ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「須田慎一郎」の検索結果

「須田慎一郎」に関連する情報 317件中 1〜10件目

日銀

須田慎一郎はスルガ銀行の不正融資がなぜこれまで明るみに出なかったのかについて、スルガ銀行は”アメ”と”ムチ”があると指摘。スルガ銀行の行員の平均年収は800万円を超えていて、全国の銀行で2位という結果になっている。


スルガ銀行

須田慎一郎はスルガ銀行の不正融資がなぜこれまで明るみに出なかったのかについて、スルガ銀行は”アメ”と”ムチ”があると指摘。スルガ銀行の行員の平均年収は800万円を超えていて、全国の銀行で2位という結果になっている。


毎日新聞

第三者委員会の会見直後、スルガ銀行も会見を開き、不正融資の責任をとって会長、社長ら経営陣5人の辞任を発表した。多くの行員が偽装や改ざんに手を染めるという信じられない実態が明らかになった。30年以上にわたり経営トップにいた会長の素顔とは。創業家5代目のエリート。スルガ銀行は1895年の設立以来、創業家出身者が代々トップと務めている。会長は創業家の5代目。会長は1967年に慶應義塾大学経済学部を卒業し、1975年にスルガ銀行に入行。1985年に当時40歳という若さで頭取に就任。個人向け融資に特化し業績を伸ばし、金融庁も地銀の優等生として評価していた。2016年に会長に就任してからも経営の実権を握り続け、2018年3月期の役員報酬額は1億9700万円だった。(朝日新聞、毎日新聞から)金融庁はスルガ銀行に対し近く一部の業務停止など厳しい処分で臨む方針。須田慎一郎氏は今後のスルガ銀行について、「問題が発生した個人向けの融資などが業務停止命令になってくると思う。ストップすると業績が悪化して利益が減り、経営に大きなダメージを与える可能性が高い」などとコメント。シェアハウスの不正融資問題の責任をとって辞任した会長に代わり経営のトップに立ったのは52歳の新社長。経営企画部コンプライアンス部長などを歴任した人物。新体制で企業風土を改善できるのか。


朝日新聞

第三者委員会の会見直後、スルガ銀行も会見を開き、不正融資の責任をとって会長、社長ら経営陣5人の辞任を発表した。多くの行員が偽装や改ざんに手を染めるという信じられない実態が明らかになった。30年以上にわたり経営トップにいた会長の素顔とは。創業家5代目のエリート。スルガ銀行は1895年の設立以来、創業家出身者が代々トップと務めている。会長は創業家の5代目。会長は1967年に慶應義塾大学経済学部を卒業し、1975年にスルガ銀行に入行。1985年に当時40歳という若さで頭取に就任。個人向け融資に特化し業績を伸ばし、金融庁も地銀の優等生として評価していた。2016年に会長に就任してからも経営の実権を握り続け、2018年3月期の役員報酬額は1億9700万円だった。(朝日新聞、毎日新聞から)金融庁はスルガ銀行に対し近く一部の業務停止など厳しい処分で臨む方針。須田慎一郎氏は今後のスルガ銀行について、「問題が発生した個人向けの融資などが業務停止命令になってくると思う。ストップすると業績が悪化して利益が減り、経営に大きなダメージを与える可能性が高い」などとコメント。シェアハウスの不正融資問題の責任をとって辞任した会長に代わり経営のトップに立ったのは52歳の新社長。経営企画部コンプライアンス部長などを歴任した人物。新体制で企業風土を改善できるのか。


