ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「長谷寺」の検索結果

「長谷寺」に関連する情報 1660件中 1〜10件目

長谷寺

西麻布の長谷寺から、日本最大級の木彫りの仏像「麻布大観音」を紹介。高さ10メートル、右足が前に出ており衆生の元に向かうさまを表す。


長谷寺

太川陽介さんは西麻布の住宅街へ。酒屋さんに江戸時代から残るものを聞くと、長谷寺(ちょうこくじ)がこのあたりでは古いと答えた。大本山永平寺別院、敷地はサッカーコート2面分。芸能人では坂本九さん、阿久悠さんの墓がある。寺のおこった時期ははっきりしていないが、徳川家康の幼馴染で、家康に禅学を教えた「門庵宗関」が江戸時代におこしたといわれる。寺にはクスノキの一本彫りの、日本最大級の仏像があるという。


長谷寺

漁から帰ってきた奥田有子さんは網に多くのサザエを獲っていた。その様子を他の漁師が「獲れた?こんなに獲れるのはめずらしいな」とコメント。他にも真ダコも獲っていた。「大変だと思います。若いからと言っても静かな波だけじゃない。風が吹いて波があって船がひっくり返りそうになる中やらなきゃいけないんだから」と漁師の加藤さんは奥田さんの印象について語った。また奥田さんのいいところを質問された岡野さんは「男に負けてない所。負けられないなっていうのが正直。奥田さんが出てたら海が荒れてても出なきゃなって」と回答。ママ友で岡田さんのお手伝いをしている佐藤さんは「一番大変なのは男の人は家に帰っても作業はなにもない。彼女はお母さん業が本業だから家に帰ってすぐ寝れるわけでもないし、よくやってる」と語った。奥田さんは漁師を始めた理由を「主人はプロサーファーで付き合うようになってサーファーだけでは稼いでいけないので漁師の見習い始めるから一緒になろう」と主人との馴れ初めを語ってくれた。結婚当初は貧乏生活で上の子が生まれてオムツ買うのも大変だったと奥田さんは当時を振り返って語った。 3人目のお子さんを授かったとき、新志さんは末期の肺癌と診断。末っ子が生まれた5ヶ月後に他界。闘病中に漁師を続けていく約束。「大漁だった時はパパにありがとう。獲れなかったときは自分のせい。人のせいにしない」と奥田有子さんが語った。


しちだんか

都内二大アジサイスポット巡りについてスタジオではハーブ王子・山下智道氏が紹介された、山下氏は「ハーブ最高ですよ、ドクダミ風呂に浸かって幸せです」、「生花から始まって、日本の野草大好きになってしまいました」などとコメントした。定番と穴場、2ヶ所を山下氏と回ってきたとの事。高幡不動尊を飯星景子と山下氏が取材する様子を伝えた、高幡不動尊には200種類のアジサイが7500株あり、鎌倉のアジサイ寺の長谷寺は40種類2500株と比べても規模が分かる。ここで問題、”お寺にアジサイが植えられているのは何故?”、正解は「梅雨は気温の変化が激しい時期だった、亡くなった死者に手向ける花として重宝された」との事。2人はアジサイ園の下を取材した、この辺りはてまり型のホンアジサイがメインで、本来ならガクアジサイが日本固有で一般的であったが、西洋で改良された物が最近では主流との事。ここで問題、”アジサイの色は何によって決まる?”、正解は「土の成分」、日本は弱酸性でブルーになりやすいとの事。さらにここでクイズ、”アジサイの花はどこ?”、正解はBの中央、周辺の花に見える物は装飾花との事で、小さいものが集まる事をアジ(あぢ)、藍色の事をサイ(真藍)と呼ぶ為に当て字で作られた名前との事。2人が200種類のアジサイを楽しむ様子を伝えた、かしわに似た葉を持つカシワバアジサイ、瀬戸の夕日と呼ばれるヤマアジサイ、高知の土佐美鈴、アメリカで発見された野生のアジサイであるアナベル、踊る貴婦人に例えられたダンスパーティー、などが紹介された。最後にハーブ王子は”しちだんか”を紹介した、ドイツ人医師であるシーボルトが紹介したが、実物は誰も見たことが無く、一度は絶滅したと思われたが、昭和34年に再発見されたとの事。

香坂みゆきさんは「日本のアジサイ見た後にペルー?と思ったけど、ハーブ王子ですからね」と話し、薬丸裕英さんは「アジサイ勉強になりました。クイズ難しかったけど、そういう意味があったんですね」と話した。高幡不動尊金剛寺へのアクセスのおさらい。新宿から京王線で30分、高幡不動駅下車徒歩5分の場所にある。現在あじさいまつりの期間中で様々なイベントも開催されている。6月19日に撮影されたアジサイの写真を紹介した。山下さんは「もともとは日本にあるガクアジサイから作られ、シーボルトが愛したものとしてヨーロッパに広まって品種改良された。2000種類ほどあると思う」などと話した。次は穴場を紹介する。


