ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「SNS依存」の検索結果

「SNS依存」に関連する情報 11件中 1〜10件目

依存症

世の中にはアルコールやニコチンなどの依存症が数多くある。依存症はやめたいと思っても本人の意志では辞めることができない状態。そんな依存症の人は普段からウソをつく傾向があるという。教えてくれるのは赤坂診療所の渡辺登先生。

若者に増えてきているのがマスク依存症。マスクをしていないと不安で人前に出られないというもので、常にマスクをしないと人目が気になり外出できなくなる可能性がある。更に増えてきているのがSNS依存症、ブログなどSNSへの書き込みを絶え間なく行う人をさす。依存症でやっかいなのは自分で病気と気づかない事で、周りの人が早めに病気だと気付いてあげることが重要。


SNS依存

長谷川が、SNS依存でプチ家出をする子供を紹介。親のスマホを借りて知らない人とやりとりをし、夏休みにプチ家出して会いに行ってしまうという。恵は平気で子供に貸していると話した。


SNS依存

SNS依存を克服した雨宮まみは「SNSは抱きしめてくれない!」と思い依存症から克服したという。SNSは人と出会うきっかけづくりにはいい、やりすぎるとSNSの人格を信じてしまう、実際にあったときにギャップができてしまう、現実にあわないとわからないと思ったと話した。


フェイスブック

SNS依存を克服した雨宮まみは「SNSは抱きしめてくれない!」と思い依存症から克服したという。SNSは人と出会うきっかけづくりにはいい、やりすぎるとSNSの人格を信じてしまう、実際にあったときにギャップができてしまう、現実にあわないとわからないと思ったと話した。


ツイッター

ネットのコミュニケーションに依存するSNS依存。SNS依存にハマった雨宮まみさんはSNSのやりすぎで腱鞘炎になった。きっかけはSNSデビューで別人格に。雨宮まみはSNSで違う自分になれる、それが面白くなりフェイスブックでしらない人と繋がりなんでも書けたと話した。REINAはツイッターを毎日チェックするとコメント。


フェイスブック

ネットのコミュニケーションに依存するSNS依存。SNS依存にハマった雨宮まみさんはSNSのやりすぎで腱鞘炎になった。きっかけはSNSデビューで別人格に。雨宮まみはSNSで違う自分になれる、それが面白くなりフェイスブックでしらない人と繋がりなんでも書けたと話した。REINAはツイッターを毎日チェックするとコメント。

さらに雨宮まみは海外旅行中もフェイスブックを見ていたという。一番つらかったのは現実世界が面倒になったこと。削除できない現実世界の会話が怖い、そこが入れ替わった、年末とか謎の感謝のメッセージを送っていた、友達が増えたりいいこともあったがまずい精神状態だったと話した。


腱鞘炎

ネットのコミュニケーションに依存するSNS依存。SNS依存にハマった雨宮まみさんはSNSのやりすぎで腱鞘炎になった。きっかけはSNSデビューで別人格に。雨宮まみはSNSで違う自分になれる、それが面白くなりフェイスブックでしらない人と繋がりなんでも書けたと話した。REINAはツイッターを毎日チェックするとコメント。


SNS依存

ネットのコミュニケーションに依存するSNS依存。SNS依存にハマった雨宮まみさんはSNSのやりすぎで腱鞘炎になった。きっかけはSNSデビューで別人格に。雨宮まみはSNSで違う自分になれる、それが面白くなりフェイスブックでしらない人と繋がりなんでも書けたと話した。REINAはツイッターを毎日チェックするとコメント。

さらに雨宮まみは海外旅行中もフェイスブックを見ていたという。一番つらかったのは現実世界が面倒になったこと。削除できない現実世界の会話が怖い、そこが入れ替わった、年末とか謎の感謝のメッセージを送っていた、友達が増えたりいいこともあったがまずい精神状態だったと話した。


依存症

買い物からギャンブルまでその種類は様々といわれる依存症。「物質依存」、「行為依存」、「関係依存」のおおきく3つに分類される。今回はより身近な依存症を克服した女性たちが登場。「ダイエット依存症」だった女性は「一番重かった時が70kgで軽かった時が35kgまで落ちた」という。SNS依存だった女性は「生活の全てだった」と話した。また、「恋愛依存」、「整形依存」の女性たちが自身の体験をスタジオで生激白する。

専門家はダイエット依存について、依存が進み拒食症になることとその反動による過食症を繰り返してしまうことを一番恐ろしい点と話す。元ダイエット依存症の堀越さん、高校時代で人間関係がうまく作れなかったことが依存のきっかけで、ストレスで過食になり太ってしまった明かす。こんにゃくダイエット生活を初めて5ヶ月で35キロにまで体重が落ちたが、そのために生理が来ず、髪の毛もごっそり抜け、命の危機を感じたという。

父親のバイク事故がきっかけで母親をがうつ病になり、家族を養うストレスから「甘い物依存」がスタートしたという堀越さん。拒食症の頃(19歳)は40kgに比べて過食症の頃(23歳)は70kgだった。水商売を始めた堀越さんだが、過食により太った自分を見て自己嫌悪を抱き、最終的に遺書を書くまで思い詰めたという。また、スタジオでは横澤も共感し、「何気ない一言がグサッとくる」などと話す。

遺書を書いた翌年に、ネットの掲示板で同じ経験をもった人の話を聞いて自分は必ず治ると知った堀越さんは、それを機に段々と痩せていったという。精神的バランスをとることが難しい人が依存症になりやすい。病気になる事自体は自身のせいではないが、それに向かって治そうとしない事自体が自身のせいとなる、とおおたわは伝える。堀越さんはカウンセリングで悩み相談を受ける側に立ち、現在の夫は相談を受けていたクライアントだったと話す。


スマホ

今日は「スマホ依存」。女子高生の10人に1人が15時間以上を使用している。実態は「SNS依存」ではないかと言われている。主流のSNSは手軽に細かくやりとりができるためおしゃべりがひっきりなしになっている。ながら操作でほとんどの意識が散漫になって集中力の欠如になっているのではないか、同レベルでのコミュニケーションの繰り返しは精神の深さの欠如に繋がるのではないかと解説。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (11)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (11)