慶應義塾大学

第三者委員会の会見直後、スルガ銀行も会見を開き、不正融資の責任をとって会長、社長ら経営陣5人の辞任を発表した。多くの行員が偽装や改ざんに手を染めるという信じられない実態が明らかになった。30年以上にわたり経営トップにいた会長の素顔とは。創業家5代目のエリート。スルガ銀行は1895年の設立以来、創業家出身者が代々トップと務めている。会長は創業家の5代目。会長は1967年に慶應義塾大学経済学部を卒業し、1975年にスルガ銀行に入行。1985年に当時40歳という若さで頭取に就任。個人向け融資に特化し業績を伸ばし、金融庁も地銀の優等生として評価していた。2016年に会長に就任してからも経営の実権を握り続け、2018年3月期の役員報酬額は1億9700万円だった。(朝日新聞、毎日新聞から)金融庁はスルガ銀行に対し近く一部の業務停止など厳しい処分で臨む方針。須田慎一郎氏は今後のスルガ銀行について、「問題が発生した個人向けの融資などが業務停止命令になってくると思う。ストップすると業績が悪化して利益が減り、経営に大きなダメージを与える可能性が高い」などとコメント。シェアハウスの不正融資問題の責任をとって辞任した会長に代わり経営のトップに立ったのは52歳の新社長。経営企画部コンプライアンス部長などを歴任した人物。新体制で企業風土を改善できるのか。


スルガ銀行

シェアハウスオーナーらに対する不適切融資問題で揺れるスルガ銀行。きのう第三者委員会は組織ぐるみの不正関与を認定。日常的にパワハラが横行していた事実が明らかになった。地銀の優等生と言われ高い評価を受けていた銀行に何があったのか。30年にわたり経営トップの座にいた創業家含む経営陣が総退陣へ。今年4月、シェアハウス運営会社のスマートデイズが経営破たんし、オーナーへ保証されるはずだった賃料の支払いがストップした問題。オーナーの多くがスルガ銀行から1億円から4億円の融資を受けていたため、 融資の返済に行き詰まる事態になっている。第三者委員会の調査報告では、ローン融資の際オーナーの自己資金を多く見せるために預金通帳残高の改ざん行為が蔓延していたと指摘。書類の偽装が疑われる件数は2014年以降で795件あったとし、審査書類の改ざんに行員が直接関与していたことを認定した。執行役員1人も改ざんに関与していたとして組織的な問題と認定した。不正の背景にはある企業風土が関係しているとした。パワハラが横行する企業風土。報告書によると営業ノルマが厳しく、達成できないと上司からパワハラを受けていたとのこと。不正融資について第三者委員会は組織的な不正があったと結論付け、背景には上司からのプレッシャーや厳しい営業ノルマ、 短期の業績で決まるボーナス制度があったと指摘した。

第三者委員会の会見直後、スルガ銀行も会見を開き、不正融資の責任をとって会長、社長ら経営陣5人の辞任を発表した。多くの行員が偽装や改ざんに手を染めるという信じられない実態が明らかになった。30年以上にわたり経営トップにいた会長の素顔とは。創業家5代目のエリート。スルガ銀行は1895年の設立以来、創業家出身者が代々トップと務めている。会長は創業家の5代目。会長は1967年に慶應義塾大学経済学部を卒業し、1975年にスルガ銀行に入行。1985年に当時40歳という若さで頭取に就任。個人向け融資に特化し業績を伸ばし、金融庁も地銀の優等生として評価していた。2016年に会長に就任してからも経営の実権を握り続け、2018年3月期の役員報酬額は1億9700万円だった。(朝日新聞、毎日新聞から)金融庁はスルガ銀行に対し近く一部の業務停止など厳しい処分で臨む方針。須田慎一郎氏は今後のスルガ銀行について、「問題が発生した個人向けの融資などが業務停止命令になってくると思う。ストップすると業績が悪化して利益が減り、経営に大きなダメージを与える可能性が高い」などとコメント。シェアハウスの不正融資問題の責任をとって辞任した会長に代わり経営のトップに立ったのは52歳の新社長。経営企画部コンプライアンス部長などを歴任した人物。新体制で企業風土を改善できるのか。


