ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「LIFE」の検索結果

「LIFE」に関連する情報 31741件中 1〜10件目

「LIFE」に関連する音楽・CD

「MY LIFE IS BEAUTIFUL」Rihwaのテロップが表示された。

「MY LIFE IS BEAUTIFUL ~1パイントの勇気~/ Sun Comes Up (初回限定盤)(CD + DVD)」

Amazon.co.jp


第一生命HD

14日(水)の予定を伝えた。「決算=すかいらーく 電通 大塚HD 昭和シェル 出光興産 日本郵政 第一生命HD 三井住友FG みずほFG」、「10月消費者物価指数」、「決算=シスコシステムズ」。


エバーライフ

ひざの曲げ伸ばしが気になる方にオススメ「皇潤極」の通販情報。非変性II型コラーゲン」の働きによりひざ関節の柔軟性、可動性をサポートする機能性表示食品。お申込みは0120-510-117まで。


ジャパンライフ

ジャパンライフについて1975年設立などと紹介された。マルチ商法で問題になったり2016年から2017年で4回の業務停止命令を受けた。ジャパンライフの手口としては器具を顧客に購入してもらい、器具をレンタルしてレンタル料から配当を出すというものだったと言うが、実際は購入された商品は約2万4000個で実際にレンタルされたのは約2700個。ジャパンライフは債務超過に陥ったズ事実は隠して顧客を勧誘した疑いがあり警視庁は詐欺容疑を視野に捜査、消費者庁はマルチ商法と認定。顧客は約6800人、負債総額が約2400億円。手口の例としては高齢者とジャパンライフ担当者による大会に呼ばれ会場でマッサージが受けられ、優しくしてくれたことが嬉しく出資をしてしまうなどと心のすきに漬け込む手口などがあった。従業員の中にはいい商品だと思って顧客に勧めていたという声も。月の売上が目標を下回ると給料泥棒と罵られることもあったという。

きのうジャパンライフの第1回債権者集会が開かれレンタルオーナーら債権者100人以上が出席した。元会長は「非常に残念、誤解されている、自分は頑張っていた、健康を守り客からも喜ばれていた、自己破産を予定している」などと述べるも会場からは批判の声が飛び交った。破産管財人への説明はオーナーへの支払いが新規契約者の入金で行われており自転車操業の状態が続き、2008年から粉飾決算をしていたという。さらに未納の税金など優先すべき支払いがあるため顧客への配当が難しくお金は戻ってこないとのこと。さらにジャパンライフは復興マネーを狙ったのではないかという疑惑があり福島県は震災後に店舗数が増え全国で最多となった。これは原発事故の賠償金を目当てにしていた可能性があるという。


ジャパンライフ

ジャパンライフが行っていたオーナー商法が問題となった。オーナー商法とは商品をオーナーがジャパンライフから購入し、レンタル顧客にレンタルして発生したレンタル料から配当を還元する仕組みだという。ジャパンライフは全国の高齢者を中心におよそ6800人の契約者を集め、2400億円を超える負債を抱えて去年12月に事実上倒産した。きのう初めて債権者集会が開かれ、元会長らから負債や当時の経営状況が説明されたが参加者は到底納得できなかったという。


「LIFE」に関連する音楽・CD

♪:MY LIFE IS BEAUTIFUL 〜1パイントの勇気〜/Rihwa

「MY LIFE IS BEAUTIFUL ~1パイントの勇気~/ Sun Comes Up (初回限定盤)(CD + DVD)」

Amazon.co.jp


第一生命経済研究所

スタジオにて第一生命経済研究所の永濱利廣氏と共に「入管法改正案」がきょう審議入りする事を解説した、外国人依存の数字実態は高度人材24万人、技能実習生が26万人、留学生アルバイトが30万人、との事。国士舘大学の鈴木江里子教授は「技能実習生の平均は20代、その土地で仕事を学ぶので、実質は労働力になってしまっている」と指摘している。出演者らは「国会が拙速にやると中身の議論にならない」、「本来の制度からズレている、被害者が生まれている」、などとコメントした。また、若手労働者が不足している1位が農業、漁業である事、農業の外国人依存率の都道府県別では茨城県が1位、漁業では広島県、である事を伝えた。一方で外国人技能実習生の失踪者は今年1月〜6月に約4000人である事、賃金の不満が最も多い事、SNSで別の仕事を紹介される事、なども伝えた。また、摘発された事例として約2年間に技能実習生5人に約1200万円が支払われていなかった事、時間外労働・休日労働の合計が最長で月240時間と判明した事、なども紹介した。また、カンボジア人実習生の月給は6万円、時給が300円であった事、ブローカーが暗躍している事、などを紹介した。出演者らは「入り口論で毎度終わる」、「事例を挙げれば両方出てくる」、「厚生労働省の調べだと7割が違反している」、「日本人の働き方にも問題がある、生産性は低い」などとコメントした。


