ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「関口忠相」の検索結果

「関口忠相」に関連する情報 6件中 1〜6件目

「関口忠相」に関連するイベント情報

結婚の条件

今週水曜、各スポーツ紙に「鈴木砂羽 土下座強要」の見出しが踊った。この日、鈴木が初演出・主演を務める舞台「結婚の条件」に出演予定だった女優・鳳恵弥と牧野美千子が、公演初日の2日前に降板を表明。騒動の発端は、月曜に鳳恵弥がブログで「土下座をするように砂羽さんから促され、頭を下げました」と綴ったこと。先週土曜、鳳と牧野が先に決まっていた別の仕事のため稽古場を早めに離れることになったが、このため2回目の通し稽古ができなくなったことに鈴木が激怒したそうで、鳳はブログで鈴木から土下座を強要されたり人格を否定するような罵倒をされたと主張している。鳳と牧野の所属事務所は、2人の降板をホームページで発表した。一方、劇団の主催者で脚本家の江頭美智留氏は土下座の強要について「絶対ない」と否定し、稽古場でキャスト全員が床に座っていた状態の時に、2人が正座の状態から頭を下げたので土下座に見える形になったのではないかと主張している。2人の降板後、急遽代役を立て舞台初日を迎えた鈴木は、公演終了後にマスコミの前に姿を見せ、涙ぐみながら土下座や罵声について否定したが、その翌日、降板した女優の所属事務所社長・関口忠相氏は「直撃LIVEグッディ!」に生出演し「土下座強要はあった」と判断していると語った。食い違う主張に街の人々からは「しゃべった人と受け取った人の違い」「(役者は仕事を)最後まで全うするべきではないか」などの声があがった。

スタジオにて両者の主張を改めて整理。土下座強要については、鈴木砂羽は否定、降板した女優の事務所社長は、あったと判断。降板した女優の1人 鳳恵弥はブログで“一度謝罪したものの鈴木が納得せずに「ぬるいわね」と吐き捨て、床に額を擦り付けて謝ることになった”といった内容を綴っている。降板については、鈴木は「先に2人が降板したと聞き代わりの役者を探した」と主張、事務所社長は「こちらからは降板していない」と主張しており、両者の意見は真っ向から食い違っている。これに西山は「もしかしたらどちらも言っていることは正しくて、お互いのニュアンスを取り違えたということなのかな」とコメント。この舞台は予定通り来週月曜日まで行われる。


デイリースポーツ

安藤優子が高橋克実に「関口さんが仰ったんですが、鳳さんとかに一度は自分の気持をブログに書いたほうが良いという話し、これについてどう思います?」と話題を振り、高橋は「舞台が始まる前の話ですから、ブログ内の『愛する舞台を』みたいな表現とは食い違って聞こえる」といった意見で返した。関口忠相は「(タイミングについて)気遣いがなかったという指摘は反省すべきところ」とコメント。ただ、このブログが降板の後に公開されたものだということは話された。長谷川聖子は「この文章によるざわざわ感が客に伝わるのは」と指摘した。関口は「もちろん今までに指摘されたことに関しては反省すべき点だが、事務所、そして私の責であって、彼女たちのものではない。そして彼女たちのファンに応えられることなども含めての対応だった」とコメント。また安藤は江頭美智留のマネージャーが関口から脅されたと主張していることに触れ、関口は「降板のため出演料を断ったら、江頭の気持ちだと言われた。その際、ではそれは出演料としてではないですよという話しをした。」と説明した。


「関口忠相」に関連するイベント情報

結婚の条件

スタジオでは土下座騒動について話題となった。所属事務所の関口忠相社長によると鈴木砂羽さんは舞台稽古で出演者に対して「ドラマをやっているA面の江頭美智留と私は仕事をしている。あなた達がやっている舞台の江頭美智留はB面だからね」と発言していたという。

スタジオでは土下座騒動について話題となった。カンニング竹山はこの仕事はやりたい人だけやる仕事であると語った。高橋克実は有名な俳優でも稽古場の隅で泣いている時があると語った。


