スマホ機能が車内で使えるパイオニア最新モニターオーディオ登場

PR企画

いつも使っているスマホの機能が車載端末で便利に使えるApple CarPlay/Android Auto対応の最新ディスプレイオーディオパイオニア「FH-9300DVS」魅力探求!

電話を受けたり、音楽を聴いたり、地図を使って周辺のお店を調べたり。そんな、普段何気なく使っているスマートフォンの機能をクルマの中でもそのまま使えたら、ドライブはもっと楽しくなるし、移動時間を有効に活用できる。こうした観点から注目したいのが、「カロッツェリア(パイオニア)」から発売される「FH-9300DVS」という製品だ。スマートフォンとUSBケーブル1本で接続するだけで、日ごろ、スマートフォン上で利用している機能を、クルマの中でより簡単に利用できるその仕組みとは一体どんなものなのか? そして、肝心の実用性はどうなのか? 気になるところをじっくりとチェックしてみた。

Apple CarPlay/Android Auto対応でスマホ連携が実用域に

普段のドライブシーンを振り返ってみると、車内でスマートフォンを使う機会は思いのほか多い。たとえば、出発前に目的地周辺のお店を検索したり、移動中にスマートフォンに保存した音楽を再生したり、カーナビの地図が対応していない開通したての道路をスマートフォンの地図アプリで確認したり……。日常生活だけでなく、クルマの中でも、今やスマートフォンは必需品なのである。

とは言え、運転しながらスマートフォンを使うわけにはいかないので、利用する場合はクルマを止めて自分で操作するか、助手席の人に操作してもらうしかない。ならば、車載の端末とスマートフォンを連携させて、いつも使っているスマートフォンの機能をもっと簡単に、もっと便利に利用できるようにしようではないか。そんな観点から製品化されたのが、「カロッツェリア(パイオニア)」から登場する、2DINサイズの最新ディスプレイオーディオ「FH-9300DVS」だ。

「カロッツェリア(パイオニア)」のディスプレイオーディオ「FH-9300DVS」は、Apple CarPlayとAndroid Autoの両方に対応し、日ごろ使っているスマートフォンの機能を、車載のディスプレイ上で簡単かつ便利に利用できる

「FH-9300DVS」の目玉機能は何と言っても、Apple CarPlayとAndroid Autoに対応していること。これらは、ひと言で言えば「スマートフォンとクルマとをつなぐシステム」のことで、iPhoneユーザーならApple CarPlayを、AndroidスマートフォンユーザーならAndroid Autoを利用することになる。接続方法は、「FH-9300DVS」とスマートフォンをUSBケーブル1本でつなぐだけ。これだけで、日ごろ、スマートフォン上で利用している地図アプリや各種ナビ機能をはじめ、音楽の再生、電話の発着信、メッセージの送受信などが「FH-9300DVS」の画面上で行えるようになる。操作は基本的に、Apple CarPlayなら音声アシスタンス「Siri」を、Android Auto ならGoogle音声検索を介して行うため、走行中でも簡単かつ安全に操作できるというわけだ。

なお、本機はカーナビではなくカーオーディオをベースとした製品なので、カーナビとして使用する際はスマートフォンの機能を利用する。このため、地図データの定期的なアップデートにかかる手間や費用は必要ない。さらに、一般的なカーナビとスマートフォンの連携において、必要になるケースのあった有料アプリの月々のランニングコストも不要だ。そして、当たり前のことだが、カーオーディオがベースとなっているので、「カロッツェリア(パイオニア)」ならではの高音質サウンドを車内で堪能することもできる。スマートフォンを車内でフル活用するには、理想的な車載端末なのである。

となれば残るは価格だが、なにせ「ディスプレイオーディオ+スマートフォン」という組み合わせ自体が多くの人にとって新しい提案。いくら「先進的で便利です」と言われても、一般的なカーナビを大きく超えてしまうような価格では正直なところ手が出しづらい。その点、「FH-9300DVS」は実勢売価48,000円前後と、かなり手ごろな設定となっており、購入のハードルは決して高くない。Apple CarPlayとAndroid Autoにいち早く対応したその先進性や実用性の高さに加え、コスト面の魅力もまた、これまでの車載端末とはひと味違う、本モデルの“新しさ”なのである。

スマホのナビ・音楽・電話・メッセージが“そのまま”使える!