ジャパンライフ

経営破綻したジャパンライフの被害の一例を紹介。83歳の女性はジャパンライフの社員に定期預金・保険などを解約させられそうになる。83歳の女性は通帳を貸し金庫に入れそのカギを息子が預かった。するとジャパンライフの社員は通帳を再発行するよう促しATMに付き添い、老後資金5800万円を出資することになった。この社員は病院の送迎など身の回りの世話をしていたので信用していたという。震災時に福島に在住していた76歳の女性は600万円を出資、その金は福島第一原発事故の賠償金だったという。ジャパンライフは全国に約80店舗あったが福島県には全国最多の6店、復興マネーをターゲットにした形跡もあったという。ジャパンライフは2008年から粉飾決算していて、返済については資産の4億円は優先的に未納の税金や未払い賃金に充てられ出資者への配当は難しいという。


ジャパンライフ

ジャパンライフ債権者集会が昨日開かれた。出資した債権者は、「死ぬことまで考えた」などと話した。ジャパンライフは高齢者を中心に勧誘し、オーナー商法で多額の資金を集めていた。去年2400億円の負債を抱え経営破綻し、債権者は約7000人となった。ジャパンライフの元会長は、謝罪するも開き直りの発言をした。

CMのあとは、なぜ7000人が出資?高齢者への巧みな手法とは?


ジャパンライフ

ジャパンライフが行っていた健康グッズのオーナー商法が破綻し、被害を負った債権者が怒りの声をあげている。オーナー商法とは、客に磁気ネックレスなどを購入させオーナー契約を結び、商品自体は会社に返却するが、その商品を別の客にレンタルすることでオーナーは年に数%のレンタル料金が貰えるというもの。ジャパンライフは去年、2400億円の負債を抱えて経営破綻した。レンタル料金が未払いの債権者は全国に約7000人いるという。初めて行われた債権者集会では、巨額の負債を抱えた被害者をどこまで救済できるのかが注目された。会場には元会長も出席し謝罪の言葉を述べたという。

ジャパンライフ債権者集会後、債権者弁護団の会見が行われた。弁護団によると、会社の資産4億円に対し従業員の未払い給与が約10億円あるとし、その未払い給与の支払いが債権者の配当よりも優先されるという。また会社側は債務超過を隠すため、2008年ごろから粉飾決算をしていたことも明らかになった。ここまで被害が広がった背景には、高齢者に取り入る営業マンの悪質な手口が隠されていた。営業マンは顧客の日常生活に入り込むことで巧妙に信頼を得ていたという。またジャパンライフは経営破綻直前に全国で80店舗を展開しており、東日本大震災後には福島県で店舗数が倍増したことから、弁護士は原発事故に伴う損害賠償金を会社側が狙っていたとも指摘している。警察当局は破産管財人に関係資料の任意提出を求め実態解明を進めている。

ジャパンライフのオーナー商法ではどうやって高齢者の信用を得ていたのか。ジャパンライフは健康効果があると謳った高額のネックレスなどを販売していた。購入した商品が手元に届いていた人は少数派で多くはオーナー制度で契約を結んでいた。オーナー制度はジャパンライフが販売していた高額商品を契約者がお金を払ってオーナーになりジャパンライフがその商品をレンタルユーザーに貸し出す、レンタルユーザーはジャパンライフに料金を支払い、その中から年間6%がオーナーに支払われる。さらに解約時に全額返金されるとしていたが実際は6%の未払いも滞り、商品もほとんどが存在しないことがわかった。ジャパンライフは約1714億円の金を集めたがなぜこれほどまでに被害が拡大したのか。

2011年東日本大震災で農業の80代男性は津波被害に悩まされていた。そこにジャパンライフの社員が畑仕事を手伝うと伝え、定期的に種まきや収穫をするようになったという。こうした関係を半年間続け、80代の男性は社員を孫のように感じ根負けして契約を結んだという。震災の保険金など約3600万円を支払ったそう。ジャパンライフの会社の信用を高める手段は巧妙でジャパンライフの顧客は官僚のトップが名を連ねていた。こういった人が広告塔を連ねていたことで会社の信用を得ていた。さらに元会長が桜を見る会に招待されたことについて安倍晋三は「存じ上げている人ばかりではない」と答弁。ジャパンライフは契約額に応じた特典を用意し、去年5月特典のパーティーには有名演歌歌手の歌謡ショーなどが開催されていた。パーティーでは元会長が磁気治療費の実演販売を行って契約を結んでいたという。ジャパンライフは去年12月に事実上の倒産となったがトラブル報道後も悪質な時間稼ぎが行われていたとのこと。ジャパンライフは報道を誤報とし、引き続き応援してほしいと呼びかけ再建案を提示、解約を先延ばしするよう呼びかけた。しかし契約者にお金は戻らず破産手続きが開始された。

岸博幸じゃジャパンライフの破綻問題に関して「高齢者を取り込む手段はタチが悪い、投資したら6%還ってくるというのは現実的な数字で巧妙」などとコメントした。