ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「食パン」の検索結果

「食パン」に関連する情報 8310件中 1〜10件目

ザ・トースター

スタジオにバルミューダの製品が持ち込まれ、村上は「パット見でわかるよね。美しい」と語った。

スタジオにバルミューダの製品が持ち込まれ、ザ・トースターで焼いたトーストに小池は「なにこれ!」と驚いた。この食感にたどり着くまで食パンを5000枚は焼いたという。寺尾は「商品そのものではなく使った時に何が起きるか。どんな驚きやうれしさがあるのかをお客は買っているのではないか。トースターを作るときにトースターを作っているとは思っていない。食べた瞬間のうれしさを我々は開発している」と語った。村上は「体験として印象に残るものは難しいですよね」と語った。

バルミューダを特集。社長の寺尾は起業して最初に作ったノートパソコン専用冷却台X-Baseを持ち「かっこいいから売れるんじゃねえかとうっかり作ったのがこの会社」と語った。寺尾は高校を2年で中退し、ロックスターを目指した。Beach Fightersというバンドで大手レコード会社と契約するも売れなかった。当時のことを「衝撃的でした。夢ってかなわないんだって」と語った。その後、アルバイトで食いつないでいた寺尾は偶然見たオランダのデザイン紙をみて洗練されたデザインに感銘を受け「自分も作ってみたい」と思うようになった。そして金属加工工場を周り「見学させてもらえないか」と頼むが何十件も断られてしまう。そんな中、春日井製作所だけが寺尾の話を聞いてくれた。これが人生の転機だったという。自分で機材を買おうとしている寺尾に春日井は製作所の機材を使って練習していいよと言ってくれたのだ。寺尾は「春日井製作所がなかったらバルミューダはなかった」と語った。1年間通いつめ作り上げたのが「X-Base」である。この商品をひっさげ2003年にバルミューダは創業した。1台3万円以上するX-Baseだが3ヶ月で100台を超える注文が入った。次に当時世の中にまだなかったLEDデスクライト「Highwire」を製造。この商品もヒットし、バルミューダの年商は跳ね上がったがここでリーマンショックが起こる。寺尾は「1ヵ月ファックスが鳴らないので終わったと思った」と語った。


バルミューダ ザ・ゴハン

バルミューダを特集。本社で行われたミーティングに短パン姿で登場した寺尾玄社長。寺尾は社員に「会社としては皆さんに失敗していいですと言い切ります」と語りかけた。社長でありながら全ての商品のアイデアを出している寺尾は、家電メーカーに務めたことはない家電の素人だが世の中の常識を疑い、世の中にないものを作ってきた。ザ・トースターが出来たきっかけはバーベキューのグリルで食パンを焼いたらおいしく焼けたこと。そのときの味を再現しようとしたがうまくいかず、その日雨が降っていたことを思い出し「水が大事」だということにたどり着いた。今年2月に発売した炊飯器バルミューダ ザ・ゴハンは保温機能はないが大ヒット。これも米を水蒸気を使って炊くという商品。

バルミューダを特集。新商品の炊飯器の試食会が行われ、参加者は新鮮な体験に喜んだ。寺尾が作りたいのは家電ではなく、このうれしい体験だという。


グリーンファン

バルミューダを特集。バルミューダの名前を世に知らしめたのはグリーンファン。自然に近い心地いい風を作り出し長時間あたっていても疲れない。1台38000円と扇風機とは思えない値段だが30万台以上を販売した。バルミューダの熱烈なファンの中村さんの家にはバルミューダ製品がズラリ。バルミューダ ザ・ポットを使い始めてからコーヒーが美味しくなったと語った。二日前に買ったクロワッサンもザ・トースターを使えば焼き立てのように蘇る。

バルミューダを特集。本社で行われたミーティングに短パン姿で登場した寺尾玄社長。寺尾は社員に「会社としては皆さんに失敗していいですと言い切ります」と語りかけた。社長でありながら全ての商品のアイデアを出している寺尾は、家電メーカーに務めたことはない家電の素人だが世の中の常識を疑い、世の中にないものを作ってきた。ザ・トースターが出来たきっかけはバーベキューのグリルで食パンを焼いたらおいしく焼けたこと。そのときの味を再現しようとしたがうまくいかず、その日雨が降っていたことを思い出し「水が大事」だということにたどり着いた。今年2月に発売した炊飯器バルミューダ ザ・ゴハンは保温機能はないが大ヒット。これも米を水蒸気を使って炊くという商品。