「関口忠相」に関連するイベント情報

結婚の条件

舞台「結婚の条件」は今日は初日で、演出主演を務める鈴木砂羽さんは今回が初演出となっていて話題を集めていたが、はられていた顔写真付きのポスターは撤去されていた。脚本・プロデュースは「ごくせん」の脚本家を務めた江頭美智留氏だったが、今日の初日前日に騒動が明るみに出た。鳳恵弥さんと牧野美千子さんが所属する事務所が「人道にもとる行為を受けた」として降板を発表し、鳳恵弥さんはブログで「作品に対しての愛はこの人は全くないんだなと確信しました」と述べた。鳳さんの主張によると2回目の通し稽古に参加できなかったために鈴木砂羽さんから強く責められたのだという。ブログでは「1回目の通し稽古が終わり私たちは床に座ってダメ出しを受ける中「2回通し稽古をしたかったのに誰かのせいで出来ない!」私は床に額を擦り付けて謝ることになりました」と、スケジュールを伝えていたのに罵倒され土下座されたと主張したのだった。さらに「演出家と演出助手が揃って江頭美智留先生に頭を下げさせている」として江頭氏にも謝罪をさせたと怒りをあらわにしたのだった。鳳さんの所属事務所代表の関口忠相さんもミヤネ屋の直撃に対して「前日に話がついていた話を蒸し返してつるし上げてその時点で大きい問題と思っていなかった」と述べた。しかし、昨日頭を下げさせられたとされた脚本家の江頭美智留さんは「鳳恵弥さんのブログに記載のある事柄については事実とは違いますので、訂正をさせていただきたいと思います。私は決して、頭を下げさせられたわけではありません。私のスケジュール確認のミスにより、二回目の通し稽古ができなくなったことが原因ですので、私が自ら、キャスト、スタッフに謝罪しました」と自ら行ったものだと鳳さん側へ反論したのだった。さらに、その時の状況を「私が謝罪したことでお二人はお気遣いされたのでしょう。流れでお二人も謝罪されました。その際キャスト全員が床に座った状態でした。鳳さんも正座されていました。その姿勢のまま丁寧に頭を下げられたので、見た目が「土下座」という形になるのかもしれません。しかしその場にいた私が断言できるのは、鈴木さんから土下座をするようにとは決して言っておりません」と言うものだった。鈴木さんは土下座を強要しておらず、罵声を浴びせたという事実もなかった。この食い違う主張に関口氏は「食い違いと思いません。土下座に見えたものは土下座じゃないんですか?争点は砂羽さんがさせたのかどうか。演出家がプロデューサーに頭を下げさせている状態は、(土下座を)促しているようにしか聞こえない」と反論。そこでこの主張を江頭氏のマネジメント会社にぶつけてみると「なぜそんなことを言うのか理解ができない」とコメントした。食い違う言い分はどれが正しいのか。鈴木砂羽さんは「今は出来る限りのことをやらせていただくということしか言えないので、申し訳ないです」と述べ、関係者からは「担当者が取材に応じます」と言う言葉しか述べなかった。降板撃の真相は?

鈴木砂羽さんが主演・初演出の舞台「結婚の条件」はきょう初日。脚本・プロデューサーは江頭美智留氏といなっている。客演という形で鳳恵弥さん、牧野美千子さん。客演の降板のきっかけは今月9日、通し稽古が2回あったが、2回目を欠席。2人の所属事務所の代表は2人は夜に別の仕事が入っていてプロデューサーの江頭氏にも「早めに終わらせる」という趣旨の話だったとしている。江頭氏はスケジュールの確認ミスにより2回目の通し稽古ができなくなったとしている。夜の仕事は江頭氏の関連の仕事だったが、演出の鈴木砂羽さんは知らなかったのではないかとしている。梅沢さんは「こんなことありえない。通し稽古は仕上げ。別の仕事が入っていることはない。土下座したと言っているが、ご挨拶をするのに手をついて頭をつくのは当たり前のこと。公演開始2日前に降板するなんてふざけた話はありません。」などとコメント。

