ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「須田慎一郎」の検索結果

「須田慎一郎」に関連する情報 335件中 1〜10件目

土鍋

家康くんなどが1位となった2015年などの投票数が郡を抜いていたため、出演者らは「組織票だったのではないか」と意見した。須田慎一郎は「元々地域おこしなどのためなのだから1位になってから次の展開が重要である」とコメントした。これに対しこにゅうどうくんは「四日市市はシティプロモーションに力を入れていることを話し、四日市市に遊びに来てくれる人が増えてほしい」と位田千夏を通して語った。こにゅうどうくんはダンスが得意とのことで紅白や某アイドルグループと共演したこともあるという。また四日市の良いところとして「工場夜景」を挙げ、食べ物では「トンテキ」と話した。

過去にもゆるキャラの組織票などをめぐる問題があり、「出世大名家康くん」の際には2013年11月に「ゆるキャラグランプリ」で首位奪取のため市長を本部長とする「選挙対策本部」を設置。市の業務用パソコンからの投票も公務と認め市内有力企業に協力を求めるなど総力戦で臨むが結果は2位、一部から組織票との批判も受けたという。また千葉・銚子市の「きゃべっしー」では「ふなっしー」と色以外がそっくりだったため銚子市に苦情が殺到し、HPで謝罪し事態の沈静化を図ったこともあった。北海道・長万部町の「まんべくん」はツイッターに太平洋戦争について書き込み、町役場に批判が殺到、町長がHPで謝罪しブログは閉鎖されたという。三重県志摩市公認だった「碧志摩メグ」は「性的すぎて不快」などの批判を受け後に公認撤回された。ギャラ事情ではくまモンは「吉本と一緒で9割は熊本県が持って行く」と話している。経済効果は日銀熊本支店の資産では1244億円にも上るという。


大口駅

きのう未明、横浜市神奈川区の大口通商店街で通り魔とみられる事件が発生。付近に住む34歳の女性が男に刺され重傷となった。現場から記者が中継で、現場は大口駅に近い、男はまだ捕まっていないと紹介した。商店街には20以上の防犯カメラがあり、現在も警察が映像を調べているという。発生時刻はきのうの午前3時半ごろ、被害女性はたまたま通りかかった新聞配達員に発見された、女性がコンビニの袋を持っていたとの情報もあると紹介した。

きのう未明、横浜市神奈川区の大口通商店街で通り魔とみられる事件が発生。付近に住む34歳の女性が男に刺され重傷となった。現場はJR大口駅から約400メートル。通りかかった新聞配達員の男性が警察に通報したという。商店街には防犯カメラが20台以上つけてあるといい、警察が調べている。

「不審者が近づいてきたら近くの店や家に駆け込む」について小川泰平は「駅から自宅までなどでは夜間でも入れそうな家や店を確認しておいてほしい」と述べた。また現職の頃は言えなかった事として「夜間コンビニに1人で買い物することは極力控えてほしい」と話し「買い物内容で1人であることや自宅から近いことがわかってしまう」と理由を解説した。須田慎一郎は「今回の事件で防犯カメラは確信犯には効果がないことがわかった、自分の身を守るため意識する必要がある」とコメントした。まだ日曜午前3時半頃に起きた通り魔の犯人は逮捕されていないという。


大口通商店街

きのう未明、横浜市神奈川区の大口通商店街で通り魔とみられる事件が発生。付近に住む34歳の女性が男に刺され重傷となった。現場から記者が中継で、現場は大口駅に近い、男はまだ捕まっていないと紹介した。商店街には20以上の防犯カメラがあり、現在も警察が映像を調べているという。発生時刻はきのうの午前3時半ごろ、被害女性はたまたま通りかかった新聞配達員に発見された、女性がコンビニの袋を持っていたとの情報もあると紹介した。

きのう未明、横浜市神奈川区の大口通商店街で通り魔とみられる事件が発生。付近に住む34歳の女性が男に刺され重傷となった。現場はJR大口駅から約400メートル。通りかかった新聞配達員の男性が警察に通報したという。商店街には防犯カメラが20台以上つけてあるといい、警察が調べている。

横浜市神奈川区・大口通商店街の刺傷事件についてトーク。スタジオの小川泰平氏は現場の商店街を知っているといい、防犯意識が高く防犯カメラは商店街が導入し一括管理されている、スリの事件が起きると犯人が商店街を入ってから出るまで完全に追跡できたと答えた。東京スタジオの出口保行氏は、女性が刺される事件は9割以上が人見知りの犯行である、通り魔であれば地元に近い人間以外が犯行する場所ではないと答えた。

横浜市神奈川区・大口通商店街の刺傷事件について解説。発見時刻はきのう午前3時半ごろで、新聞配達員の男性が倒れている女性を見つけ警察に通報した。通報した男性によると受け答えができる状態だったという。警察によると血のあとが約100メートルにわたって残っており、警察から犯人は南に逃げたと聞いたとの情報もある。トークではその他、現場の商店街は夜でも街灯で明るい場所だった、映像からある程度犯人像は絞れるはずなどと話した。

「不審者が近づいてきたら近くの店や家に駆け込む」について小川泰平は「駅から自宅までなどでは夜間でも入れそうな家や店を確認しておいてほしい」と述べた。また現職の頃は言えなかった事として「夜間コンビニに1人で買い物することは極力控えてほしい」と話し「買い物内容で1人であることや自宅から近いことがわかってしまう」と理由を解説した。須田慎一郎は「今回の事件で防犯カメラは確信犯には効果がないことがわかった、自分の身を守るため意識する必要がある」とコメントした。まだ日曜午前3時半頃に起きた通り魔の犯人は逮捕されていないという。