よしもとクリエイティブ・エージェンシー

「桐谷より先に自分が出会っていたら結婚していた」という女性が出現、尼神インターの誠子さん29歳だ。大久保佳代子さんは「この子はイケメンを見ると当たり屋みたいなことをするから」とコメント。誠子さんは美人の双子の妹がおり、2人からは「シュレック」と呼ばれているという。須田慎一郎さんは誠子さんのことを「腰の低い良い人」とフォローした。三浦翔平さんを昔から知っているというユージさんは「プライベートでもイケメン。仕草も話し方もすべてがかっこよく、とてもモテると思う」と話した。


東京スポーツ

「桐谷より先に自分が出会っていたら結婚していた」という女性が出現、尼神インターの誠子さん29歳だ。大久保佳代子さんは「この子はイケメンを見ると当たり屋みたいなことをするから」とコメント。誠子さんは美人の双子の妹がおり、2人からは「シュレック」と呼ばれているという。須田慎一郎さんは誠子さんのことを「腰の低い良い人」とフォローした。三浦翔平さんを昔から知っているというユージさんは「プライベートでもイケメン。仕草も話し方もすべてがかっこよく、とてもモテると思う」と話した。


「須田慎一郎」に関連するイベント情報

W杯

ワールドカップ第2戦日本はセネガルと対戦した。

日本はセネガルと対戦した。前半11分にマネ選手が先制ゴールを決めた。先制点にセネガルサポーターは歓喜した。前半34分長友が折り返し乾が乾ゾーンからシュートを放ち同点ゴールを決めた。後半26分ワゲ選手が2点めを入れ2−1に。香川と本田が交代し投入6分後本田が決めた。本田は日本初3大会連続でゴールを決めた。2−2の引き分けとなり勝点1をもぎ取った。西野朗監督は「勝ちきりたいゲームだったので死力を尽くした」などと話した。乾選手は「思い切って打った結果がゴールに繋がってよかった」と話した。

スタジオのユージが「2−2で良かった。勝ちたかったけど、この引き分けは感動する引き分け」などと話した。中西哲生は「日本が同点ゴール2つ取ったが、実は日本は過去の大会で14ゴール取っているがそのうち同点ゴールは2つしかない」などと話した。「今大会は粘りがあると思うが」と問われ「試合の組み立ての所で役割分担がはっきりしている印象がある」と答えた。出演者が「セネガルは日本の倍シュートしている」と話した。大久保佳代子は「始め5分観て体格の違いで、絶対勝てないと思った」と話した。

1勝1分になった日本とセネガル。残すは日本はポーランド戦のみ。ポーランドはグループリーグ敗退は決定している。次のポーランド戦で日本は勝利・引き分けで決勝トーナメント進出。敗北した場合、セネガル対コロンビアの試合結果によって変わる。セネガルが勝利すれば日本が決勝トーナメント進出。セネガルが負けたらセネガルとの得失点差により決まる。セネガルが引き分けると日本は敗退決定となる。中西哲生氏は「重要なことはセネガルがコロンビアに勝ってくれれば、たとえ日本が負けたとしても健闘してくれることが非常に重要。表を見てもらってすごく有利だということはわかる。逆に言うとポーランドは2試合終わって敗退してしまっているため、メンバーを大幅に入れ替える可能性がある。日本はそれを瞬時に見極められるかが難しい」と述べた。

各紙、本田圭佑選手のことが報じられている。大会前にごく親しい人に本田選手は短いメッセージを送っていたそう。そこには「点取ってきます」と短いメッセージ、有言実行だった。本田選手は日本史上初となるW杯3大会連続ゴールを決めた。(デイリースポーツ/日刊スポーツ/スポーツニッポン/スポーツ報知)

須田慎一郎氏はなぜ大会前の本田選手の評価が低かったのかと質問。中西氏は「前監督が好む選手と当然ながら西野監督が好む選手は当然ながら監督によって変わる。メンバーが前監督のときと変わっていた。監督の好むが選手起用に反映されるため、西野監督のときには香川がトップしたにスタメンで入っているが、途中から本田をジョーカーで使うという方法に本大会から切り替えた。これが非常にはまっていると思う。」と述べた。中西氏は昨日の試合のMVPは柴崎岳選手とした。先制点に繋がるパスを出したのは柴崎岳選手だった。相手の嫌がることをやり続けていた。丁寧に何度も付き続けたということだとした。

