中古パソコン

> > 中古パソコン

中古パソコン 関連特集

Windows XPは2014年4月9日(日本時間)にサポートが終了しています。
現在、セキュリティ更新プログラムが提供されていないため、ウイルス・ワームなどに対するリスクがあります。

価格.comで「中古パソコン」を探そう!

使用中のパソコンのスペックに不満がある、家族のためにサブのパソコンを用意したい――。現在パソコンの購入を検討しているなら、中古パソコンを選択肢に加えるのはいかがでしょうか。リーズナブルに、納得の一台を入手できるかもしれません。

中古パソコンのメリット・デメリット

中古パソコンを選ぶメリットは、なんと言っても価格の安さ。インターネットやメール、文書作成、写真鑑賞など標準的な用途なら、中古パソコンでも十分。ショップ独自の保証が付くのもありますが、外装の破損や付属品が欠品している場合もあります。

メリット デメリット
・満足できる性能のパソコンが安く手に入る
・現行品なら新品より安い
・新品並の商品もある
・故障時には販売店保証がある
・外装の汚れや破損がある
・付属品が欠品している可能性も高い
・ショップによって価格差がある
・新品に比べると製品寿命が短い

絶対チェックしておこう

付属品の状態

リカバリーディスク
リカバリーとは、パソコンのシステムを初期状態に戻すこと。これに必要なリカバリーディスクは、パソコンを長期間使用するために、絶対に欠かせません。
バッテリーの状態
ノートパソコンのバッテリーは消耗品です。外出先での使用を検討しているなら、必ずバッテリーの状態をショップに問い合わせましょう。
その他
「Microsoft Office」のインストールCDや、パソコン内のパーツを動作させるために必要なドライバーを収録したCDなどは必ず確認しましょう。

スペック

OS
現在、中古パソコンでOSを選ぶのなら、Windows 7以降のモデルが◎。Windows 7以降のパソコンなら、現在でも快適に利用できるからです。
メモリー
Windows 7以降のOSを利用するためには最低でも2GB、できれば4GB以上のメモリーを搭載しているモデルを選ぶのが望ましいです。
キズや汚れ
価格.comでは、新品同様の「S」から、大きめのキズや塗装ハゲがある「D」まで5段階で登録されています。必ず確認しましょう。

選び方のポイント

ノートパソコン
使い道をしっかりと考える
中古のノートパソコン選びでは、用途を明確にすることが大事です。モバイル利用や、ゲームをプレイするなど目的に合わせて、CPUやメモリー、重さなどのスペックを選びましょう。
デスクトップパソコン
手を入れながら長期間使える
デスクトップパソコンは、購入後にメモリーを追加したり、HDDを交換することが可能なのがメリット。DDR3スロットやSATA3など、最新のインターフェイスを採用しているモデルが◎。
iPad
新しく、大容量ほど高価に
iPadは、中古市場でも人気のアイテム。2014年秋以降にリリース予定のiOS8は、iPadの場合iPad2以降に対応すると公表されていますから、iPad2以降を選ぶとよいでしょう。
ディスプレイ
画面の明るさや色むらをチェック
気をつけたいのは表示品質。長期間使用すると、バックライトの光量が低下し、色むらなどが発生することもあるので、できるだけ現物を確認したいもの。接続端子の種類も要チェック。

このページの先頭へ