ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「長岡三重子」の検索結果

「長岡三重子」に関連する情報 41件中 1〜10件目

動脈硬化

二つ目のポイントは身体活動。肥田一郎さん、98歳を訪ねた。大正7年生まれ。一日2000歩を目標に歩いているという。大正3年生まれで102歳の長岡三重子さんは、週3回、3時間の水泳の練習をしている。毎日の運動は、体重のコントロール、内臓脂肪の減少の効果がある。血液循環がよくなることで、全身に栄養がわたり、慢性炎症を起きにくくする。高齢者は、軽い運動でよいので、定期的に動くことが重要。85歳以上の人で70%の人は、毎日、30分以上、歩行しているという。健康長寿のポイントの二つ目は、定期的な運動。慢性炎症を抑え、動脈硬化の予防につながる。


JR大船駅

二つ目のポイントは身体活動。肥田一郎さん、98歳を訪ねた。大正7年生まれ。一日2000歩を目標に歩いているという。大正3年生まれで102歳の長岡三重子さんは、週3回、3時間の水泳の練習をしている。毎日の運動は、体重のコントロール、内臓脂肪の減少の効果がある。血液循環がよくなることで、全身に栄養がわたり、慢性炎症を起きにくくする。高齢者は、軽い運動でよいので、定期的に動くことが重要。85歳以上の人で70%の人は、毎日、30分以上、歩行しているという。健康長寿のポイントの二つ目は、定期的な運動。慢性炎症を抑え、動脈硬化の予防につながる。


慢性炎症

食生活と身体活動が、健康長寿のポイント。大正5年生まれ100歳の腰山久さんを訪ねた。腰山さんの食生活は、生魚をよく食べるという。トロは脂っこいから嫌いだとのこと。青魚は好き。毎日魚を食べているという。102歳の高橋さんも魚好き。とくにうなぎが好きだという。魚を食べる食生活は長生きにつながる。魚は不飽和脂肪酸のEPA・DHAが豊富に含まれる。これらの脂肪酸は慢性炎症を抑制する働きがある。介護が必要な人と自立している人を比べると、自立している人の方が、EPA・DHAを多くとっていることがわかった。長寿のポイント一つ目は、魚だ。腰山久さんは、海老フライ、まい泉のとんかつも食べているという。魚も肉もバランスよく食べることが大切。魚を中心にした食生活が慢性炎症を抑え、健康長寿につながるという。

二つ目のポイントは身体活動。肥田一郎さん、98歳を訪ねた。大正7年生まれ。一日2000歩を目標に歩いているという。大正3年生まれで102歳の長岡三重子さんは、週3回、3時間の水泳の練習をしている。毎日の運動は、体重のコントロール、内臓脂肪の減少の効果がある。血液循環がよくなることで、全身に栄養がわたり、慢性炎症を起きにくくする。高齢者は、軽い運動でよいので、定期的に動くことが重要。85歳以上の人で70%の人は、毎日、30分以上、歩行しているという。健康長寿のポイントの二つ目は、定期的な運動。慢性炎症を抑え、動脈硬化の予防につながる。

慢性炎症をなくせば、長生きできる。百寿総合研究センターの医学博士荒井先生に訊く。慢性炎症は、風邪やケガに比べ、自覚症状もない。気づかないうちに、様々な臓器に広がってしまう。慢性炎症は、複雑な反応なので、血液中のCRPや炎症性のサイトカインなど、専門的な炎症物質を詳細に調べている。CRPが炎症の目安となる。基準値は0.3以下。風邪や発熱のときにもお高くなる。健康な時に測定して、時間をおいて比較することがいいという。


慶應義塾大学

センテナリアンを研究している慶應義塾大学医学部 総合医科学研究棟にやってきた。ここで研究している長寿研究の第一人者新井康通先生に聞いてみた。研究は広瀬信義先生が訪問検査を行い、そのデータを元に新井先生が分析を担当している。広瀬先生の訪問検査に同行。広瀬先生はこれまで和菓子屋で働く田谷きみさん101歳や105歳以上の100メートル記録保持者の宮崎秀吉さんなど700人を調査してきた。今回のセンテナリアンは高橋ツ子さん102歳。広瀬先生は血圧を見ながら認知機能もチェックする。現役スイマーの長岡三重子さん102歳にも同じようにチェック。訪問検査で最も重要なのが採血検査。


慢性炎症

長岡三重子さん102歳は25の記録を持つスイマー。深沢邦之さん100歳は和歌を読むことが趣味。2人のように100歳以上を生きる人の事をセンテナリアンと呼ばれている。最新の研究によれば寿命を決めるのは遺伝はわずか25%で、環境要因が75%だという。 つまりダレでも100歳長寿になることができる。センテナリアンの共通点とは?健康長寿の鍵は慢性炎症?さらに100歳を超えると人生が豊かになる人体の神秘にも迫る。


柳井スイミングスクール

田中雅美が101歳のスイマー 長岡三重子さんに密着。長岡さんはマスターズ世界水泳の100〜104歳部門で初の1500mを完泳し、数々の記録を打ち立ててきた。田中は長岡さんが通う「柳井スイミングスクール」を訪れ対面を果たし、泳ぎを見せてもらった。泳ぎを見た田中はすごいところに「水圧に負けない腕力」、「コーチのアドバイスを即座に実現」とした。


「長岡三重子」に関連するイベント情報

世界マスターズ水泳

田中雅美が101歳のスイマー 長岡三重子さんに密着。長岡さんはマスターズ世界水泳の100〜104歳部門で初の1500mを完泳し、数々の記録を打ち立ててきた。田中は長岡さんが通う「柳井スイミングスクール」を訪れ対面を果たし、泳ぎを見せてもらった。泳ぎを見た田中はすごいところに「水圧に負けない腕力」、「コーチのアドバイスを即座に実現」とした。


「長岡三重子」に関連するイベント情報

世界マスターズ水泳

世界マスターズ水泳で数々の記録を出し、100歳で1500mの世界新記録を達成した現役スイマー長岡三重子さんに田中雅美が密着。


東京辰巳国際水泳場

金メダリスト代表・北島康介選手、マスターズ代表・長岡三重子さん(101歳)が登場。東京辰巳国際水泳場で水泳の日のイベントが開かれた。


東京辰巳国際水泳場

今月16日から20日まで東京辰巳国際水泳場で開催された「水泳 ジャパンマスターズ2015」では6581人が日頃の成果を試すため出場した。元日本代表の成田真由美さんは、5年後のパラリンピックを目指すため7年ぶりに現役復帰した。この大会では、パラリンピックのメダルを獲得した全盛期より2秒遅い41秒78でゴールした。男子の最高齢は94歳の田村秀一さんで、卒寿を超えたとは思えない力強い泳ぎで後続を突き放し48秒66でゴール。95歳から99歳区分の日本新記録を樹立した。また、大会最年長は400m自由形に参加した長岡三重子さんで年齢は100歳、20分22秒81かけて背泳ぎでコースを泳ぎ切り、会場から拍手を浴びた。

今月16日から20日まで東京辰巳国際水泳場で開催された「水泳 ジャパンマスターズ2015」について、スタジオで「あっぱれ。年齢を感じさせない立派な泳ぎかたをする」とコメントした。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (41)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報 (1)
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (23)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (17)