バルミューダ ザ・トースター

東京・世田谷区 二子玉川 蔦屋家電。最先端家電が販売されているここでもバルミューダのトースターは注目されている。おいしさの秘密はスチーム。スチームでパンの中の水分を閉じ込め、中はもっちり外はサクサク。バルミューダ ザ・トースターは約30万台を販売した。蔦屋家電木崎氏は「バルミューダがある製品を開発したことによって他のメーカーがここは面白いと思って同じレベルの商品を開発してくる傾向があるのでバルミューダが引っ張っている」と語った。

バルミューダを特集。バルミューダの名前を世に知らしめたのはグリーンファン。自然に近い心地いい風を作り出し長時間あたっていても疲れない。1台38000円と扇風機とは思えない値段だが30万台以上を販売した。バルミューダの熱烈なファンの中村さんの家にはバルミューダ製品がズラリ。バルミューダ ザ・ポットを使い始めてからコーヒーが美味しくなったと語った。二日前に買ったクロワッサンもザ・トースターを使えば焼き立てのように蘇る。

バルミューダを特集。本社で行われたミーティングに短パン姿で登場した寺尾玄社長。寺尾は社員に「会社としては皆さんに失敗していいですと言い切ります」と語りかけた。社長でありながら全ての商品のアイデアを出している寺尾は、家電メーカーに務めたことはない家電の素人だが世の中の常識を疑い、世の中にないものを作ってきた。ザ・トースターが出来たきっかけはバーベキューのグリルで食パンを焼いたらおいしく焼けたこと。そのときの味を再現しようとしたがうまくいかず、その日雨が降っていたことを思い出し「水が大事」だということにたどり着いた。今年2月に発売した炊飯器バルミューダ ザ・ゴハンは保温機能はないが大ヒット。これも米を水蒸気を使って炊くという商品。


バルミューダ

東京・神田 珈琲専門店 エース。女性客の多いこの店の名物は「のりトースト」。おいしさの秘密はバルミューダのトースト。2年前にこのトースターに変えてから味が美味しくなり注文が増えたという。

東京・世田谷区 二子玉川 蔦屋家電。最先端家電が販売されているここでもバルミューダのトースターは注目されている。おいしさの秘密はスチーム。スチームでパンの中の水分を閉じ込め、中はもっちり外はサクサク。バルミューダ ザ・トースターは約30万台を販売した。蔦屋家電木崎氏は「バルミューダがある製品を開発したことによって他のメーカーがここは面白いと思って同じレベルの商品を開発してくる傾向があるのでバルミューダが引っ張っている」と語った。

バルミューダを特集。バルミューダの名前を世に知らしめたのはグリーンファン。自然に近い心地いい風を作り出し長時間あたっていても疲れない。1台38000円と扇風機とは思えない値段だが30万台以上を販売した。バルミューダの熱烈なファンの中村さんの家にはバルミューダ製品がズラリ。バルミューダ ザ・ポットを使い始めてからコーヒーが美味しくなったと語った。二日前に買ったクロワッサンもザ・トースターを使えば焼き立てのように蘇る。

バルミューダを特集。本社で行われたミーティングに短パン姿で登場した寺尾玄社長。寺尾は社員に「会社としては皆さんに失敗していいですと言い切ります」と語りかけた。社長でありながら全ての商品のアイデアを出している寺尾は、家電メーカーに務めたことはない家電の素人だが世の中の常識を疑い、世の中にないものを作ってきた。ザ・トースターが出来たきっかけはバーベキューのグリルで食パンを焼いたらおいしく焼けたこと。そのときの味を再現しようとしたがうまくいかず、その日雨が降っていたことを思い出し「水が大事」だということにたどり着いた。今年2月に発売した炊飯器バルミューダ ザ・ゴハンは保温機能はないが大ヒット。これも米を水蒸気を使って炊くという商品。

