ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「錦鯉」の検索結果

「錦鯉」に関連する情報 673件中 1〜10件目

吉田観賞魚販売

今回は池の水を抜いた後にヘドロの除去作業も行う。また、あえて水を残して地域住民から奉納された錦鯉を保護するため、錦鯉のスペシャリスト・吉田観賞魚販売の方々も同行。吉田観賞魚販売は最近では海外でも人気な錦鯉の卸し・販売・輸出を行っている。錦鯉は約200年前に現長岡市の新潟県山古志村が発祥で、突然変異で色がついた鯉が発見された。捕獲には小泉さんの用意した捕獲用タモを用いる。今回、東郷神社・東郷記念館スタッフ・学生ボランティアなど30人が参加している。高価な値のつく錦鯉の判断基準は大きさ・色付きの良さ・泳ぎの優雅さなどで、最高級になると数千万円にもなる。この池で最も価値のあるとみられる錦鯉は元日本チャンピオンだという。淳が巨大魚のアオウオを発見した。アオウオはソウギョなどと一緒で中国から入ったコイ科の外来種。最大で2m近くなり、貝類を食べ尽くす。日本での個体数は少なく、幻の巨大魚の異名を持っていて、中国四大家魚の一つ。今回した捕獲したアオウオの体長は1m。さらに四大家魚の一つであるソウギョまで捕獲した。保護したコイは錦鯉専用のプールに入れられる。錦鯉80匹を保護した。


錦鯉

今回は池の水を抜いた後にヘドロの除去作業も行う。また、あえて水を残して地域住民から奉納された錦鯉を保護するため、錦鯉のスペシャリスト・吉田観賞魚販売の方々も同行。吉田観賞魚販売は最近では海外でも人気な錦鯉の卸し・販売・輸出を行っている。錦鯉は約200年前に現長岡市の新潟県山古志村が発祥で、突然変異で色がついた鯉が発見された。捕獲には小泉さんの用意した捕獲用タモを用いる。今回、東郷神社・東郷記念館スタッフ・学生ボランティアなど30人が参加している。高価な値のつく錦鯉の判断基準は大きさ・色付きの良さ・泳ぎの優雅さなどで、最高級になると数千万円にもなる。この池で最も価値のあるとみられる錦鯉は元日本チャンピオンだという。淳が巨大魚のアオウオを発見した。アオウオはソウギョなどと一緒で中国から入ったコイ科の外来種。最大で2m近くなり、貝類を食べ尽くす。日本での個体数は少なく、幻の巨大魚の異名を持っていて、中国四大家魚の一つ。今回した捕獲したアオウオの体長は1m。さらに四大家魚の一つであるソウギョまで捕獲した。保護したコイは錦鯉専用のプールに入れられる。錦鯉80匹を保護した。


コクレン

続いての舞台は原宿・東郷神社にある面積670平米、水量370tの池。神社は日露戦争で活躍した軍人・東郷平八郎を祀ったもので、1940年に寄付金で建立された。隣接する東郷記念館では挙式の際に新郎新婦が神池の橋を渡るが、78年もの間水を抜いていないことから池はどす黒く濁ってしまっている。さらに、近隣で働く男性は岩の上で日向ぼっこをする恐竜のような生物を目撃したという。今回は水抜きをする前後で水の透明度がどれほど変わるかを測定。抜く前の結果は7cm。

