ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「BMW」の検索結果

「BMW」に関連する情報 3392件中 1〜10件目

BMW

青山通りには数々の高級車メーカーのショールームがある。この激戦区にボルボが新たにコンセプトストアを出店。ボルボの発表会では新型のXC60が披露された。後方から接近する車に衝突しそうな場合、ハンドルを自動操作する機能がある。新たなコンセプトストア、ボルボ・スタジオ青山では、VRを使って自動ブレーキの性能などを体感できる。カフェやバーを併設し、王室御用達のシャンパンも味わえる。


BMW M3

第1回FIAインターコンチネンタルドリフティングカップに出場する車を紹介。出場するレーサーたちが、自分の搭乗するマシンを解説した。


BMWJAPAN

3年連続で販売台数が伸びている輸入車業界。BMWでは自動で駐車が出来るリモートパーキング機能や豪華な内装などのモデルが人気だったが、ここの所3シリーズと呼ばれる車は中型車で、日本で最も売れている。低価格帯が日本車からの買い替えのサインに多く選ばれている。同じBMWのユーザーも手頃な値段の車を選ぶ人が多いという。


BMW i8

吉村崇は紆余曲折を経た末、憧れるのは後輩で愛されキャラのハライチ澤部。吉村は「収録で面白いワードが出てこず、ネタを考えようとしても思いつかない」と吐露した。過去にネタ部屋も作ったが、ただ景色を見ていただけだったという。それでも芸人としては成功者で、吉村は家賃、愛車がBMW i8と明かした。


トヨタ

矢嶋康次さんが解説。成長戦略のカギとなるのがEV。イギリスやフランスでは2040年までにガソリン車などの生産・販売を禁止。ドイツはフォルクスワーゲン・BMWを2025年までに販売の25%をEVとするなど世界でも電気自動車に向けた動きが出ている。自動車の製造業の出荷額は主要製造業の約2割。関連産業人口は全体の1割の550万人。EV化になると大きな影響が出る。内部留保は直近で400兆円を超えている。自動車は日本の産業のど真ん中なので選挙の争点にもなるのではなどと話した。


BMW

矢嶋康次さんが解説。成長戦略のカギとなるのがEV。イギリスやフランスでは2040年までにガソリン車などの生産・販売を禁止。ドイツはフォルクスワーゲン・BMWを2025年までに販売の25%をEVとするなど世界でも電気自動車に向けた動きが出ている。自動車の製造業の出荷額は主要製造業の約2割。関連産業人口は全体の1割の550万人。EV化になると大きな影響が出る。内部留保は直近で400兆円を超えている。自動車は日本の産業のど真ん中なので選挙の争点にもなるのではなどと話した。


フォルクスワーゲン

矢嶋康次さんが解説。成長戦略のカギとなるのがEV。イギリスやフランスでは2040年までにガソリン車などの生産・販売を禁止。ドイツはフォルクスワーゲン・BMWを2025年までに販売の25%をEVとするなど世界でも電気自動車に向けた動きが出ている。自動車の製造業の出荷額は主要製造業の約2割。関連産業人口は全体の1割の550万人。EV化になると大きな影響が出る。内部留保は直近で400兆円を超えている。自動車は日本の産業のど真ん中なので選挙の争点にもなるのではなどと話した。


BMW

ミツトヨの沼田恵明社長は「徹底的に品質にこだわるという覚悟を示した」と話す。大田区のマテリアルではボブスレーのそりを作っている。この会社は大田区の町工場が団結してボブスレーをつくりオリンピックを目指す下町ボブスレープロジェクトで注目された。氷上を滑走するための2本の刃を完全に平行にするためにマイクロメータを使う。ミツトヨに協力してもらい一つしかないマイクロメータを作ってもらった。


正露丸

特許庁は一昨日、正露丸のラッパの音の商標登録を認めた。音の商標登録は国内で初となった。大幸薬品の森田さんは「思わずガッツポーズするくらい嬉しかった」とコメントした。また、BMWのCMの最後に流れる音や、インテルを象徴する音も今回商標登録された。これら3つの音は聞かべ他のブランドと区別できることを理由に登録が認められた。また、大幸薬品の森田さんは「商標登録されると、他社に使わないでと主張できる。それが商標登録の最大のメリット。」とコメントした。

企業のブランド戦略支援のため商標の範囲は拡大され2015年4月から音、色、動きなども出願可能になった。セブン-イレブンの色の組み合わせや、トンボ鉛筆・モノ消しゴムの色、永谷園・お茶づけ海苔のCMの動きも商標登録されている。商標に詳しい専門家は、「商標は識別力。ブランド力を活用して商品を売ろうとするような悪いメーカーが罰せられることになる」とコメントした。


インテル

特許庁は一昨日、正露丸のラッパの音の商標登録を認めた。音の商標登録は国内で初となった。大幸薬品の森田さんは「思わずガッツポーズするくらい嬉しかった」とコメントした。また、BMWのCMの最後に流れる音や、インテルを象徴する音も今回商標登録された。これら3つの音は聞かべ他のブランドと区別できることを理由に登録が認められた。また、大幸薬品の森田さんは「商標登録されると、他社に使わないでと主張できる。それが商標登録の最大のメリット。」とコメントした。