ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「Android」の検索結果

「Android」に関連する情報 7227件中 1〜10件目

グーグルピクセル

「siri」の驚き機能として英語へ翻訳で本間選手の声でも反応したと紹介。さらにAndroidでも外国語で翻訳出来ると紹介。


iPhone XS Max

つづいてiPhoneついていけない芸人。メンバーにはガラケーラブ芸人のケンドーコバヤシが参加。そして、杉咲花や詳しい芸人としてかじがや卓哉らが参加。

「siri」の驚き機能として英語へ翻訳で本間選手の声でも反応したと紹介。さらにAndroidでも外国語で翻訳出来ると紹介。


iPhone

つづいてiPhoneついていけない芸人。メンバーにはガラケーラブ芸人のケンドーコバヤシが参加。そして、杉咲花や詳しい芸人としてかじがや卓哉らが参加。

「siri」の驚き機能として英語へ翻訳で本間選手の声でも反応したと紹介。さらにAndroidでも外国語で翻訳出来ると紹介。

iPhoneに関する悩みを解決する企画。華丸から写真を見るとき横で見ようとすると写真が縦になると相談。かじがや卓哉はカメラアプリで「HDR」やカメラマークが縦の構図になっていると横向きで保存されてしまう。写真を回転する方法は編集で向きを変えられる。

黒沢かずこからは「写真を探すのが大変」と相談。画像が保存されている所に「検索」があり、「ラーメン」などで検索できる。また、新機能として「クリスマス 2016」など2つの単語で検索出来るようになったと紹介。検索が難しいものについては「ピープル」という同じ人物の写真を自動的にまとめてくれる機能などがあると話す。

ケンコバからは「電話が鳴らない」と相談。留守電状態になっていて、かじがや卓哉が設定をいじくり鳴るようになった。ケンコバのは「おやすみモード」がオンになっていた話し、たまに鳴るのは「繰り返しの着信」がオンになっており同じ人から3分以内に2度めの着信があった時は通知されると説明。また、消音ボタンを長押しすると保留に出来ると話す。

藤井隆は「気まぐれに変な通知が来る」と相談。画面を見ていた通知レポートは「iOS12」からの追加されたもの。設定から「スクリーンタイム」で「iPhone」を見た情報が掲載されている。

礼二からは「LINEを教えて欲しい」と相談。かじがや卓哉に登録してもらい操作してみる。友達の連絡先を交換方法について「3DTouch」というのがある。設定ボタンを長押しするとショートカットとなり「LINE」の「QRコードリーダー」の表示され「マイQRコード」で表示出来る。

本間朋晃は「書類を写真で撮るとブレちゃう」と相談。メモアプリの文字入力画面に「+」ボタンを押すと「書類をスキャン」という項目があり、それで書類はブレなく撮れる。また、右上の所に「自動」「手動」というボタンがあり、自動だと書類を映すと自動的に撮影できる。

友近は「写真のはずが、動画になってしまう」と相談。前回の「Live Photos」の機能をおさらい。「Live Photos」のループで藤井隆の持ちネタ「HOTHOT」を撮影。他にもバウンスでの撮影などを行った。

礼二からは「カメラのポートレートって何?」と相談。「ポートレート」は背景をぼかし、被写体を際出せる。写真は編集でボケ具合を調整できる。

華丸からは「老眼」と相談。設定からコントロールセンターへ移動しテキストサイズを追加すると項目が追加され設定をいじると文字の拡大縮小が出来る。

iPhoneのマップの便利機能をクイズで紹介。「現在地のマップを使ってすぐに送信」と出題。


iTunesカード

夏頃に多かった手口はAndroidの場合「インストールしてもよろしいですか?」と表示され許可してしまうと不正アプリがスマホに入り、個人情報の漏洩に繋がったり偽ショートメールの発信元として悪用されてしまう危険性があった。夏以降はiPhoneの場合携帯電話番号などの入力画面が表示され、認証コードを入力してしまうとiTunesカードなどのプリペイドカードをキャリア決済の上限額まで購入されてしまいオークションサイトなどで転売換金されていると見られている。知らぬ間に携帯代金が高額に!?に関するトークを展開。今後巧妙になると気づきにくいというケースも出てくるかもしれないなどと多田文明さんは語る。


iPhone

夏頃に多かった手口はAndroidの場合「インストールしてもよろしいですか?」と表示され許可してしまうと不正アプリがスマホに入り、個人情報の漏洩に繋がったり偽ショートメールの発信元として悪用されてしまう危険性があった。夏以降はiPhoneの場合携帯電話番号などの入力画面が表示され、認証コードを入力してしまうとiTunesカードなどのプリペイドカードをキャリア決済の上限額まで購入されてしまいオークションサイトなどで転売換金されていると見られている。知らぬ間に携帯代金が高額に!?に関するトークを展開。今後巧妙になると気づきにくいというケースも出てくるかもしれないなどと多田文明さんは語る。


アップル社

夏頃に多かった手口はAndroidの場合「インストールしてもよろしいですか?」と表示され許可してしまうと不正アプリがスマホに入り、個人情報の漏洩に繋がったり偽ショートメールの発信元として悪用されてしまう危険性があった。夏以降はiPhoneの場合携帯電話番号などの入力画面が表示され、認証コードを入力してしまうとiTunesカードなどのプリペイドカードをキャリア決済の上限額まで購入されてしまいオークションサイトなどで転売換金されていると見られている。知らぬ間に携帯代金が高額に!?に関するトークを展開。今後巧妙になると気づきにくいというケースも出てくるかもしれないなどと多田文明さんは語る。