ダンスパーティー

都内二大アジサイスポット巡りについてスタジオではハーブ王子・山下智道氏が紹介された、山下氏は「ハーブ最高ですよ、ドクダミ風呂に浸かって幸せです」、「生花から始まって、日本の野草大好きになってしまいました」などとコメントした。定番と穴場、2ヶ所を山下氏と回ってきたとの事。高幡不動尊を飯星景子と山下氏が取材する様子を伝えた、高幡不動尊には200種類のアジサイが7500株あり、鎌倉のアジサイ寺の長谷寺は40種類2500株と比べても規模が分かる。ここで問題、”お寺にアジサイが植えられているのは何故?”、正解は「梅雨は気温の変化が激しい時期だった、亡くなった死者に手向ける花として重宝された」との事。2人はアジサイ園の下を取材した、この辺りはてまり型のホンアジサイがメインで、本来ならガクアジサイが日本固有で一般的であったが、西洋で改良された物が最近では主流との事。ここで問題、”アジサイの色は何によって決まる?”、正解は「土の成分」、日本は弱酸性でブルーになりやすいとの事。さらにここでクイズ、”アジサイの花はどこ?”、正解はBの中央、周辺の花に見える物は装飾花との事で、小さいものが集まる事をアジ(あぢ)、藍色の事をサイ(真藍)と呼ぶ為に当て字で作られた名前との事。2人が200種類のアジサイを楽しむ様子を伝えた、かしわに似た葉を持つカシワバアジサイ、瀬戸の夕日と呼ばれるヤマアジサイ、高知の土佐美鈴、アメリカで発見された野生のアジサイであるアナベル、踊る貴婦人に例えられたダンスパーティー、などが紹介された。最後にハーブ王子は”しちだんか”を紹介した、ドイツ人医師であるシーボルトが紹介したが、実物は誰も見たことが無く、一度は絶滅したと思われたが、昭和34年に再発見されたとの事。

香坂みゆきさんは「日本のアジサイ見た後にペルー?と思ったけど、ハーブ王子ですからね」と話し、薬丸裕英さんは「アジサイ勉強になりました。クイズ難しかったけど、そういう意味があったんですね」と話した。高幡不動尊金剛寺へのアクセスのおさらい。新宿から京王線で30分、高幡不動駅下車徒歩5分の場所にある。現在あじさいまつりの期間中で様々なイベントも開催されている。6月19日に撮影されたアジサイの写真を紹介した。山下さんは「もともとは日本にあるガクアジサイから作られ、シーボルトが愛したものとしてヨーロッパに広まって品種改良された。2000種類ほどあると思う」などと話した。次は穴場を紹介する。


アナベル

都内二大アジサイスポット巡りについてスタジオではハーブ王子・山下智道氏が紹介された、山下氏は「ハーブ最高ですよ、ドクダミ風呂に浸かって幸せです」、「生花から始まって、日本の野草大好きになってしまいました」などとコメントした。定番と穴場、2ヶ所を山下氏と回ってきたとの事。高幡不動尊を飯星景子と山下氏が取材する様子を伝えた、高幡不動尊には200種類のアジサイが7500株あり、鎌倉のアジサイ寺の長谷寺は40種類2500株と比べても規模が分かる。ここで問題、”お寺にアジサイが植えられているのは何故?”、正解は「梅雨は気温の変化が激しい時期だった、亡くなった死者に手向ける花として重宝された」との事。2人はアジサイ園の下を取材した、この辺りはてまり型のホンアジサイがメインで、本来ならガクアジサイが日本固有で一般的であったが、西洋で改良された物が最近では主流との事。ここで問題、”アジサイの色は何によって決まる?”、正解は「土の成分」、日本は弱酸性でブルーになりやすいとの事。さらにここでクイズ、”アジサイの花はどこ?”、正解はBの中央、周辺の花に見える物は装飾花との事で、小さいものが集まる事をアジ(あぢ)、藍色の事をサイ(真藍)と呼ぶ為に当て字で作られた名前との事。2人が200種類のアジサイを楽しむ様子を伝えた、かしわに似た葉を持つカシワバアジサイ、瀬戸の夕日と呼ばれるヤマアジサイ、高知の土佐美鈴、アメリカで発見された野生のアジサイであるアナベル、踊る貴婦人に例えられたダンスパーティー、などが紹介された。最後にハーブ王子は”しちだんか”を紹介した、ドイツ人医師であるシーボルトが紹介したが、実物は誰も見たことが無く、一度は絶滅したと思われたが、昭和34年に再発見されたとの事。

