約1万円の7型タブレット端末「MediaPad T1 7.0」その実力は? PART.2

PR企画
  1. ホーム
  2. パソコン
  3. タブレットPC(端末)・PDA
  4. 約1万円の7型タブレット端末「MediaPad T1 7.0」その実力は?
  5. スタッフの体験記

初めて買う人や、ノートパソコンとの2台持ちに“ちょうどいい”約1万円の7型タブレット端末「MediaPad T1 7.0」 その実力は?

「MediaPad T1 7.0」価格.com 最安価格・クチコミをチェック!

スマートフォンよりも大きな画面で見やすく、ノートパソコンよりも手軽に使えるタブレット端末。なかでも画面サイズが7〜8型の小型モデルは、持ち運びしやすく、かつ低価格なモデルが多いことから、価格.comの「タブレットPC(端末)・PDA」カテゴリーでも人気が高い。さまざまなメーカーから多くのモデルが販売されているが、安くてしっかり使えるモデルを探している人に注目してほしいのが、ファーウェイの「MediaPad T1 7.0」だ。価格.com最安価格10,778円(2015年10月30日時点)というリーズナブルな価格の7型Androidタブレット端末である。本特集では、「約1万円で買えるAndroidタブレット端末は、どれだけ使えるものなのか?」という、多くの人が抱く率直な疑問に答えるべく、詳細なレビューと、価格.comスタッフが使ってみた感想レポートの2本立てで、本モデルの実力を詳しくチェックしていきたい。

New!

約1万円のタブレット端末はどれだけ使えるのか? 「MediaPad T1 7.0」体当たりレビュー

PART1では、「MediaPad T1 7.0」の実力を徹底レビューしたが、PART2では、生活の中での使い勝手のよさを検証するため、3人の価格.comスタッフに本モデルを使ってもらった。その感想をレポートしていこう。

今回の検証では、男性スタッフ2人、女性スタッフ1人の計3人が協力してくれた。「約1万円で買えるのなら買っていいかも」と、ノリノリで使い始めた3人だったが、どのように活用しているのだろうか。

CASE.1

ビジネスシーンで使える?
ノートパソコンとの2台持ちにはうれしい価格とコンパクトさ
スタッフMさん(20代/男性)

スタッフMさん(20代/男性)

仕事用のノートパソコンは持っていますが、最近はタブレット端末も気になっていました。外回りで、資料などを営業先と共有するときに、タブレット端末のほうが便利ということを先輩から聞いていたからです。私物のスマートフォンやタブレット端末を業務で利用する「BYOD」(ブリング・ユア・オウン・デバイス)が流行っているのは知っていますが、自腹で買うとなると、やはり、価格が気になるところです。その点、約1万円で買える「MediaPad T1 7.0」はお財布にやさしいですよね。

仕事でよく使うアプリといえば、やはり「Microsoft Office」だと思います。これがしっかり動かなければ、安くても買う意味がありません。「MediaPad T1 7.0」には、「Microsoft Office」のファイルを閲覧・編集できる互換アプリ「WPS Office」がプリインストールされているので、仕事でよく利用する「Excel」や「PowerPoint」のファイルを開けます。あまりスペックが高くないと聞いていたので、少し心配でしたが、問題なく動作しました。仕事の資料をゼロから作るのはパソコンで、タブレット端末では手直しや情報のアップデートが主な作業になると思うので、パフォーマンスは必要十分と感じています。パソコンとのファイルのやり取りに、microSDカードに加え、オンラインストレージの「Dropbox」が使えるのも便利ですね。

また、ノートパソコンとの2台持ち(厳密にはスマートフォンもあるので3台持ち)になるので、小さくて軽いのが助かりました。さらに、うれしいかったのがバッテリーのスタミナです。1日中外に出ずっぱりになることもあるので、バッテリーが減りにくいのはありがたかったですね。営業先でノートパソコンのバッテリーが切れて、「MediaPad T1 7.0」だけで何とか乗り切ったシーンもありました。2台持ちを避けるため、ノートパソコンとしてもタブレット端末としても使える2in1タイプを選ぶ手もありますが、会社の業務ソフトがインストールされたノートパソコンを手放すのは難しそうなので、それをサポートするサブ機として、「MediaPad T1 7.0」は何かと重宝すると思います。

MediaPad T1 7.0

7型の液晶ディスプレイを備える「MediaPad T1 7.0」は、2〜3人で一緒に画面を見るのには十分な大きさだと感じました。搭載する「WPS Office」アプリを使っての「Excel」や「PowerPoint」の表示、簡単な修正といった使い方なら、動作が遅く感じることはありません

