ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「高橋茂雄」の検索結果

「高橋茂雄」に関連する情報 2244件中 1〜10件目

「高橋茂雄」に関連するグルメ情報

ガレット

ゲスト横山めぐみが「行きつけだ」という店を、桐山照史と高橋茂雄の2人とともに3軒回る。しかし中には行きつけでない店も含まれており、横山が常連客の演技をする中、桐山と高橋のチームはそれを見破り本当の行きつけの店を当てる。また、北海道出身の滝アナウンサーは、横山の出演作「北の国から’87『初恋』」が大好きだ、と話し地元を懐かしんだ。

1店目のブレッツカフェ クレープリー表参道店で、横山めぐみが1品目の「ブルターニュ産魚介のスープ」を口にし、「おいしい」と感想を話した。滝アナウンサーも試食し、「魚介の旨味が詰まっている」とレポートした。桐山・高橋チームの「ここは何系の店なんですか」という問いに対し、「フレンチです」「ガレットなんで」と答えた。

2品目はオーソドックスなガレットである「トラディッショナル」を食べた。この店を最初に訪れたきっかけを聞かれた横山は、「お店の前を通って、オシャレな店があるなと思って」と答えた。女優だから個室のお店に行くのでは、という問いに「色んな所に行きます」「ラーメン屋に並んだりとか」などと話した。滝アナウンサーも試食し、「里芋みたいな感覚がある」「おいしい」と感想を話した。 また「シードル」というりんごの発泡酒を飲み、「美味しい」と感想を話した。

横山は10年以上ドライブが趣味であると話した。若い頃から自分で運転して仕事に行っていて、「京都くらいなら車で行く」と話した。その後タイムアップとなり、行きつけかどうか見破れればご褒美メニューとして「ノルマンド」が食べられる、と滝アナウンサーが説明した。スタジオの高杉真宙は「行きつけ」だと答えた。桐山・高橋チームは「Not行きつけ」だと答えた。


「高橋茂雄」に関連するレストラン・飲食店

ゲスト横山めぐみが「行きつけだ」という店を、桐山照史と高橋茂雄の2人とともに3軒回る。しかし中には行きつけでない店も含まれており、横山が常連客の演技をする中、桐山と高橋のチームはそれを見破り本当の行きつけの店を当てる。また、北海道出身の滝アナウンサーは、横山の出演作「北の国から’87『初恋』」が大好きだ、と話し地元を懐かしんだ。

1店目のブレッツカフェ クレープリー表参道店で、横山めぐみが1品目の「ブルターニュ産魚介のスープ」を口にし、「おいしい」と感想を話した。滝アナウンサーも試食し、「魚介の旨味が詰まっている」とレポートした。桐山・高橋チームの「ここは何系の店なんですか」という問いに対し、「フレンチです」「ガレットなんで」と答えた。

 (クレープ、フレンチ、カフェ)

「高橋茂雄」に関連するグルメ情報

神戸牛

ゲスト横山めぐみが「行きつけだ」という店を、桐山照史と高橋茂雄の2人とともに3軒回る。しかし中には行きつけでない店も含まれており、横山が常連客の演技をする中、桐山と高橋のチームはそれを見破り本当の行きつけの店を当てる。また、北海道出身の滝アナウンサーは、横山の出演作「北の国から’87『初恋』」が大好きだ、と話し地元を懐かしんだ。


「高橋茂雄」に関連するグルメ情報

ラベンダー

ゲスト横山めぐみが「行きつけだ」という店を、桐山照史と高橋茂雄の2人とともに3軒回る。しかし中には行きつけでない店も含まれており、横山が常連客の演技をする中、桐山と高橋のチームはそれを見破り本当の行きつけの店を当てる。また、北海道出身の滝アナウンサーは、横山の出演作「北の国から’87『初恋』」が大好きだ、と話し地元を懐かしんだ。


「高橋茂雄」に関連するレストラン・飲食店

ゲスト横山めぐみが「行きつけだ」という店を、桐山照史と高橋茂雄の2人とともに3軒回る。しかし中には行きつけでない店も含まれており、横山が常連客の演技をする中、桐山と高橋のチームはそれを見破り本当の行きつけの店を当てる。また、北海道出身の滝アナウンサーは、横山の出演作「北の国から’87『初恋』」が大好きだ、と話し地元を懐かしんだ。

 (創作料理、カフェ、バー)

「高橋茂雄」に関連するレストラン・飲食店

ふーみん

ゲスト横山めぐみが「行きつけだ」という店を、桐山照史と高橋茂雄の2人とともに3軒回る。しかし中には行きつけでない店も含まれており、横山が常連客の演技をする中、桐山と高橋のチームはそれを見破り本当の行きつけの店を当てる。また、北海道出身の滝アナウンサーは、横山の出演作「北の国から’87『初恋』」が大好きだ、と話し地元を懐かしんだ。


