ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「錦鯉」の検索結果

「錦鯉」に関連する情報 684件中 1〜10件目

錦鯉

イスラエルでは錦鯉の養殖が行われており価格は日本産より約4割安いという。成功の理由は“水”で海水を淡水化したものが使用されている。ウジヤ・リンデルさんは「水がなかったらこのビジネスは成り立ちません、まさに水がカネになった」と話す。


錦鯉

すぐに隣町へと移動した捜索隊。趣味で錦鯉を育てているという地元住人に話を聞くと、ポツンと一軒家に住んでいるのは東京から移住した一級建築士で、奥さんと2人で暮らしているとのこと。教えてもらった道を通り、ポツンと一軒家へと到着した。


錦鯉

のどかな山古志地区で見つけたのは錦鯉の養鯉場。錦鯉を見せてもらったところで「あなたのご飯見せて下さい」、すでに食べてしまったという。交渉失敗。人を探すとしたらどのへんにいったらいいかと質問、涼しくならないとと答えてくれた。


丸重養鯉場

のどかな山古志地区で見つけたのは錦鯉の養鯉場。錦鯉を見せてもらったところで「あなたのご飯見せて下さい」、すでに食べてしまったという。交渉失敗。人を探すとしたらどのへんにいったらいいかと質問、涼しくならないとと答えてくれた。


錦鯉

お邪魔したのは錦鯉を養殖している「丸重養鯉場」。さっそく育てている錦鯉を見せてもらう。山古志地区周辺は錦鯉の原産地といわれ、今も数多くの養鯉場があるという。


丸重養鯉場

お邪魔したのは錦鯉を養殖している「丸重養鯉場」。さっそく育てている錦鯉を見せてもらう。山古志地区周辺は錦鯉の原産地といわれ、今も数多くの養鯉場があるという。


「錦鯉」に関連するレストラン・飲食店

東京・吉祥寺にある未来日本酒店で色んな人が手にとったのは錦鯉柄の酒。作ったのは今代司酒造。この酒は海外の著名なデザイン賞を受賞、現場の職員にも誇りとやる気を与えた。葉葺正幸は1973年、新潟生まれ。地元企業に就職。27歳の時に社内ベンチャーでおむすび販売の新規事業に乗り出すことになり、葉葺に白羽の矢が立った。葉葺は東京に狙いを定め、銀座十石を譲り受け経営。しかし経営がうまくいかなかったが、ある日1通の手紙が届いた。

 (日本酒バー、バル・バール、居酒屋)

今代司酒造

和僑商店の本社は新潟にあり本社を尋ねると、そこには傘下の峰村醸造の味噌蔵が。しかし、葉葺が来る前は商品力もなく廃業も考え壊してしまう予定だった。潰すはずだっった蔵は物販コーナーに、ここでは味噌を出汁と一緒に試飲が可能で、漬物はご飯と一緒に試食可能。昔ながらの味を再現した味噌も当たり3年で黒字化した。また峰村醸造の近くにある今代司酒造も和僑商店傘下の酒蔵。以前は厳しい経営状態で取り壊す予定だったが、現在は観光バスが続々と乗りつけ見学客が押し寄せるまでになった。その理由は500円の枡を買えば15種類の酒を自由に試飲できるから。和僑商店は新潟県下の老舗をいくつも再生してきた。現在では5社をもつ食品グループ。葉葺は銀座で売ることと老舗再生の本質は同じだと話す。

葉葺流再生術その1jは「大胆に今を掴む」。今増え続けているあるレストラン。 賑わう店内で出されているのは新鮮な生牡蠣。そして一緒に飲んでいるのが葉葺が開発した牡蠣専用の日本酒。時代に合わなくなった老舗の商品を現代流にアレンジするのが葉葺流再生の真骨頂。また駅ビルで売られていた焼いた魚を漬け込んだ新潟の伝統食、焼漬パック。伝統食の鮭の焼漬をレンジで簡単に食べられるよう進化させた。開発したのは葉葺が再建を手がける小川屋。創業120年の老舗だが、生の漬け魚の消費が低迷する中、経営難に陥っていた。再生術その2は「蔵に客を入れろ」。峰村醸造の味噌蔵を覗くと、客が味噌作り体験を行っていた。一方、今代司酒造では酒蔵見学が。客を間近に感じることで社員の意識が変わったという。職人たちと信頼関係を築くため必死で格闘、今や蔵の誰もがその功績を認めるまでに。そして酒蔵見学の案内役のかつてのトップ山本さんも。