今回は池の水を抜いた後にヘドロの除去作業も行う。また、あえて水を残して地域住民から奉納された錦鯉を保護するため、錦鯉のスペシャリスト・吉田観賞魚販売の方々も同行。吉田観賞魚販売は最近では海外でも人気な錦鯉の卸し・販売・輸出を行っている。錦鯉は約200年前に現長岡市の新潟県山古志村が発祥で、突然変異で色がついた鯉が発見された。捕獲には小泉さんの用意した捕獲用タモを用いる。今回、東郷神社・東郷記念館スタッフ・学生ボランティアなど30人が参加している。高価な値のつく錦鯉の判断基準は大きさ・色付きの良さ・泳ぎの優雅さなどで、最高級になると数千万円にもなる。この池で最も価値のあるとみられる錦鯉は元日本チャンピオンだという。淳が巨大魚のアオウオを発見した。アオウオはソウギョなどと一緒で中国から入ったコイ科の外来種。最大で2m近くなり、貝類を食べ尽くす。日本での個体数は少なく、幻の巨大魚の異名を持っていて、中国四大家魚の一つ。今回した捕獲したアオウオの体長は1m。さらに四大家魚の一つであるソウギョまで捕獲した。保護したコイは錦鯉専用のプールに入れられる。錦鯉80匹を保護した。


ハクレン

続いての舞台は原宿・東郷神社にある面積670平米、水量370tの池。神社は日露戦争で活躍した軍人・東郷平八郎を祀ったもので、1940年に寄付金で建立された。隣接する東郷記念館では挙式の際に新郎新婦が神池の橋を渡るが、78年もの間水を抜いていないことから池はどす黒く濁ってしまっている。さらに、近隣で働く男性は岩の上で日向ぼっこをする恐竜のような生物を目撃したという。今回は水抜きをする前後で水の透明度がどれほど変わるかを測定。抜く前の結果は7cm。

今回は池の水を抜いた後にヘドロの除去作業も行う。また、あえて水を残して地域住民から奉納された錦鯉を保護するため、錦鯉のスペシャリスト・吉田観賞魚販売の方々も同行。吉田観賞魚販売は最近では海外でも人気な錦鯉の卸し・販売・輸出を行っている。錦鯉は約200年前に現長岡市の新潟県山古志村が発祥で、突然変異で色がついた鯉が発見された。捕獲には小泉さんの用意した捕獲用タモを用いる。今回、東郷神社・東郷記念館スタッフ・学生ボランティアなど30人が参加している。高価な値のつく錦鯉の判断基準は大きさ・色付きの良さ・泳ぎの優雅さなどで、最高級になると数千万円にもなる。この池で最も価値のあるとみられる錦鯉は元日本チャンピオンだという。淳が巨大魚のアオウオを発見した。アオウオはソウギョなどと一緒で中国から入ったコイ科の外来種。最大で2m近くなり、貝類を食べ尽くす。日本での個体数は少なく、幻の巨大魚の異名を持っていて、中国四大家魚の一つ。今回した捕獲したアオウオの体長は1m。さらに四大家魚の一つであるソウギョまで捕獲した。保護したコイは錦鯉専用のプールに入れられる。錦鯉80匹を保護した。


ソウギョ

続いての舞台は原宿・東郷神社にある面積670平米、水量370tの池。神社は日露戦争で活躍した軍人・東郷平八郎を祀ったもので、1940年に寄付金で建立された。隣接する東郷記念館では挙式の際に新郎新婦が神池の橋を渡るが、78年もの間水を抜いていないことから池はどす黒く濁ってしまっている。さらに、近隣で働く男性は岩の上で日向ぼっこをする恐竜のような生物を目撃したという。今回は水抜きをする前後で水の透明度がどれほど変わるかを測定。抜く前の結果は7cm。

今回は池の水を抜いた後にヘドロの除去作業も行う。また、あえて水を残して地域住民から奉納された錦鯉を保護するため、錦鯉のスペシャリスト・吉田観賞魚販売の方々も同行。吉田観賞魚販売は最近では海外でも人気な錦鯉の卸し・販売・輸出を行っている。錦鯉は約200年前に現長岡市の新潟県山古志村が発祥で、突然変異で色がついた鯉が発見された。捕獲には小泉さんの用意した捕獲用タモを用いる。今回、東郷神社・東郷記念館スタッフ・学生ボランティアなど30人が参加している。高価な値のつく錦鯉の判断基準は大きさ・色付きの良さ・泳ぎの優雅さなどで、最高級になると数千万円にもなる。この池で最も価値のあるとみられる錦鯉は元日本チャンピオンだという。淳が巨大魚のアオウオを発見した。アオウオはソウギョなどと一緒で中国から入ったコイ科の外来種。最大で2m近くなり、貝類を食べ尽くす。日本での個体数は少なく、幻の巨大魚の異名を持っていて、中国四大家魚の一つ。今回した捕獲したアオウオの体長は1m。さらに四大家魚の一つであるソウギョまで捕獲した。保護したコイは錦鯉専用のプールに入れられる。錦鯉80匹を保護した。


