ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「長岡杏子」の検索結果

「長岡杏子」に関連する情報 18件中 1〜10件目

東海道

東京・三宅坂の国立劇場から長岡杏子アナと京須偕充がオープニングの挨拶。今日は古今亭志ん輔の「大山詣り」を放送。江戸時代の登山にスポーツ的な意味はなく、「パワースポットを詣でる」という信仰の意味合いが大きかった。また、夏場のお参りはご利益を願うよりも身を清めるという目的が主だったという。お参りを終えた後は東海道を通り、藤沢・神奈川・品川あたりで精進落しという名目で大いに遊ぶのが一般的だった。大山詣りは3〜5日くらいかかり、ちょうど良い旅行・娯楽だったのだ。落語「大山詣り」はやってない人を探したほうが早いくらい多くの噺家が演じており、五代目古今亭志ん生、六代目三遊亭圓生、五代目柳家小さん、八代目三笑亭可楽といった昭和の大名人も演じた。多くの人が切磋琢磨して芸を磨きあったので、非常に完成度が高い噺の一つだそう。


国立劇場

東京・三宅坂の国立劇場から長岡杏子アナと京須偕充がオープニングの挨拶。今日は古今亭志ん輔の「大山詣り」を放送。江戸時代の登山にスポーツ的な意味はなく、「パワースポットを詣でる」という信仰の意味合いが大きかった。また、夏場のお参りはご利益を願うよりも身を清めるという目的が主だったという。お参りを終えた後は東海道を通り、藤沢・神奈川・品川あたりで精進落しという名目で大いに遊ぶのが一般的だった。大山詣りは3〜5日くらいかかり、ちょうど良い旅行・娯楽だったのだ。落語「大山詣り」はやってない人を探したほうが早いくらい多くの噺家が演じており、五代目古今亭志ん生、六代目三遊亭圓生、五代目柳家小さん、八代目三笑亭可楽といった昭和の大名人も演じた。多くの人が切磋琢磨して芸を磨きあったので、非常に完成度が高い噺の一つだそう。


国立劇場

東京・三宅坂の国立劇場から長岡杏子アナと京須偕充がオープニングの挨拶。本日は二席の落語を紹介。一席目は春風亭一之輔の「堀之内」。お寺がある堀之内を舞台に、あるあわて者の一日を描いた噺。二席目は春風亭一朝の「三方一両損」。有名な大岡成敗の噺で、落語以外にも広く知られている。春風亭一之輔と春風亭一朝は弟子と師匠の関係。


国立劇場

東京・三宅坂の国立劇場から長岡杏子アナと京須偕充がオープニングの挨拶。今回の落語は柳家權太樓の「死神」。「死神」は遊亭圓朝が作った作品で、その素材はグリム童話だと言われている。西洋的な風味があり、京須さんが「圓朝さんは何かの試みをしたかったのかもしれない」とコメント。三遊亭圓朝の弟子の三遊亭圓遊もこの噺を演じたが、噺の内容を作り変えてしまったという。三遊亭圓朝の流れを汲むのは2代目三遊亭金馬。戦後、6代目三遊亭圓生が現代的な形を作り上げ、その影響で演じる落語家が増えた。柳家權太樓の「死神」は原作・圓朝の流れに戻し、人間味がたっぷりと吹き込まれた感じになっているという。


「長岡杏子」に関連する本・コミック・雑誌

春袋

東京・三宅坂の国立劇場から長岡杏子アナと京須偕充がオープニングの挨拶。今日は二席の落語を放送する。一席目は柳家權太樓の「睨み返し」。大晦日にやって来た借金取りと、お金がなくて返せない借り主の攻防を描いた物語。原作は1770年代の滑稽本「春袋」に掲載されているお話で、主に上方で発展した。明治から大正にかけて活躍した四代目桂文吾がとても上手く演じており、三代目柳家小さんが東京から大阪にいって習ったという。その孫弟子に当たる五代目柳家小さんも模範的に演じていたそう。


国立劇場

東京・三宅坂の国立劇場から長岡杏子アナと京須偕充がオープニングの挨拶。今日は二席の落語を放送する。一席目は柳家權太樓の「睨み返し」。大晦日にやって来た借金取りと、お金がなくて返せない借り主の攻防を描いた物語。原作は1770年代の滑稽本「春袋」に掲載されているお話で、主に上方で発展した。明治から大正にかけて活躍した四代目桂文吾がとても上手く演じており、三代目柳家小さんが東京から大阪にいって習ったという。その孫弟子に当たる五代目柳家小さんも模範的に演じていたそう。


高知空港

全日空1603便の前輪が出ないというトラブルを生放送していた、長岡杏子アナウンサーが当時の様子を語った。機内放送で機長が、胴体着陸すると乗客らに伝えた。


全日空

全日空1603便の前輪が出ないというトラブルが発生した。全日空1603便の機長が、タッチ・アンド・ゴーを試みたが、前輪は出なかった。

全日空1603便の前輪が出ないというトラブルを生放送していた、長岡杏子アナウンサーが当時の様子を語った。機内放送で機長が、胴体着陸すると乗客らに伝えた。


国立劇場

東京・三宅坂の国立劇場から長岡杏子アナと京須偕充がオープニングの挨拶。今回の落語は五街道雲助の「品川心中」。江戸・東京落語の代表作の1つでもあり、廓噺の代表作 。とても長く、なかなか一度には上演できない作品だという。有名な作品なので多くの人が演じているが、通しでとなるとその数はグッと減り、5代目の古今亭志ん生、6代目の三遊亭圓生、2代目の三遊亭円歌の3人ぐらいとのこと。「心中」といっても純愛モノではなく、不届きな心中でアチコチで騒動を起こすというストーリーで、見どころはドタバタ感と、最後に仕返しに行くドラマ性だそう。


国立劇場

東京・三宅坂の国立劇場から長岡杏子アナと京須偕充がオープニングの挨拶。今回の落語は橘家圓太郎の「おかめ団子」。実際に存在した江戸で人気のお団子屋で起きた事件を取り扱った落語。明治の後半から大正にかけて名人と言われた3代目三遊亭圓生、その彼に憧れた5代目古今亭志ん生が演じていた。その芸は3代目古今亭志ん朝などに受け継がている。人気の団子屋の常連客である貧しい八百屋が主人公。団子屋の繁盛ぶりと自分のしがなさから魔が差してしまうが、思いがけない事件が起きて事はほのぼのとおさまるというストーリー。


検索結果の絞り込み