ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「NBCテレビ」の検索結果

「NBCテレビ」に関連する情報 1422件中 1〜10件目

CNBCテレビ

アメリカのNECクドロー委員長は18日、CNBCテレビに出演し、中国との貿易摩擦解消に向けた協議を「習近平国家主席が妨げている」と批判した。その上で「習近平国家主席は技術移転の強要や貿易慣行の改善を拒否している」とも指摘した。一方アメリカ経済の先行きについては自身を示し「GDP成長率は年内にも4%に達する」との見通しを示し「減税は第2弾 第3弾 第4弾まであるかもしれない」と示唆した。


NEC

アメリカのNECクドロー委員長は18日、CNBCテレビに出演し、中国との貿易摩擦解消に向けた協議を「習近平国家主席が妨げている」と批判した。その上で「習近平国家主席は技術移転の強要や貿易慣行の改善を拒否している」とも指摘した。一方アメリカ経済の先行きについては自身を示し「GDP成長率は年内にも4%に達する」との見通しを示し「減税は第2弾 第3弾 第4弾まであるかもしれない」と示唆した。


CNBC

アメリカのNECのクドロー委員長は18日、CNBCテレビに出演し、中国との貿易摩擦の解消に向けた協議を「習近平・国家主席が妨げている」と批判しました。そのうえで、「習・主席はアメリカが求める技術移転の強要や貿易慣行の改善を拒否している」とも指摘しました。一方、アメリカ経済の先行きについては自信を示し、「GDP成長率は年内にも4%に達する」との見通しを示したうえで、減税については「第2弾、第3弾、第4弾まであるかもしれない」と示唆しました。


CNBCテレビ

トランプ大統領は2日、WTO(世界貿易機関)について「アメリカを適切に扱わなければ行動を起こす」と述べ、将来的な脱退を示唆しました。トランプ大統領は「アメリカはWTOに何年もの間、不当に扱われ、不利益を被ってきた。具体的に計画はしていないが、アメリカを適切に扱わなければ、行動を起こす」これに先立ち、1日には新興メディアの「アクシオス」がトランプ政権が国際貿易ルールに基づかず、独自に関税を適用できる権限を持てる法案を作成していたと報じました。WTO(世界貿易機関)からの事実上の脱退につながる法案となりますが、議会の同意を得るのは困難と見られ、具体化は進んでいないということです。CNBCテレビに出演したロス商務長官は2日、「WTOには改革が必要な点がいくつかあるが、脱退について議論するのは時期尚早だ」と述べ、否定しました。


CNBCテレビ

トランプ大統領は2日、WTOについてアメリカを適切に扱わなければ行動を起こすと述べ、将来的な脱退を示唆した。これに先立ち、1日には新興メディアのアクシオスがトランプ政権が国際貿易ルールに基づかず、独自に関税を適用できる権限を持てる法案を作成していたと報じた。WTOからの事実上の脱退につながる法案になるが、議会の同意困難で具体化は進んでいないという。CNBCテレビに出演したロス商務長官は2日、「WTOには改革が必要な点があるが、脱退についての議論は時期尚早だ」と述べ否定した。


アクシオス

トランプ大統領は2日、WTOについてアメリカを適切に扱わなければ行動を起こすと述べ、将来的な脱退を示唆した。これに先立ち、1日には新興メディアのアクシオスがトランプ政権が国際貿易ルールに基づかず、独自に関税を適用できる権限を持てる法案を作成していたと報じた。WTOからの事実上の脱退につながる法案になるが、議会の同意困難で具体化は進んでいないという。CNBCテレビに出演したロス商務長官は2日、「WTOには改革が必要な点があるが、脱退についての議論は時期尚早だ」と述べ否定した。


ホワイトハウス

トランプ大統領は2日、WTOについてアメリカを適切に扱わなければ行動を起こすと述べ、将来的な脱退を示唆した。これに先立ち、1日には新興メディアのアクシオスがトランプ政権が国際貿易ルールに基づかず、独自に関税を適用できる権限を持てる法案を作成していたと報じた。WTOからの事実上の脱退につながる法案になるが、議会の同意困難で具体化は進んでいないという。CNBCテレビに出演したロス商務長官は2日、「WTOには改革が必要な点があるが、脱退についての議論は時期尚早だ」と述べ否定した。


NBCのHP

アメリカのNBCテレビは先月30日、情報機関の分析として、北朝鮮が複数の施設で高濃縮ウランを増産していると報じた。北朝鮮がアメリカとの交渉で多くの譲歩を求める際に、こうした施設を隠そうとする可能性があるという。北朝鮮は核ミサイル実験を中止しているが、核物質の備蓄量を減らしたり生産を停止しているという証拠はないと指摘されている。


NBCテレビ

アメリカのNBCテレビは先月30日、情報機関の分析として、北朝鮮が複数の施設で高濃縮ウランを増産していると報じた。北朝鮮がアメリカとの交渉で多くの譲歩を求める際に、こうした施設を隠そうとする可能性があるという。北朝鮮は核ミサイル実験を中止しているが、核物質の備蓄量を減らしたり生産を停止しているという証拠はないと指摘されている。


NBCテレビ

アメリカのメディアが「アメリカ政府関係者が「北朝鮮が複数の秘密基地で核兵器の燃料を増産している」と話している」というニュースを報じた。また、6日にポンペオ国務長官が北朝鮮を訪問するということもイギリスメディアが報じている。後藤氏が日本の政権幹部にポンペオ国務長官の来朝目的を尋ねると、「米朝会談を絵に書いた餅に終わらせない」とのことだった。米朝会談で交わされた内容がうやむやにならないよう話し合われると思われる。