「高橋茂雄」に関連するレストラン・飲食店

アロハサラダ原宿

ゲスト横山めぐみが「行きつけだ」という店を、桐山照史と高橋茂雄の2人とともに3軒回る。しかし中には行きつけでない店も含まれており、横山が常連客の演技をする中、桐山と高橋のチームはそれを見破り本当の行きつけの店を当てる。また、北海道出身の滝アナウンサーは、横山の出演作「北の国から’87『初恋』」が大好きだ、と話し地元を懐かしんだ。


「高橋茂雄」に関連するグルメ情報

日野菜大根

京都府出身高橋茂雄はアイスブレーカーをプレゼン。アイスブレーカーは日本初の外国人杜氏が醸造した酒で、日野菜大根の漬物とよく合う。


「高橋茂雄」に関連するグルメ情報

アイスブレーカー

京都府出身高橋茂雄はアイスブレーカーをプレゼン。アイスブレーカーは日本初の外国人杜氏が醸造した酒で、日野菜大根の漬物とよく合う。


「高橋茂雄」に関連する音楽・CD

モー娘。の歴史を変えた人物として後藤真希を紹介。3期メンバーとして加入。影響として前のCD17万枚からLOVEマシーンは164万枚に。後藤真希の声が入る事がすごく重要なこととヒャダインが語り、光線系の声で明るい曲に変化と語る。アレンジャーがダンス☆マンが務めたと語り、こっちのジャンルも行けることがわかったと語る。サマーナイトタウンとLOVEマシーンを比較。その後明るい声を入れるようになったと解説。

LOVEマシーンからの音楽的変化として16ビートを刻む歌い方に変化と解説。16ビートになると16分音符を基本としたリズムとなり、引き立たせる歌唱法が大森靖子の解説により紹介された。シャ乱Qの歌い方と語り、いいわけなどと比較して解説。松岡茉優はライブに参加したときに16ビートの意識を促されたと語る。また大森靖子は、「Pro Tools」というソフトの導入により、男性のキーを女性のキーに変化することができ、つんく♂のそのままの歌唱をマネできるようになったと解説。

つんく♂が曲が明るく鳴ることを狙っていたのか、コメントを紹介。後藤真希の声はツヤがあってなめらか、艶の部分が引き金になった。またふるさとでは敗北の結果になりくらいムードの中後藤が出てきた。いまのこの子たちのをそのまま収める、うまく唄えたところだけを起用、わずか数秒に賭けて、今ある、そのものの良さを放り込んだ。その結果みんなの心の中に入っていたと語る。 藤田ニコルはコメントに愛があると語り、分析もあたっていたと高橋茂雄がコメント。

モーニング娘。はLOVEマシーンから、ハッピーサマーウェディングで4期メンバーが加入。つんく♂のコメントでは4期の4人のメンバーの声の種類が増えたことで、派生ユニットが充実したと紹介。また、その頃に松浦亜弥が紹介。15歳で1人で紅白に出ていると松岡茉優が解説。2001年から世間的にCDの売上が下がっていき、さらに卒業も増えていったと解説。中澤裕子、後藤真希、安倍なつみが卒業。2008年に10年連続だったNHK紅白歌合戦出場が途絶えたと伝えた。高橋茂雄はここまでが抑えていないと語るがヒャダインはココからが面白いと語った。

再ブレイクのきっかけを作った人物として鞘師里保を紹介。鞘師里保は2011年、1月に9期メンバーとして12歳で加入。以前のライブ後の反省会では、後輩に厳しく指導をする場面も。しかし15年12月17歳でダンス留学へとVTRで紹介。松岡茉優はイチオシとして鞘師里保について語る。圧倒的なダンス能力も自信が無く、憂いがあると語る。これまでのアイドルソングからある変化として、EDM路線になったと語る。一般的には同じコードを繰り返すループが多いが、つんく ♂流では全然ループしないと紹介。またダンスの能力を活かし仕上がったのがフォーメーションダンスと紹介。続いてつんく ♂の鞘師里保に対するコメントを紹介。ダンスという武器を持って歌も上手い、声質がいいのは鞘師が最高到達点、あらたなジャンルへの参入ができた。その時代でできる最大限のパフォーマンスを考えて曲というのは出来上がっていると語る。スタジオではつんく ♂の監督は凄いと語った。松岡茉優は鞘師里保が抜けたことで、他のメンバーが全員鞘師のレベルの踊りができると語り、そこに個性が加わり、今全員見逃せないと語った。ヒャダインはアンジュルムやJuice=Juiceなど他のメンバーに影響していると語った。

今回は村上&丸山がモー娘。現役メンバーとフォーメーションダンスのヒット曲メドレーセッション。トーク後、フォーメーションリハで振り付けなどを確認した。

「LOVEマシーン」

Amazon.co.jp