ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「PALM」の検索結果

「PALM」に関連する情報 954件中 1〜10件目

武蔵小山商店街PALM

デートにおすすめ! 都内の温泉施設TOP7(23区内)を紹介。第7位は「武蔵小山温泉 清水湯」。


武蔵小山パルム商店街

武蔵小山パルム商店街を歩く石塚さん。学生服の店に入るが、そこではジェラートが売られている。30年も続いているという。10種類のジェラートが楽しめるという。濃厚まいう〜と石塚さんがいう。


武蔵小山商店街パルム

武蔵小山の駅前から続く商店街は全長約800mあり1日3万人もの人を集める。そんな武蔵小山には美味しい店もたくさんあり本でも特集が組まれる。


武蔵小山パルム商店街

お受験シーズン真っ只中。私立小学校に入学する児童が増えている。お受験用品専門店「マムエモア 目白本店」でも、お受験熱の高まりを感じるという。熱心な親が増える一方で、夫婦間のもめごともあるという。また親同士の探り合いや争いも。子どもの受験が親の代理戦争になっていることも。そこで今回は「お受験 親の代理戦争」について、スタジオで徹底討論する。


ゲームグース 武蔵小山店

武蔵小山商店街パルムを歩く。昭和31年に戦後復興の象徴として誕生した。当時は東洋一の規模として話題になった。現在は800mあり250の店舗が並んでいる。1日3万人以上が訪れる。近くに商店街直営の駐車場がある。ゲームグース武蔵小山店でUFOキャッチャーに挑戦し成功した。


武蔵小山商店街パルム

武蔵小山商店街パルムを歩く。昭和31年に戦後復興の象徴として誕生した。当時は東洋一の規模として話題になった。現在は800mあり250の店舗が並んでいる。1日3万人以上が訪れる。近くに商店街直営の駐車場がある。ゲームグース武蔵小山店でUFOキャッチャーに挑戦し成功した。


武蔵小山パルム商店街

警視庁警備部災害対策課は去年起きた熊本地震やメキシコ地震にも特殊救助隊を派遣している。さらにツイッターでも便利で役立つ投稿をしているという。その便利すぎる裏技を紹介。袋麺を食べる際、お湯がなくても水を入れて15分まつとやわらかくなり、食べることができる。薄着でキャンプに出てきたときなどはゆるく丸めた新聞紙をポリ袋に入れ、その中に足を入れると暖かくなる。その他にも一枚のゴミ袋を切るだけで簡単に作れるポンチョや、ツナ缶に穴を開けてつくる応急ランプの作り方も紹介している。これらの情報に大きな反響があり、今年1月の時点で約20万人いたフォロワーが現在約56万人いるという。


イオン

「家で誰が一番賞味期限&賞味期限を気にする?」というテーマで、武蔵小山PALM商店街を利用する50人にアンケートをとったところ、男性が76%、女性が24%で男性の方が敏感だったことがわかった。女性側の意見としては「賞味期限は美味しく食べる期限の目安。だから賞味期限が切れていても気にしない。ただ消費期限を過ぎていた場合は安全じゃないから廃棄する」というものや「期限が切れていても別の食べ方で使えないかと検討する。たらこだったら熱を加えて焼きたらこにしたり、牛乳だったらクリームシチューにしたり」という声など、厨房に立つ機会が多いゆえの捉え方を聞くことができた。ちなみにアンケートは外国人にも実施したが、「乳製品など風味の大きく変わってしまうものを除いて、店を信頼しているのであまり期限を気にしない」「冷凍すれば長持ちするから気にしない」などおおらかな答えが返ってきた。賞味期限と消費期限の問題をめぐっては、まだ安全に食べられるのに”賞味期限”が切れているという理由で捨ててしまう、所謂「食品ロス」が深刻化していて、農林水産省によれば毎年600万トン以上が食べられるうちに廃棄されていて、そのうち半分が家庭からだという。そこで大手スーパーのイオンなどはプライベートブランドの商品の一部で賞味期限の表示を年月日から年月に改めると発表した。


農林省

「家で誰が一番賞味期限&賞味期限を気にする?」というテーマで、武蔵小山PALM商店街を利用する50人にアンケートをとったところ、男性が76%、女性が24%で男性の方が敏感だったことがわかった。女性側の意見としては「賞味期限は美味しく食べる期限の目安。だから賞味期限が切れていても気にしない。ただ消費期限を過ぎていた場合は安全じゃないから廃棄する」というものや「期限が切れていても別の食べ方で使えないかと検討する。たらこだったら熱を加えて焼きたらこにしたり、牛乳だったらクリームシチューにしたり」という声など、厨房に立つ機会が多いゆえの捉え方を聞くことができた。ちなみにアンケートは外国人にも実施したが、「乳製品など風味の大きく変わってしまうものを除いて、店を信頼しているのであまり期限を気にしない」「冷凍すれば長持ちするから気にしない」などおおらかな答えが返ってきた。賞味期限と消費期限の問題をめぐっては、まだ安全に食べられるのに”賞味期限”が切れているという理由で捨ててしまう、所謂「食品ロス」が深刻化していて、農林水産省によれば毎年600万トン以上が食べられるうちに廃棄されていて、そのうち半分が家庭からだという。そこで大手スーパーのイオンなどはプライベートブランドの商品の一部で賞味期限の表示を年月日から年月に改めると発表した。


「PALM」に関連するグルメ情報

焼きたらこ

「家で誰が一番賞味期限&賞味期限を気にする?」というテーマで、武蔵小山PALM商店街を利用する50人にアンケートをとったところ、男性が76%、女性が24%で男性の方が敏感だったことがわかった。女性側の意見としては「賞味期限は美味しく食べる期限の目安。だから賞味期限が切れていても気にしない。ただ消費期限を過ぎていた場合は安全じゃないから廃棄する」というものや「期限が切れていても別の食べ方で使えないかと検討する。たらこだったら熱を加えて焼きたらこにしたり、牛乳だったらクリームシチューにしたり」という声など、厨房に立つ機会が多いゆえの捉え方を聞くことができた。ちなみにアンケートは外国人にも実施したが、「乳製品など風味の大きく変わってしまうものを除いて、店を信頼しているのであまり期限を気にしない」「冷凍すれば長持ちするから気にしない」などおおらかな答えが返ってきた。賞味期限と消費期限の問題をめぐっては、まだ安全に食べられるのに”賞味期限”が切れているという理由で捨ててしまう、所謂「食品ロス」が深刻化していて、農林水産省によれば毎年600万トン以上が食べられるうちに廃棄されていて、そのうち半分が家庭からだという。そこで大手スーパーのイオンなどはプライベートブランドの商品の一部で賞味期限の表示を年月日から年月に改めると発表した。