では早速、「FH-9300DVS」が搭載された実車に乗り込み、Apple CarPlayやAndroid Autoで具体的にどんなことができるのか、また、その実用性はどれほどのものなのかを確認していこう。

Apple CarPlay

まずはApple CarPlayからチェックしていくが、先述の通り、「FH-9300DVS」とiPhoneとの接続はディスプレイオーディオから伸びたUSBポートにLightningケーブルを接続するだけと簡単。なかには「今どき有線接続なの?」と思う人がいるかもしれないが、Bluetoothのペアリング設定などが必要ないのはとてもラクだし、iPhoneへの給電もできるので、有線接続のほうがよっぽど手軽で便利だ。iPhoneを接続すると、「FH-9300DVS」の画面がApple CarPlayモードに切り替わり、画面上にアイコンが並ぶホーム画面が表示される。各アプリはアイコンをタップすると起動し、アプリを追加インストールした場合には、画面を左右にフリックしてページを切り替える仕組み。このあたりはまさにiPhoneと同じ操作感だ。

Apple CarPlayの利用はいたって簡単で、「FH-9300DVS」から伸びたUSBポートにLightningケーブルでiPhoneを接続するだけ。Bluetoothのペアリング設定などが不要で簡単なうえ、iPhoneを充電しながらApple CarPlayが利用できるのも有線接続ならではのメリットと言えるだろう。なお、対応するiPhone は、iOS 7.1以上をインストールしたiPhone 5以降の機種となる

Apple CarPlayのホーム画面。iPhoneで見慣れたアイコンが大きく表示されており、迷うことなく各アプリにアクセスできる。画面右下にあるのがホームボタンだ

ナビゲーション

Apple CarPlayのメイン機能となるのは、ナビゲーション、音楽の再生、電話の発着信、メッセージの送受信の4つ。このうち、ナビゲーションにはアップルの純正アプリ「マップ」が用いられ、「FH-9300DVS」の画面に最適化されて表示される。「マップ」は、3D表示やルート検索といった基本的なナビゲーション機能を備えているほか、現在地近くの飲食店やガソリンスタンドなどを探す周辺検索も可能だ。

目的地検索は音声アシスタント「Siri」を介して行う。iPhoneに向かって「Hey Siri」と呼びかけるか、「FH-9300DVS」の本体右下に装備された物理キーの「音声検索ボタン」を押せば、すぐに「Siri」が起動し「ご用件は何でしょう?」と反応してくれる。ここで、目的地名を発話。後はリストアップされた候補から目的の場所を選択すればルート案内が開始される。

ルート案内については「マップ」に依存するが、曲がる場所の指示のタイミングなどが思ったよりも的確で感心した。経路選択の際に有料ルートを優先させるか無料ルートを優先させるかを選べないなど、ナビ機能に特化したカーナビと比べると劣る面はもちろんあるが、実用性は十分といった印象。何より、常に最新地図データが利用できるのは大きなメッリトだ。

地図の拡大縮小は画面左上の「+/−」ボタンで行い、地図を動かす際はiPhoneと同様、スワイプで行える。iPhone画面での操作のほうがわずかにスムーズだが、それでもストレスを感じるレベルではなく、スクロールなどの追従性も十分なものだった

