パナソニック「エオリア」なら実現できる“失敗のないエアコン選び”

PR企画

エアコンの疑問をQ&Aで解決冷暖房性能&機能

エアコンの役割は部屋の空気を「冷やす」「暖める」ことであり、製品選びにおいてまずチェックすべき点は冷暖房性能や快適空間を作り出すための機能となる。パワーが足りず冷えない、暖まらないでは話にならないが、かといって必要以上のパワーがあると電気代が高くなってしまうかもしれない。そこでまずは、価格.comのクチコミ掲示板などに寄せられている疑問について、パナソニックのエアコン担当者に回答してもらうとともに、同社の「エオリア」を例に、その冷暖房性能や機能を探っていこう。

冷暖房性能&機能についての疑問

量販店で部屋の畳数よりも少し大きめのモデルをすすめられましたが、大きめのサイズだと電気代が高くなりそうで心配です。

望ましいのは、部屋の畳数を正しく把握して、それに適した冷暖房能力を持つモデルを選ぶことです。なお、リビングルームの空間がキッチンまでつながっている場合は、その空間の畳数も含めて検討してください。また、吹き抜けなど、天井の作りが高い部屋の場合は大きめのサイズが適します。

エアコン選びで失敗しないためには、まず設置する部屋の大きさを知り、それに合った冷暖房能力を備えた製品を選ぶことが大切。また、この機会に「適用畳数」表記の見方も覚えておくといいだろう。たとえば、冷房の適用畳数の目安が「8〜12畳」と記されていた場合、「8〜12畳の部屋が適用サイズ」と理解するのは間違いで、正しくは「木造の場合は8畳まで、鉄筋の場合は12畳まで」という意味。こうした知識があるだけでも、“失敗のないエアコン選び”の実現に大きく近づくはずだ。

なお、パナソニックの高性能エアコン「エオリア Xシリーズ」には、寝室や子ども部屋などの小さな部屋からリビングルームなどの広い部屋までカバーできる計11モデルがずらりと用意されており、多くの人がちょうどいい製品を選べるようになっている。

エオリア Xシリーズのラインアップ
単相100V
型名 冷房
適用畳数の目安
暖房
適用畳数の目安
通年エネルギー
消費効率(APF)
期間消費電力
CS-X229C 6〜9畳 6〜7畳 7.2 586kWh
CS-X259C 7〜10畳 6〜8畳 7.1 676kWh
CS-X289C 8〜12畳 8〜10畳 7.2 746kWh
CS-X369C 10〜15畳 9〜12畳 6.6 1,032kWh
CS-X409C 11〜17畳 11〜14畳 6.3 1,182kWh
単相200V
型名 冷房
適用畳数の目安
暖房
適用畳数の目安
通年エネルギー
消費効率(APF)
期間消費電力
CS-X409C2 11〜17畳 11〜14畳 7.2 1,036kWh
CS-X569C2 15〜23畳 15〜18畳 6.5 1,605kWh
CS-X639C2 17〜26畳 16〜20畳 6.2 1,891kWh
CS-X719C2 20〜30畳 19〜23畳 6.0 2,202kWh
CS-X809C2 22〜33畳 21〜26畳 5.6 2,655kWh
CS-X909C2 25〜38畳 23〜29畳 5.0 3,338kWh

「適用畳数の目安」は、お住まいの地域やお部屋の構造によって異なります。機種の選定にあたっては、これらの条件を考慮する必要があります。 適用畳数の目安が大きくなるほどエアコンの消費電力は増えるので、設置する部屋の大きさを正確に把握して適切なモデルを選びたい。特にパワーが必要となるのは、冷房ではなく暖房であることも知っておこう。なお、APFとは、JISの定めに基づいて一定の条件で運転した場合の1kWあたりの冷暖房能力を表したもの。この数値が高いほど「省エネ」ということになる

パナソニック「エオリア」 パナソニック「エオリア」

「適用畳数の目安」は、お住まいの地域やお部屋の構造によって異なります。機種の選定にあたっては、これらの条件を考慮する必要があります。 適用畳数の目安が大きくなるほどエアコンの消費電力は増えるので、設置する部屋の大きさを正確に把握して適切なモデルを選びたい。特にパワーが必要となるのは、冷房ではなく暖房であることも知っておこう。なお、APFとは、JISの定めに基づいて一定の条件で運転した場合の1kWあたりの冷暖房能力を表したもの。この数値が高いほど「省エネ」ということになる

1歳と2歳の子どもがおり、床面の冷えが気になります。床面を冷やさずに部屋全体を冷やす方法はあるのでしょうか?