香坂みゆきさんは「日本のアジサイ見た後にペルー?と思ったけど、ハーブ王子ですからね」と話し、薬丸裕英さんは「アジサイ勉強になりました。クイズ難しかったけど、そういう意味があったんですね」と話した。高幡不動尊金剛寺へのアクセスのおさらい。新宿から京王線で30分、高幡不動駅下車徒歩5分の場所にある。現在あじさいまつりの期間中で様々なイベントも開催されている。6月19日に撮影されたアジサイの写真を紹介した。山下さんは「もともとは日本にあるガクアジサイから作られ、シーボルトが愛したものとしてヨーロッパに広まって品種改良された。2000種類ほどあると思う」などと話した。次は穴場を紹介する。


ヤマアジサイ

都内二大アジサイスポット巡りについてスタジオではハーブ王子・山下智道氏が紹介された、山下氏は「ハーブ最高ですよ、ドクダミ風呂に浸かって幸せです」、「生花から始まって、日本の野草大好きになってしまいました」などとコメントした。定番と穴場、2ヶ所を山下氏と回ってきたとの事。高幡不動尊を飯星景子と山下氏が取材する様子を伝えた、高幡不動尊には200種類のアジサイが7500株あり、鎌倉のアジサイ寺の長谷寺は40種類2500株と比べても規模が分かる。ここで問題、”お寺にアジサイが植えられているのは何故?”、正解は「梅雨は気温の変化が激しい時期だった、亡くなった死者に手向ける花として重宝された」との事。2人はアジサイ園の下を取材した、この辺りはてまり型のホンアジサイがメインで、本来ならガクアジサイが日本固有で一般的であったが、西洋で改良された物が最近では主流との事。ここで問題、”アジサイの色は何によって決まる?”、正解は「土の成分」、日本は弱酸性でブルーになりやすいとの事。さらにここでクイズ、”アジサイの花はどこ?”、正解はBの中央、周辺の花に見える物は装飾花との事で、小さいものが集まる事をアジ(あぢ)、藍色の事をサイ(真藍)と呼ぶ為に当て字で作られた名前との事。2人が200種類のアジサイを楽しむ様子を伝えた、かしわに似た葉を持つカシワバアジサイ、瀬戸の夕日と呼ばれるヤマアジサイ、高知の土佐美鈴、アメリカで発見された野生のアジサイであるアナベル、踊る貴婦人に例えられたダンスパーティー、などが紹介された。最後にハーブ王子は”しちだんか”を紹介した、ドイツ人医師であるシーボルトが紹介したが、実物は誰も見たことが無く、一度は絶滅したと思われたが、昭和34年に再発見されたとの事。


カシワバアジサイ

都内二大アジサイスポット巡りについてスタジオではハーブ王子・山下智道氏が紹介された、山下氏は「ハーブ最高ですよ、ドクダミ風呂に浸かって幸せです」、「生花から始まって、日本の野草大好きになってしまいました」などとコメントした。定番と穴場、2ヶ所を山下氏と回ってきたとの事。高幡不動尊を飯星景子と山下氏が取材する様子を伝えた、高幡不動尊には200種類のアジサイが7500株あり、鎌倉のアジサイ寺の長谷寺は40種類2500株と比べても規模が分かる。ここで問題、”お寺にアジサイが植えられているのは何故?”、正解は「梅雨は気温の変化が激しい時期だった、亡くなった死者に手向ける花として重宝された」との事。2人はアジサイ園の下を取材した、この辺りはてまり型のホンアジサイがメインで、本来ならガクアジサイが日本固有で一般的であったが、西洋で改良された物が最近では主流との事。ここで問題、”アジサイの色は何によって決まる?”、正解は「土の成分」、日本は弱酸性でブルーになりやすいとの事。さらにここでクイズ、”アジサイの花はどこ?”、正解はBの中央、周辺の花に見える物は装飾花との事で、小さいものが集まる事をアジ(あぢ)、藍色の事をサイ(真藍)と呼ぶ為に当て字で作られた名前との事。2人が200種類のアジサイを楽しむ様子を伝えた、かしわに似た葉を持つカシワバアジサイ、瀬戸の夕日と呼ばれるヤマアジサイ、高知の土佐美鈴、アメリカで発見された野生のアジサイであるアナベル、踊る貴婦人に例えられたダンスパーティー、などが紹介された。最後にハーブ王子は”しちだんか”を紹介した、ドイツ人医師であるシーボルトが紹介したが、実物は誰も見たことが無く、一度は絶滅したと思われたが、昭和34年に再発見されたとの事。

