ダイキンの加湿ストリーマ空気清浄機「MCK70T」徹底レビュー

PR企画

直線基調のデザインでインテリアに調和する

ダイキンの加湿ストリーマ空気清浄機「MCK70T」徹底レビュー

あらゆるインテリアに調和する加湿空気清浄機 価格.comでダイキン「MCK70T」の最新価格・クチコミをチェック!

花粉やハウスダスト、PM2.5などの対策に加えて、冬場にはウイルスや乾燥対策としても需要が高まる加湿空気清浄機。製品を選ぶうえで最も重視すべき点は空気清浄能力だが、1年中、部屋に設置して使用する家電として、最近ではインテリアを彩るデザイン性の重要度も高まってきている。こうした点から注目したいのが、ダイキンの加湿ストリーマ空気清浄機「MCK70T」だ。“きれいな空気を作る箱”をコンセプトに開発された本機は、直線基調のスタイリッシュなデザインを採用。もちろん、ダイキンの空気清浄機ならではの大風量や高い集じん力、「ストリーマ」による有害物質の強力な分解性能を備えるなど、空気清浄能力においても申し分ない。今回は、そんな「MCK70T」の実力を徹底レビューしていこう。

リビングルームにも、ダイニングルームにも、寝室にも
さまざまな空間にマッチするスクエアボディ

空気清浄機に加湿機能をプラスした、“1台2役”として使える「加湿空気清浄機」は、ハウスダストや、春先に多く飛散する花粉、近年社会問題として指摘されている微小粒子状物質「PM2.5」などへの対策(※)が行えるのに加えて、冬場にはウイルスや乾燥対策が行える家電としても重宝されている。その製品選びにおいて最も重視すべきは純粋な「空気清浄能力」だろうが、どれだけ高機能を備えていても、オシャレなインテリアの雰囲気を崩してしまうようでは残念な製品と言わざるを得ない。24時間・365日、部屋に設置して使用するアイテムとして、デザイン性の高さも求めたいところだ。こうした点から注目したいのが、ダイキンの加湿ストリーマ空気清浄機の最新モデル「MCK70T」である。

※ PM2.5とは2.5μm以下の微小粒子状物質の総称です。この空気清浄機では0.1μm未満の微小粒子状物質について、除去の確認ができていません。また、空気中の有害物質すべてを除去できるものではありません。32m3(約8畳)の密閉空間での効果であり、実使用空間での結果ではありません。試験機:ACK55Tと同等機種(ACK55S)で実施。

  • ダイキン「MCK70T」
  • ダイキンの加湿ストリーマ空気清浄機の最上位モデル「MCK70T」。本体サイズは約395(幅)×600(高さ)×287(奥行)mmで、重量は約12.5kg(水なし)。ボディカラーは写真のホワイトと、ビターブラウンの2色が用意される

それでは、「MCK70T」のデザインを詳しく見ていこう。本機のデザインコンセプトは、“きれいな空気を作る箱”。製品単体だけでなく空間全体の見え方も考慮し、リビングルームに違和感なくたたずみ、きれいな空気を提供し続けるイメージで設計されているという。

従来機との大きな違いは、ボディの形状だ。前モデル「MCK70S」が丸みを帯びたやわらかなフォルムだったのに対し、本機には直線を基調としたスクエアボディが採用されており、非常にスタイリッシュに仕上がっている。実際に、リビングルームやダイニングルーム、寝室と、自宅のさまざまな場所に設置してみたが、ボディを構成する直線ラインが床や壁のラインにしっくりとなじみ、インテリアに調和する印象を受けた。

また、本機は前面3方向からの吸気システムを採用しているため、設置の自由度が高いのもポイントだ。側面や背面からの吸気システムを採用した空気清浄機の場合、本体の側面や背面に広めのスペースを空けておく必要があるが、本機は、本体の後方に約1cm、側面に約30cmのスペースを空けておけば使用可能。インテリアと調和するデザイン性の高さだけでなく、省スペースで設置できる点も、「MCK70T」の魅力と言えるだろう。

  • 前モデル「MCK70S」ダイキン「MCK70T」
  • 最新モデル「MCK70T」ダイキン「MCK70T」

前モデル「MCK70S」(左写真)が丸みを帯びたやわらかなフォルムをしていたのに対し、最新モデル「MCK70T」(右写真)は直線的なデザインを採用。鏡面風の前面パネルもスタイリッシュな印象を醸し出している