心配はいりません。パナソニック「エオリア」には、「天井シャワー気流」など、身体や床に直接風を当てない機能が搭載されています。設置環境に合わせ、快適な冷房が行えます。

部屋の大きさに合った冷暖房能力を持つモデルを選ぶことで、部屋がよく冷える、よく暖まるのはありがたい。しかし、エアコンからの風が直接、身体に当たるのは不快、冷気が床面に溜まり足元が寒いなど、エアコン冷房に苦手意識を持っている人も少なくない。

その点、「エオリア」は冷風を天井方向に送ることで、風を直接、身体に当てることなく、やさしく冷気を降り注ぐ「天井シャワー気流」や、信州・蓼科高原に吹く自然の風を再現した「1/f自然ゆらぎ気流」などのモードを搭載。エアコンの風が苦手な人はもちろん、小さな子どもがいる家庭でも安心して使うことができる。

「エオリア」では、冷風を身体に当てず、上から降り注ぐように冷気を届けてくれる「天井シャワー気流」や、あえて不規則に吹く自然の風を再現した「1/f自然ゆらぎ気流」など、人それぞれが快適に感じられるモードが選択可能。これまでエアコンの風が苦手に感じてきた人も、買ってよかったと思えるモデルになるだろう

快適除湿モード
パナソニック「エオリア」

湿度が高まるこれからの季節は「快適除湿モード」が重宝する。これは、室温と湿度の両方をチェックしながら除湿を行なうことで、温度をあまり下げずに空気中の湿気を取り除く機能。一般に除湿運転は部屋の温度も下げてしまうため、肌寒く感じやすいが、このモードならその心配はない。また、「再熱除湿」機能のように除湿のために冷やした空気を再び暖める必要もないので、電気代が気になりにくいのもメリットだ

エアコンの疑問をQ&Aで解決省エネ&節電

エアコンを使用する際、どうしても気になる電気代。だからこそ、冷暖房性能だけでなく、省エネ性能も高いモデルを選びたいが、その際にチェックしておきたい点はAPF値以外にもある。その代表と言えるのが、フィルター自動掃除機能の搭載の有無だ。ここでは、価格.comのクチコミ掲示板などに寄せられた疑問に答えながら、省エネ性能を左右する機能について解説していこう。

省エネ&節電についての疑問

最近のエアコンには、フィルター自動掃除機能が搭載されたモデルが多いようです。その効果はどのようなものですか?

フィルターをキレイに保つことで運転効率を維持でき、
本来の省エネ性能が発揮されます。

部屋の空気を吸い込み、快適な温度に変えて吐き出すエアコン。そのため、室内機のエアフィルターには部屋の空気中に舞うホコリが少しずつ溜まっていく。そして、このエアフィルターに溜まったホコリがエアコンの空気の流れをさまたげるようになると、冷暖房のために通常以上のパワーが必要となり、電気代がかさむ原因となるである。

これを防ぐには定期的なフィルター掃除が必要だが、その目安は一般に2週間に1回。仕事や家事、子育てなどに忙しいと、これほどのひんどで掃除を行うのは難しい。そこで出番となるのが、エアコン運転後にフィルターに付着したホコリを自動で取り除いてくれるフィルター自動掃除機能である。

パナソニック「エオリア」

ひんぱんに行うのが難しいエアコンのフィルター掃除。1年間掃除を怠ると、左のようにホコリがビッシリと溜まり、冷暖房効率を落としてしまう。いっぽう、フィルター自動掃除機能が備わっていると、右のように1年経っても目詰まりのない状態をキープできる

なかでも、パナソニック「エオリア」が備えるフィルターお掃除ロボット「Auto」は、一般的なフィルター自動掃除機能に比べて高機能なのが特徴。ブラシでフィルターを掃除してダストボックスにホコリを集めるだけでなく、ダストボックスに集めたホコリを屋外に自動※1排出する機能も備えるので、ゴミ捨ての手間すら不要だ。ちなみに、このフィルターお掃除ロボットの省エネ効果は高く、非搭載モデルと比べて、むだな消費電力量を約25%※2抑制してくれるという。フィルター自動掃除機能がもたらす省エネ効果は思いのほか大きいのだ。

フィルターお掃除ロボット「Auto」 パナソニック「エオリア」

フィルターに付着したホコリをブラシでかき取り、ダストボックスに集じん。集めたホコリを屋外に自動※1排出する機能を持つパナソニックのフィルターお掃除ロボット「Auto」。メンテナンスの手間を削減するとともに、省エネにも貢献する一挙両得の機能だ

