ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「高橋和夫」の検索結果

「高橋和夫」に関連する情報 174件中 1〜10件目

カイロ大学

サウジアラビアの言論と報道の自由についてカショギ氏が最後に寄稿したコラムを見てみる。アラブ世界が最も必要とするのは表現の自由だという記事があった。カショギ氏は言論を統制・弾圧しインターネットの接続を遮断するサウジなどの各国政府を厳しく批判。「アラブ版鉄のカーテン」が下ろされていると指摘している。鉄のカーテンとは第二次世界大戦後、東欧の社会主義諸国が資本主義諸国に対してとった秘密主義や閉鎖的態度などを障壁として風刺した言葉である。専門家は「国政的に影響力があるワシントン・ポスト紙にカショギ氏が寄稿し人権侵害などのサウジ批判を世界に拡散させたことがムハンマド皇太子の権威を傷つけて怒りを買い、今回の件につながったのでは。」と分析している。八代英輝さんはムハンマド皇太子について「自分に従う改革・解放しか認めないことはまだまだだ。」などと感想を述べた。今後について高橋和夫さんは「国際政治はアメリカの日程で動くため中間選挙が一つの節目になる」などとコメントした。サウジアラビアについてどんな国なのかまだ見えないことが多いと恵さんは感想を述べた。


産経新聞

サウジアラビアの言論と報道の自由についてカショギ氏が最後に寄稿したコラムを見てみる。アラブ世界が最も必要とするのは表現の自由だという記事があった。カショギ氏は言論を統制・弾圧しインターネットの接続を遮断するサウジなどの各国政府を厳しく批判。「アラブ版鉄のカーテン」が下ろされていると指摘している。鉄のカーテンとは第二次世界大戦後、東欧の社会主義諸国が資本主義諸国に対してとった秘密主義や閉鎖的態度などを障壁として風刺した言葉である。専門家は「国政的に影響力があるワシントン・ポスト紙にカショギ氏が寄稿し人権侵害などのサウジ批判を世界に拡散させたことがムハンマド皇太子の権威を傷つけて怒りを買い、今回の件につながったのでは。」と分析している。八代英輝さんはムハンマド皇太子について「自分に従う改革・解放しか認めないことはまだまだだ。」などと感想を述べた。今後について高橋和夫さんは「国際政治はアメリカの日程で動くため中間選挙が一つの節目になる」などとコメントした。サウジアラビアについてどんな国なのかまだ見えないことが多いと恵さんは感想を述べた。


ワシントン・ポスト

サウジアラビアの言論と報道の自由についてカショギ氏が最後に寄稿したコラムを見てみる。アラブ世界が最も必要とするのは表現の自由だという記事があった。カショギ氏は言論を統制・弾圧しインターネットの接続を遮断するサウジなどの各国政府を厳しく批判。「アラブ版鉄のカーテン」が下ろされていると指摘している。鉄のカーテンとは第二次世界大戦後、東欧の社会主義諸国が資本主義諸国に対してとった秘密主義や閉鎖的態度などを障壁として風刺した言葉である。専門家は「国政的に影響力があるワシントン・ポスト紙にカショギ氏が寄稿し人権侵害などのサウジ批判を世界に拡散させたことがムハンマド皇太子の権威を傷つけて怒りを買い、今回の件につながったのでは。」と分析している。八代英輝さんはムハンマド皇太子について「自分に従う改革・解放しか認めないことはまだまだだ。」などと感想を述べた。今後について高橋和夫さんは「国際政治はアメリカの日程で動くため中間選挙が一つの節目になる」などとコメントした。サウジアラビアについてどんな国なのかまだ見えないことが多いと恵さんは感想を述べた。


デジタル大辞泉

サウジアラビアの言論と報道の自由についてカショギ氏が最後に寄稿したコラムを見てみる。アラブ世界が最も必要とするのは表現の自由だという記事があった。カショギ氏は言論を統制・弾圧しインターネットの接続を遮断するサウジなどの各国政府を厳しく批判。「アラブ版鉄のカーテン」が下ろされていると指摘している。鉄のカーテンとは第二次世界大戦後、東欧の社会主義諸国が資本主義諸国に対してとった秘密主義や閉鎖的態度などを障壁として風刺した言葉である。専門家は「国政的に影響力があるワシントン・ポスト紙にカショギ氏が寄稿し人権侵害などのサウジ批判を世界に拡散させたことがムハンマド皇太子の権威を傷つけて怒りを買い、今回の件につながったのでは。」と分析している。八代英輝さんはムハンマド皇太子について「自分に従う改革・解放しか認めないことはまだまだだ。」などと感想を述べた。今後について高橋和夫さんは「国際政治はアメリカの日程で動くため中間選挙が一つの節目になる」などとコメントした。サウジアラビアについてどんな国なのかまだ見えないことが多いと恵さんは感想を述べた。