2人の所属事務所の代表は1回目の通し稽古終了後に脚本家に鈴木砂羽さんが頭を下げさせた。鈴木砂羽さんが言った「ぬるいわね」などが罵倒としている。さらに鈴木砂羽さんに土下座を強要させ、鳳さんは床に額を擦りつけて誤ったとしている。しかし江頭氏は頭を下げさせられたわけではなく、自分のミスにより謝罪した、罵倒されたことは事実ではない、 キャスト全員床に座っており、その姿勢のまま頭を下げただけ、鈴木砂羽さんは土下座とは言っていないとしている。鈴木砂羽さんの所属事務所は土下座の強要も罵倒もなく、初日を成功させることに集中しているとしている。

2人の所属事務所の代表はきのうのインタビューで江頭氏のFAXでは土下座をさせたかどうかの話をしていて間違っている。ご下座をしてるか、していないかの話だとしている。

梅沢さんは「彼女もスケジュールを知っていてやったのであれば彼女も悪い。」とコメント。橋本さんは「つまらないことで争っているな。くだらない。」とコメント。


デイリースポーツ

舞台「結婚の条件」は今日は初日で、演出主演を務める鈴木砂羽さんは今回が初演出となっていて話題を集めていたが、はられていた顔写真付きのポスターは撤去されていた。脚本・プロデュースは「ごくせん」の脚本家を務めた江頭美智留氏だったが、今日の初日前日に騒動が明るみに出た。鳳恵弥さんと牧野美千子さんが所属する事務所が「人道にもとる行為を受けた」として降板を発表し、鳳恵弥さんはブログで「作品に対しての愛はこの人は全くないんだなと確信しました」と述べた。鳳さんの主張によると2回目の通し稽古に参加できなかったために鈴木砂羽さんから強く責められたのだという。ブログでは「1回目の通し稽古が終わり私たちは床に座ってダメ出しを受ける中「2回通し稽古をしたかったのに誰かのせいで出来ない!」私は床に額を擦り付けて謝ることになりました」と、スケジュールを伝えていたのに罵倒され土下座されたと主張したのだった。さらに「演出家と演出助手が揃って江頭美智留先生に頭を下げさせている」として江頭氏にも謝罪をさせたと怒りをあらわにしたのだった。鳳さんの所属事務所代表の関口忠相さんもミヤネ屋の直撃に対して「前日に話がついていた話を蒸し返してつるし上げてその時点で大きい問題と思っていなかった」と述べた。しかし、昨日頭を下げさせられたとされた脚本家の江頭美智留さんは「鳳恵弥さんのブログに記載のある事柄については事実とは違いますので、訂正をさせていただきたいと思います。私は決して、頭を下げさせられたわけではありません。私のスケジュール確認のミスにより、二回目の通し稽古ができなくなったことが原因ですので、私が自ら、キャスト、スタッフに謝罪しました」と自ら行ったものだと鳳さん側へ反論したのだった。さらに、その時の状況を「私が謝罪したことでお二人はお気遣いされたのでしょう。流れでお二人も謝罪されました。その際キャスト全員が床に座った状態でした。鳳さんも正座されていました。その姿勢のまま丁寧に頭を下げられたので、見た目が「土下座」という形になるのかもしれません。しかしその場にいた私が断言できるのは、鈴木さんから土下座をするようにとは決して言っておりません」と言うものだった。鈴木さんは土下座を強要しておらず、罵声を浴びせたという事実もなかった。この食い違う主張に関口氏は「食い違いと思いません。土下座に見えたものは土下座じゃないんですか?争点は砂羽さんがさせたのかどうか。演出家がプロデューサーに頭を下げさせている状態は、(土下座を)促しているようにしか聞こえない」と反論。そこでこの主張を江頭氏のマネジメント会社にぶつけてみると「なぜそんなことを言うのか理解ができない」とコメントした。食い違う言い分はどれが正しいのか。鈴木砂羽さんは「今は出来る限りのことをやらせていただくということしか言えないので、申し訳ないです」と述べ、関係者からは「担当者が取材に応じます」と言う言葉しか述べなかった。降板撃の真相は?


