ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「高田創」の検索結果

「高田創」に関連する情報 204件中 1〜10件目

羽田空港

スタジオトーク。高田創は「最近いろいろな鉄道会社がクルーズトレインという周遊する旅をやっているが、それのバス版」と話し、訪日客も照準で「品川から第2の開国」と解説た。


京急

スタジオトーク。高田創は「最近いろいろな鉄道会社がクルーズトレインという周遊する旅をやっているが、それのバス版」と話し、訪日客も照準で「品川から第2の開国」と解説た。


「高田創」に関連するイベント情報

オリンピック

明日の予定について紹介。高田創は「ラスベガス・サンズ日本で会議」の見出しについて注目。選挙による影響について解説した。さらに28日がオリンピックまで1000日という形になるので滞りなく準備をして欲しいと語った。


京阪電鉄

明日の予定について紹介。高田創は「ラスベガス・サンズ日本で会議」の見出しについて注目。選挙による影響について解説した。さらに28日がオリンピックまで1000日という形になるので滞りなく準備をして欲しいと語った。


ラスベガス・サンズ

明日の予定について紹介。高田創は「ラスベガス・サンズ日本で会議」の見出しについて注目。選挙による影響について解説した。さらに28日がオリンピックまで1000日という形になるので滞りなく準備をして欲しいと語った。


ファミリーマート

ファミリーマートは、秋冬の定番商品であるおでんと中華まんの新商品を発表した。去年と今年の中華まんを食べ比べてみると、製造ラインを一新したことで、専門店と同じ熟成発酵生地を使用することで、違いを鮮明にした。価格は、競合他社よりも10円高い130円で提供する。一方、おでんは去年経営統合したサークルKサンクスの「屋台風おでん」を展開。早すぎる発表について、商品本部の島田部長は「暑いと言いながらも、8月終わりは夏の食べ物に飽きてきて、秋冬の商品に移行したい」と話す。実際に、おでんがもっとも売れるのは9月で、冬には減少傾向にあることが分かる。この暑い時期に、おでんをどうアピールしていくのかが、今後の売上を左右する大きな要素となっている。ローソンやセブン-イレブンも、それぞれ8日、15日からおでんを発売する。

相内優香は「取材したコンビニでは、お盆を境に冷たい麺が売れなくなり、おでんや栗・かぼちゃといった秋の味覚が売れ始める。旬の2か月先取りがポイントだそう」と話した。こうした冬物商戦の前倒し要因として、高田創氏は「最高気温が29℃未満になると身体が冬モードになるというバイオリズムがある」、「売れ残りリスクが減る」、「フリマアプリで中古で売れるという消費者意識」といった点を挙げた。


日銀

ドル円相場が企業の業績にどの程度影響を与えるのか、高田創さんが解説した。去年の後半から企業業績がよくなってきたのは、想定為替レートよりも円安が続いた状況だったことが大きい。最近円高が進んできて、水準に近づくくらいになってきたので企業としてはナーバスになってきやすい。


ミズノ

スポーツメーカー・ミズノが独自に開発したプログラム「ヘキサスロン」がベトナム全国の公立小学校で正式に採用される可能性が高まっている。子どもたちの運動不足や肥満が深刻化しており、ハノイ市では小学生の4割が「やや肥満」以上のデータもある。ヘキサスロンによる実験結果はベトナムの体育授業に比べ運動量が2倍になるという結果が出た。ミズノ・アジア営業担当・森井征五さんは「来年にベトナムで改正される学習指導要領に正式に導入してもらい、義務教育にヘキサスロンを導入しベトナム全土に広げていく」と説明した。また現地の教師向けにヘキサスロンの講習会なども行われている。

森井征五さんはヘキサスロンを導入した学校を見てもらおうと、ベトナムの関係者たちを日本に招待した。ベトナム・教育訓練省のチャン・ディン・トワン局長は「生徒たちが受け身ではなく主体的で効果的な授業だと思った。個人的に採用する可能性は高いと思う」と話した。ミズノ・森井征五さんは「初等教育でヘキサスロンを導入してもらい、サッカーやバドミントンなど一気通貫でミズノとしてベトナムで商売したい」と話す。

ミズノがベトナムに狙いを定めた理由について紹介。高田創は「ベトナムが経済発展で中間層が増えている。教育に熱心」と説明した。さらに日本におけるベトナム人留学生の割合を紹介した。


みずほ総合研究所

みずほ総合研究所の高田創氏は日本人の人口が減少する一方で、外国人住民が増えていて、30万人減った部分を半分くらい補っていると指摘。もはや日本自体が移民国家といってもよい状況で、ヨーロッパなどの事例を参考に対応策が求められるとしている。


みずほ総合研究所

ヨーロッパ諸国によって日本の人気の輸出品は異なる。イギリスではカレーのルー、ドイツでは緑茶、フランスではウイスキー、イタリアでは盆栽など。みずほ総合研究所の高田創氏は「関税は勿論重要だが、それ以外の非関税障壁がずいぶん大きい。緑茶の残留農薬以外にも卵、乳製品はまだ認められていない」とコメント。山積する課題を1つ1つクリアし、各国に応じた戦略立案が求められているという。