ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「TOHOシネマズ日劇」の検索結果

「TOHOシネマズ日劇」に関連する情報 2012件中 1〜10件目

TOHOシネマズ日劇

歌手の近藤真彦が今日閉館する日劇の特別企画で上映された「青春グラフィティ スニーカーぶる〜す」のトークイベント舞台あいさつに登場した。近藤真彦は37年前に日劇で開かれた主演映画の舞台挨拶に立っていた。 (スポーツニッポン)37年前の舞台挨拶のVTRが流れた。東山紀之も同じ舞台に立っていたという。


TOHOシネマズ日劇

さよなら日劇ラストショウ「青春グラフィティ スニーカーぶる〜す」トークイベントが行われた。イベントでは近藤真彦主演映画「青春グラフィティ スニーカーぶる〜す」を上映。本作はたのきんトリオの共演作でもある。

この日観客と共に鑑賞した近藤は、こんなストーリーだというのを今日初めて知ったと話した。スタジオの加藤浩次は、「マッチでーす」というセリフは近藤本人は一度も言ったことがないらしいと話した。


「TOHOシネマズ日劇」に関連する映画・DVD

青春グラフィティ スニーカーぶる〜す

TOHOシネマズ日劇で近藤真彦の初主演映画「青春グラフィティ スニーカーぶる〜す」の特別上映が行われた。観客と一緒に鑑賞した近藤は映画を見てウルっときたと話した。今年54歳になる近藤は若さの秘訣を聞かれ、かっこいい後輩たちが追いかけてくるからかなと答えた。スタジオの国分太一も後輩が追いかけてきているのを感じており、怖いなどと話した。


TOHOシネマズ日劇

TOHOシネマズ日劇で近藤真彦の初主演映画「青春グラフィティ スニーカーぶる〜す」の特別上映が行われた。観客と一緒に鑑賞した近藤は映画を見てウルっときたと話した。今年54歳になる近藤は若さの秘訣を聞かれ、かっこいい後輩たちが追いかけてくるからかなと答えた。スタジオの国分太一も後輩が追いかけてきているのを感じており、怖いなどと話した。


TOHOシネマズ日劇

近藤真彦の初主演映画「青春グラフィティ スニーカーぶる〜す」の特別上映が行われた。37年前の主演作を見たマッチの感想は。


TOHOシネマズ日劇

昨日東京で、さよなら日劇ラストショウ「マルサの女」宮本信子登壇イベントが行われた。「マルサの女」は、1987年に公開された映画。宮本さんは、伊丹監督が一生懸命仕事をしている女を描きたかったと語った。1933年、有楽町に日本劇場が開館。映画や歌謡ショーなどが行われ、芸能人の登竜門と呼ばれた。1981年に閉館。3年後に、有楽町センタービルの開業と共に再オープン。昨日は、近藤真彦さんの「青春グラフィティ スニーカーぶる〜す」も再上映。劇場は今度の日曜日に閉館し、その後はプラネタリウムなどになるという。


TOHOシネマズ日劇

来月4日で85年の歴史に幕を下ろす日劇の特別イベントに近藤真彦が出席した。日劇は前の日本劇場が1981年閉館したさい、最後に上演したのが「青春グラフィティ スニーカーぶる〜す」で、今回37年ぶりに上映した。近藤真彦は当時を振り返り、 調子に乗っていたと話した。


スポーツニッポン

来月4日に閉館する、東京・有楽町の映画館「TOHOシネマズ日劇」の特別企画として、近藤真彦さんのデビュー映画「青春グラフィティ スニーカーぶる〜す」が上演され、近藤真彦さんが登場した。37年前の舞台挨拶では、たのきんトリオとして登場していたが、37年経った今でも近藤さんは変わらぬ声援を受けていた。(スポーツニッポン)


「TOHOシネマズ日劇」に関連する映画・DVD

青春グラフィティ スニーカーぶる〜す

来月4日に閉館する、東京・有楽町の映画館「TOHOシネマズ日劇」の特別企画として、近藤真彦さんのデビュー映画「青春グラフィティ スニーカーぶる〜す」が上演され、近藤真彦さんが登場した。37年前の舞台挨拶では、たのきんトリオとして登場していたが、37年経った今でも近藤さんは変わらぬ声援を受けていた。(スポーツニッポン)


TOHOシネマズ日劇

来月4日に閉館する、東京・有楽町の映画館「TOHOシネマズ日劇」の特別企画として、近藤真彦さんのデビュー映画「青春グラフィティ スニーカーぶる〜す」が上演され、近藤真彦さんが登場した。37年前の舞台挨拶では、たのきんトリオとして登場していたが、37年経った今でも近藤さんは変わらぬ声援を受けていた。(スポーツニッポン)