ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「高田創」の検索結果

「高田創」に関連する情報 219件中 1〜10件目

日銀

来週の経済について、「シャンシャン一般公開」「金融政策決定会合」など紹介。高田創は日銀短観など先行きの副作用に注目だとし、黒田総裁は再任ではないかと話した。


王将

来週の経済について、「シャンシャン一般公開」「金融政策決定会合」など紹介。高田創は日銀短観など先行きの副作用に注目だとし、黒田総裁は再任ではないかと話した。


ディズニー

明日の予定は「12月の日銀短観」、「ディズニー大型買収」、「入札情報どう探す?」など。高田創氏はディズニー大型買収に注目していて、「株高で、キャッシュリッチ、お金を貯め込んでいる。しかもその金額が尋常じゃないですよね。今後、IT、通信関係で来年あたりに大型買収がありそう」とコメント。


三菱UFJ信託銀行

みずほ総研・高田創氏は、金利が低い状態が続く日本の金融機関は、かなり厳しい状況にあると指摘。企業の純利益は上がり続けているが、一方で金融機関の企業からの受取利息は下がり、バブル期のピークの5分の1に沈んでいる。この状態が続けば、金融機関の現在のビジネスモデルが成り立たなくなる可能性があるという。きょう会見した全国銀行協会の平野会長は「強い危機感を持って将来に向けた事業改革に取り組まなければならない」と述べている。メガバンクは、この事業改革の取り組みをすでに進めている。みずほFGは人員や拠点の削減を目指している。また、三菱UFJFGや三井住友FGも人員の効率化を進めるとしている。さらに、構造改革の中で、利益率が低く多くの人員が必要なサービスの廃止も見据えているという。高田氏は、こうした改革を進める金融機関に必要な戦略として、「Long(長期)」、「External(海外)」、「Diversify&Deep」(多様化&深化)を示す「LED」戦略を提案した。


三井住友FG

みずほ総研・高田創氏は、金利が低い状態が続く日本の金融機関は、かなり厳しい状況にあると指摘。企業の純利益は上がり続けているが、一方で金融機関の企業からの受取利息は下がり、バブル期のピークの5分の1に沈んでいる。この状態が続けば、金融機関の現在のビジネスモデルが成り立たなくなる可能性があるという。きょう会見した全国銀行協会の平野会長は「強い危機感を持って将来に向けた事業改革に取り組まなければならない」と述べている。メガバンクは、この事業改革の取り組みをすでに進めている。みずほFGは人員や拠点の削減を目指している。また、三菱UFJFGや三井住友FGも人員の効率化を進めるとしている。さらに、構造改革の中で、利益率が低く多くの人員が必要なサービスの廃止も見据えているという。高田氏は、こうした改革を進める金融機関に必要な戦略として、「Long(長期)」、「External(海外)」、「Diversify&Deep」(多様化&深化)を示す「LED」戦略を提案した。


三菱UFJFG

みずほ総研・高田創氏は、金利が低い状態が続く日本の金融機関は、かなり厳しい状況にあると指摘。企業の純利益は上がり続けているが、一方で金融機関の企業からの受取利息は下がり、バブル期のピークの5分の1に沈んでいる。この状態が続けば、金融機関の現在のビジネスモデルが成り立たなくなる可能性があるという。きょう会見した全国銀行協会の平野会長は「強い危機感を持って将来に向けた事業改革に取り組まなければならない」と述べている。メガバンクは、この事業改革の取り組みをすでに進めている。みずほFGは人員や拠点の削減を目指している。また、三菱UFJFGや三井住友FGも人員の効率化を進めるとしている。さらに、構造改革の中で、利益率が低く多くの人員が必要なサービスの廃止も見据えているという。高田氏は、こうした改革を進める金融機関に必要な戦略として、「Long(長期)」、「External(海外)」、「Diversify&Deep」(多様化&深化)を示す「LED」戦略を提案した。


みずほFG

みずほ総研・高田創氏は、金利が低い状態が続く日本の金融機関は、かなり厳しい状況にあると指摘。企業の純利益は上がり続けているが、一方で金融機関の企業からの受取利息は下がり、バブル期のピークの5分の1に沈んでいる。この状態が続けば、金融機関の現在のビジネスモデルが成り立たなくなる可能性があるという。きょう会見した全国銀行協会の平野会長は「強い危機感を持って将来に向けた事業改革に取り組まなければならない」と述べている。メガバンクは、この事業改革の取り組みをすでに進めている。みずほFGは人員や拠点の削減を目指している。また、三菱UFJFGや三井住友FGも人員の効率化を進めるとしている。さらに、構造改革の中で、利益率が低く多くの人員が必要なサービスの廃止も見据えているという。高田氏は、こうした改革を進める金融機関に必要な戦略として、「Long(長期)」、「External(海外)」、「Diversify&Deep」(多様化&深化)を示す「LED」戦略を提案した。


みずほ総合研究所

みずほ総合研究所の高田創は北朝鮮リスク指数は過去最高だとし、2018年の最大のリスクシナリオだとした。


「高田創」に関連するイベント情報

オリンピック

今年4月にオープンした東京・浅草の「WIRED HOTEL ASAKUSA」は落ち着いた日本の工芸品を取り入れた客室は特注の招き猫がお出迎え。客の8割は外国人観光客だという。売りは地元と一体になったイベントでこの日はスナックを模したイベントが行われた。ママはウェブで浅草の情報を発信する編集者。客も個性豊かな地元の人達をスナックで呼び込む。ワイアットホテル浅草の三浦剛さんは宿泊客がすんなり地元の人のいる場に溶け込める土壌ができているのかなと思うと話した。専門家はこうした特色がホテルの生き残りに欠かせないと指摘する。みずほ総研の高田創チーフエコノミストはどこでもモノ(ホテル)を作れば「これだけ不足しているから大丈夫」ということから開発の戦略を見直すそういう発想も必要ではと話した。ほかにも、ベルーナは京都で7月にホテルを開業し、良品計画は19年春に国内初ホテル、大和ハウス工業はビジネスホテル事業を強化、星野リゾートは新ブランド立ち上げ来年春開業予定。


星野リゾート

今年4月にオープンした東京・浅草の「WIRED HOTEL ASAKUSA」は落ち着いた日本の工芸品を取り入れた客室は特注の招き猫がお出迎え。客の8割は外国人観光客だという。売りは地元と一体になったイベントでこの日はスナックを模したイベントが行われた。ママはウェブで浅草の情報を発信する編集者。客も個性豊かな地元の人達をスナックで呼び込む。ワイアットホテル浅草の三浦剛さんは宿泊客がすんなり地元の人のいる場に溶け込める土壌ができているのかなと思うと話した。専門家はこうした特色がホテルの生き残りに欠かせないと指摘する。みずほ総研の高田創チーフエコノミストはどこでもモノ(ホテル)を作れば「これだけ不足しているから大丈夫」ということから開発の戦略を見直すそういう発想も必要ではと話した。ほかにも、ベルーナは京都で7月にホテルを開業し、良品計画は19年春に国内初ホテル、大和ハウス工業はビジネスホテル事業を強化、星野リゾートは新ブランド立ち上げ来年春開業予定。