ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「錦鯉」の検索結果

「錦鯉」に関連する情報 585件中 1〜10件目

東京タワー

新潟を訪問中のアンナちゃん、お世話になっている間野さんからウェルカムサプライズが。先日訪れた「錦鯉の里」では錦鯉オーナー制度と言って小千谷で購入した錦鯉を管理費無料で預かってくれる。間野さんが錦鯉をプレゼントしてくれるといい、アンナちゃんは紅白を選んだ。アンナちゃんは間野さん一家にお礼の手紙と絵をプレゼントし、「また絶対ニッポンに来ます」と話した。


「錦鯉」に関連するレストラン・飲食店

新潟を訪問中のアンナちゃん、お世話になっている間野さんからウェルカムサプライズが。先日訪れた「錦鯉の里」では錦鯉オーナー制度と言って小千谷で購入した錦鯉を管理費無料で預かってくれる。間野さんが錦鯉をプレゼントしてくれるといい、アンナちゃんは紅白を選んだ。アンナちゃんは間野さん一家にお礼の手紙と絵をプレゼントし、「また絶対ニッポンに来ます」と話した。

 (懐石・会席料理、割烹・小料理)

錦鯉の里

新潟を訪問中のアンナちゃん、お世話になっている間野さんからウェルカムサプライズが。先日訪れた「錦鯉の里」では錦鯉オーナー制度と言って小千谷で購入した錦鯉を管理費無料で預かってくれる。間野さんが錦鯉をプレゼントしてくれるといい、アンナちゃんは紅白を選んだ。アンナちゃんは間野さん一家にお礼の手紙と絵をプレゼントし、「また絶対ニッポンに来ます」と話した。


和泉屋養鯉場

アンナちゃんは錦鯉を育てる職人さんに会ってみたいといい、今回快く引き受けてくれたのが鯉師歴50年の間野泉一さん。間野さんは創業100年の和泉屋養鯉場の3代目で、妻・由美子さんや長男・龍さん、従業員の方々が。間野さんが鯉の赤ちゃんを見せてくれ、これを選別して1年半かけて成魚へ育て、最終的には数百万匹から百匹ほどになるという。品評会では背筋がまっすぐで均整のとれた体型で肌ツヤがはっきりしたものが好まれるという。


丹頂

アンナちゃんは錦鯉を育てる職人さんに会ってみたいといい、今回快く引き受けてくれたのが鯉師歴50年の間野泉一さん。間野さんは創業100年の和泉屋養鯉場の3代目で、妻・由美子さんや長男・龍さん、従業員の方々が。間野さんが鯉の赤ちゃんを見せてくれ、これを選別して1年半かけて成魚へ育て、最終的には数百万匹から百匹ほどになるという。品評会では背筋がまっすぐで均整のとれた体型で肌ツヤがはっきりしたものが好まれるという。


昭和三色

泳ぐ本物の錦鯉を見て「こんなにたくさんの錦鯉を見られるなんて」などと大興奮のアンナちゃん。錦鯉の発祥は約200年前、今では100種類上が存在する。アンナちゃんは鯉の種類を言い当て、施設スタッフもその知識に驚いていた。錦鯉は高価なもので数千円の値がつき、寿命は20〜70年、飼う場所のサイズに合わせて成長する。錦鯉に夢中なアンナちゃんは餌やりを体験し直接触って「鱗の形まではっきりわかった」と話した。


大正三色

泳ぐ本物の錦鯉を見て「こんなにたくさんの錦鯉を見られるなんて」などと大興奮のアンナちゃん。錦鯉の発祥は約200年前、今では100種類上が存在する。アンナちゃんは鯉の種類を言い当て、施設スタッフもその知識に驚いていた。錦鯉は高価なもので数千円の値がつき、寿命は20〜70年、飼う場所のサイズに合わせて成長する。錦鯉に夢中なアンナちゃんは餌やりを体験し直接触って「鱗の形まではっきりわかった」と話した。

アンナちゃんは錦鯉を育てる職人さんに会ってみたいといい、今回快く引き受けてくれたのが鯉師歴50年の間野泉一さん。間野さんは創業100年の和泉屋養鯉場の3代目で、妻・由美子さんや長男・龍さん、従業員の方々が。間野さんが鯉の赤ちゃんを見せてくれ、これを選別して1年半かけて成魚へ育て、最終的には数百万匹から百匹ほどになるという。品評会では背筋がまっすぐで均整のとれた体型で肌ツヤがはっきりしたものが好まれるという。

選別を終えた稚魚を連れて向かったのは棚池、5月〜10月に放流し育てられる。品種や大きさによって池の水質や地質も変えるといい、間野さんは80面を所有している。アンナちゃんも大正三色の選別を初体験した。その後再び棚池で水揚げのお手伝い、巨大なカエルに驚いていた。作業終了後、長男の妻・智子さんに誘われ「山古志アルパカ牧場」へ。


紅白

泳ぐ本物の錦鯉を見て「こんなにたくさんの錦鯉を見られるなんて」などと大興奮のアンナちゃん。錦鯉の発祥は約200年前、今では100種類上が存在する。アンナちゃんは鯉の種類を言い当て、施設スタッフもその知識に驚いていた。錦鯉は高価なもので数千円の値がつき、寿命は20〜70年、飼う場所のサイズに合わせて成長する。錦鯉に夢中なアンナちゃんは餌やりを体験し直接触って「鱗の形まではっきりわかった」と話した。


錦鯉

泳ぐ本物の錦鯉を見て「こんなにたくさんの錦鯉を見られるなんて」などと大興奮のアンナちゃん。錦鯉の発祥は約200年前、今では100種類上が存在する。アンナちゃんは鯉の種類を言い当て、施設スタッフもその知識に驚いていた。錦鯉は高価なもので数千円の値がつき、寿命は20〜70年、飼う場所のサイズに合わせて成長する。錦鯉に夢中なアンナちゃんは餌やりを体験し直接触って「鱗の形まではっきりわかった」と話した。

アンナちゃんは錦鯉を育てる職人さんに会ってみたいといい、今回快く引き受けてくれたのが鯉師歴50年の間野泉一さん。間野さんは創業100年の和泉屋養鯉場の3代目で、妻・由美子さんや長男・龍さん、従業員の方々が。間野さんが鯉の赤ちゃんを見せてくれ、これを選別して1年半かけて成魚へ育て、最終的には数百万匹から百匹ほどになるという。品評会では背筋がまっすぐで均整のとれた体型で肌ツヤがはっきりしたものが好まれるという。


錦鯉の里

ニッポンご招待を伝えるためアンナちゃんのもとへ、伝えると喜ぶアンナちゃんとお母さん。20日後、初来日したアンナちゃんとお母さん、「本物の錦鯉ともたくさん触れ合いたい」と話した。夢を叶えるために向かったのは錦鯉発祥の地・新潟県。錦鯉の専門施設「錦鯉の里」で英語に訳された説明を読み「貴重な歴史まで勉強できる」とアンナちゃん。