アオウオ

続いての舞台は原宿・東郷神社にある面積670平米、水量370tの池。神社は日露戦争で活躍した軍人・東郷平八郎を祀ったもので、1940年に寄付金で建立された。隣接する東郷記念館では挙式の際に新郎新婦が神池の橋を渡るが、78年もの間水を抜いていないことから池はどす黒く濁ってしまっている。さらに、近隣で働く男性は岩の上で日向ぼっこをする恐竜のような生物を目撃したという。今回は水抜きをする前後で水の透明度がどれほど変わるかを測定。抜く前の結果は7cm。

今回は池の水を抜いた後にヘドロの除去作業も行う。また、あえて水を残して地域住民から奉納された錦鯉を保護するため、錦鯉のスペシャリスト・吉田観賞魚販売の方々も同行。吉田観賞魚販売は最近では海外でも人気な錦鯉の卸し・販売・輸出を行っている。錦鯉は約200年前に現長岡市の新潟県山古志村が発祥で、突然変異で色がついた鯉が発見された。捕獲には小泉さんの用意した捕獲用タモを用いる。今回、東郷神社・東郷記念館スタッフ・学生ボランティアなど30人が参加している。高価な値のつく錦鯉の判断基準は大きさ・色付きの良さ・泳ぎの優雅さなどで、最高級になると数千万円にもなる。この池で最も価値のあるとみられる錦鯉は元日本チャンピオンだという。淳が巨大魚のアオウオを発見した。アオウオはソウギョなどと一緒で中国から入ったコイ科の外来種。最大で2m近くなり、貝類を食べ尽くす。日本での個体数は少なく、幻の巨大魚の異名を持っていて、中国四大家魚の一つ。今回した捕獲したアオウオの体長は1m。さらに四大家魚の一つであるソウギョまで捕獲した。保護したコイは錦鯉専用のプールに入れられる。錦鯉80匹を保護した。


原宿 東郷記念館

続いての舞台は原宿・東郷神社にある面積670平米、水量370tの池。神社は日露戦争で活躍した軍人・東郷平八郎を祀ったもので、1940年に寄付金で建立された。隣接する東郷記念館では挙式の際に新郎新婦が神池の橋を渡るが、78年もの間水を抜いていないことから池はどす黒く濁ってしまっている。さらに、近隣で働く男性は岩の上で日向ぼっこをする恐竜のような生物を目撃したという。今回は水抜きをする前後で水の透明度がどれほど変わるかを測定。抜く前の結果は7cm。

今回は池の水を抜いた後にヘドロの除去作業も行う。また、あえて水を残して地域住民から奉納された錦鯉を保護するため、錦鯉のスペシャリスト・吉田観賞魚販売の方々も同行。吉田観賞魚販売は最近では海外でも人気な錦鯉の卸し・販売・輸出を行っている。錦鯉は約200年前に現長岡市の新潟県山古志村が発祥で、突然変異で色がついた鯉が発見された。捕獲には小泉さんの用意した捕獲用タモを用いる。今回、東郷神社・東郷記念館スタッフ・学生ボランティアなど30人が参加している。高価な値のつく錦鯉の判断基準は大きさ・色付きの良さ・泳ぎの優雅さなどで、最高級になると数千万円にもなる。この池で最も価値のあるとみられる錦鯉は元日本チャンピオンだという。淳が巨大魚のアオウオを発見した。アオウオはソウギョなどと一緒で中国から入ったコイ科の外来種。最大で2m近くなり、貝類を食べ尽くす。日本での個体数は少なく、幻の巨大魚の異名を持っていて、中国四大家魚の一つ。今回した捕獲したアオウオの体長は1m。さらに四大家魚の一つであるソウギョまで捕獲した。保護したコイは錦鯉専用のプールに入れられる。錦鯉80匹を保護した。