放送大学

原油安の影響でサウジアラビアではここ数年経済成長率か下降気味で財政収支も赤字となっている。失業率は2015年上半期で11.6%、若者の就業率は40%に上っている。これを受けムハンマド皇太子は今年1月に初の消費税5%を導入。高橋氏によると経済不安で過渡期にあるサウジアラビアに改革者として台頭してきたのがムハンマド皇太子だという。鷹鳥屋氏によると最近はエンターテイメントなどのビジネスに力を入れており、産油国では日本関連のイベントやアニメなどに関するイベントが増えている。

サウジアラビアの言論と報道の自由についてカショギ氏が最後に寄稿したコラムを見てみる。アラブ世界が最も必要とするのは表現の自由だという記事があった。カショギ氏は言論を統制・弾圧しインターネットの接続を遮断するサウジなどの各国政府を厳しく批判。「アラブ版鉄のカーテン」が下ろされていると指摘している。鉄のカーテンとは第二次世界大戦後、東欧の社会主義諸国が資本主義諸国に対してとった秘密主義や閉鎖的態度などを障壁として風刺した言葉である。専門家は「国政的に影響力があるワシントン・ポスト紙にカショギ氏が寄稿し人権侵害などのサウジ批判を世界に拡散させたことがムハンマド皇太子の権威を傷つけて怒りを買い、今回の件につながったのでは。」と分析している。八代英輝さんはムハンマド皇太子について「自分に従う改革・解放しか認めないことはまだまだだ。」などと感想を述べた。今後について高橋和夫さんは「国際政治はアメリカの日程で動くため中間選挙が一つの節目になる」などとコメントした。サウジアラビアについてどんな国なのかまだ見えないことが多いと恵さんは感想を述べた。


CNN

他にもサウジではスリランカ人女性が04年のスマトラ沖地震で家を失った親族に仕送りするためサウジへ出稼ぎしていたが、雇い主の生後4か月の息子を殺害したとして逮捕。女性は赤ん坊がミルクを喉につまらせた事故と主張するも、雇い主は哺乳瓶で授乳するよう指示したら女性が赤ちゃんの首を絞めて殺したとし、未成年にも関わらず死刑判決を受け斬首刑に(CNN)。高橋和夫さんは「たくさんの家政婦が働いていて、その一人一人の人権問題がサウジに限らず産油国では問題となっている」など話す。


ワシントン・ポスト

失踪時59歳だったトルコ計サウジアラビア人ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏はサウジ王室と親しく政府高官の顧問も務めていたが、政府の言論弾圧や女性に対する抑圧を批判していた。さらに複数の友人が逮捕され、ツイッターなどをやめるよう警告を受けていた。去年に拠点をアメリカへ移した後はワシントン・ポストに記事を掲載しサウジアラビア政府の批判を続けた。デーモン閣下は「改革派ということは現政府を批判している人とも足並みが合うのではないか」とコメントした。エルドアン大統領の声明のポイントとして、計画殺人であったこと、誰が指示したか明らかにし罰するべき、拘束した18人はトルコで行うべきと発言したことと、ムハンマド皇太子には触れなかった点である。なぜトルコで裁判すると発言したかについて、高橋和夫は「トルコで出来ないことはわかっているが言わざるを得なかったのでは」とコメントした。福田安志は「トルコで裁くとを強調することで強い大統領像をアピールしたかったのでは」と意見した。

ジャマル・カショギ氏は10月2日に来て欲しいとトルコ・イスタンプールにあるサウジアラビア総領事館から予め言われていた。カショギ氏は同行していた婚約者に「もし私が出てこなければ友人のトルコ大使館顧問に連絡するように」と言い渡した。しかし今月2日に行方不明になり、トルコ当局の話として「カショギ氏は殺害された」と発表した。10日にワシントン・ポストも「ムハンマド皇太子の関与」を報じたが、16日に皇太子はこれを否定した。しかし20日になって一転して「領事館内の喧嘩の末死亡」とし、21日には「偶発的な死亡」とした。このように主張するサウジ側に対し、トルコ側は「計画された殺人」と真っ向から否定している。伊藤さんは「トルコはこれを切り札に国際社会を揺らそうとしているのでは」とし、高橋さんは「カショギ氏はアメリカの大使館に行ったらサウジの大使館に行ってくれと言われた。アメリカでやると反響があり、トルコなら大丈夫だろうとみられてトルコは頭に来ている」と話した。各国当局の記者拘束の数として、トルコは73人と1番多く、トルコとサウジの関係は微妙だったという。


