ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「食パン」の検索結果

「食パン」に関連する情報 9491件中 1〜10件目

「食パン」に関連するグルメ情報

金のビーフカレー

セブン-イレブンの金の直火焼ハンバーグは合計87点、金の食パンは合計76点、金のビーフシチューは合計74点、金のビーフカレーは合計84点と評価された。


「食パン」に関連するグルメ情報

金の食パン

セブン-イレブンの金の直火焼ハンバーグは合計87点、金の食パンは合計76点、金のビーフシチューは合計74点、金のビーフカレーは合計84点と評価された。


「食パン」に関連するグルメ情報

金のビーフシチュー

セブン-イレブンの金の直火焼ハンバーグは合計87点、金の食パンは合計76点、金のビーフシチューは合計74点、金のビーフカレーは合計84点と評価された。


「食パン」に関連するグルメ情報

金の直火焼ハンバーグ

セブン-イレブンの金の直火焼ハンバーグは合計87点、金の食パンは合計76点、金のビーフシチューは合計74点、金のビーフカレーは合計84点と評価された。


セブン-イレブン

セブン-イレブンの金の直火焼ハンバーグは合計87点、金の食パンは合計76点、金のビーフシチューは合計74点、金のビーフカレーは合計84点と評価された。

セブン-イレブン社員に大人気! 超簡単!絶品アレンジレシピを大公開! 全20商品中最高得点のおにぎりとは!?


「食パン」に関連するグルメ情報

金の食パン

セブン-イレブンで今絶対に食べるべき本当に美味しい商品はどれ!?続いては、セブンプレミアムゴールド。セブンプレミアムゴールドは原料と技術にこだわった最高級ブランド。エントリーされたのは、金の直火焼ハンバーグなどの4品。一流料理人が最高得点をつけるのはどの商品なのか?試食した土田は、パンを食べて凄く美味しいといい、カレーに関しては2日に1回このカレーを食べるという。

まずはセブンプレミアムゴールドから、金の直火焼ハンバーグ。毎年改良を重ね、専門店に負けない本格的な味を楽しめると大人気。使っている牛肉はオーストラリア産のアンガス牛だが、使う部位にこだわりがあり、日本ハム食品の渡辺靖之さんは、脂身の多い部位と赤みの多い部位の2種類を使っていると話す。さらにパテ成形にもこだわりがあり、内側に脂身の多い肉、外側に赤みの多い肉と2層構造にしている。さらにデミグラスソースの隠し味に黒トリュフを入れてソースにコクと香りを出している。人気料理人が試食した。果たして何点をとったのか?


「食パン」に関連するグルメ情報

照焼チキンとたまごサンド

セブン-イレブンのサンドイッチ4品をスタジオで試食。設楽は、こだわりのたまごサンドが90点以上出るんじゃないか、と予想。

まずは、シャキシャキレタスサンドから。しっとりしたパンはどうやって作られているのか。武蔵野フーズの石部洋司さんは、「普通のパンは4時間ぐらいの発酵時間ですがセブンイレブンのサンドイッチ用のパンは3倍かけた12時間の発酵時間になっている」と話した。サンドイッチ専用のスライサーでカットすると、パンの断面が一直線になり空気に触れる面積が少ないため、水分が抜けにくくしっとり感が保たれるという。レタスをシャキシャキにするために、サンドイッチ向きの部分のみを使用。さらにマヨネーズソースについてデリカエースの高沖幸治さんは「ヨーグルトを入れている」と話した。このシャキシャキレタスサンドの試食がスタート。料理人評価の合計は78点。10点満点をつけた藤原研一は「文句のつけようがないですね」と絶賛。一方2点をつけた服部萌は、この組み合わせの具材のときにはライ麦パンに変更して香ばしさが欲しい、などと低評価だった。

続いては、こだわりたまごのサンド。芸能界の食通バナナマン設楽も絶賛した美味しさ。1年ぶりにリニューアルされ、さらに美味しくなったという。餌にパプリカやハーブを混ぜ癖のない味わいにしている。今回のリニューアルでは白身のサイズを大きくしてプルプル食感にした。さらにたまごサラダも増量しているという。料理人の評価の合計は、74点。服部萌は、食パンの柔らかさが生きてるなどと高評価のコメント。1点をつけたフレンチシェフはマヨネーズと和えるネチョネチョ感がどうも気に入らないと1点の理由を挙げた。

続いては、照焼チキンとたまごサンド。2009年の発売以来、定番商品となってるこのサンドイッチは照り焼きのタレにこだわりがあるという。タレに使われる醤油は、丸大豆、たまり、炙り鶏がらの3種類。炙り鶏がら醤油を入れてコクと香ばしさをプラスしている。さらに、ゆでたまごを2枚から5倍に増量している。料理人の評価の合計は85点で最高得点を叩き出した。9点をつけた進藤佳明はバランスが良いと高評価ながらも10点じゃない理由を、トーストしてあるパンなら10点にしていたとコメントした。

