ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「007」の検索結果

「007」に関連する情報 90659件中 1〜10件目

シャトー勝沼

次に到着したのはツアーのメインイベントであるシャインマスカットの食べ放題。友光さんは女性よりブドウに夢中。一方房江さんは日傘の男性に心を決めアピール。そこでコーディネーターの酒井さんが「あ〜んしてあげて」と提案し成功。日傘男性の気持ちをこっそり聞くと「話題が多い人がいい」などと話していた。次にツアーは勝沼の老舗ワイナリーへ。常時15種類のワインを試飲できる。カップリングの投票は新宿駅到着の直前。帰りに席で意中の人の隣に座れるかがカップル成立の鍵。房江さんは日傘男性の隣をゲットできるのか。


スズメバチ

スズメバチの捕獲数は気温と連動している。2007〜2016年までの平均をみると、暑くなる8月の終わり頃に増え始め、9月の2〜3週(今週)にピークを迎える。あすの東京は最高気温が26℃、最低気温が18℃となっているが、平年よりは高め。気温が下がればスズメバチも減る。そして、スズメバチハンター・田迎真人さんは今回、茨城・常総市で500匹のスズメバチが巣を作った住宅で駆除を行う。

防護服を着用し、スズメバチの駆除を開始。ハンターが持ってきたのは、大型の掃除機。まずはハチを1つの容器に集めるために吸い込んだ。するとハチは興奮状態になり、攻撃態勢で出てきた。ハンターはふぉ〜ゆ〜に、バドミントンのラケットで叩くように指示。ほとんどのハチを捕獲することができた。そして、巣を取り出すために屋根裏を剥がすと、大きな蜂の巣が現れた。そして、蜂の巣の根本をのこぎりで切ると、巣を取り出すことに成功した。最後に、女王蜂を駆除することで、新たな巣を作られる心配もなくなった。こうして駆除した巣盤は3段。 大きいものは全長40cm以上になった。そして、駆除したスズメバチは、約500匹に上った。しかし、スズメバチはこれだけではなく、住民に被害を与えかねないスズメバチは山にいるとのことで、一行は山に向かった。そこで、ハンターも恐れる最凶スズメバチに遭遇する。

このあと「ふぉ〜ゆ〜vs最凶スズメバチ」


「007」に関連するグルメ情報

素揚げ

スズメバチの捕獲数は気温と連動している。2007〜2016年までの平均をみると、暑くなる8月の終わり頃に増え始め、9月の2〜3週(今週)にピークを迎える。あすの東京は最高気温が26℃、最低気温が18℃となっているが、平年よりは高め。気温が下がればスズメバチも減る。そして、スズメバチハンター・田迎真人さんは今回、茨城・常総市で500匹のスズメバチが巣を作った住宅で駆除を行う。


「007」に関連するグルメ情報

ハチ酒

スズメバチの捕獲数は気温と連動している。2007〜2016年までの平均をみると、暑くなる8月の終わり頃に増え始め、9月の2〜3週(今週)にピークを迎える。あすの東京は最高気温が26℃、最低気温が18℃となっているが、平年よりは高め。気温が下がればスズメバチも減る。そして、スズメバチハンター・田迎真人さんは今回、茨城・常総市で500匹のスズメバチが巣を作った住宅で駆除を行う。


みどり産業株式会社

スズメバチの捕獲数は気温と連動している。2007〜2016年までの平均をみると、暑くなる8月の終わり頃に増え始め、9月の2〜3週(今週)にピークを迎える。あすの東京は最高気温が26℃、最低気温が18℃となっているが、平年よりは高め。気温が下がればスズメバチも減る。そして、スズメバチハンター・田迎真人さんは今回、茨城・常総市で500匹のスズメバチが巣を作った住宅で駆除を行う。


名古屋市HP

スズメバチの捕獲数は気温と連動している。2007〜2016年までの平均をみると、暑くなる8月の終わり頃に増え始め、9月の2〜3週(今週)にピークを迎える。あすの東京は最高気温が26℃、最低気温が18℃となっているが、平年よりは高め。気温が下がればスズメバチも減る。そして、スズメバチハンター・田迎真人さんは今回、茨城・常総市で500匹のスズメバチが巣を作った住宅で駆除を行う。


がん

樹木希林さんが出演した2007年公開の「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」で、是枝監督が絶賛したシーンがある。新幹線で田舎から上京するシーンで、椅子の背もたれをちょっとだけ戻す芝居をしている。希林さんのアドリブで、息子のいる東京で暮らし始めるオカンの決意を表現したという。この映画で日本アカデミー賞主演女優賞を受賞。2010年の映画「悪人」では殺人犯の祖母を演じた。パンチパーマは自前のかつらで「限界まで使って処分したかった」などと話していたという。5年前、希林さんの自宅を取材した時には、がんを患ってから口紅や洋服などを新たに買わないことを話していた。余計なものは買わず、最後まで使い切るとしていた。書籍では「ものたちが充分に役目を果たし終わったと思えるように、人間も充分生きて自分を使い切ったと思えるようにというのが私の目標」などと話していた。全身がんと戦いながらも最後まで女優を続けた。2015年の「あん」では孫娘の伽羅さんと共演。2016年の「海よりもまだ深く」でも家族の絆を演じ続けた。是枝監督との6度目のタッグとなった「万引き家族」は、カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞。入れ歯を外し、一家を年金で養う祖母を演じた。雑誌では「私は私のまんま出ている。演じるというのは頑張ることではない」などと話していた。また別の雑誌では「小さなことの積み重ねが映画の中の日常にリアリティーを加えていく」などと話している。Suicaも普通に使って電車に乗っていたとのこと。死について「日常の中にある出来事」などとしていた。


