700円。 鮮度抜群!格安の秘密について店主は「千葉の銚子から直接買い付けている方から買っている。港直送人と呼んでいる」と話す。日本有数の漁獲量を誇る銚子漁港。この日も近海でとれたばかりの魚介類がずらりと並んでいる。そこにひと際目を輝かせる男がいた。彼こそが港直送人の佐藤さん。港直送人とは新鮮な魚を港から直接飲食店に届けるバイヤーのことで魚の流通においては革命的な存在。佐藤さんは、今が旬のメバチマグロをおすすめしていた。この日は、近海でとれた200匹ほどのメバチマグロが水揚げされた。脂の乗ったメバチマグロを求め魚のプロたちが動き出した。港直送人の目利きのポイントは「太っている体形が1個の理由。尻尾の回りについて脂の具合で判断する」のだそう。冷凍せずにそのまま運ぶことによって、赤みを増し、食べごろを迎えるという。この日は10件の注文が入った。一路東京を目指す。鮮度が肝心の生のメバチマグロを届けるのは時間との戦い。午後1時に出発高速道路に入ると午後3時になると幕張に。佐藤さんが港直送人を始めたのは35歳の時。元々飲食店を経営し、より安く、より美味しい魚を探すうちに港直送人の仕事を思いついたという。そして、銚子漁港から約2時間あまり。早速生の近海メバチマグロを運び込む。待っていた店主も、その新鮮さに喜びの声を上げていた。解体から約3時間ほど経っただけで、空気に触れ鮮やかなルビー色に。これが食べごろを迎えたサインだ。午後5時に魚と酒はなたれは開店。すると待ちかねていたお客はとれたてのメバチマグロの刺し身を注文。舌鼓をうっっていた。