バルミューダを特集。新商品の炊飯器の試食会が行われ、参加者は新鮮な体験に喜んだ。寺尾が作りたいのは家電ではなく、このうれしい体験だという。

スタジオにバルミューダの製品が持ち込まれ、村上は「パット見でわかるよね。美しい」と語った。

スタジオにバルミューダの製品が持ち込まれ、ザ・トースターで焼いたトーストに小池は「なにこれ!」と驚いた。この食感にたどり着くまで食パンを5000枚は焼いたという。寺尾は「商品そのものではなく使った時に何が起きるか。どんな驚きやうれしさがあるのかをお客は買っているのではないか。トースターを作るときにトースターを作っているとは思っていない。食べた瞬間のうれしさを我々は開発している」と語った。村上は「体験として印象に残るものは難しいですよね」と語った。

バルミューダを特集。社長の寺尾は起業して最初に作ったノートパソコン専用冷却台X-Baseを持ち「かっこいいから売れるんじゃねえかとうっかり作ったのがこの会社」と語った。寺尾は高校を2年で中退し、ロックスターを目指した。Beach Fightersというバンドで大手レコード会社と契約するも売れなかった。当時のことを「衝撃的でした。夢ってかなわないんだって」と語った。その後、アルバイトで食いつないでいた寺尾は偶然見たオランダのデザイン紙をみて洗練されたデザインに感銘を受け「自分も作ってみたい」と思うようになった。そして金属加工工場を周り「見学させてもらえないか」と頼むが何十件も断られてしまう。そんな中、春日井製作所だけが寺尾の話を聞いてくれた。これが人生の転機だったという。自分で機材を買おうとしている寺尾に春日井は製作所の機材を使って練習していいよと言ってくれたのだ。寺尾は「春日井製作所がなかったらバルミューダはなかった」と語った。1年間通いつめ作り上げたのが「X-Base」である。この商品をひっさげ2003年にバルミューダは創業した。1台3万円以上するX-Baseだが3ヶ月で100台を超える注文が入った。次に当時世の中にまだなかったLEDデスクライト「Highwire」を製造。この商品もヒットし、バルミューダの年商は跳ね上がったがここでリーマンショックが起こる。寺尾は「1ヵ月ファックスが鳴らないので終わったと思った」と語った。


得する人損する人

有村架純が餃子の皮2枚を余らせている事を告白。小林シェフはそれを適当な大きさにして茹でた。耐熱皿にスープを入れカッとした食パンを浮かべる。そこにとろけるチーズを入れオーブンに入れて「余った餃子のタネ〜トマトグラタンスープ仕立て〜」の完成。レシピの詳細は得する人損する人番組HPまで。


「食パン」に関連する料理レシピ

余った餃子のタネ〜トマトグラタンスープ仕立て〜

有村架純が餃子の皮2枚を余らせている事を告白。小林シェフはそれを適当な大きさにして茹でた。耐熱皿にスープを入れカッとした食パンを浮かべる。そこにとろけるチーズを入れオーブンに入れて「余った餃子のタネ〜トマトグラタンスープ仕立て〜」の完成。レシピの詳細は得する人損する人番組HPまで。


「食パン」に関連するグルメ情報

とろけるチーズ

有村架純が餃子の皮2枚を余らせている事を告白。小林シェフはそれを適当な大きさにして茹でた。耐熱皿にスープを入れカッとした食パンを浮かべる。そこにとろけるチーズを入れオーブンに入れて「余った餃子のタネ〜トマトグラタンスープ仕立て〜」の完成。レシピの詳細は得する人損する人番組HPまで。


「食パン」に関連するグルメ情報

餃子の皮

有村架純が餃子の皮2枚を余らせている事を告白。小林シェフはそれを適当な大きさにして茹でた。耐熱皿にスープを入れカッとした食パンを浮かべる。そこにとろけるチーズを入れオーブンに入れて「余った餃子のタネ〜トマトグラタンスープ仕立て〜」の完成。レシピの詳細は得する人損する人番組HPまで。


なかよし村 瀬戸越店

長崎県佐世保市のご当地パンは人口3000人ほどの世知原町ある真弓精肉店で作られている。ご当地パンは揚げサンドで食パンをパン粉で揚げたサンドイッチで具材はハム、マッシュポテト、コールースローとなっている。この揚げサンドを広めたのは店主の真弓忠治さんで今では口コミで美味しさが広まり今では地元のスーパーやコンビニでも人気の商品となっている。この揚げサンドイッチはお嫁さんが欲しいという親子が作っていて店主の真弓さんはリポーターの池田沙絵美を気に入って息子の嫁に来ないかとお気に入りの様子だった。