Suica

樹木希林さんが出演した2007年公開の「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」で、是枝監督が絶賛したシーンがある。新幹線で田舎から上京するシーンで、椅子の背もたれをちょっとだけ戻す芝居をしている。希林さんのアドリブで、息子のいる東京で暮らし始めるオカンの決意を表現したという。この映画で日本アカデミー賞主演女優賞を受賞。2010年の映画「悪人」では殺人犯の祖母を演じた。パンチパーマは自前のかつらで「限界まで使って処分したかった」などと話していたという。5年前、希林さんの自宅を取材した時には、がんを患ってから口紅や洋服などを新たに買わないことを話していた。余計なものは買わず、最後まで使い切るとしていた。書籍では「ものたちが充分に役目を果たし終わったと思えるように、人間も充分生きて自分を使い切ったと思えるようにというのが私の目標」などと話していた。全身がんと戦いながらも最後まで女優を続けた。2015年の「あん」では孫娘の伽羅さんと共演。2016年の「海よりもまだ深く」でも家族の絆を演じ続けた。是枝監督との6度目のタッグとなった「万引き家族」は、カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞。入れ歯を外し、一家を年金で養う祖母を演じた。雑誌では「私は私のまんま出ている。演じるというのは頑張ることではない」などと話していた。また別の雑誌では「小さなことの積み重ねが映画の中の日常にリアリティーを加えていく」などと話している。Suicaも普通に使って電車に乗っていたとのこと。死について「日常の中にある出来事」などとしていた。


アエラ

樹木希林さんが出演した2007年公開の「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」で、是枝監督が絶賛したシーンがある。新幹線で田舎から上京するシーンで、椅子の背もたれをちょっとだけ戻す芝居をしている。希林さんのアドリブで、息子のいる東京で暮らし始めるオカンの決意を表現したという。この映画で日本アカデミー賞主演女優賞を受賞。2010年の映画「悪人」では殺人犯の祖母を演じた。パンチパーマは自前のかつらで「限界まで使って処分したかった」などと話していたという。5年前、希林さんの自宅を取材した時には、がんを患ってから口紅や洋服などを新たに買わないことを話していた。余計なものは買わず、最後まで使い切るとしていた。書籍では「ものたちが充分に役目を果たし終わったと思えるように、人間も充分生きて自分を使い切ったと思えるようにというのが私の目標」などと話していた。全身がんと戦いながらも最後まで女優を続けた。2015年の「あん」では孫娘の伽羅さんと共演。2016年の「海よりもまだ深く」でも家族の絆を演じ続けた。是枝監督との6度目のタッグとなった「万引き家族」は、カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞。入れ歯を外し、一家を年金で養う祖母を演じた。雑誌では「私は私のまんま出ている。演じるというのは頑張ることではない」などと話していた。また別の雑誌では「小さなことの積み重ねが映画の中の日常にリアリティーを加えていく」などと話している。Suicaも普通に使って電車に乗っていたとのこと。死について「日常の中にある出来事」などとしていた。


「007」に関連するイベント情報

カンヌ国際映画祭

樹木希林さんが出演した2007年公開の「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」で、是枝監督が絶賛したシーンがある。新幹線で田舎から上京するシーンで、椅子の背もたれをちょっとだけ戻す芝居をしている。希林さんのアドリブで、息子のいる東京で暮らし始めるオカンの決意を表現したという。この映画で日本アカデミー賞主演女優賞を受賞。2010年の映画「悪人」では殺人犯の祖母を演じた。パンチパーマは自前のかつらで「限界まで使って処分したかった」などと話していたという。5年前、希林さんの自宅を取材した時には、がんを患ってから口紅や洋服などを新たに買わないことを話していた。余計なものは買わず、最後まで使い切るとしていた。書籍では「ものたちが充分に役目を果たし終わったと思えるように、人間も充分生きて自分を使い切ったと思えるようにというのが私の目標」などと話していた。全身がんと戦いながらも最後まで女優を続けた。2015年の「あん」では孫娘の伽羅さんと共演。2016年の「海よりもまだ深く」でも家族の絆を演じ続けた。是枝監督との6度目のタッグとなった「万引き家族」は、カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞。入れ歯を外し、一家を年金で養う祖母を演じた。雑誌では「私は私のまんま出ている。演じるというのは頑張ることではない」などと話していた。また別の雑誌では「小さなことの積み重ねが映画の中の日常にリアリティーを加えていく」などと話している。Suicaも普通に使って電車に乗っていたとのこと。死について「日常の中にある出来事」などとしていた。