  • ダイキン「MCK70T」
  • 「MCK70T」を実際にリビングルームに設置してみたが、ご覧の通り、インテリアの雰囲気にすんなりと調和してくれた

  • ダイキン「MCK70T」
  • ベージュやオレンジ色の木製家具が多いダイニングルームにも、「MCK70T」のホワイトカラーはよく似合う。また、食事中も動作音はそれほど気にならず、静粛性は高いと感じた

  • ダイキン「MCK70T」
  • シックな色の家具で統一された寝室には、「MCK70T」のビターブラウンを設置した。落ち着いた雰囲気の寝室にもしっかりと溶け込んでいることがわかる

あらゆるインテリアに調和する加湿空気清浄機 あらゆるインテリアに調和する加湿空気清浄機

部屋の空気をクリーンに保てる
ダイキンならではの大風量と集じん力、分解力

続いては、加湿空気清浄機の基本性能となる、空気清浄能力をチェックしていこう。まず注目なのが、ダイキン独自の「ストリーマ」技術だ。これは、プラズマ放電の一種である「ストリーマ放電」で発生した高速電子を、集じんフィルターなどのフィルターに照射することで、集じんした物質を分解できるというもの。しかも、ストリーマ放電によって生み出される高速電子は、花粉のような比較的大きな物質であっても、表皮だけでなく、その核となる部分にまで作用し、分解することができる。

これに加えて、「MCK70T」では、プラズマ放電によって生み出された高濃度のイオンを空気中に放出することで空気中の汚れを抑制する「アクティブプラズマイオン」を発生させることもできる。本体内部で空気の汚れにアプローチする「ストリーマ」と、本体外部の汚れを抑制する「アクティブプラズマイオン」。これら2つの技術を組み合わせた「ダブル方式」によって本体内部と外部の空気を強力に清浄できるのが、「MCK70T」の特徴なのだ。

  • ダイキン「MCK70T」
  • ダイキン「MCK70T」

プラズマ放電の一種である「ストリーマ放電」によって、強力な酸化作用を持つ高速電子を生成。この高速電子を本体内部の集じんフィルターへ照射することで、フィルターに付着した有害物質を分解することができる。なお、高速電子を生み出す「ストリーマユニット」は、本体内の集じんフィルターの上に内蔵されている(右写真)

  • ダイキン「MCK70T」
  • ダイキン「MCK70T」

高速電子を集じんフィルターに照射することで、集じんフィルターに付着した有害物質の付着有害ガスや、花粉を分解。また、「ストリーマ」は、集じんフィルターの目詰まりを防いで風量の低下を抑える機能もあわせ持っている

  • ダイキン「MCK70T」
  • 「アクティブプラズマイオン」は、プラズマ放電によって生成された約25,000個/cm3の高濃度のイオンを空気中に放出することで、浮遊カビ菌や浮遊ウイルスなどを抑制。この「アクティブプラズマイオン」と「ストリーマ」によって本体外部と内部の空気を清浄する「ダブル方式」が採用されているのは、ダイキンの「加湿ストリーマ空気清浄機」だけだ

また、「風量」も空気清浄機の性能を左右する重要な要素となる。そもそも空気清浄機は、本体から風を吹き出して部屋の中の空気を循環させ、循環した空気を吸い込むことで、空気中のホコリや花粉、微粒子などを除去している。そのため、風量が大きな製品のほうが、部屋のより遠くの空気まで循環させられ、より多くの浮遊物質を取り込めるわけだ。この点でも「MCK70T」は、「7.0u/分(適用床面積は31畳まで)」という大風量を実現。これは、ダイキン製品の中でもトップレベルの風量となる。

さらに、風量と並んで重要になる「集じん力」の高さもポイントだ。「MCK70T」では、花粉など比較的大きな粒子をとらえる「プレフィルター」と、0.3μmもの微小な粒子を99.97%除去する「静電HEPAフィルター」、臭いを吸引する「脱臭フィルター」という3種類の集じんフィルターを備えるほか、ダイキン独自の「電気集じん方式」を採用することで、強力な集じん力を実現している。

「電気集じん方式」とは、本体内に取り込んだ空気内の浮遊物質を一時的にプラスに帯電させた後、マイナスに帯電した集じんフィルターを通過させることで、フィルターに強力に吸着させるというもの。これによって、フィルターの目よりも細かい微粒子も逃さずにキャッチすることができるわけだ。なお、この「電気集じん方式」は、集じんした物質を分解・除去できる「ストリーマ」と合わせて、フィルターの目詰まりによる風量低下を防げるのもメリットとなる。

