ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「BMW」の検索結果

「BMW」に関連する情報 3751件中 1〜10件目

ウラル

続いてはロシアのサイドカーメーカー、ウラルのカスタマイズ。4台目は「Krauser Domani」で、世界に200台ほどしか無いと言われている。5台目は81年前のBMWに側車がついたサイドカー。


BMW

続いてはロシアのサイドカーメーカー、ウラルのカスタマイズ。4台目は「Krauser Domani」で、世界に200台ほどしか無いと言われている。5台目は81年前のBMWに側車がついたサイドカー。


Krauser Domani

続いてはロシアのサイドカーメーカー、ウラルのカスタマイズ。4台目は「Krauser Domani」で、世界に200台ほどしか無いと言われている。5台目は81年前のBMWに側車がついたサイドカー。


ビンガム

独自進化を遂げているサイドカーに乗るという欲望を叶えるの長野オリンピックの銅メダリストでバイク好きの岡崎朋美。今回、全国にある1,4000台あるというサイドカーから、日本サイドカー連盟、サクマエンジニアリング、日本レーシングサイドカー協会が認めた7台を厳選した。1台目は本車が67年に発売された「BMW R669SUS」、側車がアメリカ製ビンガムで日本に1点しかない。所有者の高野さん曰く、本車も側車も日本に1台しかないという。岡崎は側車に乗り込み、公道を走った。


R69SUS

独自進化を遂げているサイドカーに乗るという欲望を叶えるの長野オリンピックの銅メダリストでバイク好きの岡崎朋美。今回、全国にある1,4000台あるというサイドカーから、日本サイドカー連盟、サクマエンジニアリング、日本レーシングサイドカー協会が認めた7台を厳選した。1台目は本車が67年に発売された「BMW R669SUS」、側車がアメリカ製ビンガムで日本に1点しかない。所有者の高野さん曰く、本車も側車も日本に1台しかないという。岡崎は側車に乗り込み、公道を走った。


サクマエンジニアリング

独自進化を遂げているサイドカーに乗るという欲望を叶えるの長野オリンピックの銅メダリストでバイク好きの岡崎朋美。今回、全国にある1,4000台あるというサイドカーから、日本サイドカー連盟、サクマエンジニアリング、日本レーシングサイドカー協会が認めた7台を厳選した。1台目は本車が67年に発売された「BMW R669SUS」、側車がアメリカ製ビンガムで日本に1点しかない。所有者の高野さん曰く、本車も側車も日本に1台しかないという。岡崎は側車に乗り込み、公道を走った。


ドラッグスター XVS400

独自進化を遂げているサイドカーに乗るという欲望を叶えるの長野オリンピックの銅メダリストでバイク好きの岡崎朋美。今回、全国にある1,4000台あるというサイドカーから、日本サイドカー連盟、サクマエンジニアリング、日本レーシングサイドカー協会が認めた7台を厳選した。1台目は本車が67年に発売された「BMW R669SUS」、側車がアメリカ製ビンガムで日本に1点しかない。所有者の高野さん曰く、本車も側車も日本に1台しかないという。岡崎は側車に乗り込み、公道を走った。


ホンダ CB650F

独自進化を遂げているサイドカーに乗るという欲望を叶えるの長野オリンピックの銅メダリストでバイク好きの岡崎朋美。今回、全国にある1,4000台あるというサイドカーから、日本サイドカー連盟、サクマエンジニアリング、日本レーシングサイドカー協会が認めた7台を厳選した。1台目は本車が67年に発売された「BMW R669SUS」、側車がアメリカ製ビンガムで日本に1点しかない。所有者の高野さん曰く、本車も側車も日本に1台しかないという。岡崎は側車に乗り込み、公道を走った。


「BMW」に関連するイベント情報

長野オリンピック

独自進化を遂げているサイドカーに乗るという欲望を叶えるの長野オリンピックの銅メダリストでバイク好きの岡崎朋美。今回、全国にある1,4000台あるというサイドカーから、日本サイドカー連盟、サクマエンジニアリング、日本レーシングサイドカー協会が認めた7台を厳選した。1台目は本車が67年に発売された「BMW R669SUS」、側車がアメリカ製ビンガムで日本に1点しかない。所有者の高野さん曰く、本車も側車も日本に1台しかないという。岡崎は側車に乗り込み、公道を走った。


共同通信

アメリカと中国は6日、年間およそ3.8兆円相当の互いの輸入品に対して25%の追加関税を発動し、貿易戦争に突入した。日系企業にも影響が及ぶことは避けられない状況。アメリカはすでに中国からの輸入品500億ドル相当を関税措置の対象とすることを決めている。残りの160億ドル分についてUSTRは今月24日に産業界との公聴会を開き、来月にも第二弾として発動したい考え。一方アメリカ産牛肉や自動車など545品目に対して報復措置を発動した中国の李克強首相は、アメリカとの貿易戦争で一歩も引かない意志を示した。国営の新華社通信も7日、「アメリカは絶対的な覇権地位を守るため貿易秩序を躊躇なく破壊する」と非難した。すでに企業にも影響が出ており、電気自動車メーカーのテスラは8日までに中国での販売価格の値上げに踏み切った。最も安いモデルで販売価格を71万元(1,200万円)から84万元におよそ200万円引き上げた。アメリカで生産したSUVなど年間10万台以上を中国に輸出するドイツのBMWは6日、「関税によるコストの増加を吸収できない」として「必要な値上げ額を計算している」と明らかにした。日本企業への影響も避けられない。中国へ進出している日系企業がアメリカに輸出する制裁対象品目の総額は年間およそ757億円にのぼると共同通信が報じた。なかでも影響が大きいのは自動車用などの電子部品としている。