続いては、サラダチキンロール(シーザーソース)。サラダチキンを手軽に食べられるようにと開発された新商品。パンは女性に人気の高い噛みごたえのある触感で、野菜は工場で加工し新鮮さをキープしている。ソースは、16種類もの素材を使い、アンチョビを入れることでコクのある味わいになるという。料理人の評価の合計は53点。1点をつけた進藤佳明は、味がすごく平坦でメリハリのない味、この量を食べたらものすごく飽きるな、とした。一方、満点をつけた服部萌は、食べてみるとコールスローを食べているような、お野菜を食べているような満足感があったので、印象を覆してくれた商品だと評価した。セブンイレブンのサンドイッチの中で人気店の料理人の評価が最も高かったのは、照焼チキンとたまごサンドだった。


「食パン」に関連するグルメ情報

サラダチキンロール(シーザーソース)

セブン-イレブンのサンドイッチ4品をスタジオで試食。設楽は、こだわりのたまごサンドが90点以上出るんじゃないか、と予想。

まずは、シャキシャキレタスサンドから。しっとりしたパンはどうやって作られているのか。武蔵野フーズの石部洋司さんは、「普通のパンは4時間ぐらいの発酵時間ですがセブンイレブンのサンドイッチ用のパンは3倍かけた12時間の発酵時間になっている」と話した。サンドイッチ専用のスライサーでカットすると、パンの断面が一直線になり空気に触れる面積が少ないため、水分が抜けにくくしっとり感が保たれるという。レタスをシャキシャキにするために、サンドイッチ向きの部分のみを使用。さらにマヨネーズソースについてデリカエースの高沖幸治さんは「ヨーグルトを入れている」と話した。このシャキシャキレタスサンドの試食がスタート。料理人評価の合計は78点。10点満点をつけた藤原研一は「文句のつけようがないですね」と絶賛。一方2点をつけた服部萌は、この組み合わせの具材のときにはライ麦パンに変更して香ばしさが欲しい、などと低評価だった。

続いては、こだわりたまごのサンド。芸能界の食通バナナマン設楽も絶賛した美味しさ。1年ぶりにリニューアルされ、さらに美味しくなったという。餌にパプリカやハーブを混ぜ癖のない味わいにしている。今回のリニューアルでは白身のサイズを大きくしてプルプル食感にした。さらにたまごサラダも増量しているという。料理人の評価の合計は、74点。服部萌は、食パンの柔らかさが生きてるなどと高評価のコメント。1点をつけたフレンチシェフはマヨネーズと和えるネチョネチョ感がどうも気に入らないと1点の理由を挙げた。

続いては、照焼チキンとたまごサンド。2009年の発売以来、定番商品となってるこのサンドイッチは照り焼きのタレにこだわりがあるという。タレに使われる醤油は、丸大豆、たまり、炙り鶏がらの3種類。炙り鶏がら醤油を入れてコクと香ばしさをプラスしている。さらに、ゆでたまごを2枚から5倍に増量している。料理人の評価の合計は85点で最高得点を叩き出した。9点をつけた進藤佳明はバランスが良いと高評価ながらも10点じゃない理由を、トーストしてあるパンなら10点にしていたとコメントした。

続いては、サラダチキンロール(シーザーソース)。サラダチキンを手軽に食べられるようにと開発された新商品。パンは女性に人気の高い噛みごたえのある触感で、野菜は工場で加工し新鮮さをキープしている。ソースは、16種類もの素材を使い、アンチョビを入れることでコクのある味わいになるという。料理人の評価の合計は53点。1点をつけた進藤佳明は、味がすごく平坦でメリハリのない味、この量を食べたらものすごく飽きるな、とした。一方、満点をつけた服部萌は、食べてみるとコールスローを食べているような、お野菜を食べているような満足感があったので、印象を覆してくれた商品だと評価した。セブンイレブンのサンドイッチの中で人気店の料理人の評価が最も高かったのは、照焼チキンとたまごサンドだった。


「食パン」に関連するグルメ情報

こだわりたまごのサンド

セブン-イレブンのサンドイッチ4品をスタジオで試食。設楽は、こだわりのたまごサンドが90点以上出るんじゃないか、と予想。

まずは、シャキシャキレタスサンドから。しっとりしたパンはどうやって作られているのか。武蔵野フーズの石部洋司さんは、「普通のパンは4時間ぐらいの発酵時間ですがセブンイレブンのサンドイッチ用のパンは3倍かけた12時間の発酵時間になっている」と話した。サンドイッチ専用のスライサーでカットすると、パンの断面が一直線になり空気に触れる面積が少ないため、水分が抜けにくくしっとり感が保たれるという。レタスをシャキシャキにするために、サンドイッチ向きの部分のみを使用。さらにマヨネーズソースについてデリカエースの高沖幸治さんは「ヨーグルトを入れている」と話した。このシャキシャキレタスサンドの試食がスタート。料理人評価の合計は78点。10点満点をつけた藤原研一は「文句のつけようがないですね」と絶賛。一方2点をつけた服部萌は、この組み合わせの具材のときにはライ麦パンに変更して香ばしさが欲しい、などと低評価だった。

