ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「長岡三重子」の検索結果

「長岡三重子」に関連する情報 48件中 1〜10件目

「長岡三重子」に関連するイベント情報

マスターズ水泳短水路大会

五輪で2大会連続金メダルの北島康介さんは103歳の現役競泳選手長岡三重子さんについて3年前「まだまだ頑張らなきゃいけないのかなっていう気持ちにさせてもらえる」などと話していた。三重子さんは現在世界記録を18個、日本記録を40個保有する競泳選手。座右の銘は「楽は苦のタネ、苦は楽のタネ」。競泳を始めたのは80歳になってから。弱った膝のリハビリにと息子から勧められたのがきっかけで、プールに通う中でリハビリから楽しい運動へと変わっていった。水泳を始め8年で世界マスターズ水泳大会へ出場するまでに成長。2年に1度25歳から104歳までの競泳者が各年齢層に分かれ種目別に競う。当時88歳の三重子さんは50メートル背泳ぎに初出場し銅メダルを獲得。次の大会では50、100、200メートル背泳ぎで銀メダル。91歳のときマンツーマン指導を直談判。92歳で出場した大会で金メダルを獲得した。3年前の国内大会では前人未到の100歳超え選手による1500メートル完泳に挑戦。過去2度失敗している三重子さんは練習で1000メートル近く泳ぐなど記録達成に照準を合わせてきた。この日1時間15分54秒39のタイムで完泳した。


「長岡三重子」に関連するイベント情報

世界マスターズ水泳選手権大会

五輪で2大会連続金メダルの北島康介さんは103歳の現役競泳選手長岡三重子さんについて3年前「まだまだ頑張らなきゃいけないのかなっていう気持ちにさせてもらえる」などと話していた。三重子さんは現在世界記録を18個、日本記録を40個保有する競泳選手。座右の銘は「楽は苦のタネ、苦は楽のタネ」。競泳を始めたのは80歳になってから。弱った膝のリハビリにと息子から勧められたのがきっかけで、プールに通う中でリハビリから楽しい運動へと変わっていった。水泳を始め8年で世界マスターズ水泳大会へ出場するまでに成長。2年に1度25歳から104歳までの競泳者が各年齢層に分かれ種目別に競う。当時88歳の三重子さんは50メートル背泳ぎに初出場し銅メダルを獲得。次の大会では50、100、200メートル背泳ぎで銀メダル。91歳のときマンツーマン指導を直談判。92歳で出場した大会で金メダルを獲得した。3年前の国内大会では前人未到の100歳超え選手による1500メートル完泳に挑戦。過去2度失敗している三重子さんは練習で1000メートル近く泳ぐなど記録達成に照準を合わせてきた。この日1時間15分54秒39のタイムで完泳した。


「長岡三重子」に関連するイベント情報

アテネオリンピック

五輪で2大会連続金メダルの北島康介さんは103歳の現役競泳選手長岡三重子さんについて3年前「まだまだ頑張らなきゃいけないのかなっていう気持ちにさせてもらえる」などと話していた。三重子さんは現在世界記録を18個、日本記録を40個保有する競泳選手。座右の銘は「楽は苦のタネ、苦は楽のタネ」。競泳を始めたのは80歳になってから。弱った膝のリハビリにと息子から勧められたのがきっかけで、プールに通う中でリハビリから楽しい運動へと変わっていった。水泳を始め8年で世界マスターズ水泳大会へ出場するまでに成長。2年に1度25歳から104歳までの競泳者が各年齢層に分かれ種目別に競う。当時88歳の三重子さんは50メートル背泳ぎに初出場し銅メダルを獲得。次の大会では50、100、200メートル背泳ぎで銀メダル。91歳のときマンツーマン指導を直談判。92歳で出場した大会で金メダルを獲得した。3年前の国内大会では前人未到の100歳超え選手による1500メートル完泳に挑戦。過去2度失敗している三重子さんは練習で1000メートル近く泳ぐなど記録達成に照準を合わせてきた。この日1時間15分54秒39のタイムで完泳した。


柳井スイミングスクール

山口県田布施町にある柳井スイミングスクールでは、大正生まれで103歳の長岡三重子さんが泳いでいた。彼女は週3回プールで水泳を行っていてしっかりと泳いでいたが、指導する澤田さんは体幹を使ってバランスよく体を使っていて、しっかり進めるのはすごいことだと話していた。