目的地検索には「Siri」を使う。iPhoneに向かって「Hey Siri」と呼びかけるか、本体の音声検索ボタンを押すことによって「Siri」を起動できる

「Siri」を使って、横浜駅を検索してみた。「横浜駅に行きたい」などの文章はもちろん、「横浜駅」と場所を呼びかけるだけでも検索は可能だ。ルート案内中は、地図画面に加えて、「どれくらい先をどちらの方向に進むか」といった大まかな情報も画面左側に表示される。これについてはiPhone上でのナビ機能よりも見やすく、わかりやすい

周辺検索も試してみることに。「Siri」に、「周辺のガソリンスタンド」と発話すると、左画面のように、検索結果がズラリと表示された。ほかにもさまざまなキーワードを試してみたが、音声認識の精度は申し分なく、欲しい情報がスムーズに得られた。このあたりは、高度な音声認識技術と膨大なデータベースを持つ「Siri」の強みと言えるだろう

音楽の再生

続いて音楽再生についてチェックしてみたが、これはiPhoneの「ミュージック」アプリがほぼそのまま使えるという認識でいい。ナビ機能と同様、音声での操作が可能で、曲の再生/停止や曲送りはもちろん、聴きたい楽曲を、曲名やアーティスト名、プレイリスト名から検索して再生することもできる。音声の認識精度はかなり高いが、曲名やアーティスト名の読み仮名をあらかじめ曲情報に登録しておくとさらにスムーズな検索が行えるだろう。

音楽再生は、iPhoneの「ミュージック」アプリとほぼ同じ操作体系なのでわかりやすい。曲を再生中、次の曲が聴きたくなったら「次の曲」「スキップ」などと呼びかければ曲送りできる。このほか、曲名やアーティスト名から聴きたい曲を検索、再生できるのも使い勝手がよかった

電話の発着信

電話機能も音声入力によるハンズフリー操作が基本。こちらから発信する場合には、iPhoneの「連絡先」を対象に音声で相手先を呼び出せるほか、「よく使う項目」や「履歴」から画面タッチで選択したり、テンキーを使って電話番号を直接入力したりもできる。着信は、画面に表示される「応答」ボタンにタッチするだけだ。

「価格太郎さんへ電話」といった呼びかけを行うと、iPhoneの「連絡先」から「価格太郎」を検索し、発信してくれる。ほかにも、「履歴」や「よく使う項目」、テンキーを使った番号入力など、タッチ操作による発信もできるが、走行中はもっぱら音声操作を利用することになりそうだ

メッセージの送受信

Apple CarPlayがメッセージとして画面に表示できるのは、iPhoneの「iMessage」や、「SMS」「MMS」と呼ばれるショートメールだ。メッセージの受信から返信までの基本的な流れは、受信したメッセージの読み上げ→返信メッセージの音声入力→音声による入力内容の確認→返信となる。実際に試してみると、ハンズフリーでメッセージをやり取りできるのは本当に便利。今まで、急を要する場合にはクルマを道路脇に止めて返信していたが、これなら運転中でも問題なく対応できそうだ。

パイオニア「FH-9300DVS」

iPhoneがメッセージを受信すると、「FH-9300DVS」の画面上にポップアップ通知が表示され、その後メッセージの文面が読み上げられる。読み上げが終わると「スキップ」か「返信」を選択できるので、返信する場合には「返信」と発話。さらに、返信内容を発話すると、音声入力された内容を読み上げてくれる。問題がなければ「送信」と発話すれば完了だ

アプリの拡張性

ここまで紹介してきた、アップルの純正アプリだけでなく、定額制音楽ストリーミングサービス「AWA」や「Amazon Prime Music」、書籍を朗読してくれる「Audible」「Audiobooks.com」など、サードパーティー製のアプリも「FH-9300DVS」上で利用可能だ。今のところ、Apple CarPlayに対応するアプリのジャンルは、音楽ストリーミング関連や、読み上げ機能付きのニュース関連といった「よそ見しないもの」に限定されている。どのアプリも「FH-9300DVS」に最適化されたレイアウトで表示されるとともに、アプリによっては一部の機能が制限されることもあるが、運転中は複雑な操作ができないので、機能が多少絞られても不便さを感じることはないだろう。