続いては、こだわりたまごのサンド。芸能界の食通バナナマン設楽も絶賛した美味しさ。1年ぶりにリニューアルされ、さらに美味しくなったという。餌にパプリカやハーブを混ぜ癖のない味わいにしている。今回のリニューアルでは白身のサイズを大きくしてプルプル食感にした。さらにたまごサラダも増量しているという。料理人の評価の合計は、74点。服部萌は、食パンの柔らかさが生きてるなどと高評価のコメント。1点をつけたフレンチシェフはマヨネーズと和えるネチョネチョ感がどうも気に入らないと1点の理由を挙げた。

続いては、照焼チキンとたまごサンド。2009年の発売以来、定番商品となってるこのサンドイッチは照り焼きのタレにこだわりがあるという。タレに使われる醤油は、丸大豆、たまり、炙り鶏がらの3種類。炙り鶏がら醤油を入れてコクと香ばしさをプラスしている。さらに、ゆでたまごを2枚から5倍に増量している。料理人の評価の合計は85点で最高得点を叩き出した。9点をつけた進藤佳明はバランスが良いと高評価ながらも10点じゃない理由を、トーストしてあるパンなら10点にしていたとコメントした。

続いては、サラダチキンロール(シーザーソース)。サラダチキンを手軽に食べられるようにと開発された新商品。パンは女性に人気の高い噛みごたえのある触感で、野菜は工場で加工し新鮮さをキープしている。ソースは、16種類もの素材を使い、アンチョビを入れることでコクのある味わいになるという。料理人の評価の合計は53点。1点をつけた進藤佳明は、味がすごく平坦でメリハリのない味、この量を食べたらものすごく飽きるな、とした。一方、満点をつけた服部萌は、食べてみるとコールスローを食べているような、お野菜を食べているような満足感があったので、印象を覆してくれた商品だと評価した。セブンイレブンのサンドイッチの中で人気店の料理人の評価が最も高かったのは、照焼チキンとたまごサンドだった。


「食パン」に関連するグルメ情報

シャキシャキレタスサンド

セブン-イレブンのサンドイッチ4品をスタジオで試食。設楽は、こだわりのたまごサンドが90点以上出るんじゃないか、と予想。

まずは、シャキシャキレタスサンドから。しっとりしたパンはどうやって作られているのか。武蔵野フーズの石部洋司さんは、「普通のパンは4時間ぐらいの発酵時間ですがセブンイレブンのサンドイッチ用のパンは3倍かけた12時間の発酵時間になっている」と話した。サンドイッチ専用のスライサーでカットすると、パンの断面が一直線になり空気に触れる面積が少ないため、水分が抜けにくくしっとり感が保たれるという。レタスをシャキシャキにするために、サンドイッチ向きの部分のみを使用。さらにマヨネーズソースについてデリカエースの高沖幸治さんは「ヨーグルトを入れている」と話した。このシャキシャキレタスサンドの試食がスタート。料理人評価の合計は78点。10点満点をつけた藤原研一は「文句のつけようがないですね」と絶賛。一方2点をつけた服部萌は、この組み合わせの具材のときにはライ麦パンに変更して香ばしさが欲しい、などと低評価だった。

続いては、こだわりたまごのサンド。芸能界の食通バナナマン設楽も絶賛した美味しさ。1年ぶりにリニューアルされ、さらに美味しくなったという。餌にパプリカやハーブを混ぜ癖のない味わいにしている。今回のリニューアルでは白身のサイズを大きくしてプルプル食感にした。さらにたまごサラダも増量しているという。料理人の評価の合計は、74点。服部萌は、食パンの柔らかさが生きてるなどと高評価のコメント。1点をつけたフレンチシェフはマヨネーズと和えるネチョネチョ感がどうも気に入らないと1点の理由を挙げた。

続いては、照焼チキンとたまごサンド。2009年の発売以来、定番商品となってるこのサンドイッチは照り焼きのタレにこだわりがあるという。タレに使われる醤油は、丸大豆、たまり、炙り鶏がらの3種類。炙り鶏がら醤油を入れてコクと香ばしさをプラスしている。さらに、ゆでたまごを2枚から5倍に増量している。料理人の評価の合計は85点で最高得点を叩き出した。9点をつけた進藤佳明はバランスが良いと高評価ながらも10点じゃない理由を、トーストしてあるパンなら10点にしていたとコメントした。

続いては、サラダチキンロール(シーザーソース)。サラダチキンを手軽に食べられるようにと開発された新商品。パンは女性に人気の高い噛みごたえのある触感で、野菜は工場で加工し新鮮さをキープしている。ソースは、16種類もの素材を使い、アンチョビを入れることでコクのある味わいになるという。料理人の評価の合計は53点。1点をつけた進藤佳明は、味がすごく平坦でメリハリのない味、この量を食べたらものすごく飽きるな、とした。一方、満点をつけた服部萌は、食べてみるとコールスローを食べているような、お野菜を食べているような満足感があったので、印象を覆してくれた商品だと評価した。セブンイレブンのサンドイッチの中で人気店の料理人の評価が最も高かったのは、照焼チキンとたまごサンドだった。