  • ダイキン「MCK70T」
  • 「MCK70T」は、写真右から「プレフィルター」「静電HEPAフィルター」「脱臭フィルター」という3種類のフィルターを搭載している

電気集塵方式
  • ダイキン「MCK70T」
  • ダイキン「MCK70T」

一般的な空気清浄機に用いられる静電フィルターは、0.3μmという細かな微粒子までキャッチできる半面、目詰まりしやすい問題があった。いっぽう、「MCK70T」の採用する「電気集じん方式」では、本体内に取り込んだ浮遊物質をプラズマイオン化部でプラスに帯電させることで、マイナスに帯電させた集じんフィルターに強力に吸引。これによって、目詰まりを抑え、集じん能力の低下を防いでいるのだ

あらゆるインテリアに調和する加湿空気清浄機 あらゆるインテリアに調和する加湿空気清浄機

ボタンひとつで部屋の空気を快適にコントロール
メンテナンス性の高さも申し分なし

最後は、「MCK70T」の使い勝手をチェックしていこう。本機には、部屋の状況に応じた適切なモード・湿度・風量に自動で運転が切り替わる「おまかせ運転」機能が搭載されており、文字通り、加湿空気清浄機に運転を“おまかせ”できる。季節や部屋の状況に合わせていちいち設定を変更するのは面倒だが、これならそうしたストレスはなさそうだ。

また、これからの冬の季節にとりわけ重宝しそうなのが、「きれいサーキュレーター」機能だ。これは、エアコンと併用することで、部屋の空気を清浄しながら循環させ、部屋の温度ムラや湿度ムラを低減させられるというもの。本機はもともと加湿機能も備えているが、この「きれいサーキュレーター」を使うことで、冬場の気になる乾燥をより効果的に低減できるのがうれしい。

  • ダイキン「MCK70T」
  • 「MCK70T」には、「おまかせ運転」や「きれいサーキュレーター」に加え、電力量を削減する「eco節電」や、留守中にターボ運転で部屋を清潔にする「るすばんターボ」といった便利な機能も搭載されている。なお、操作ボタンは本体上部に集約されている

一般的な加湿空気清浄機の場合、加湿に使用する水や水トレイ、水に浸かった加湿フィルターなどで雑菌が繁殖したり、カビが発生したりといった不安が付きものだが、「MCK70T」なら、そうした心配も不要だ。前述の「ストリーマ」が加湿に使用する水や水周りのパーツにも照射されるため、雑菌やカビの発生、繁殖をしっかりと抑制してくれるのである。ひんぱんなフィルターの洗浄が必要になる一般的な加湿空気清浄機と比べて、メンテンスがはるかにラクになるのは大きなメリットと言えるだろう。

  • ダイキン「MCK70T」
  • ダイキン「MCK70T」

加湿用の給水タンクの容量は約3.6Lで、最大加湿連続運転時間は約5.7時間。給水時は本体側面の取っ手に指を引っかければタンクを楽に取り出すことができる

  • ダイキン「MCK70T」
  • 「MCK70T」の加湿機能は、水を吸い込んだ円形の加湿フィルターに風を当てることで水が気化し、加湿する仕組み。最大加湿量は630ml/時で、加湿時でも最大風量7.0u/分(適用床面積は31畳まで)をキープできるのもポイント。また、加湿フィルターと水トレイにも「ストリーマ」による除菌が行われるため、雑菌やカビの発生、繁殖を抑制できる

あらゆるインテリアに調和する加湿空気清浄機 あらゆるインテリアに調和する加湿空気清浄機

まとめ

以上、ダイキンの加湿ストリーマ空気清浄機「MCK70T」の実力を詳しく見てきたが、正直、その完成度の高さに驚かされた。スタイリッシュなスクエアボディはあらゆるインテリアと調和することが確認できたし、クラストップレベルの大風量や、「ストリーマ」「アクティブプラズマイオン」「電気集じん方式」といったダイキンの独自技術を用いた空気清浄能力も申し分ないものだった。自分自身や家族の健康のために購入する加湿空気清浄機。その製品選びは慎重にならざるを得ないのが正直なところだが、「MCK70T」なら、「これにしてよかった」と素直に思える高い満足感が得られるだろう。