ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「SMBC日興証券」の検索結果

「SMBC日興証券」に関連する情報 1234件中 1〜10件目

JPモルガン・アセット・マネジメント

米トランプ大統領のオバマケア代替法案が今週にも採決するということについて、SMBC日興証券の森田長太郎氏が解説。法案は簡単には決着しないだろうという見通しで、支持率が下がってくると議会との関係で、より法案が通しにくくなっているのではないかとした。JPモルガン・アセット・マネジメントの重見吉徳氏は、今週開催の米中包括経済対話について解説。牛肉と保険分野が中心でオバマ政権の時代に合意ができていたというものだという。米中の関係にも注目とのこと。


SMBC日興証券

米トランプ大統領のオバマケア代替法案が今週にも採決するということについて、SMBC日興証券の森田長太郎氏が解説。法案は簡単には決着しないだろうという見通しで、支持率が下がってくると議会との関係で、より法案が通しにくくなっているのではないかとした。JPモルガン・アセット・マネジメントの重見吉徳氏は、今週開催の米中包括経済対話について解説。牛肉と保険分野が中心でオバマ政権の時代に合意ができていたというものだという。米中の関係にも注目とのこと。


SMBC日興証券

ニューヨーク連銀製造業景気指数は随分悪かったととのふりに対し、森田氏は「この指数は結構振れる」と説明。また、4.5月に世界の製造業が悪化し、6月にリバウンドしていたので、また、ちょっと下がっていると説明。まだ、トレンドを判断するには早いという。FRBのスケジュールについてはコンセンサス通りなどとコメントした。


SMBC日興証券

佐々木明子らが挨拶し、今朝のコメンテーターを紹介した。森田さんには、日銀の物価見通しなど、重見さんには、アメリカの長期金利の夏の傾向から日本の株式相場を予測することについてコメントをもらうことを話した。


中国人民銀行

今回の注目ウォッチャーはSMBC日興証券の平山広太さん。人民銀総裁、退任への布石?中国人民銀行は火曜日、2017年の金融安定報告を発表した。平山さんが注目したのは、今回の年次報告書の中に、共産党のスローガンや、習近平主席の講演の文言が一言一句たがわず盛り込まれていること。これは従来の金融安定報告の中には見られなかったこと。平山さんはこうした動きから15年近く中国人民銀行の総裁をつとめる周小川総裁の退任が近いのではと予想する。平山さんは周小川総裁の69歳という年齢は、共産党の定年制度に引っかかっていることも理由としてあげ、来年3月に行われる全人代が退任のめどになるかもしれないとしている。


SMBC日興証券

今回の注目ウォッチャーはSMBC日興証券の平山広太さん。人民銀総裁、退任への布石?中国人民銀行は火曜日、2017年の金融安定報告を発表した。平山さんが注目したのは、今回の年次報告書の中に、共産党のスローガンや、習近平主席の講演の文言が一言一句たがわず盛り込まれていること。これは従来の金融安定報告の中には見られなかったこと。平山さんはこうした動きから15年近く中国人民銀行の総裁をつとめる周小川総裁の退任が近いのではと予想する。平山さんは周小川総裁の69歳という年齢は、共産党の定年制度に引っかかっていることも理由としてあげ、来年3月に行われる全人代が退任のめどになるかもしれないとしている。

人気ゲームに規制 見せしめか?王者栄耀は中国のテンセントが提供していてプレイヤーが対戦できるスマートフォン用ゲーム。8000万人以上が利用していて、中国ではスマホを持っている人のうち、7人に1人がこのゲームを入れているという。平山さんによると、青少年がこのゲームに熱中しすぎて、親の言うことを聞かなくなってしまう、勉強しなくなったり、体を壊したという事も起きている、政府としても規制が必要だという声が出てきたという。テンセントではこの批判記事を受け、その日のうちに「12歳以下は1時間」を超えると、自動的にログオフするなどの制限を打ち出した。平山さんは今後、このような規制が続けば、ビジネスにも大きな打撃があるとする。(人民日報)


SMBC日興証券

野地慎・阪上亮太による為替・株価のきょうの見通し。


ADP

SMBC日興証券の野地慎さんに話を聞いた。ここ数日ドル高の動きが続いていたがFOMCの議事録で資産買い入れ縮小の開始時期をめぐる意見が分かれたことなどからやや戻り売りに押されたかたち。きょうの予想レンジは112.60円〜113.70円。アメリカでADPの雇用報告や非製造業者数の発表があり、あすには雇用統計も控えているため日経平均株価の動きにある程度連動しながら狭いレンジで動くと予想。注目ポイントはインフレ期待と実質金利。日米の実質金利差との連動が高いドル円だが、アメリカの実質金利が上昇していることから円安ドル高傾向になっている。実質金利の上昇は金融引締め効果となり、経済にはマイナスとなると考えられているため、賃金と物価の伸び悩みが続いてインフレ期待が低いアメリカで長期金利が上昇するのは望ましくなく、FRBにとっても利上げしづらい環境とも言えるなどと伝えた。


SMBC日興証券

SMBC日興証券の野地慎さんに話を聞いた。ここ数日ドル高の動きが続いていたがFOMCの議事録で資産買い入れ縮小の開始時期をめぐる意見が分かれたことなどからやや戻り売りに押されたかたち。きょうの予想レンジは112.60円〜113.70円。アメリカでADPの雇用報告や非製造業者数の発表があり、あすには雇用統計も控えているため日経平均株価の動きにある程度連動しながら狭いレンジで動くと予想。注目ポイントはインフレ期待と実質金利。日米の実質金利差との連動が高いドル円だが、アメリカの実質金利が上昇していることから円安ドル高傾向になっている。実質金利の上昇は金融引締め効果となり、経済にはマイナスとなると考えられているため、賃金と物価の伸び悩みが続いてインフレ期待が低いアメリカで長期金利が上昇するのは望ましくなく、FRBにとっても利上げしづらい環境とも言えるなどと伝えた。


岡三証券

今週末の日経平均株価の予想が紹介。先週終値は20033円で予想中央値は20000円。SMBC日興証券の森田長太郎は都議選結果による安倍政権の制作運営に懸念が浮上するとして19600円の予想。岡三証券の阿部健児は円安と米指標で持ち直すとして20200円の予想。