日本の快進撃について世界の反応。韓国はロシアでアジアのサッカーの歴史を塗り替えたとしている。本田についてビックマウスと批判する日本メディアもあったが、本田はこれを払拭し、自分の価値を証明したとしている。イギリスは日本は最高齢のチームを送り込んできた。その経験が生きたのか様々なチャレンジを仕掛けたとしている。アメリカはアキラ・ニシノは攻撃的に戦い抜くアグレッシブな姿勢を崩さない信念を貫いたとしている。

日本vsポーランドの試合は日本時間の木曜午後11時キックオフ。中西氏は1−1の引き分けで決勝へ進出すると予想したが、当初は3戦全敗と予想していたため当たらないですよなどと話した。いまの日本代表は先制されたり追いつかれたあとも落ち着いて戦えているとコメント。


日刊スポーツ

日大関係者の証言によると、問題の試合の直後、内田正人監督は他の選手に対して、「あいつがこうなったのは攻めきった結果。他の奴らももっとやってこい。」などと言っていたという。内田正人は常務理事に関しては、「それは違う問題」などとコメントしている。須田慎一郎は、「直結した問題。教育現場で起こっていること。これに内田さんが関わっているなら、教育者としての適格性がない。常務理事という資格はない。」などとコメント。小林信也は、「150人の青年を日々間違った方向に導いている。監督としての問題にとどまらない。」などとコメント。竹田恒泰は、「悪いことをしたら謝るなどは、幼稚園に入る前に叩き込まれること。」などとコメント。監督を辞任する表明はしたが、コーチ陣の解任については考えていないとし、全員残留の考え。日大関係者は、「これでは誰も納得しないし、解決にはならない。」などと話している。内田監督は日大の常務理事も務め、「人事部長」「保健体育審議会局長」など大学のNo2と言われている。日大関係者は、「監督を辞任しても院政になるだけ。役職、本体から離れなければ部への影響力に変わりはない。」と話している。小林信也は、「大学の推薦入学は結構ある。授業料免除など、特待生で入れるのは日大以外にあんまりない。特待生の学生はプレッシャーを感じる可能性はある。付属高校から日大に入らず他を受験してアメフトをした人に嫌がらせをしたなどは、大学のこの立場にあるからできること。力を行使して自分の思いを反映させているのは完全に繋がっている。」などとコメント。

タックルを受けた選手の父親は、「一定のけじめをつけたと思うが、危険なタックルの原因ははっきりしていない。選手が犯した過ちの責任を自分が背負うというように聞こえ、モヤモヤした思い。チームが一新されるかは疑問。」などとコメントし、今日被害届を提出。鈴木大地スポーツ庁長官は、「なぜ答えられないのかよくわからない。すみやかに事実関係を話して欲しい。」などとコメント。関学大広報室は、「日大から回答書をいただけるのでそれを見てから。」などとコメント。監督辞任も常任理事は辞任しないことに関して、日大アメフト部OBは、「大学の役職があったら影響力が残ってしまう。ここでフェニックスが信頼を取り戻すなら、コーチも含めて全部入れ替えないとダメ。」などとコメント。日大関係者は、「選手の指導陣への不信感は強まりばかり。すでに退部を決意している部員も増えている。」などとコメント。特にタックルをした選手と同じ3年生は不信感が強まり、1,2年を含めた下級生も指導陣についていけないという思いが強まっている。総部員数約150人中、3年以下は100人超。4年生は6月の就職活動解禁を控えて、卒業後に不安を持つ学生や保護者がいる。就活中の日大生は、「終活にも影響が出ているという話も聞く。悪いイメージはもう戻らない。」などとコメント。竹田恒泰は、「日大全体の評判も下げた。大きな税金が投入されている。日大には危機管理学部があるのに、これでは何を学ぶのか。常務理事を辞めるしかない。」などとコメント。