Apple CarPlayやAndorid Autoが今後さらに普及していけば、「App Store」や「Google Play」に対応アプリが数多く並ぶはず。アプリの充実によってクルマでの過ごし方がどう変わるのか、期待はふくらむばかりである。

画面は、定額制音楽ストリーミングサービスの「AWA」。レイアウトが車載端末用に最適化されているためスムーズに操作できるほか、ドライブ用のプレイリストなどを再生すれば、気分も自然と盛り上がる

Android Auto

ナビゲーション、音楽の再生、電話の発着信、メッセージの送受信の4つがメイン機能となるのはAndroid Autoも同様であり、音声を使ったハンズフリーの操作スタイルをベースとしているところも共通である。というわけで、Android AutoについてはApple CarPlayとの違いに焦点を絞ってその特徴をチェックしていこう。

音声操作に「Siri」ではなくGoogle音声検索を利用する、という点はApple CarPlayとの違いのひとつではあるのだが、それよりも、最大の違いとなるのはナビゲーションに「Googleマップ」を利用できることだろう。普段、Androidスマートフォンを使っている人ならよくご存知のはずだが、「Googleマップ」は地図情報の鮮度、精度にすぐれ、ナビ性能も高いというのが定説である。この「Googleマップ」を車載端末に最適化された表示、操作方法で利用できるメリットは非常に大きい。

Android Auto でナビ機能を利用する場合、「Googleマップ」を利用することになる。Androidスマートフォンの多くは、このアプリがあらかじめプリインストールされているが、されていなければ「Google Play」からダウンロードしておこう。なお、対応するOSのバージョンは、Android 5.0 (Lollipop)以降となる

「FH-9300DVS」とAndroidスマートフォンの接続はディスプレイオーディオから伸びたUSBポートに直接、接続するだけ。右の写真は、Android Autoのホーム画面。さまざまな情報がスクロール表示される

「Googleマップ」はスマートフォンで見る画面に比べて簡略化された表示となる。運転の集中力を削ぐことなく、重要な情報だけを優先してドライバーに届けるための配慮だ

目的地検索は、Apple CarPlayと同様、音声で行う。「OK, Google」と呼びかけるか、本体の音声検索ボタンを押してGoogle音声検索を起動すればよい。試しに、「周辺のガソリンスタンド」と発話してみたところ、なぜか13kmも離れたガソリンスタンドが結果表示された。あれ?と思い、今度は「いちばん近いガソリンスタンド」と発話してみたところ、現在地から近い順に複数のガソリンスタンドを表示してくれた。定型文での検索ではないだけに、ワード選びがことのほか重要なポイントになりそうだ

ルート検索では、最新の地図情報やリアルタイムの渋滞情報に基づく最短ルートを提示してくれるとともに、有料ルート/無料ルートの選択も可能。右左折を指示するタイミングも的確なうえ、車線ガイドによってどの車線を走ればいいかもわかるため、安心して運転できた

ディスプレイオーディオならではの高音質と音質調整機能

ここまで、スマートフォンとの連携性の高さをチェックしてきたが、「FH-9300DVS」のカーオーディオとしての実力はどれほどのものなのだろうか。

まずはメディア対応力の高さについてだが、本機は、iPhoneやiPod、Androidスマートフォンはもちろんのこと、音楽や動画ファイルを保存したUSBメモリーやポータブルHDDなどを接続して再生できる。音楽ファイルはMP3やAAC、WAVをはじめ、FLAC形式のハイレゾ音源(ダウンサンプリング)にも対応。動画ファイルはH.264をはじめ、MPEG4、WMV、さらにはDivXなど幅広いフォーマットに対応している。このほか、CD/DVDの再生や、FM/AMのラジオ放送、Bluetooth 4.1によるデジタルオーディオプレーヤーなどとのワイヤレス接続といった、カーオーディオとしての基本性能も、もちろん装備する。

