ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「風見しんご」の検索結果

「風見しんご」に関連する情報 673件中 1〜10件目

路地裏の永世屋

最後は路地を探検。すると「路地裏の永世屋」という酒屋さんを発見。親子で営んでいた。その店先は夕方になると居酒屋のようになる。七輪で熱燗にしている。ということで風見しんごさんはご主人と一杯やることに。笠井正尚さんは「中野は好き。立派になろうとかつっぱらなくていい。」と話した。


中野ブロードウェイ

中野の人気スポットといえば、中野ブロードウェイ。中野ブロードウェイは約300店舗あるビルの中の商店街。外国人観光客で今は賑わっている。外国人観光客のお目当てはアニメや漫画などのサブカルチャー。手塚治虫が書いた漫画が18万円で売られている。水木しげるの戦場の誓いは45万円だった。昭和39年発売のゴジラのおもちゃの値段は16万円。マニアが買って行くという。八百屋さんにブロードウェイの歴史を聞いた。昭和41年総工費60億円でニューヨークの高級アパートをイメージして作られたという。商業フロアには高級ブランドを扱う店が立ち並び、住居にはモダンなリビングやダイニングが設けられた。屋上には2000坪の日本庭園、プールもあり憧れの的になった。青島幸男さんなど有名人が住んでいた。

中野についてスタジオトークを展開。江戸時代は犬屋敷だった。東京ドーム20個分で20万頭の犬がいた。風見しんごさんらは「今も散歩の犬、お犬様だ。」と話した。森本毅郎さんは丸井が出来た頃に中野の高校生だったと話した。風見しんごさんは「中野ブロードウェイの近くに住んでいた。」などと当時の話をした。中野は大きすぎない、高すぎない、気取っていないところが一番の魅力である。


中野マルイ

賑わいが青梅街道から駅の方に移ったきっかけは明治22年甲武鉄道が開通したためだった。その後関東大震災で被災した人たちが移り住み駅前に商店街ができた。その商店の一つが「中野マルイ」。マルイは中野が一号店だった。その前身は昭和6年中野で家具の割賦販売をしていた家具屋さん。分割で変えることが売りだった。その後洋服などを扱い、昭和35年に日本ではじめてのクレジットカードを発行した。そして好きだからあげるというコピーが若者の心を捉えた。丸井は昭和のDCブランドブームを牽引した。

中野についてスタジオトークを展開。江戸時代は犬屋敷だった。東京ドーム20個分で20万頭の犬がいた。風見しんごさんらは「今も散歩の犬、お犬様だ。」と話した。森本毅郎さんは丸井が出来た頃に中野の高校生だったと話した。風見しんごさんは「中野ブロードウェイの近くに住んでいた。」などと当時の話をした。中野は大きすぎない、高すぎない、気取っていないところが一番の魅力である。


「風見しんご」に関連するグルメ情報

江戸甘味噌

犬屋敷の跡地には明治になると陸軍の施設が作られた。やがてスパイ養成所となる陸軍中野学校になった。陸軍中野学校跡地は今、中野四季の森公園になっている。犬屋敷があった江戸時代に中野の中心は青梅街道沿いだった。そこを歩いていると風見しんごさんは石臼を発見。そこは明治5年創業の製粉会社だった。その先にもおおきな窯が。創業1885年のあぶまた味噌だった。話を聞いてみることに。あぶまた味噌は江戸時代は菜種油を売りその後味噌を作ることになった。中野は中野坂上そば・みそ・しょうゆと言われるぐらい江戸への食料の供給基地だったという。青梅街道は徳川家康が物資の輸送路として建設した道。中野坂上ではみそやそば粉が作られた。昭和初期まで製粉所などが建ち並んでいた。江戸甘味噌のお味は甘くてしょっぱくない。


青梅街道

犬屋敷の跡地には明治になると陸軍の施設が作られた。やがてスパイ養成所となる陸軍中野学校になった。陸軍中野学校跡地は今、中野四季の森公園になっている。犬屋敷があった江戸時代に中野の中心は青梅街道沿いだった。そこを歩いていると風見しんごさんは石臼を発見。そこは明治5年創業の製粉会社だった。その先にもおおきな窯が。創業1885年のあぶまた味噌だった。話を聞いてみることに。あぶまた味噌は江戸時代は菜種油を売りその後味噌を作ることになった。中野は中野坂上そば・みそ・しょうゆと言われるぐらい江戸への食料の供給基地だったという。青梅街道は徳川家康が物資の輸送路として建設した道。中野坂上ではみそやそば粉が作られた。昭和初期まで製粉所などが建ち並んでいた。江戸甘味噌のお味は甘くてしょっぱくない。