MediaPad T1 7.0

会社支給のノートパソコンは手放せないので、私の場合はノートパソコンと「MediaPad T1 7.0」の2台持ちになります。「MediaPad T1 7.0」はコンパクトで軽いので、ノートパソコンと一緒に持ち歩いても苦になりませんでした

MediaPad T1 7.0

「MediaPad T1 7.0」は、4100mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、泊まりの出張以外はACアダプターを持ち歩く必要はなさそうです。外出先でのメールチェックやWebページの確認に役立ちました

WPS Office

「Microsoft Office」のファイルを閲覧・編集できる互換アプリ「WPS Office」を搭載。パソコンで作成した「Excel」や「PowerPoint」のファイルを「Dropbox」に保存しておけば、インターネット経由でタブレット端末からも同じファイルにアクセスできます(※)。マイクロソフト純正の「Microsoft Office Mobile」も問題なく動作しました(※2) ※1「Dropbox」の利用にはWi-Fi通信などが必要になります。
※2 「Microsoft Office Mobile」の商用利用は、「Office 365サービス」などが別途必要になります。

「MediaPad T1 7.0」価格.com 最安価格・クチコミをチェック!
CASE.2

1万円なら壊してもダメージが少ない!?
子ども用タブレット端末として使ってみた
スタッフYさん(30代/男性)

スタッフYさん(30代/男性)

子どもはスマートフォンやタブレット端末が大好きです。4歳になるうちの息子も、最新ガジェットに興味津々。ちょっと目を離すと、私や妻のものを触っています。ガジェットが好きなのは悪いことではないと思いますが、やはり、心配なのが故障と安全性。子どもは精密機器でも、手荒く扱ってしまうし、小さな子どもだとアプリの善し悪しもわかりません。怪しいWebページにもどんどんアクセスしそうで、親としては頭が痛いところです。

「MediaPad T1 7.0」を息子に使ってもらいましたが、食い付きはすごかったです。教えてもいないのに、カメラを使って自分撮りを楽しんでいました。「Playストア」をチェックしてみたところ、「ファミリー」というカテゴリーがあり、年齢ごとにおすすめのアプリが分類されていて、子ども向けのアプリが見つけやすかったです。人気キャラクターのゲームや知育アプリ、お絵かきアプリまで、実に豊富なアプリがあるのには驚きました。無料のアプリが多いのもうれしいところです。試しに人気キャラクターのゲームをダウンロードしてあげると、息子も楽しそうに遊んでいました。子ども向けのアプリは、問題なく動作するパフォーマンスを備えていると言えるのではないでしょうか。また、視野角が広いので、大人が一緒に画面を見ながら、サポートするといったシーンでも使いやすかったです。

安全性に関しては、搭載する「端末マネージャー」アプリから、使えるアプリを制限できるので、親が決めたアプリだけしか使えないようにできます。もう少し大きな子どもの場合は、セキュリティアプリを導入して、有害サイトのブロックや、利用時間を制限するといったひと工夫が必要になるかもしれません。2週間ほど「MediaPad T1 7.0」を使っていますが、今のところ壊さずに大事に使っています。それでも、小さい子どもだと、どうしても落としたり、雑に扱ったりすることがあると思います(それが子ども用ガジェットの宿命ではありますが)。壊さないようにていねいに使うのは当然ですが、もしものときを考えると、約1万円で買える「MediaPad T1 7.0」は、お財布へのダメージが小さいので、親としてはありがたいところです。

MediaPad T1 7.0

「MediaPad T1 7.0」の重量は約278gと軽量なので、4歳の息子でも軽々と持って楽しんでいます。クイズや人気キャラクターのゲームがお気に入りのようでした

MediaPad T1 7.0

外出先で時間をつぶすときに、スマートフォンやタブレット端末を子どもに使わせる親が多いと思います。「MediaPad T1 7.0」も子どもと一緒に出かけるときには欠かせないアイテムになりそうです

Playストア

「Playストア」には、ゲームや知育、お絵かきなど、子ども向けアプリが豊富にそろっています。年齢ごとにおすすめアプリが分類されているので、親としてはアプリを探す手間を省略できるのがありがたかったです

「端末マネージャー」アプリの「アプリのロック」

搭載する「端末マネージャー」アプリの「アプリのロック」を使えば、利用できるアプリを制限できます。子ども向けアプリ以外をロックしてしまえば、子どもが誤って設定を変えたり、悪意のあるWebページへアクセスするのを防げます

「MediaPad T1 7.0」価格.com 最安価格・クチコミをチェック!
CASE.3

スマートフォンより画面が広くてWebページも動画もSNSも見やすい!
プレゼントにもらったらうれしいかも
スタッフOさん(30代/女性)