筑波大学

長岡三重子さんは現在103歳、今も元気に泳いでいる。週に最低3日はプールに通い、1時間かけて500m泳いでいる。身体能力は学術的にも注目され、101歳の時に筑波大学で研究すると80歳と同レベルだと判明した。自宅は築150年以上の家屋、敷地は約200坪あり中庭もある。家の中には到るところに段差があり、生活するだけで障害物競走並みの運動になっている。そんな長岡さんの夢はあと108歳まで泳ぐことだという。


「長岡三重子」に関連するイベント情報

日本マスターズ水泳

2015年、世間を賑わせたのが世界最高齢スイマーの長岡三重子さん、当時100歳。日本マスターズ水泳で1500mを1時間15分54秒39かけて完泳した。


「長岡三重子」に関連するイベント情報

マスターズ水泳大会

100歳の人たちに「今やりたい事は何ですか?」と尋ねる企画。102歳の長岡三重子さんは80歳で水泳を始め、90歳を超えてマスターズ水泳大会で活躍し、100歳で1500mを完泳した。そんな三重子さんの今やりたいことは「105歳で泳ぎたい」。毎週の筋力トレーニングを行っており、頑張る事が苦しくても楽しいと語った。


動脈硬化

二つ目のポイントは身体活動。肥田一郎さん、98歳を訪ねた。大正7年生まれ。一日2000歩を目標に歩いているという。大正3年生まれで102歳の長岡三重子さんは、週3回、3時間の水泳の練習をしている。毎日の運動は、体重のコントロール、内臓脂肪の減少の効果がある。血液循環がよくなることで、全身に栄養がわたり、慢性炎症を起きにくくする。高齢者は、軽い運動でよいので、定期的に動くことが重要。85歳以上の人で70%の人は、毎日、30分以上、歩行しているという。健康長寿のポイントの二つ目は、定期的な運動。慢性炎症を抑え、動脈硬化の予防につながる。


JR大船駅

二つ目のポイントは身体活動。肥田一郎さん、98歳を訪ねた。大正7年生まれ。一日2000歩を目標に歩いているという。大正3年生まれで102歳の長岡三重子さんは、週3回、3時間の水泳の練習をしている。毎日の運動は、体重のコントロール、内臓脂肪の減少の効果がある。血液循環がよくなることで、全身に栄養がわたり、慢性炎症を起きにくくする。高齢者は、軽い運動でよいので、定期的に動くことが重要。85歳以上の人で70%の人は、毎日、30分以上、歩行しているという。健康長寿のポイントの二つ目は、定期的な運動。慢性炎症を抑え、動脈硬化の予防につながる。


慢性炎症

食生活と身体活動が、健康長寿のポイント。大正5年生まれ100歳の腰山久さんを訪ねた。腰山さんの食生活は、生魚をよく食べるという。トロは脂っこいから嫌いだとのこと。青魚は好き。毎日魚を食べているという。102歳の高橋さんも魚好き。とくにうなぎが好きだという。魚を食べる食生活は長生きにつながる。魚は不飽和脂肪酸のEPA・DHAが豊富に含まれる。これらの脂肪酸は慢性炎症を抑制する働きがある。介護が必要な人と自立している人を比べると、自立している人の方が、EPA・DHAを多くとっていることがわかった。長寿のポイント一つ目は、魚だ。腰山久さんは、海老フライ、まい泉のとんかつも食べているという。魚も肉もバランスよく食べることが大切。魚を中心にした食生活が慢性炎症を抑え、健康長寿につながるという。

二つ目のポイントは身体活動。肥田一郎さん、98歳を訪ねた。大正7年生まれ。一日2000歩を目標に歩いているという。大正3年生まれで102歳の長岡三重子さんは、週3回、3時間の水泳の練習をしている。毎日の運動は、体重のコントロール、内臓脂肪の減少の効果がある。血液循環がよくなることで、全身に栄養がわたり、慢性炎症を起きにくくする。高齢者は、軽い運動でよいので、定期的に動くことが重要。85歳以上の人で70%の人は、毎日、30分以上、歩行しているという。健康長寿のポイントの二つ目は、定期的な運動。慢性炎症を抑え、動脈硬化の予防につながる。

慢性炎症をなくせば、長生きできる。百寿総合研究センターの医学博士荒井先生に訊く。慢性炎症は、風邪やケガに比べ、自覚症状もない。気づかないうちに、様々な臓器に広がってしまう。慢性炎症は、複雑な反応なので、血液中のCRPや炎症性のサイトカインなど、専門的な炎症物質を詳細に調べている。CRPが炎症の目安となる。基準値は0.3以下。風邪や発熱のときにもお高くなる。健康な時に測定して、時間をおいて比較することがいいという。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (48)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報 (1)
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (28)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (19)