香坂みゆきさんは「日本のアジサイ見た後にペルー?と思ったけど、ハーブ王子ですからね」と話し、薬丸裕英さんは「アジサイ勉強になりました。クイズ難しかったけど、そういう意味があったんですね」と話した。高幡不動尊金剛寺へのアクセスのおさらい。新宿から京王線で30分、高幡不動駅下車徒歩5分の場所にある。現在あじさいまつりの期間中で様々なイベントも開催されている。6月19日に撮影されたアジサイの写真を紹介した。山下さんは「もともとは日本にあるガクアジサイから作られ、シーボルトが愛したものとしてヨーロッパに広まって品種改良された。2000種類ほどあると思う」などと話した。次は穴場を紹介する。


ガクアジサイ

都内二大アジサイスポット巡りについてスタジオではハーブ王子・山下智道氏が紹介された、山下氏は「ハーブ最高ですよ、ドクダミ風呂に浸かって幸せです」、「生花から始まって、日本の野草大好きになってしまいました」などとコメントした。定番と穴場、2ヶ所を山下氏と回ってきたとの事。高幡不動尊を飯星景子と山下氏が取材する様子を伝えた、高幡不動尊には200種類のアジサイが7500株あり、鎌倉のアジサイ寺の長谷寺は40種類2500株と比べても規模が分かる。ここで問題、”お寺にアジサイが植えられているのは何故?”、正解は「梅雨は気温の変化が激しい時期だった、亡くなった死者に手向ける花として重宝された」との事。2人はアジサイ園の下を取材した、この辺りはてまり型のホンアジサイがメインで、本来ならガクアジサイが日本固有で一般的であったが、西洋で改良された物が最近では主流との事。ここで問題、”アジサイの色は何によって決まる?”、正解は「土の成分」、日本は弱酸性でブルーになりやすいとの事。さらにここでクイズ、”アジサイの花はどこ?”、正解はBの中央、周辺の花に見える物は装飾花との事で、小さいものが集まる事をアジ(あぢ)、藍色の事をサイ(真藍)と呼ぶ為に当て字で作られた名前との事。2人が200種類のアジサイを楽しむ様子を伝えた、かしわに似た葉を持つカシワバアジサイ、瀬戸の夕日と呼ばれるヤマアジサイ、高知の土佐美鈴、アメリカで発見された野生のアジサイであるアナベル、踊る貴婦人に例えられたダンスパーティー、などが紹介された。最後にハーブ王子は”しちだんか”を紹介した、ドイツ人医師であるシーボルトが紹介したが、実物は誰も見たことが無く、一度は絶滅したと思われたが、昭和34年に再発見されたとの事。


ホンアジサイ

都内二大アジサイスポット巡りについてスタジオではハーブ王子・山下智道氏が紹介された、山下氏は「ハーブ最高ですよ、ドクダミ風呂に浸かって幸せです」、「生花から始まって、日本の野草大好きになってしまいました」などとコメントした。定番と穴場、2ヶ所を山下氏と回ってきたとの事。高幡不動尊を飯星景子と山下氏が取材する様子を伝えた、高幡不動尊には200種類のアジサイが7500株あり、鎌倉のアジサイ寺の長谷寺は40種類2500株と比べても規模が分かる。ここで問題、”お寺にアジサイが植えられているのは何故?”、正解は「梅雨は気温の変化が激しい時期だった、亡くなった死者に手向ける花として重宝された」との事。2人はアジサイ園の下を取材した、この辺りはてまり型のホンアジサイがメインで、本来ならガクアジサイが日本固有で一般的であったが、西洋で改良された物が最近では主流との事。ここで問題、”アジサイの色は何によって決まる?”、正解は「土の成分」、日本は弱酸性でブルーになりやすいとの事。さらにここでクイズ、”アジサイの花はどこ?”、正解はBの中央、周辺の花に見える物は装飾花との事で、小さいものが集まる事をアジ(あぢ)、藍色の事をサイ(真藍)と呼ぶ為に当て字で作られた名前との事。2人が200種類のアジサイを楽しむ様子を伝えた、かしわに似た葉を持つカシワバアジサイ、瀬戸の夕日と呼ばれるヤマアジサイ、高知の土佐美鈴、アメリカで発見された野生のアジサイであるアナベル、踊る貴婦人に例えられたダンスパーティー、などが紹介された。最後にハーブ王子は”しちだんか”を紹介した、ドイツ人医師であるシーボルトが紹介したが、実物は誰も見たことが無く、一度は絶滅したと思われたが、昭和34年に再発見されたとの事。