スタッフOさん(30代/女性)

日ごろは、家でも外でもスマートフォンを使って、Webページの閲覧、動画の視聴、SNSのチェックなどをしています。正直、スマートフォンさえあれば何でもできるので、タブレット端末は気にはなっていましたが、自分自身で購入したことはありませんでした。今回、「MediaPad T1 7.0」を使ってみて、便利なアイテムであることを改めて実感しました。

まずは、当たり前ですが、スマートフォンよりも画面が大きくて見やすいのがタブレット端末のいいところです。レシピサイトをチェックするときは、野菜の切り方などの写真や動画が見やすく、調理がはかどりました。海外ドラマが好きで、毎日のように見ている動画配信サービスも迫力があって、字幕も読みやすかったです。7型の液晶ディスプレイを搭載する「MediaPad T1 7.0」は、タブレット端末としては小さい部類に入りますが、個人的には十分な大きさと感じています。

逆に、大きすぎないサイズ感が気に入っています。コンパクトで軽量な「MediaPad T1 7.0」は、手の小さな女性でも、持ちやすくて、操作しやすいと思いました。部屋の中で置き場所を取らないし、小さなバッグにすっきり収まるのもうれしいところ。女性が持っていても違和感のないシンプルなデザインが好印象ですが、かわいいケースがあると、もっと愛着を持って使えるかもしれませんね。今回、「MediaPad T1 7.0」を使って感じたのは、プレゼントとしてもらったらうれしいかも、ということ。私のようにタブレット端末は気にはなっているけど、スマートフォンさえあれば困っていない女性は多いと思います。そんな人にプレゼントしたら、きっとよろこんで使ってもらえるのではないでしょうか。誰か私に「MediaPad T1 7.0」をプレゼントしてくれないかな。

MediaPad T1 7.0

キッチンに置いてもじゃまにならないコンパクトなサイズで、画面も見やすい「MediaPad T1 7.0」。レシピサイトの写真や動画も、画面が大きいので見やすかったです。ただし、防水ではないので、水周りで使うときは気を付けたほうがいいでしょう

MediaPad T1 7.0

家の中でWebページやSNSをチェックするときも、「MediaPad T1 7.0」は重宝します。本体がコンパクトなので、手の小さな女性でも持ちやすく、操作もしやすいと思います。普通に使っていて動作が遅く感じることはなく、動画の視聴も問題なくできました

MediaPad T1 7.0

休日に持ち歩く小さなバッグにもすっきりと収まりました。このサイズ感は、女性にはうれしいと思います

MediaPad T1 7.0

電子書籍を読むのにもちょうどいいですね。「MediaPad T1 7.0」は、読書好きの人にもぴったりです

「MediaPad T1 7.0」価格.com 最安価格・クチコミをチェック!

まとめ

「MediaPad T1 7.0」は、約1万円というリーズナブルな価格が魅力の7型Androidタブレット端末。今回3人の価格.comスタッフに使ってみてもらったところ、Webページの閲覧やSNSのチェック、動画の視聴、「Office」ファイルの閲覧・編集、アプリの利用など、普段使いのタブレット端末として大活躍してくれたようだ。

PART1のまとめでも書いたが、「MediaPad T1 7.0」は、初めてタブレット端末を購入する人や、ノートパソコンとの2台持ちを検討している人はチェックしておいて損はない1台だ。また、子ども用のタブレット端末を探している人にも、本モデルは向いている。使えるアプリを制限できる機能も備えているので、子どもへの安全性を心配する親も安心だ。スタッフCさんの言う通り、タブレット端末が気になっている人へプレゼントしてもよろこばれるだろう。女性だけでなく、シニア世代へ贈ってもよさそうだ。安くてもしっかりと使える「MediaPad T1 7.0」の便利さを、ぜひ多くの人に体験してもらいたい。

製品紹介

主なスペック

プラットフォーム Android 4.4 KitKat/Emotion UI 3.0
プロセッサー Spreadtrum SC7731G, Quad-core A7 1.2GHz
メインメモリー 1GB
ストレージ 8GB
ディスプレイ 7型IPS液晶(600×1024)
カメラ アウトカメラ200万画素、インカメラ200万画素
無線通信 IEEE802.11 b/g/n、Bluetooth v4.0
外部インターフェイス microUSB(USB2.0)×1、microSDカードスロット×1(最大32GB)、3.5mmオーディオジャック×1
バッテリー容量 4100mAh
バッテリー駆動時間 約12時間(連続動画再生時)
サイズ 約107(幅)×191.8(高さ)×8.5(厚さ)mm
質量 約278g