ソニックシティ

イベント中止による損害額は3000〜4000万円。自主興行の場合、沢田研二側が負債を負う。今回はさいたまスーパーアリーナでの公演が中止になったが、来年1月5日と2月7日にソニックシティでの代替公演が発表された。イベント中止を受け沢田研二への注目も高まり、大阪公演のチケットの価格は約9倍に跳ね上がっている。竹田恒泰は、「コンディションを理由に中止にするなら分かるが、観客の少なさを理由にするのは違う気がする」などとコメント。石塚元章は、「観客数の少なさが本当の理由かも分からない。何か他の理由があるかも」などと話した。須田慎一郎は、「さいたまスーパーアリーナをいっぱいにできなかったという今の自分にある種の不甲斐なさを感じたのでは」などと述べた。


さいたまスーパーアリーナ

沢田研二のドタキャンに芸能界から賛否の声があがっている。「贅沢言うな」「老人気取りで甘えるな」といった中尾ミエ、高須克弥らの否の声。「彼の責任感なのかな。俺だったら少ないなりに楽しみたい」といった堺正章の賛の声など。

イベント中止による損害額は3000〜4000万円。自主興行の場合、沢田研二側が負債を負う。今回はさいたまスーパーアリーナでの公演が中止になったが、来年1月5日と2月7日にソニックシティでの代替公演が発表された。イベント中止を受け沢田研二への注目も高まり、大阪公演のチケットの価格は約9倍に跳ね上がっている。竹田恒泰は、「コンディションを理由に中止にするなら分かるが、観客の少なさを理由にするのは違う気がする」などとコメント。石塚元章は、「観客数の少なさが本当の理由かも分からない。何か他の理由があるかも」などと話した。須田慎一郎は、「さいたまスーパーアリーナをいっぱいにできなかったという今の自分にある種の不甲斐なさを感じたのでは」などと述べた。


札幌ドーム

世界に誇る日本の技術の信頼が揺らいでいる。油圧機器メーカーのKYBが免震・制振ダンパーの検査データを改ざんがあったと発表。ダンパーは地震の際、揺れを抑える働きをするが、そのデータを改ざんし出荷。大阪府庁や、札幌ドームなどからマンションまで、全国1095箇所で使われている可能性があるという。なぜ同様の問題が続出しているのかについて、須田慎一郎氏は背景には、人員不足とプレッシャーがあると指摘。「あの人員からみてあの仕事量・検査量というところを見ると、相当な残業であるとか休日出勤をしないとこなせるような仕事量ではない」と語った。公表された建物は全国70件を公表したが、これは全体の6%に過ぎず不信と不安が広がっている。


東京駅

世界に誇る日本の技術の信頼が揺らいでいる。油圧機器メーカーのKYBが免震・制振ダンパーの検査データを改ざんがあったと発表。ダンパーは地震の際、揺れを抑える働きをするが、そのデータを改ざんし出荷。大阪府庁や、札幌ドームなどからマンションまで、全国1095箇所で使われている可能性があるという。なぜ同様の問題が続出しているのかについて、須田慎一郎氏は背景には、人員不足とプレッシャーがあると指摘。「あの人員からみてあの仕事量・検査量というところを見ると、相当な残業であるとか休日出勤をしないとこなせるような仕事量ではない」と語った。公表された建物は全国70件を公表したが、これは全体の6%に過ぎず不信と不安が広がっている。


大阪府庁

世界に誇る日本の技術の信頼が揺らいでいる。油圧機器メーカーのKYBが免震・制振ダンパーの検査データを改ざんがあったと発表。ダンパーは地震の際、揺れを抑える働きをするが、そのデータを改ざんし出荷。大阪府庁や、札幌ドームなどからマンションまで、全国1095箇所で使われている可能性があるという。なぜ同様の問題が続出しているのかについて、須田慎一郎氏は背景には、人員不足とプレッシャーがあると指摘。「あの人員からみてあの仕事量・検査量というところを見ると、相当な残業であるとか休日出勤をしないとこなせるような仕事量ではない」と語った。公表された建物は全国70件を公表したが、これは全体の6%に過ぎず不信と不安が広がっている。


KYB

世界に誇る日本の技術の信頼が揺らいでいる。油圧機器メーカーのKYBが免震・制振ダンパーの検査データを改ざんがあったと発表。ダンパーは地震の際、揺れを抑える働きをするが、そのデータを改ざんし出荷。大阪府庁や、札幌ドームなどからマンションまで、全国1095箇所で使われている可能性があるという。なぜ同様の問題が続出しているのかについて、須田慎一郎氏は背景には、人員不足とプレッシャーがあると指摘。「あの人員からみてあの仕事量・検査量というところを見ると、相当な残業であるとか休日出勤をしないとこなせるような仕事量ではない」と語った。公表された建物は全国70件を公表したが、これは全体の6%に過ぎず不信と不安が広がっている。


カヤバシステムマシナリー

表沙汰になった原因は休憩中のカヤバシステムマシナリー従業員が検査担当者からの改竄の話を聞き上司に報告し発覚したとのこと。その後先月19日に国土交通省に報告され、昨日会見に至ったという。石塚元章は「最近にも同じような事があり、それを危惧したした従業員または上司が大事に至らないようにと今回の形になったのでは」などと意見し、「勇気の要る行為だ」と述べた。東国原英夫は「財務省の書類改竄の時も言えなかったのだろう」と話した。須田慎一郎は日本の組織上の問題点を挙げ、「不正を明かせば前任者や上司などに類が及んでいき、自分だけの問題ではなくなってしまうため、言えなくなる」とコメントした。KYBは組織的な不正だったかについて「組織としてどのレベルまで知っていたのかは内部だけで把握出来ない部分があり、外部の調査員に調べてもらっている」と答えた。