ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「SMBC日興証券」の検索結果

「SMBC日興証券」に関連する情報 1260件中 1〜10件目

J.P.モルガン証券

今朝のコメンテーターを紹介。今朝のコメンテーターはSMBC日興証券の森田長太郎さんと、J.P.モルガン証券の阪上亮太さん。


SMBC日興証券

今朝のコメンテーターを紹介。今朝のコメンテーターはSMBC日興証券の森田長太郎さんと、J.P.モルガン証券の阪上亮太さん。


SMBC日興証券

きょうの為替の見通しについて野地慎が解説した。予想レンジは111.40〜112.70円。注目ポイントは「原油価格の下落に注意」。野地さんは「今の原油相場は中東情勢への思惑から投機筋手動の高値圏にあるが、今は米国金利が上昇する局面のため本来金利がつかない原油価格は下がりやす環境」など話した。


SMBC日興証券

世界経済は好調でアメリカは利上げに向かう中、なぜ長期金利は上がらないのか。今後のカギを握るのは中国のようだ。今年は中国経済も減速予想されたが、上振れしてきている。中国経済成長予測の見通しの修正幅を見ると、2期連続で上方修正されている。世界経済の修正幅を見ると、ようやく今年から上方修正となり、中国の上振れが先導している。インフレ率については中国もまだ低く、下方修正されている。中国の動きが長期金利にどう影響するのか。来年も中国経済の好調が続くという楽観論も出ているが、減速するかどうかによって世界の金利が左右される。共産党大会でチャイナ7の顔ぶれも出揃ったが、市場はどう見ているか。習近平政権は経済あっての権力集中で、経済成長を維持していくという見方があるが、来年は一旦は減速の動きがあるだろう。長期金利については中国経済を見ていく必要がある。


三菱東京UFJ銀行

今朝のコメンテーターを紹介。今朝のコメンテーターはSMBC日興証券の森田長太郎さんと、三菱東京UFJ銀行の内田稔さん。


SMBC日興証券

今朝のコメンテーターを紹介。今朝のコメンテーターはSMBC日興証券の森田長太郎さんと、三菱東京UFJ銀行の内田稔さん。


SMBC日興証券

昨日はアメリカの長期金利上昇に連動し、アメリカ株にも押し上げられドルは上昇した。今日の見通しは112円30銭から113円40銭の見通し。中国のGDPが発表されるため結果を受けた日本株の値動きが注目されるが、最近株価とドル円の連動は薄れているため影響は少ない。アメリカの12月の利上げと来年の利上げも折り込み済みとなりつつあり、去年末までは短期金利の上昇とドル円は相関があったが、今年以降は相関がなくなってきた。また長期債である10年債の金利差の方がドル円相場との連動性が高く、アメリカの経済成長が緩やかである点や日本投資家の米国債運用活発化などからドル円についても低く押さえられる。


SMBC日興証券

共産党大会の行われる中国ではGDPも発表されたが、これまで堅調に来ていたが、肖敏捷さんはこれからも続いていくと見ている。一方で内容も個人消費が強くなっているために、内需外需のバランスが良くなってきていると評価した。


JPモルガン・アセット・マネジメント

今日のゲストはSMBC日興証券の肖敏捷さんと、JPモルガン・アセット・マネジメントの重見吉徳さんとなっている。


SMBC日興証券

今日のゲストはSMBC日興証券の肖敏捷さんと、JPモルガン・アセット・マネジメントの重見吉徳さんとなっている。