ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「高初輔」の検索結果

「高初輔」に関連する情報 88件中 1〜10件目

サムスングループ

朴槿恵氏はサムスングループから約43億円の収賄、資金拠出、起業に圧力という職権乱用・強要、内部文書の流出といった公務上の秘密漏えい、批判的な文化人への公的支援の打ち切りなど13の容疑に問われている。今後、逮捕状請求か在宅起訴になるかが焦点となる。逮捕状が請求された場合、逮捕の可否を裁判所が判断する。高初輔弁護士は「裁判所は逮捕を正当だと判断する可能性が非常に高い」と分析。前大統領を逮捕すると5月の大統領選に影響が出る。高初輔弁護士は在宅起訴の可能性も十分あると見ている。


サムスングループ

韓国女性初の大統領という肩書から韓国史上初の大統領罷免を受けた朴槿恵氏に韓国検察は来週21日に出頭するよう通告した。朴氏は訴追されない大統領としての特権を失っているため容疑者として取り調べを行う事になる。朴氏は親友の女の国政介入をめぐる職権乱用やサムスングループ収賄など13の容疑がもたれている。韓国には大統領の受難と悲運の歴史があった。初代大統領・李承晩氏は1960年に不正選挙が発覚し民衆革命により失脚しハワイへ亡命後、病死した。全斗煥氏は軍の実権を握り民主化運動を鎮圧した事が罪に問われ死刑判決を受けた。盧泰愚氏氏は退任後に収賄容疑で逮捕され金大中氏も息子3人が収賄容疑で逮捕された。弾劾裁判にかけられるも罷免を免れた盧武鉉氏は親族や側近が逮捕された後、崖から落ち死亡した。朴槿恵氏は全面的に争う構えで弁護団と協議している。

来週21日(火)に出頭通告を受け容疑者として取り調べを受ける事になった朴槿恵前大統領は財閥に財団への出資強要、サムスングループ合併を有利に進める見返りに約43億円を受け取る(収賄)など13の容疑があり、最も量刑が重いものは収賄罪での有罪で無期懲役または懲役10年以上の罪に問われる。朴前大統領は「時間はかかるだろうが真実は必ず明らかになると信じている」と事件への関与を否定。高初輔代表弁護士は「事情聴取でもおそらく全面否定するでしょう。捜査進展ノカギは朴氏の関与が客観的に証明できる証拠資料を押収できるかどうか」と分析。


国立文化財研究所

仏像の所有権をめぐるニュースについて羽鳥は、日本の寺から盗まれた日本の仏像に関する裁判に日本人が誰も入っていないとコメント。問題となっている仏像は、韓国の国立文化財研究所で保管されてきたが、韓国・浮石寺が600年前略奪されるまでは浮石寺のものだったと所有権を主張していた。韓国の法律に詳しい高初輔弁護士によると、今回の裁判は、韓国の寺が韓国政府を訴えたという裁判で、“韓国の国内法で所有権を判断しており、日本から盗まれたものなのに日本の主張が入っていない。さらに、韓国政府も日本の主張を代弁してくれなかった”とのこと。ポイントとなってくるのが“時効取得”というルールで、これは国によって異なるが、韓国では10年、日本では20年、他に所有権を主張する人がいない中で所有を続けると、どんなものでも所有権が認められるというルール。そのため、“控訴審で韓国政府が日本側の時効取得を主張し認められたら、韓国・浮石寺の所有権を取り消せる”と高弁護士はしている。吉永は、事実が認められたと裁判所は言っているが、600年前の事実関係を証拠立てるものなんてあるわけがない。韓国政府が控訴したということは、寺のものではなく韓国政府のものと一旦しなければならないということかとし、韓国政府と寺の戦いだから、日本が入り込める余地はここではないと話した。