ツイッター

失踪時59歳だったトルコ計サウジアラビア人ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏はサウジ王室と親しく政府高官の顧問も務めていたが、政府の言論弾圧や女性に対する抑圧を批判していた。さらに複数の友人が逮捕され、ツイッターなどをやめるよう警告を受けていた。去年に拠点をアメリカへ移した後はワシントン・ポストに記事を掲載しサウジアラビア政府の批判を続けた。デーモン閣下は「改革派ということは現政府を批判している人とも足並みが合うのではないか」とコメントした。エルドアン大統領の声明のポイントとして、計画殺人であったこと、誰が指示したか明らかにし罰するべき、拘束した18人はトルコで行うべきと発言したことと、ムハンマド皇太子には触れなかった点である。なぜトルコで裁判すると発言したかについて、高橋和夫は「トルコで出来ないことはわかっているが言わざるを得なかったのでは」とコメントした。福田安志は「トルコで裁くとを強調することで強い大統領像をアピールしたかったのでは」と意見した。


シャーム解放機構

2016年6月の安田さんの足取り。15日にトルコ・シリア難民の子供達のための学校を取材していた。教師によると安田さんはシリアの子どもたちを撮影したいと学校に来たという、とても純粋で困っている人を助ける人だとしている。22日にホテルをチェックアウトし、旧ヌスラ戦線に拘束されたとみられる。旧ヌスラ戦線は国際テロ組織「アルカイダ」に忠誠を誓い、戦闘員は約1万人だった。名前を変える理由について高橋和夫氏は「1つは組織の中でもうやめようよというと、その中でがんばろうとする人たちがそこを抜けて自分たちの組織を立ち上げる。小さな組織になるほど過激になる」と話した。旧ヌスラ戦線はジャーナリストを人質に身代金を要求したことがある。


ヌスラ戦線

安田純平さんについて。2004年イラク・バグダッドで武装集団に拘束され、3日後に開放されている。拘束されていた経験もあった。2015年1月には「その場では何もできないしすぐに状況が変わるわけではない。戦場を撮影して持って帰って、こういうことが起きているということを知ってもらうことで何か変わるのではという気持ちでやるしかない」と話していた。2015年のシリア内戦の関係。ロシアがついていたアサド政権とアメリカ・イギリス・フランス・トルコが協力支援をしていた自由シリアなど反体制派が敵対。過激派組織「イスラム国」とアサド政権が対立。安田さんは「ヌスラ戦線」に拘束されていたのではないかとされている。単純に政権と反体制派ということだけではなく、非常に複雑な図式となっている。

シリア内戦の発端となったのは2011年中東の民主化運動「アラブの春」に触発され、強権的なアサド政権に抗議する民衆の反体制デモが続々と発生。イスラム国が混乱に乗じてシリア国内に進入し、情勢が複雑化した。「アサド政権」をロシアとイランが協力に支援。反政府勢力をアメリカ・トルコ、ヨーロッパやアラブ諸国が支援をし、国土の大部分で戦闘が続いた。安田さんが拘束された2015年、9月には政府軍と反体制派の戦闘も続き、政権を支援するロシア軍の空爆も加わった。国連による内戦で25万人以上が死亡、人口約2200万人のうち、約430万人が難民になったという。高橋和夫氏によると「安田さんの取材方法は常に低い位置からの目線で人々の生活ぶりに密着するやり方」としている。

2016年6月の安田さんの足取り。15日にトルコ・シリア難民の子供達のための学校を取材していた。教師によると安田さんはシリアの子どもたちを撮影したいと学校に来たという、とても純粋で困っている人を助ける人だとしている。22日にホテルをチェックアウトし、旧ヌスラ戦線に拘束されたとみられる。旧ヌスラ戦線は国際テロ組織「アルカイダ」に忠誠を誓い、戦闘員は約1万人だった。名前を変える理由について高橋和夫氏は「1つは組織の中でもうやめようよというと、その中でがんばろうとする人たちがそこを抜けて自分たちの組織を立ち上げる。小さな組織になるほど過激になる」と話した。旧ヌスラ戦線はジャーナリストを人質に身代金を要求したことがある。

拘束された安田さんは2016年3月に初めて映像がネット上に公開された。安田さんは英語で「メッセージを送っていいと言われた」と話し、その後も2016年5月、今年の7月上旬、そして今年の7月31日に銃を突きつけられていた。今回安田さんが捉えられた人質をとることで身代金を要求する武装組織は、人質を大事にするだろうという期待がまだもてると八代さんはコメントした。

安田さんがこのタイミングで解放されたのは、プーチン大統領アサド政権を守ると発言したこともあり、現在反体制派が劣勢にあるという背景があった。安田さんが拘束されていたイドリブは反体制派にとって最後のとりでだったが、多数の住人が住んでいた。民間人が巻き込まれてしまうため、武装勢力を解散させたりしてその中で安田さんも解放された可能性が高いという。この流れで行くとシリアはアサド政権が抑え、クルド人がいる地域はアメリカが抑えたいとしているが隣のトルコが反対している。安田さんが解放されたことについてジャーナリストの常岡さんらは「日本でのバッシングが心配。落ち着いたら見てきたことを発表してほしい」などとコメントしていた。