サムスン

夏頃に多かった手口はAndroidの場合「インストールしてもよろしいですか?」と表示され許可してしまうと不正アプリがスマホに入り、個人情報の漏洩に繋がったり偽ショートメールの発信元として悪用されてしまう危険性があった。夏以降はiPhoneの場合携帯電話番号などの入力画面が表示され、認証コードを入力してしまうとiTunesカードなどのプリペイドカードをキャリア決済の上限額まで購入されてしまいオークションサイトなどで転売換金されていると見られている。知らぬ間に携帯代金が高額に!?に関するトークを展開。今後巧妙になると気づきにくいというケースも出てくるかもしれないなどと多田文明さんは語る。


ソニー

夏頃に多かった手口はAndroidの場合「インストールしてもよろしいですか?」と表示され許可してしまうと不正アプリがスマホに入り、個人情報の漏洩に繋がったり偽ショートメールの発信元として悪用されてしまう危険性があった。夏以降はiPhoneの場合携帯電話番号などの入力画面が表示され、認証コードを入力してしまうとiTunesカードなどのプリペイドカードをキャリア決済の上限額まで購入されてしまいオークションサイトなどで転売換金されていると見られている。知らぬ間に携帯代金が高額に!?に関するトークを展開。今後巧妙になると気づきにくいというケースも出てくるかもしれないなどと多田文明さんは語る。


Android

夏頃に多かった手口はAndroidの場合「インストールしてもよろしいですか?」と表示され許可してしまうと不正アプリがスマホに入り、個人情報の漏洩に繋がったり偽ショートメールの発信元として悪用されてしまう危険性があった。夏以降はiPhoneの場合携帯電話番号などの入力画面が表示され、認証コードを入力してしまうとiTunesカードなどのプリペイドカードをキャリア決済の上限額まで購入されてしまいオークションサイトなどで転売換金されていると見られている。知らぬ間に携帯代金が高額に!?に関するトークを展開。今後巧妙になると気づきにくいというケースも出てくるかもしれないなどと多田文明さんは語る。


佐川急便

お歳暮シーズンに被害が急増しているというのがスマホに届く不在通知メール。アドレスを見るとサガワの文字がありアクセスしてみると、佐川急便のHPではなくニセモノのホームページに飛ぶ。本物と見比べると一見同じようだが、本物には「お荷物問い合わせサービス」があるがニセモノには「貨物追跡サービス」とありタッチするとIDなどの入力画面になる。加賀谷伸一郎さんによると進んでいくと電話番号入力画面になり、送信するとスマホ内の個人情報が奪われ悪用されてしまうという。不在通知のメールには送り主の電話番号があるのでかけて話を聞いてみると自身も詐欺にに遭った被害者とのことで、個人情報を入力送信したために自身の番号が悪用されているとのことだった。さらにキャリア決済を悪用され金銭的な被害が出るということが発生しているとのこと。今回の詐欺事件について佐川急便は公式HPでショートメールによる案内は行なっていないと注意を呼びかけている。

番組スタッフが受信したショートメールにあるアドレスに触れると偽サイトに繋がってしまうという。こういった詐欺メールは今年1月ごろから始まり7月頃に相談件数110件と増えてからは減ったが、10月以降は再度増えている。多田さんによるとお中元やお歳暮など荷物が届く時期に狙われ被害が増えてしまうのではないかとしている。公式サイトと偽サイトを見比べてみると有名俳優の画像などを公式サイトなどをコピーした作りとなっており一見ニセモノと気づきにくくなっている。一番の違いは公式サイトでは「お荷物問い合わせサービス 10桁もしくは12桁の半角数字」と言ったものがあるが、偽サイトでは「貨物追跡サービス インストール」となっている。不在通知メールで偽サイトへ に関するトークを展開。お歳暮やお中元はこちらからお願いすることではないので受け取らないと失礼と思ってしまうから引っかかってしまうかもなどと杉村太蔵さんらは話した。

夏頃に多かった手口はAndroidの場合「インストールしてもよろしいですか?」と表示され許可してしまうと不正アプリがスマホに入り、個人情報の漏洩に繋がったり偽ショートメールの発信元として悪用されてしまう危険性があった。夏以降はiPhoneの場合携帯電話番号などの入力画面が表示され、認証コードを入力してしまうとiTunesカードなどのプリペイドカードをキャリア決済の上限額まで購入されてしまいオークションサイトなどで転売換金されていると見られている。知らぬ間に携帯代金が高額に!?に関するトークを展開。今後巧妙になると気づきにくいというケースも出てくるかもしれないなどと多田文明さんは語る。

スマホ版の佐川急便の公式サイトはトップに詐欺メール注意喚起のメッセージがあり、タップするとショートメールによる案内は行なっていないなどのメッセージを見ることが出来る。三上洋さんはメールアドレスとパスワードを現代社会で守るべきものとして挙げている。多田文明さんは詐欺被害に合わないための2か条として「企業からのメールは詐欺だと思え!」「送られてきたアドレスにアクセスしない癖を!」と挙げている。メールアドレス・パスワードに関するトークを展開。パスワードを頻繁に変えるとい言うが、変えたパスワードを忘れてしまうのが心配などと柳澤秀夫さんは話した。