ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「20世紀フォックス ホーム エンターテイメント」の検索結果

「20世紀フォックス ホーム エンターテイメント」に関連する情報 4821件中 1〜10件目

20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン

続いて、名作映画「1982年に公開された映画「炎のランナー」 ハロルドの優勝を知ったコーチが喜びのあまりにとった行動は?」が出題。正解は「手で帽子を突き破った」で麻乃佳世が正解。


20世紀フォックスホーム エンターテイメントジャパン

約5ヶ月のあいだ姿を見せていなかった女優のファン・ビンビンが先月15日、北京空港に姿を現した。ファン・ビンビンさんは先月3日、映画の出演料をめぐって二重契約書を作成し一部所得を申請しなかったとして中国当局からおよそ23億円の脱税が認定された。ファン・ビンビンは脱税を認め、追徴課税と罰金あわせて146億円の支払いに応じた。彼女の行動から様々な余波が広がっている。


20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン

続いて、名作映画「1987年公開の映画「ロボコップ」 ロボコップが指一本触れず敵のロボットに勝利した理由は何?」が出題。正解は「階段で転び立てなくなった」で全員不正解。


20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン

続いて、名作映画「1965年に公開された映画「サウンド・オブ・ミュージック」 丘の上で歌うある有名な歌のタイトルは?」が出題。正解は「ドレミの歌」で全員正解。


20世紀フォックス ホーム エンターテイメント

鶏肉を体内に見立ててどうやって使うのかを見せてもらった。小西さんは障害物に見立てた鶏の皮をどける実験を披露した。小西さんはマイクロハンドが触った感覚が伝わる手袋も開発した。約50℃のお茶を用意した。マイクロハンドが感知したお茶の温度をコンピューターを介して羽鳥慎一の指に伝えてみせた。温度の他にも硬さの感覚を伝える事も出来る。小西さんは将来、狭い箇所での触診を期待しているという。小西さんは1991年に東京大学の電子工学科を卒業後、2006年に立命館大学の教授になった。小西さんが『ミクロの決死圏』というSF映画を見た事がマイクロハンドを開発するキッカケになった。この映画を見た小西さんは「遠隔操作が出来る小さい手なら作れるかもしれない。」と思うようになったという。小西さんは精密なマイクロハンドを作る為に型を利用する方法を考えた。回転する台でシリコンラバーを伸ばしていくと、薄い膜が出来る。材料のシリコンラバー自体を作る事が大変だったという。柔らかすぎると空気を入れた時、破れてしまう。小西さんは硬化剤の分量を変えながら実験を10年間繰り返して、最適な手の硬さにたどり着いた。小西さんは「実用化にはもう少し時間がかかると思う。」等とコメントした。更に、小西さんはマイクロハンドの指を50本使ってあるものを開発中だ。


20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン

以前、秘宝「五大明王の壁画」(木村徳応 作)を見せてもらった狩野英孝が人間国宝に会う企画。狩野は2008年にユネスコ無形文化遺産に登録された人形芝居「文楽」の人形遣い・吉田和生さんのもとへ。吉田さんは2017年に人間国宝に認定された。文楽は人形1体を3人で動かすということで実際の動きなどを見せてもらった。番組出演の理由に吉田さんは若い人に伝統芸能を伝えたいとの思いを明かし、狩野英孝は人形の動かし方を教えてもらった。さらに狩野の歌に合わせて人形を動かしてもらった。


20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン

女優のファン・ビンビンさんへの処罰で波紋が広がっている。今年5月を最後に公の場に姿を見せなくなって4カ月が経過。昨日、新華社通信が「中国税務当局がビンビンさんが約23億円を脱税していたとして、約146億円の支払いを命じた」と報じた。一方、ビンビンさんは昨日、ウェイボに謝罪文を掲載した。今年5月、ビンビンさんは「大爆撃」という映画で2通りの契約書を交わして脱税していたと告発された。当局が支払いを命じた金額の内訳は、追徴課税約47億円、罰金約99億円。税務当局は中国の法律で定められている内容に基づき、期限内に支払えば刑事責任を追求しない考え。中国映画会では高額な出演料支払いや脱税が横行しており、当局は業界に対し「年末までに自ら申告漏れを届け出た場合は行政処分を免除する」と通告。


20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン

記憶力が問われるクイズ。続いて、名作映画「1990年公開の映画「ホーム・アローン」 ケビンが仕掛けたトラップ 上から落ちてきたものは?」が出題。正解は「アイロン」で全員不正解。


20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン

続いて、名作映画「ホーム・アローン」からの問題。


20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

今年1〜3月は興行収入が北米を抜いていて、年間予想では中国映画は世界での年間興行収入で1位となると見られているが、収入のうち46%が輸入の映画となっていて、貿易摩擦の最中でありながらハリウッド側も中国を意識して、中国人が活躍する姿も多く見られている。また、アリババは去年の消費者デーには2兆8000億円を売り上げていて、これは楽天の1年の売上に匹敵する額となっていることから、日本の俳優も多く中国で活躍し始めている。