ダイキン「うるさら7」の「プレミアム冷房」って何だ?

PR企画
  1. ホーム
  2. 家電
  3. エアコン・クーラー
  4. ダイキン「うるさら7」の「プレミアム冷房」って何だ?

ダイキンならではの温度&湿度コントロールを、実際に使って実感!

ダイキン「うるさら7」の「プレミアム冷房」って何だ?

だんだん蒸し暑くなってくるこの季節は、家のエアコンがフル稼働する時期だろう。ただ、こんな経験はないだろうか。設定温度は十分に下げているのに、何となく蒸し蒸しする。いつまでたっても、室内がなかなか快適な状態にならない気がする・・・。実はこれ、エアコン冷房の仕組みに起因する大きな問題なのだ。しかし、そんな難しい問題を解決した製品が現れた。それが、ここで紹介するダイキンの「うるさら7」だ。ここでは、「うるさら7」が実現した、従来の冷房とはその質が違う「プレミアム冷房」について、価格.comの記事統括編集長・鎌田が、実施取材と自宅検証を通じて明らかにしていく。

取材/文 : 鎌田 剛 Takeshi Kamada

価格.comの黎明期よりコンテンツ作成に携わり、その当時より価格.comにおける記事系コンテンツの編集統括を務める。「価格.comマガジン」編集長も兼務。パソコンや家電製品にやたら詳しい、人呼んで「価格.comのご意見番」。エアコンはどちらかと言えば「使わない派」だが、製品トレンドはひと通り押さえている。「家電総合アドバイザー」資格保持者。

「うるさら7」製品紹介

「うるさら7」は、ダイキンのルームエアコンのラインアップの中でも最上位に位置するフラッグシップモデルだ。湿度を適切にコントロールしながら心地よい空気を作り出す独自の「プレミアム冷房」をはじめ、部屋中をムラを少なくスピーディーに冷やせる「サーキュレーション気流」を備える(※1)。暖房機能では、ネーミングのもとにもなった独自の「無給水加湿」(※2)を使った「うるる加湿」機能を備えるなど、空調専業機器メーカー・ダイキンの製品らしい独自の特徴を随所に持っている。

※1 ダイキンの試験による。サーキュレーション気流ありとなしとで比較。試験機「AN405RP」(冷房時)。設定温度26℃、室内温度35℃、エアコンから6m先が26℃になるまでの時間。サーキュレーション気流あり:7分、なし:15分。

※2 家庭用ルームエアコンにおいて。ダイキン独自の無給水加湿を採用。一般の加湿器とは加湿方法が異なるため、加湿量は外気条件により変化します。

価格.comで「うるさら7」の製品をチェック!