ハイレゾ音源対応カーナビ ケンウッド「MDV-Z702」実力完全チェック

PR企画
  1. ホーム
  2. 自動車・バイク
  3. カー用品
  4. ハイレゾ音源対応カーナビ ケンウッド「MDV-Z702」実力完全チェック

ケンウッド「彩速ナビ」が音質を徹底強化!

業界初※のハイレゾ音源対応カーナビ 最新「MDV-Z702」実力完全チェック

※2015年2月現在 JVCケンウッド調べ

圧倒的な画質性能の高さとスムーズな操作レスポンスを両立したカーナビとして、確固たる地位を築いているケンウッドの「彩速ナビ」。その2015年モデルが大きなトピックを引っさげてリリースされた。ハイエンドモデルとなるTYPE Z「MDV-Z702」のオーディオ機能が、業界初となる192kHz/24bitのハイレゾ音源に対応となったのだ。さらに、以前より定評のあったナビ機能も新GUIの採用によって、さらに見やすく、使いやすくなっているという。そんな「MDV-Z702」の実力をカーナビ&オーディオ評論家の石田功氏が徹底チェックした。

  1. AV機能がますます充実 ついにカーナビにもハイレゾ対応モデルが登場

    ホームオーディオの世界では、音楽ファンを中心に高音質のハイレゾ音源が話題を集めているが、ついにカーナビでも192kHz/24bitまでのハイレゾ音源を再生できるモデルが登場した。そのサウンドをチェック!

  2. 定評のあるナビとしての使い勝手も 新たな機能を加えてアップデート

    美しい映像を生み出す「プレミアム・ファインビュー・モニター」や、「ジェットレスポンスエンジンV」により、スムーズかつスピーディーな操作レスポンスを実現する「彩速ナビ」。最新モデルの基本性能はどこまで進化しているのか?

  3. さらに広がるスマートフォンとの連携 ナビ連携型ドライブレコーダーにも注目

    スマートフォンアプリとの連携も「彩速ナビ」の特徴のひとつ。音声検索アプリ「VOIPUT」や新アプリの「KENWOOD Smartphone Control」など、さまざまなスマートフォン連携アプリに加え、ナビ連動型ドライブレコーダーにも注目!

カーナビ&オーディオ評論家  石田功
カーナビ&オーディオ評論家 石田功

編集プロダクション勤務を経てフリーランス・ライターに。 カーナビはGPS衛星がまともに上がっていなかった黎明期から、ほぼ全機種をテスト。 「走ってみなければわからない」をモットーに、北へ南へ走り回り、テストを行う。 「オールアバウト」カーナビ&カーオーディオ・ガイドをはじめ、 「カー&ドライバー」、カーグラフィック別冊「カーナビの達人」、 カーオーディオ専門誌「オートサウンド」、「カーオーディオマガジン」などで執筆。