ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「陣馬街道」の検索結果

「陣馬街道」に関連する情報 13件中 1〜10件目

河津桜

新宿から電車で50分、高尾山にやってきた。バスに乗り陣馬街道を走る。その奥には夕やけ小やけの里があるという。夕やけ小やけふれあいの里につき今がシャッターチャンスの場所にきた。河津桜が100本咲いているという。高尾駅に戻る途中ある場所に寄り道したいという達人は梅が一面割いているという木下沢梅林にやってきた。木下沢梅林の雲海が見れるのは3月中旬だけだという。


西東京バス

新宿から電車で50分、高尾山にやってきた。バスに乗り陣馬街道を走る。その奥には夕やけ小やけの里があるという。夕やけ小やけふれあいの里につき今がシャッターチャンスの場所にきた。河津桜が100本咲いているという。高尾駅に戻る途中ある場所に寄り道したいという達人は梅が一面割いているという木下沢梅林にやってきた。木下沢梅林の雲海が見れるのは3月中旬だけだという。


「陣馬街道」に関連する観光・地域情報

木下沢梅林

新宿から電車で50分、高尾山にやってきた。バスに乗り陣馬街道を走る。その奥には夕やけ小やけの里があるという。夕やけ小やけふれあいの里につき今がシャッターチャンスの場所にきた。河津桜が100本咲いているという。高尾駅に戻る途中ある場所に寄り道したいという達人は梅が一面割いているという木下沢梅林にやってきた。木下沢梅林の雲海が見れるのは3月中旬だけだという。


夕やけ小やけふれあいの里

新宿から電車で50分、高尾山にやってきた。バスに乗り陣馬街道を走る。その奥には夕やけ小やけの里があるという。夕やけ小やけふれあいの里につき今がシャッターチャンスの場所にきた。河津桜が100本咲いているという。高尾駅に戻る途中ある場所に寄り道したいという達人は梅が一面割いているという木下沢梅林にやってきた。木下沢梅林の雲海が見れるのは3月中旬だけだという。


陣馬街道

動揺「夕焼小焼」の生みの親である中村雨紅ゆかりの地を西田あいが巡る。最初に訪れたのは八王子市・恩方にある「宮尾神社」。ここは雨紅の生誕の地と呼ばれ、15歳の頃まで暮らしていたという。宮司の高井住和さんは雨紅の親族にあたる。境内には雨紅について書かれた石碑が置かれていた。神社近くにある陣馬街道からは雨紅が聞いていたという大きな鐘があるお寺につながっている。


宮尾神社

動揺「夕焼小焼」の生みの親である中村雨紅ゆかりの地を西田あいが巡る。最初に訪れたのは八王子市・恩方にある「宮尾神社」。ここは雨紅の生誕の地と呼ばれ、15歳の頃まで暮らしていたという。宮司の高井住和さんは雨紅の親族にあたる。境内には雨紅について書かれた石碑が置かれていた。神社近くにある陣馬街道からは雨紅が聞いていたという大きな鐘があるお寺につながっている。


「陣馬街道」に関連する音楽・CD

動揺「夕焼小焼」の生みの親である中村雨紅ゆかりの地を西田あいが巡る。最初に訪れたのは八王子市・恩方にある「宮尾神社」。ここは雨紅の生誕の地と呼ばれ、15歳の頃まで暮らしていたという。宮司の高井住和さんは雨紅の親族にあたる。境内には雨紅について書かれた石碑が置かれていた。神社近くにある陣馬街道からは雨紅が聞いていたという大きな鐘があるお寺につながっている。

「涙割り」

Amazon.co.jp


「陣馬街道」に関連する音楽・CD

夕焼小焼

動揺「夕焼小焼」の生みの親である中村雨紅ゆかりの地を西田あいが巡る。最初に訪れたのは八王子市・恩方にある「宮尾神社」。ここは雨紅の生誕の地と呼ばれ、15歳の頃まで暮らしていたという。宮司の高井住和さんは雨紅の親族にあたる。境内には雨紅について書かれた石碑が置かれていた。神社近くにある陣馬街道からは雨紅が聞いていたという大きな鐘があるお寺につながっている。


陣馬街道

手作り橋を地域住民が利用していることについて、萩谷麻衣子弁護士は「行政側では撤去しなさいと命令を出すことが出来て その命令に従わない場合は行政代執行法で行政側が橋を撤去する その費用はこの橋を作った住民の人たちに請求することにもなり得る」と話した。

八王子市の見解としては、「手作り橋は違法 通行も安全上好ましくない」「巨額の事業費がかかるため新たな橋を設置する予定はない」ということだった。八王子市にはガイドマップがあるが、そのガイドマップにも手作り橋の記載があり、大正13年に発行された地図にも手作り橋の記載があり、その歴史は長かった。さrない東京都教育委員会が発行している地図にも記載があり、戦国時代からこの橋があったかもしれないという見解も出された。しかし昭和39年に河川法が施行され、手作り橋は違法となった。


陵北大橋.

住民が手作りで橋を架け、法律違反で東京都が警告している。
大楽寺町会の人は宝生寺というお寺があって、その行き来に使用しているという。そして、もともとはここが陣馬街道であったと応えた。
ここは元は水量が多い暴れ川であり、馬頭観音地蔵が川の両岸に祀られていた。
この橋の利用について、宝生寺団地自治会の人は中学生以上の自転車組も使用していると語る。理由としては付近にある陵北大橋は上りがきついためで、3500人の署名を集め、新たな橋の設置も要望していた。これに対し、東京都は困難であると話している。
手作り橋はゴールデンウィークの大雨で先月崩壊したため、6月3日に大幡町会による橋の架け替えが行われたばかりである。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (13)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD (2)
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報 (1)
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (10)