鳳恵弥オフィシャルブログ

鈴木砂羽さんが主演と初演出をする舞台で共演者の女優2人が初日の2日前に急遽降板した。これに対して鈴木砂羽さんは「自分は出来る限りのことをやらせていただくとしか言えないので」と述べた。今日から鈴木さんの舞台が開幕する予定だったが、その鈴木さんの舞台では降板した女優はブログに「私は床に額を 擦り付けて謝ることになりました」と投稿して舞台の稽古場を指摘したのだった。降板した女優の所属事務所も「弊社と主催側で検討をしました結果出演をお断りする運びとなりました」と述べていて、主要キャスト2人が降板することに。ところがプロデューサーの江頭美智留氏は「鳳恵弥産のブログに記載のある事柄については事実とは違いますので、訂正をさせていただきたいと思います」と疑惑を完全否定した。そんな中、降板した女優の事務所代表を直撃した。代表の関口忠相氏は「鳳さんが正座の状態から手をついて額を擦り付けて謝った」と述べていた。この行為は本当にあったのか。舞台裏で一体何が起こっていたのか。

舞台「結婚の条件」は今日は初日で、演出主演を務める鈴木砂羽さんは今回が初演出となっていて話題を集めていたが、はられていた顔写真付きのポスターは撤去されていた。脚本・プロデュースは「ごくせん」の脚本家を務めた江頭美智留氏だったが、今日の初日前日に騒動が明るみに出た。鳳恵弥さんと牧野美千子さんが所属する事務所が「人道にもとる行為を受けた」として降板を発表し、鳳恵弥さんはブログで「作品に対しての愛はこの人は全くないんだなと確信しました」と述べた。鳳さんの主張によると2回目の通し稽古に参加できなかったために鈴木砂羽さんから強く責められたのだという。ブログでは「1回目の通し稽古が終わり私たちは床に座ってダメ出しを受ける中「2回通し稽古をしたかったのに誰かのせいで出来ない!」私は床に額を擦り付けて謝ることになりました」と、スケジュールを伝えていたのに罵倒され土下座されたと主張したのだった。さらに「演出家と演出助手が揃って江頭美智留先生に頭を下げさせている」として江頭氏にも謝罪をさせたと怒りをあらわにしたのだった。鳳さんの所属事務所代表の関口忠相さんもミヤネ屋の直撃に対して「前日に話がついていた話を蒸し返してつるし上げてその時点で大きい問題と思っていなかった」と述べた。しかし、昨日頭を下げさせられたとされた脚本家の江頭美智留さんは「鳳恵弥さんのブログに記載のある事柄については事実とは違いますので、訂正をさせていただきたいと思います。私は決して、頭を下げさせられたわけではありません。私のスケジュール確認のミスにより、二回目の通し稽古ができなくなったことが原因ですので、私が自ら、キャスト、スタッフに謝罪しました」と自ら行ったものだと鳳さん側へ反論したのだった。さらに、その時の状況を「私が謝罪したことでお二人はお気遣いされたのでしょう。流れでお二人も謝罪されました。その際キャスト全員が床に座った状態でした。鳳さんも正座されていました。その姿勢のまま丁寧に頭を下げられたので、見た目が「土下座」という形になるのかもしれません。しかしその場にいた私が断言できるのは、鈴木さんから土下座をするようにとは決して言っておりません」と言うものだった。鈴木さんは土下座を強要しておらず、罵声を浴びせたという事実もなかった。この食い違う主張に関口氏は「食い違いと思いません。土下座に見えたものは土下座じゃないんですか?争点は砂羽さんがさせたのかどうか。演出家がプロデューサーに頭を下げさせている状態は、(土下座を)促しているようにしか聞こえない」と反論。そこでこの主張を江頭氏のマネジメント会社にぶつけてみると「なぜそんなことを言うのか理解ができない」とコメントした。食い違う言い分はどれが正しいのか。鈴木砂羽さんは「今は出来る限りのことをやらせていただくということしか言えないので、申し訳ないです」と述べ、関係者からは「担当者が取材に応じます」と言う言葉しか述べなかった。降板撃の真相は?


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (6)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (3)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (3)