賑わいが青梅街道から駅の方に移ったきっかけは明治22年甲武鉄道が開通したためだった。その後関東大震災で被災した人たちが移り住み駅前に商店街ができた。その商店の一つが「中野マルイ」。マルイは中野が一号店だった。その前身は昭和6年中野で家具の割賦販売をしていた家具屋さん。分割で変えることが売りだった。その後洋服などを扱い、昭和35年に日本ではじめてのクレジットカードを発行した。そして好きだからあげるというコピーが若者の心を捉えた。丸井は昭和のDCブランドブームを牽引した。


あぶまた味噌

犬屋敷の跡地には明治になると陸軍の施設が作られた。やがてスパイ養成所となる陸軍中野学校になった。陸軍中野学校跡地は今、中野四季の森公園になっている。犬屋敷があった江戸時代に中野の中心は青梅街道沿いだった。そこを歩いていると風見しんごさんは石臼を発見。そこは明治5年創業の製粉会社だった。その先にもおおきな窯が。創業1885年のあぶまた味噌だった。話を聞いてみることに。あぶまた味噌は江戸時代は菜種油を売りその後味噌を作ることになった。中野は中野坂上そば・みそ・しょうゆと言われるぐらい江戸への食料の供給基地だったという。青梅街道は徳川家康が物資の輸送路として建設した道。中野坂上ではみそやそば粉が作られた。昭和初期まで製粉所などが建ち並んでいた。江戸甘味噌のお味は甘くてしょっぱくない。


中野四季の森公園

犬屋敷の跡地には明治になると陸軍の施設が作られた。やがてスパイ養成所となる陸軍中野学校になった。陸軍中野学校跡地は今、中野四季の森公園になっている。犬屋敷があった江戸時代に中野の中心は青梅街道沿いだった。そこを歩いていると風見しんごさんは石臼を発見。そこは明治5年創業の製粉会社だった。その先にもおおきな窯が。創業1885年のあぶまた味噌だった。話を聞いてみることに。あぶまた味噌は江戸時代は菜種油を売りその後味噌を作ることになった。中野は中野坂上そば・みそ・しょうゆと言われるぐらい江戸への食料の供給基地だったという。青梅街道は徳川家康が物資の輸送路として建設した道。中野坂上ではみそやそば粉が作られた。昭和初期まで製粉所などが建ち並んでいた。江戸甘味噌のお味は甘くてしょっぱくない。


中野サンプラザ

人気アーティストがコンサートを開いてきた中野サンプラザは2020年度までに再整備されるという。付近には犬の銅像がある。五代将軍綱吉の「犬屋敷」が あった場所。綱吉の時代、江戸の人々はこぞって犬を飼ったが、それにより町には野良犬が溢れていた。その保護のために犬屋敷が作られた。中野区立歴史民俗資料館の学芸員、冨井さんに話を聞くと、中野駅周辺に広さが約28万坪、多い時で約10万頭の犬が飼われていたという。古文書によると綱吉は犬を保護するため5つの囲いを作って保護していた。現在の中野に当てはめると駅周辺が東京ドーム20個分とほとんど犬屋敷に。エサ代も1年で98億円だった。犬は籠で大切に運ばれ米や魚を食べていたという。しかし生類憐れみの令は生きとし生けるものを大切にしょうということから再評価されている。

中野についてスタジオトークを展開。江戸時代は犬屋敷だった。東京ドーム20個分で20万頭の犬がいた。風見しんごさんらは「今も散歩の犬、お犬様だ。」と話した。森本毅郎さんは丸井が出来た頃に中野の高校生だったと話した。風見しんごさんは「中野ブロードウェイの近くに住んでいた。」などと当時の話をした。中野は大きすぎない、高すぎない、気取っていないところが一番の魅力である。


めだか

めだかブームについて紹介した。千葉県柏市のメダカ専門店では80種類ほどのメダカを飼育販売している。人気なのは出目パンダやラメのついたメダカなど。水の取り替えは10日〜2週間に1回程度で簡単に飼い始めることができるという。趣味で品種改良をしている井出さんは自分で1000匹以上を飼育している。スタジオでは風見しんごが「このメダカとこのメダカ飼うとどんな子が生まれるんだろうと思うこともある」などと話した。(女性自身)


出目パンダ

めだかブームについて紹介した。千葉県柏市のメダカ専門店では80種類ほどのメダカを飼育販売している。人気なのは出目パンダやラメのついたメダカなど。水の取り替えは10日〜2週間に1回程度で簡単に飼い始めることができるという。趣味で品種改良をしている井出さんは自分で1000匹以上を飼育している。スタジオでは風見しんごが「このメダカとこのメダカ飼うとどんな子が生まれるんだろうと思うこともある」などと話した。(女性自身)