東京・吉祥寺にある未来日本酒店で色んな人が手にとったのは錦鯉柄の酒。作ったのは今代司酒造。この酒は海外の著名なデザイン賞を受賞、現場の職員にも誇りとやる気を与えた。葉葺正幸は1973年、新潟生まれ。地元企業に就職。27歳の時に社内ベンチャーでおむすび販売の新規事業に乗り出すことになり、葉葺に白羽の矢が立った。葉葺は東京に狙いを定め、銀座十石を譲り受け経営。しかし経営がうまくいかなかったが、ある日1通の手紙が届いた。


銀座十石

松屋銀座のデパ地下にあるおにぎり専門店「銀座十石」にはたくさんの行列が。その魅力は独特のほろほろ触感。ヒミツは握らないという握り方。作り方は型枠にご飯とおかずをいれ、その上にご飯を被せるだけ。そしてもう一つの魅力が具材。こだわりの具材が客を掴んで離さない。高菜は福岡で育てられた選びぬいた高菜を5か月木桶で漬けたものを使用。いくつもの賞を受賞した。一方、ツナマヨに使うのは静岡市にある由比缶詰所のツナマヨ。美味しさのヒミツは魚にあった。

由比缶詰所のツナマヨの油は綿の種から作った綿実油。缶に封入後半年熟成させたツナを使っている。銀座十石の仕掛け人、和僑商店社長の葉葺正幸。全国を駆け回り知られざる美味しいおむすびの具材を探し求めてきた。この日は和歌山県で井戸水と堆肥で育てた梅を視察。葉葺はおむすびを通じて日本の食文化を伝えるのがおむすび屋の仕事と話す。また、葉葺がおむすび屋を始めたもう一つの理由が、新潟のコメをアピールするため。葉葺は新潟の会社なので、新潟のコメを知ってもらうにはおむすびの方がわかりやすいと話す。

和僑商店の本社は新潟にあり本社を尋ねると、そこには傘下の峰村醸造の味噌蔵が。しかし、葉葺が来る前は商品力もなく廃業も考え壊してしまう予定だった。潰すはずだっった蔵は物販コーナーに、ここでは味噌を出汁と一緒に試飲が可能で、漬物はご飯と一緒に試食可能。昔ながらの味を再現した味噌も当たり3年で黒字化した。また峰村醸造の近くにある今代司酒造も和僑商店傘下の酒蔵。以前は厳しい経営状態で取り壊す予定だったが、現在は観光バスが続々と乗りつけ見学客が押し寄せるまでになった。その理由は500円の枡を買えば15種類の酒を自由に試飲できるから。和僑商店は新潟県下の老舗をいくつも再生してきた。現在では5社をもつ食品グループ。葉葺は銀座で売ることと老舗再生の本質は同じだと話す。

東京・吉祥寺にある未来日本酒店で色んな人が手にとったのは錦鯉柄の酒。作ったのは今代司酒造。この酒は海外の著名なデザイン賞を受賞、現場の職員にも誇りとやる気を与えた。葉葺正幸は1973年、新潟生まれ。地元企業に就職。27歳の時に社内ベンチャーでおむすび販売の新規事業に乗り出すことになり、葉葺に白羽の矢が立った。葉葺は東京に狙いを定め、銀座十石を譲り受け経営。しかし経営がうまくいかなかったが、ある日1通の手紙が届いた。


「錦鯉」に関連するグルメ情報

銀鮭の土鍋炊き込みご飯

目黒区にある和食がメインの居酒屋さんTAO。質の良い食材に拘った料理が客に好評。オーナシェフの岩井さんは野菜アートの達人で包丁やナイフで削って表現する。大根をちぎるように切り墨をぬり、庭園の池にあるものを作っていて。色をつけたい所に刺していくと表面の墨を洗い流すと刺した部分が濃くなり大根で岩を表現。池の水にも一工夫、ぜりー状にして 水泡を作り、そこに一つ一つ飾っていけば丸い器に庭園の池が完成。制作時間は約6時間、池には山ワサビで作った錦鯉が、ゼリーで表現した水泡で鯉の泳ぎに臨場感を加えた。水面から顔を出すカエルはきゅうりで作った。岩井さんは「一言でいうなら涼」と話した。包丁やナイフを使って野菜に命を吹き込む達人技だった。