東郷神社

続いての舞台は原宿・東郷神社にある面積670平米、水量370tの池。神社は日露戦争で活躍した軍人・東郷平八郎を祀ったもので、1940年に寄付金で建立された。隣接する東郷記念館では挙式の際に新郎新婦が神池の橋を渡るが、78年もの間水を抜いていないことから池はどす黒く濁ってしまっている。さらに、近隣で働く男性は岩の上で日向ぼっこをする恐竜のような生物を目撃したという。今回は水抜きをする前後で水の透明度がどれほど変わるかを測定。抜く前の結果は7cm。

今回は池の水を抜いた後にヘドロの除去作業も行う。また、あえて水を残して地域住民から奉納された錦鯉を保護するため、錦鯉のスペシャリスト・吉田観賞魚販売の方々も同行。吉田観賞魚販売は最近では海外でも人気な錦鯉の卸し・販売・輸出を行っている。錦鯉は約200年前に現長岡市の新潟県山古志村が発祥で、突然変異で色がついた鯉が発見された。捕獲には小泉さんの用意した捕獲用タモを用いる。今回、東郷神社・東郷記念館スタッフ・学生ボランティアなど30人が参加している。高価な値のつく錦鯉の判断基準は大きさ・色付きの良さ・泳ぎの優雅さなどで、最高級になると数千万円にもなる。この池で最も価値のあるとみられる錦鯉は元日本チャンピオンだという。淳が巨大魚のアオウオを発見した。アオウオはソウギョなどと一緒で中国から入ったコイ科の外来種。最大で2m近くなり、貝類を食べ尽くす。日本での個体数は少なく、幻の巨大魚の異名を持っていて、中国四大家魚の一つ。今回した捕獲したアオウオの体長は1m。さらに四大家魚の一つであるソウギョまで捕獲した。保護したコイは錦鯉専用のプールに入れられる。錦鯉80匹を保護した。


金魚

7月2日、東京・日本橋でアートアクアリウムの巨大金魚鉢の搬入設営が行われた。元井堅太郎さんは4日かけて空間を作ると話した。アートアクアリウムは2012年の開始以来800万人が来場した。様々な巨大なアクリル製水槽には1つ2時間以上かけて水を溜めていく。設営最終日には「アースアクアリウム」に錦鯉が搬入、助川浩之さんは送られてきた水と水槽の水を合わせる水割りを行うと話した。観賞魚は8000匹、1匹1匹を水槽に準備。目玉の巨大金魚鉢「超花魁」には3000匹が入れられた。企画した木村英智さんは「金魚も錦鯉も日本の文化なので考えるな感じろで楽しんでもらいたい」と話した。営業終了後、木村さんは生きたバクテリアを入れて水を美しく保つという。


錦鯉

7月2日、東京・日本橋でアートアクアリウムの巨大金魚鉢の搬入設営が行われた。元井堅太郎さんは4日かけて空間を作ると話した。アートアクアリウムは2012年の開始以来800万人が来場した。様々な巨大なアクリル製水槽には1つ2時間以上かけて水を溜めていく。設営最終日には「アースアクアリウム」に錦鯉が搬入、助川浩之さんは送られてきた水と水槽の水を合わせる水割りを行うと話した。観賞魚は8000匹、1匹1匹を水槽に準備。目玉の巨大金魚鉢「超花魁」には3000匹が入れられた。企画した木村英智さんは「金魚も錦鯉も日本の文化なので考えるな感じろで楽しんでもらいたい」と話した。営業終了後、木村さんは生きたバクテリアを入れて水を美しく保つという。