また、本機は「パイオニアフルカスタム高性能48bitデュアルコアDSP」を搭載するほか、デジタル波形の整形や、回路レイアウト、基板パターンなどに音響メーカーであるパイオニアの高音質化技術が惜しみなく注ぎ込まれており、臨場感にあふれた高音質なサウンドを実現している。さらに、音像定位を向上させる「タイムアライメント」や、周波数ごとのレベルを好みに応じてきめ細やかに調整できる「13バンドグラフィックイコライザー」、マルチアンプ+マルチスピーカー+サブウーハーシステムまで幅広く対応できる「ネットワークモード」など、多彩なオーディオ機能を完備。車内を極上の音響空間に変え、音楽を「いい音」で鳴らしながら思う存分ドライブを楽しめる。

ポータブルHDDを車内に持ち込んで音楽や動画を再生することも可能。FAT16やFAT32に加え、NTFSファイルシステムに対応しているので、たとえば普段パソコン用として使っているポータブルHDDもそのまま利用できる

パイオニア「FH-9300DVS」

熟練の開発エンジニアにより、「FH-9300DVS」専用の回路レイアウトや基板パターンなどが検討されたと言う。そこに、写真の「パイオニアフルカスタム高性能48bitデュアルコアDSP」が加わり、大幅な高音質化が実現された

クルマは構造上、ドライバーと各スピーカーとの距離が一定ではないため、近くのスピーカーの音は早く届き、遠くのスピーカーの音は遅れて届いてしまう。こうした聴感上の「音のずれ」を補正するのがタイムアライメント機能で、音像の定位や全体的なバランスを細かく調整することが可能だ。実際に試してみたが、ユーザーインターフェイスがとてもわかりやすく、より自然な音響空間を簡単に作り出すことができた

周波数ごとに細かく調整できる「13バンドグラフィックイコライザー」を搭載。さまざまなプリセットが用意されているほか、自分好みの音質にカスタムすることもできる

マルチアンプ+マルチスピーカー+サブウーハーシステムまで幅広く対応できる「ネットワークモード」も用意。将来的に少しずつシステムアップしていくことを考えても、本格的なオーディオシステムを構築できる下地を備えているのは心強い

さまざまなジャンルの楽曲を試聴してみたが、低音の輪郭がくっきりとしていてキレがあり、クラシックやダンスミュージックなど、音数が多いソースでも音がきっちりと分離していた。また、中高音はキンキンとした不快な響きがなく、さわやかで抜けがよい。クロストークやS/N比が大幅に改善されているのだろう、オーケストラのピアニシモはより繊細に、フォルテシモはより壮大に聴かせてくれた

搭載される液晶ディスプレイはフルHDで、精細感や発色のよさは、一般的なカーナビのディスプレイとは、ひと味違う

まとめ

ここ数年、スマートフォンとの連携機能は、車載端末のトレンドとなっていたが、Apple CarPlayとAndroid Autoに対応した「FH-9300DVS」は、連携というよりも、スマートフォンをそのまま車載端末のディスプレイ上で使うというものだ。本機はカーナビではないが、スマートフォン側のアプリを使うことで常に最新の地図データが利用できるうえ、定期的な地図データのアップデートが不要という点はむしろ今の時代にマッチしていると感じたし、あらゆる機能が音声操作で行えるため、運転に集中したまま操作を完結できるのも使い勝手がいい。そして、ディスプレイオーディオの基本となる、カーオーディオとしての実力も十分に満足できるものだった。それでいて実勢売価48,000円前後という手ごろな価格を実現しているのも大きな魅力だ。さまざまな新提案を盛り込んだ「FH-9300DVS」は、車載端末の新しいカタチとして、今後、大きな話題を集めていくだろう。