浮石寺

仏像の所有権をめぐるニュースについて羽鳥は、日本の寺から盗まれた日本の仏像に関する裁判に日本人が誰も入っていないとコメント。問題となっている仏像は、韓国の国立文化財研究所で保管されてきたが、韓国・浮石寺が600年前略奪されるまでは浮石寺のものだったと所有権を主張していた。韓国の法律に詳しい高初輔弁護士によると、今回の裁判は、韓国の寺が韓国政府を訴えたという裁判で、“韓国の国内法で所有権を判断しており、日本から盗まれたものなのに日本の主張が入っていない。さらに、韓国政府も日本の主張を代弁してくれなかった”とのこと。ポイントとなってくるのが“時効取得”というルールで、これは国によって異なるが、韓国では10年、日本では20年、他に所有権を主張する人がいない中で所有を続けると、どんなものでも所有権が認められるというルール。そのため、“控訴審で韓国政府が日本側の時効取得を主張し認められたら、韓国・浮石寺の所有権を取り消せる”と高弁護士はしている。吉永は、事実が認められたと裁判所は言っているが、600年前の事実関係を証拠立てるものなんてあるわけがない。韓国政府が控訴したということは、寺のものではなく韓国政府のものと一旦しなければならないということかとし、韓国政府と寺の戦いだから、日本が入り込める余地はここではないと話した。

長嶋は、そもそも2012年に、韓国・浮石寺の関与はわからないが窃盗団が略奪したとして、600年前、倭寇・仏教排斥の背景があり日本側としては譲り受けたという主張があるわけなので、“略奪”ではないと主張。さらに、“時効取得”は韓国で10年、日本で20年だが、600年経っているんだからとして、なんで日本政府・寺が出ていけないのかと話した。吉永は、韓国政府が分かった段階で、この裁判が起こされる前に対応していればこんなことにならなかったのではとし、約7万点の仏像に関しても同様のことが言われたら、事実関係不明のものが声の高い主張のところに全部流れていくことになってしまうと話した。さらに、韓国の裁判所はわりと今国民感情に沿う判決を出すとして、今日本に戻る道筋をつけると世論が大変だと考えているのではと推測、日韓関係をものすごく色濃く映し出してた状況が起きているのかなと思うと話した。玉川は、このまま認めてしまうと正義に反すると思う、これを認めればこれからも韓国の窃盗団が同じ理由で日本盗みに入るようになってしまうとし、少し前の歴史認識だって揉めるのに600年前のことというのはどちらも立証できないのだから、1番近いところの正義を実現しなきゃいけないなどと話した。長嶋はそれに加え、“正義”というなら、宗教は本来 国境や職種や性別を超えたところにあるわけだから、仏像は誰でもお祈りしてくれれば、手を合わせてくれたら、ご利益があるようにしたいと。作った人もそう思ってるんじゃないかなと話した。裁判は韓国政府が控訴しているためこれからも続く。


大韓航空

国民情緒法について韓国の法律に詳しい高初輔弁護士は、「国民の感情あるいは世論によって、法律を超えて国の各機関が影響を及ぼしてしまう」などと解説。高校生など300人以上の犠牲者を出したセウォル号事件では、乗客を残して脱出した船長に国民から批判が集中し、不作為による殺人として無期懲役の判決が言い渡され、また大韓航空の副社長が客室乗務員のナッツの出し方に激怒して、旅客機をひきかえさせた「ナッツリターン事件」では通常執行猶予が付くが、財閥に対する国民の批判が噴出し、一審で懲役1年の実刑判決が決まった。


憲法裁判所

高初輔は、憲法裁判所のどうなっていくかは分からない五分五分だとしている。それは、立証が難しいからである。高初輔は、「昨日、一昨日の企業人たちの回答を見ても、 難しいのではないか」と語った。金慶珠は「憲法裁判所の定めている弾劾の条件は、もはや大統領としての職務が不可能なほどの重大な違法行為となっている。いま、検察が起訴しているのは、職権乱用と強要。第三者への供賄罪が加わらなければそもそもあまり意味のない。意図的な犯罪というよりは、職務遂行の過程で起きた行き過ぎたミスとも見える。」と語った。中野は「そこまで読んで朴大統領が手を打っているとすれば凄いがおそらくはそうではない。他国の元首に向かって失礼とは思いますが、この方はセウォル号の事件の時に、その事件に無関心になっている。そういうところで本当に納得行くようにしていただきたい」と語った。


