ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「錦鯉」の検索結果

「錦鯉」に関連する情報 568件中 1〜10件目

小西養鯉場

広島市内をおさんぽ中の国分太一を、テレビ新広島アナウンサー古沢知子が案内する。広島は錦鯉の一大生産地でもある。小西養鯉場では3歳前後の錦鯉から水槽で飼う人が増えている幼魚まで育てている。黄色い体のサリーという名前の鯉は特に人懐っこく、小西さんが顔を近づけると口にキスをしてくる。更に巨大なからし鯉は小西さんが掛け合わせたオリジナルの品種だという。


「錦鯉」に関連するイベント情報

東京オリンピック

きょう浅草に新たな舞妓や錦鯉が描かれた自動販売機が設置された。外国から来た観光客などに嬉しい機能が付いており、商品の下についているQRコードをスマホで読み取ると外国語での商品の説明が出てくるという。15ヶ国語に対応しており、原材料の説明なども書かれている。またスマホのアプリを通じ周辺地図や観光案内を見ることが出来る。


四明荘

武家屋敷跡、湧水の流れる城下町を散策した。流水の水路に錦鯉が放流されていた。国指定登録有形文化財の湧水庭園四明荘があった。明治時代に別荘として建てられた御屋敷の縁側で休んだ。100%の湧水だと言う。


錦鯉

棚田が見える山間部でご飯調査。長岡市山古志地区では江戸時代から棚池を利用した錦鯉の養殖が盛ん。定期的に開かれるオークションでは7割が海外客で、1匹300万円以上の値がつくこともある。五十嵐さんのご飯を見せてもらおうとしたところまだ用事があるとのことでできなかった。


ソニー・ミュージックアーティスツ

ソニー・ミュージックアーティスツの錦鯉が意気込みを語り、平井精一が見どころを語った。

それぞれの事務所のテレビ出演本数トップ3を紹介。


錦鯉

道の駅 みなかみ水紀行館では水族館「水産学習館」を見学。群馬県は海なし県だが、利根川など多くの河川が流れている事でも有名で、水産学習館は淡水魚の水族館となっている。一行は群馬県の水産試験場が養殖したギンヒカリなどを見てまわった。こちらの入場料は300円だが、バスツアー代に含まれている。


東京流通センター

中国の資産家たちがその巨富を投じているのがニシキゴイ。愛知・小牧市にある成田養魚園では年間30万匹のニシキゴイを販売していて、体型や色、模様などで価格は大きく変動する。秀でた成魚ともなれば1千万円以上にもなる。中国の富裕層はステータスシンボル、立身出世を表す演技のいい魚といった観点からニシキゴイを買い求めるという。同園の成田隆輝社長は「100万円以上のコイを買われることが多い」と話す。なお、購入した養魚は飼育管理を任せ、日本の高度な技術で原石を輝く宝石にし、世界のトップレベルの品評会で優勝を勝ち取ることを目的とする富裕層もいる。実際、東京で開催された品評会ではここ4年、外国人オーナーのコイが総合優勝を収めている。全日本錦鯉振興会によると昨年に優勝した藩志成会長のコイは1千万円以上で、斑紋が豪華で、色の鮮やかさが頭抜けていたという。


中森貿易商会

中国の資産家たちがその巨富を投じているのがニシキゴイ。愛知・小牧市にある成田養魚園では年間30万匹のニシキゴイを販売していて、体型や色、模様などで価格は大きく変動する。秀でた成魚ともなれば1千万円以上にもなる。中国の富裕層はステータスシンボル、立身出世を表す演技のいい魚といった観点からニシキゴイを買い求めるという。同園の成田隆輝社長は「100万円以上のコイを買われることが多い」と話す。なお、購入した養魚は飼育管理を任せ、日本の高度な技術で原石を輝く宝石にし、世界のトップレベルの品評会で優勝を勝ち取ることを目的とする富裕層もいる。実際、東京で開催された品評会ではここ4年、外国人オーナーのコイが総合優勝を収めている。全日本錦鯉振興会によると昨年に優勝した藩志成会長のコイは1千万円以上で、斑紋が豪華で、色の鮮やかさが頭抜けていたという。

都内での品評会前日、1200万円のニシキゴイを所有する大手鉄鋼会社会長の陳昌氏は直接会場を訪れ、成長した自らのコイの斑紋、色の鮮やかさを高く評価。だが、あるニシキゴイは偉丈夫に加え、色も鮮やかで、会長は優勝を諦観した。投票の結果、会長の見立て通り、あのニシキゴイが優勝。オーナーは日本人オーナーだった。昨年に総合優勝した藩氏のコイは大魚の部で優勝を飾った。


ニッセイ基礎研究所

中国の資産家たちがその巨富を投じているのがニシキゴイ。愛知・小牧市にある成田養魚園では年間30万匹のニシキゴイを販売していて、体型や色、模様などで価格は大きく変動する。秀でた成魚ともなれば1千万円以上にもなる。中国の富裕層はステータスシンボル、立身出世を表す演技のいい魚といった観点からニシキゴイを買い求めるという。同園の成田隆輝社長は「100万円以上のコイを買われることが多い」と話す。なお、購入した養魚は飼育管理を任せ、日本の高度な技術で原石を輝く宝石にし、世界のトップレベルの品評会で優勝を勝ち取ることを目的とする富裕層もいる。実際、東京で開催された品評会ではここ4年、外国人オーナーのコイが総合優勝を収めている。全日本錦鯉振興会によると昨年に優勝した藩志成会長のコイは1千万円以上で、斑紋が豪華で、色の鮮やかさが頭抜けていたという。


成田養魚園

中国の資産家たちがその巨富を投じているのがニシキゴイ。愛知・小牧市にある成田養魚園では年間30万匹のニシキゴイを販売していて、体型や色、模様などで価格は大きく変動する。秀でた成魚ともなれば1千万円以上にもなる。中国の富裕層はステータスシンボル、立身出世を表す演技のいい魚といった観点からニシキゴイを買い求めるという。同園の成田隆輝社長は「100万円以上のコイを買われることが多い」と話す。なお、購入した養魚は飼育管理を任せ、日本の高度な技術で原石を輝く宝石にし、世界のトップレベルの品評会で優勝を勝ち取ることを目的とする富裕層もいる。実際、東京で開催された品評会ではここ4年、外国人オーナーのコイが総合優勝を収めている。全日本錦鯉振興会によると昨年に優勝した藩志成会長のコイは1千万円以上で、斑紋が豪華で、色の鮮やかさが頭抜けていたという。