ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「雨宮まみ」の検索結果

「雨宮まみ」に関連する情報 14件中 1〜10件目

SNS依存

SNS依存を克服した雨宮まみは「SNSは抱きしめてくれない!」と思い依存症から克服したという。SNSは人と出会うきっかけづくりにはいい、やりすぎるとSNSの人格を信じてしまう、実際にあったときにギャップができてしまう、現実にあわないとわからないと思ったと話した。


フェイスブック

SNS依存を克服した雨宮まみは「SNSは抱きしめてくれない!」と思い依存症から克服したという。SNSは人と出会うきっかけづくりにはいい、やりすぎるとSNSの人格を信じてしまう、実際にあったときにギャップができてしまう、現実にあわないとわからないと思ったと話した。


ツイッター

ネットのコミュニケーションに依存するSNS依存。SNS依存にハマった雨宮まみさんはSNSのやりすぎで腱鞘炎になった。きっかけはSNSデビューで別人格に。雨宮まみはSNSで違う自分になれる、それが面白くなりフェイスブックでしらない人と繋がりなんでも書けたと話した。REINAはツイッターを毎日チェックするとコメント。


フェイスブック

ネットのコミュニケーションに依存するSNS依存。SNS依存にハマった雨宮まみさんはSNSのやりすぎで腱鞘炎になった。きっかけはSNSデビューで別人格に。雨宮まみはSNSで違う自分になれる、それが面白くなりフェイスブックでしらない人と繋がりなんでも書けたと話した。REINAはツイッターを毎日チェックするとコメント。

さらに雨宮まみは海外旅行中もフェイスブックを見ていたという。一番つらかったのは現実世界が面倒になったこと。削除できない現実世界の会話が怖い、そこが入れ替わった、年末とか謎の感謝のメッセージを送っていた、友達が増えたりいいこともあったがまずい精神状態だったと話した。


腱鞘炎

ネットのコミュニケーションに依存するSNS依存。SNS依存にハマった雨宮まみさんはSNSのやりすぎで腱鞘炎になった。きっかけはSNSデビューで別人格に。雨宮まみはSNSで違う自分になれる、それが面白くなりフェイスブックでしらない人と繋がりなんでも書けたと話した。REINAはツイッターを毎日チェックするとコメント。


SNS依存

ネットのコミュニケーションに依存するSNS依存。SNS依存にハマった雨宮まみさんはSNSのやりすぎで腱鞘炎になった。きっかけはSNSデビューで別人格に。雨宮まみはSNSで違う自分になれる、それが面白くなりフェイスブックでしらない人と繋がりなんでも書けたと話した。REINAはツイッターを毎日チェックするとコメント。

さらに雨宮まみは海外旅行中もフェイスブックを見ていたという。一番つらかったのは現実世界が面倒になったこと。削除できない現実世界の会話が怖い、そこが入れ替わった、年末とか謎の感謝のメッセージを送っていた、友達が増えたりいいこともあったがまずい精神状態だったと話した。


大和書房

8位:「東京を生きる」(雨宮まみ/大和書房)が初登場。


「雨宮まみ」に関連する本・コミック・雑誌

8位:「東京を生きる」(雨宮まみ/大和書房)が初登場。

「東京を生きる」

Amazon.co.jp


「雨宮まみ」に関連する本・コミック・雑誌

おととい発表された今年の新語・流行語大賞の候補となる50語。「じぇじぇじぇ」や「今でしょ」以外に馴染みのない言葉もあった。きのう東京・有楽町で、50語の意味がわかるか調査。「激おこぷんぷん丸」を東京・渋谷で若者は全て知っており、ギャル語が語源と言われている。「SNEP」とは、東京大学・教育関係者が提唱した言葉で、20〜59歳の仕事がなく未婚で、友達もいない人の事。そのほか、「こじらせ女子」は、2年前に出版された「女子をこじらせて」から発生した言葉で、作者の雨宮まみは、考えすぎて煮詰めてしまった状態だと話した。スタジオでは、そのほかの新語・流行語を紹介した。

「女子をこじらせて」

Amazon.co.jp


東京大学

おととい発表された今年の新語・流行語大賞の候補となる50語。「じぇじぇじぇ」や「今でしょ」以外に馴染みのない言葉もあった。きのう東京・有楽町で、50語の意味がわかるか調査。「激おこぷんぷん丸」を東京・渋谷で若者は全て知っており、ギャル語が語源と言われている。「SNEP」とは、東京大学・教育関係者が提唱した言葉で、20〜59歳の仕事がなく未婚で、友達もいない人の事。そのほか、「こじらせ女子」は、2年前に出版された「女子をこじらせて」から発生した言葉で、作者の雨宮まみは、考えすぎて煮詰めてしまった状態だと話した。スタジオでは、そのほかの新語・流行語を紹介した。