大統領府

高初輔は、憲法裁判所のどうなっていくかは分からない五分五分だとしている。それは、立証が難しいからである。高初輔は、「昨日、一昨日の企業人たちの回答を見ても、 難しいのではないか」と語った。金慶珠は「憲法裁判所の定めている弾劾の条件は、もはや大統領としての職務が不可能なほどの重大な違法行為となっている。いま、検察が起訴しているのは、職権乱用と強要。第三者への供賄罪が加わらなければそもそもあまり意味のない。意図的な犯罪というよりは、職務遂行の過程で起きた行き過ぎたミスとも見える。」と語った。中野は「そこまで読んで朴大統領が手を打っているとすれば凄いがおそらくはそうではない。他国の元首に向かって失礼とは思いますが、この方はセウォル号の事件の時に、その事件に無関心になっている。そういうところで本当に納得行くようにしていただきたい」と語った。


大統領府

ゲストの東海大学教の授金慶珠さんと弁護士の高初輔さんを紹介。きのう行われた2日目の聴聞会。出席を求められた27人のうち出席したのは13人。同行命令状が発行されたことで朴大統領の知人の姪が途中出席した。高さんによると逮捕のように直接的に身柄を拘束するという効力は同行命令状にはない。拒否した場合には国会侮辱罪となるが過去には処罰された例がない。また併合罪加重で2つ以上の罪に問われたときに重い方の刑の5割増まで量刑が加重される。すでにいくつかの罪で訴追される恐れのある人は加わっても大差はないというのもあるかもしれないなどと話した。

朴大統領の知人の姪は「朴大統領の知人が指示をしたら従わなければならない立場。叔母であるし逆らうことはできなくて…」などと証言。金さんは「出てくるなら最初から出てくれば良かった。自分は無罪だと公の場で主張することが今後不利には働かないという計算があったと思う」などと話した。また今、国会で行っているのは調査、同時に警察による捜査も進行しているという。

聴聞会での主なやり取りを紹介。セウォル号事故の時、朴大統領はヘアセットをしていたのかという質問に元秘書室長は「知りません」と証言。また、元愛人と言われている被告は朴大統領の知人が大統領を操っていたかという質問に「操ったかどうかは知らないがこういう人がいるのかというふうに思った」と答えた。


東海大学

ゲストの東海大学教の授金慶珠さんと弁護士の高初輔さんを紹介。きのう行われた2日目の聴聞会。出席を求められた27人のうち出席したのは13人。同行命令状が発行されたことで朴大統領の知人の姪が途中出席した。高さんによると逮捕のように直接的に身柄を拘束するという効力は同行命令状にはない。拒否した場合には国会侮辱罪となるが過去には処罰された例がない。また併合罪加重で2つ以上の罪に問われたときに重い方の刑の5割増まで量刑が加重される。すでにいくつかの罪で訴追される恐れのある人は加わっても大差はないというのもあるかもしれないなどと話した。


芝パーク総合法律事務所

ソウル中央地検で起訴されたのは、朴槿恵大統領の親友、前主席秘書官 安鐘範被告、前秘書官 チョン・ホソン被告の3人。大統領の親友と安被告は、親友が運営に関わった2つの財団の資金集めのため、財界に圧力をかけ約73億円の不正出資をさせたとして、権力乱用・強要などの罪で起訴された。チョン被告は大統領に関する機密文書やメールを親友に渡したとして、秘密漏えいなどの罪で起訴された。公開が禁止されている資料は47件あったという。朴大統領については3人と「共謀関係にあった」と起訴内容への関与を指摘した。芝パーク総合法律事務所 高初輔弁護士は検察は立証に役立つ重要な物証を入手できたと思われるとコメント。これに対し大統領府は「検察の捜査は信用できない」と反発。検察の事情聴取には一切応じないと態度を硬化させている。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (88)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (1)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (87)