ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「高地優吾」の検索結果

「高地優吾」に関連する情報 89件中 1〜10件目

ジャニーズ

問題「SixTONES・高地優吾が加藤浩次に相談したいことは?」。ヒントは「ファンを楽しませるため」。

正解は「先輩のグループとかもたくさん見て頂いていて、お世話になっていると思う。ジャニーズの隙間産業なので、どういったところを攻めていけば地上波に残っていけるのか」だった。加藤さんは「真面目な話、ロンブーの淳とか、おぎやはぎのメガネと一番最初にプロデュースしているのは全部僕。今まであったパターンじゃだめ。ちょっと悪っぽく行ったほうが良いと思う」などとコメントした。


日テレ

今週火曜日にはYouTubeが「YouTube FanFest Music」を主催していて、コブクロなどが集まっていたが、ジャニーズJr.の6人組SixTONESはYouTubeのMV「JAPONICA STYLE」が350万再生となっていてMVは滝沢秀明さんが初プロデュースしたものとなっていて、ジャニーズがYouTubeに進出したことでMVが解禁されているが、ショーン・メンデスなどと並んでYouTubeのアーティストプロモーション代表にも選ばれ汐留にもSixTONESの広告が貼られていて、中島さんは松村北斗さん・高地優吾さんとはJr.時代にはB.I.Shadowで一緒に活動していたと振り返っていた。


ジャニーズ

今週火曜日にはYouTubeが「YouTube FanFest Music」を主催していて、コブクロなどが集まっていたが、ジャニーズJr.の6人組SixTONESはYouTubeのMV「JAPONICA STYLE」が350万再生となっていてMVは滝沢秀明さんが初プロデュースしたものとなっていて、ジャニーズがYouTubeに進出したことでMVが解禁されているが、ショーン・メンデスなどと並んでYouTubeのアーティストプロモーション代表にも選ばれ汐留にもSixTONESの広告が貼られていて、中島さんは松村北斗さん・高地優吾さんとはJr.時代にはB.I.Shadowで一緒に活動していたと振り返っていた。


「高地優吾」に関連する音楽・CD

JAPONICA STYLE

今週火曜日にはYouTubeが「YouTube FanFest Music」を主催していて、コブクロなどが集まっていたが、ジャニーズJr.の6人組SixTONESはYouTubeのMV「JAPONICA STYLE」が350万再生となっていてMVは滝沢秀明さんが初プロデュースしたものとなっていて、ジャニーズがYouTubeに進出したことでMVが解禁されているが、ショーン・メンデスなどと並んでYouTubeのアーティストプロモーション代表にも選ばれ汐留にもSixTONESの広告が貼られていて、中島さんは松村北斗さん・高地優吾さんとはJr.時代にはB.I.Shadowで一緒に活動していたと振り返っていた。


「高地優吾」に関連する音楽・CD

南方熊楠

今週火曜日にはYouTubeが「YouTube FanFest Music」を主催していて、コブクロなどが集まっていたが、ジャニーズJr.の6人組SixTONESはYouTubeのMV「JAPONICA STYLE」が350万再生となっていてMVは滝沢秀明さんが初プロデュースしたものとなっていて、ジャニーズがYouTubeに進出したことでMVが解禁されているが、ショーン・メンデスなどと並んでYouTubeのアーティストプロモーション代表にも選ばれ汐留にもSixTONESの広告が貼られていて、中島さんは松村北斗さん・高地優吾さんとはJr.時代にはB.I.Shadowで一緒に活動していたと振り返っていた。


「高地優吾」に関連する音楽・CD

今週火曜日にはYouTubeが「YouTube FanFest Music」を主催していて、コブクロなどが集まっていたが、ジャニーズJr.の6人組SixTONESはYouTubeのMV「JAPONICA STYLE」が350万再生となっていてMVは滝沢秀明さんが初プロデュースしたものとなっていて、ジャニーズがYouTubeに進出したことでMVが解禁されているが、ショーン・メンデスなどと並んでYouTubeのアーティストプロモーション代表にも選ばれ汐留にもSixTONESの広告が貼られていて、中島さんは松村北斗さん・高地優吾さんとはJr.時代にはB.I.Shadowで一緒に活動していたと振り返っていた。

「Candy Pop(通常盤)」

Amazon.co.jp


YouTube

今週火曜日にはYouTubeが「YouTube FanFest Music」を主催していて、コブクロなどが集まっていたが、ジャニーズJr.の6人組SixTONESはYouTubeのMV「JAPONICA STYLE」が350万再生となっていてMVは滝沢秀明さんが初プロデュースしたものとなっていて、ジャニーズがYouTubeに進出したことでMVが解禁されているが、ショーン・メンデスなどと並んでYouTubeのアーティストプロモーション代表にも選ばれ汐留にもSixTONESの広告が貼られていて、中島さんは松村北斗さん・高地優吾さんとはJr.時代にはB.I.Shadowで一緒に活動していたと振り返っていた。


「高地優吾」に関連するイベント情報

YouTube FanFest Music

今週火曜日にはYouTubeが「YouTube FanFest Music」を主催していて、コブクロなどが集まっていたが、ジャニーズJr.の6人組SixTONESはYouTubeのMV「JAPONICA STYLE」が350万再生となっていてMVは滝沢秀明さんが初プロデュースしたものとなっていて、ジャニーズがYouTubeに進出したことでMVが解禁されているが、ショーン・メンデスなどと並んでYouTubeのアーティストプロモーション代表にも選ばれ汐留にもSixTONESの広告が貼られていて、中島さんは松村北斗さん・高地優吾さんとはJr.時代にはB.I.Shadowで一緒に活動していたと振り返っていた。


「高地優吾」に関連する音楽・CD

晴々

今週火曜日にはYouTubeが「YouTube FanFest Music」を主催していて、コブクロなどが集まっていたが、ジャニーズJr.の6人組SixTONESはYouTubeのMV「JAPONICA STYLE」が350万再生となっていてMVは滝沢秀明さんが初プロデュースしたものとなっていて、ジャニーズがYouTubeに進出したことでMVが解禁されているが、ショーン・メンデスなどと並んでYouTubeのアーティストプロモーション代表にも選ばれ汐留にもSixTONESの広告が貼られていて、中島さんは松村北斗さん・高地優吾さんとはJr.時代にはB.I.Shadowで一緒に活動していたと振り返っていた。


リコピン

平成7年に発売し、これまで100種類以上の味を販売してきたカルビー「じゃがりこ」の紹介。”名前の由来「りこ」は何?”という出題。山田涼介は、「リコピン」、山崎弘也は「社長がLiLiCoさんのファンだった。」などと回答。高地優吾は、「社長の娘の名前がりこだった。」などと回答したが外れ。いかちゃんが「りかこさん」と回答し、正解。じゃがりこは、女子高校生がカバンに入れて持って歩けるというコンセプトの下開発され、開発担当者の友人の”りかこさん”がおいしそうに食べたことが由来。山崎弘也は、「出た時は上から見てた部分もあった。」などとコメント。