ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「食パン」の検索結果

「食パン」に関連する情報 9199件中 1〜10件目

「食パン」に関連するグルメ情報

トースト

鬼龍院翔さんにプライベートのもようを撮影してもらった。ライブの本番前には食パンを焼いてトーストを作って食べるといい、トースターの前でシャウトなどの発声練習もこなしていた。焼いたトーストはその場でバターとハムをつけてホイルに包み、楽屋に戻って食事。ブログ用に写真を撮るのも欠かさないという。

スタジオでは鬼龍院翔さんが、朝のトーストは自宅でも欠かさないと答えた。食事の写真を見せてもらうと、味噌汁やおかずとともにトーストとコーヒーが用意されていた。しらすやアボカドを乗せるなどのアレンジも楽しんでいるそう。菊地亜美が毎朝パン1枚だけだとお金が減らないと突っ込むと、確かに貯金は増える一方と答えた。


「食パン」に関連する料理レシピ

海苔をしょう油に浸した和風トースト

木村屋總本店の御曹司、木村周一郎シェフが作る和風トーストを紹介。6枚切りの食パンを3分トーストし、バターをたっぷり塗る。その上に、しょう油に浸した海苔を乗せて食べる。


「食パン」に関連するグルメ情報

海苔

木村屋總本店の御曹司、木村周一郎シェフが作る和風トーストを紹介。6枚切りの食パンを3分トーストし、バターをたっぷり塗る。その上に、しょう油に浸した海苔を乗せて食べる。


「食パン」に関連するグルメ情報

しょう油

木村屋總本店の御曹司、木村周一郎シェフが作る和風トーストを紹介。6枚切りの食パンを3分トーストし、バターをたっぷり塗る。その上に、しょう油に浸した海苔を乗せて食べる。


「食パン」に関連するグルメ情報

バター

木村屋總本店の御曹司、木村周一郎シェフが作る和風トーストを紹介。6枚切りの食パンを3分トーストし、バターをたっぷり塗る。その上に、しょう油に浸した海苔を乗せて食べる。


木村屋總本店

木村屋總本店の御曹司、木村周一郎シェフが作る和風トーストを紹介。6枚切りの食パンを3分トーストし、バターをたっぷり塗る。その上に、しょう油に浸した海苔を乗せて食べる。


「食パン」に関連するグルメ情報

めかぶ食パン

島のパン家〜HANARE〜の話題。この日は平均年齢84歳の常連客3人組が来店。アオサのシュガーバターパンは、生地に島の特産品であるアオサをまぜ、バターを挟み砂糖をかけたオリジナルパン。篤司さんは地元食材を使用する事にこだわっている。めかぶ食パンも、島の特産品であるめかぶを使用。島でワカメの養殖をしている江里さんの母からめかぶを譲ってもらい、粉末状にしパンに練り込んでいる。めかぶの塩味と、もっちりとした食感は癖になる美味しさだという。島の住人は、島の特産品を使用したパンに感激の声。店は、島の住人の憩いの場となっている。昼過ぎ、江里さんは浜までパンを配達。ここで働く女性たちにも、店のパンは好評なのだ。


「食パン」に関連するグルメ情報

あおさのシュガーバターパン

島のパン家〜HANARE〜の話題。この日は平均年齢84歳の常連客3人組が来店。アオサのシュガーバターパンは、生地に島の特産品であるアオサをまぜ、バターを挟み砂糖をかけたオリジナルパン。篤司さんは地元食材を使用する事にこだわっている。めかぶ食パンも、島の特産品であるめかぶを使用。島でワカメの養殖をしている江里さんの母からめかぶを譲ってもらい、粉末状にしパンに練り込んでいる。めかぶの塩味と、もっちりとした食感は癖になる美味しさだという。島の住人は、島の特産品を使用したパンに感激の声。店は、島の住人の憩いの場となっている。昼過ぎ、江里さんは浜までパンを配達。ここで働く女性たちにも、店のパンは好評なのだ。


「食パン」に関連するグルメ情報

あんパン

島のパン家〜HANARE〜の話題。この日は平均年齢84歳の常連客3人組が来店。アオサのシュガーバターパンは、生地に島の特産品であるアオサをまぜ、バターを挟み砂糖をかけたオリジナルパン。篤司さんは地元食材を使用する事にこだわっている。めかぶ食パンも、島の特産品であるめかぶを使用。島でワカメの養殖をしている江里さんの母からめかぶを譲ってもらい、粉末状にしパンに練り込んでいる。めかぶの塩味と、もっちりとした食感は癖になる美味しさだという。島の住人は、島の特産品を使用したパンに感激の声。店は、島の住人の憩いの場となっている。昼過ぎ、江里さんは浜までパンを配達。ここで働く女性たちにも、店のパンは好評なのだ。


島のパン家〜HANARE〜

三重・鳥羽市にある答志島は、三重県最大の離島。人口は約1500人。豊富な海の幸が楽しめ、中でもワカメは島の特産品。そんな島にあるのが、島のパン家〜HANARE〜。午前4時、毎朝約20種類のパンをたった一人で作っているのが店主で元和食料理人の篤司さん。店の名物は、キャベツやベーコンなどが入ったお好み焼風パンや、から揚げマヨネーズパンなどのオリジナルパン。接客を担当するのは、妻の江里さん。店が開店すると、この店のパンが好きだという、祖父宅を訪問している姉妹がパンを買いにきた。イートインスペースには、常連客・清水さんの姿。清水さんのお気に入りは、お好み焼風パン。答志島にはスーパーなどがなく、個人商店のみ。その為、色々なパンを楽しめるこの店に島の人が押し寄せるのだ。

夫婦がパン屋を始めたのは2年前。夫は三重・桑名市出身で、専門学校で調理師免許を取得。長年、三重県内のホテルで和食の料理人として勤務。37歳の時に、自分の店を持つ事を決意した。妻とは元同僚の関係で、2年前に結婚した事をきっかけに、答志島で店をオープンした。パン屋さんを開いた理由は、島の人はパン食が多く、自分の経験を活かせると思ったから。夫婦は島にある古民家を購入し、店舗に改装した。この日、篤司さんはオリジナルパンを考案中。考え出したのは、パンの間に桜あんをいれた、桜あんロール。お客さんが飽きないようにと、日々新しいパン作りに挑んでいる。

島のパン家〜HANARE〜の話題。この日は平均年齢84歳の常連客3人組が来店。アオサのシュガーバターパンは、生地に島の特産品であるアオサをまぜ、バターを挟み砂糖をかけたオリジナルパン。篤司さんは地元食材を使用する事にこだわっている。めかぶ食パンも、島の特産品であるめかぶを使用。島でワカメの養殖をしている江里さんの母からめかぶを譲ってもらい、粉末状にしパンに練り込んでいる。めかぶの塩味と、もっちりとした食感は癖になる美味しさだという。島の住人は、島の特産品を使用したパンに感激の声。店は、島の住人の憩いの場となっている。昼過ぎ、江里さんは浜までパンを配達。ここで働く女性たちにも、店のパンは好評なのだ。

島のパン家〜HANARE〜の話題。店の定休日の日、夫婦は和具地区へ移動販売をしに向かった。この移動販売は今年2月から始めたもの。漁協に到着すると、篤司はパンの移動販売をすると放送で伝えた。その後車に戻ると、たくさんの島民が待っていた。