エアコンの疑問をQ&Aで解決清潔機能

最新のエアコンは、温度・湿度のコントロールに加え、空気の質、いわば空気の清潔さを向上させる家電として新しい価値を打ち出す製品が増えてきた。エアコンには従来、久しぶりに電源を入れるとカビくさい風が吹き出されるというイメージがあったため、エアコンが空気を清潔にすると聞いてピンとこない人もいるかもしれないが、現在ではさまざまな取り組みによって、空気に清潔さをもたらすことのできる製品へと進化してきた。最後は、価格.comのクチコミ掲示板などに寄せられた疑問に答えながら、清潔機能にフォーカスを当てていこう。

清潔機能についての疑問

自宅のエアコンがすぐにカビだらけになるため、
カビにくい製品を選びたいです。

ホコリや水分がたまりやすいエアコン内部は、どうしてもカビが生えやすい環境となります。パナソニック「エオリア」には、内部の清潔性を保つさまざまな機能が搭載されています。

エアコンを使ううえで、避けたくても避けられないカビ。できるだけ繁殖させないように使用したいものだが、ホコリや水分が溜まりやすいエアコン内部は格好のカビのすみかとなってしまう。これに対し、「エオリア」は独自の「オートクリーンシステム」を備えることで、内部の清潔性をキープすることを可能にしている。

特に、カビのすみかとなりやすい熱交換器。ここは、エアフィルターをすり抜けたホコリがひっかかり付着しやすいポイントとなるが、親水はつ油性のコーティング剤を、熱交換器の表面にナノレベルの平滑処理を施す独自の「ホコリレスコーティング」でホコリの付着を防止。さらに、冷房・除湿運転終了のたびに、カビ菌などにも効果を発揮※3※4する「ナノイーX」をエアコン内部に充満させ、加熱して乾燥させる「内部クリーン」※8を実施して、カビの成長を抑制※6する。このほか、フィルターお掃除ロボットに対応したエアフィルターや、送風ファンにも清潔性を保つコーティングを施し、内部の清潔性を高いレベルで維持するようになっているのだ。

熱交換器に施されたホコリレスコーティング パナソニック「エオリア」

熱交換器へのホコリの付着を防止する「ホコリレスコーティング」。フィンの切断面に至るまで、このコーティングを施すことで、ホコリの付着を防止するとともに、たとえ付着したとしても、運転中に発生する結露水によって洗い流されるようになっている

ホコリレスコーティングの効果をチェック

※使用環境や頻度によりホコリ等のつき方や量は異なります。 「ホコリレスコーティング」なし/ありの熱交換器に油と擬似ホコリを付け、コーティング効果を確かめてみた。「ホコリレスコーティング」が施された熱交換器は結露水で付着したホコリを洗い流せるとのことだが、そのとおり。水に浸した瞬間、コーティングありの熱交換器に付着した擬似ホコリだけがスルスルとはがれ落ちた

内部クリーン パナソニック「エオリア」

内部パーツのコーティングによって清潔性を保つだけでなく、運転後のエアコン内部に「ナノイーX」を充満させ、加熱して乾燥させることで、カビの成長を抑制※6する「エオリア」。この「内部クリーン」の動作は、カビが成長しやすい条件が12時間以上続いたときも自動でスタート。だから、エアコンを使わないオフシーズンも内部でカビが繁殖するのを抑えてくれるのだ

最近のエアコンには空気清浄機能が搭載されているものもありますが、十分な清浄効果は得られるでしょうか?

パナソニック「エオリア」の場合、エアコンの空気清浄機能で十分に空気の汚れをキレイにできます。空気清浄機と併用することで、さらに高い効果が得られます。

頼もしい回答だが、実はこれ、「エオリア」だからこそできること。本機はエアコンでありながら、目の細かなフィルターをプリーツ状に折りたたんで表面積を最大化させた空気清浄専用の「アクティブクリーンフィルター」を搭載しており、このフィルターで空気の汚れを何度もこし取ることで、0.1〜2.5㎛までの微粒子を99%除去※7してくれる。

さらに感心させられるのは、空気の汚れを検知したとき以外はフィルターを使わず収納しておき、冷暖房性能に与える影響を最小限にとどめること。この仕組みにより、冷暖房性能と空気清浄性能をバランスさせることに成功しているのである。

アクティブクリーンフィルター
パナソニック「エオリア」

室内機の吸気口にプリーツ状に折りたたんだ「アクティブクリーンフィルター」を搭載する「エオリア」。このフィルターを活用することで、花粉※11はもちろん、PM2.5※9よりもさらに小さいPM0.1(0.1㎛)まで99%除去※7できる。なお、空気清浄機能のみを動作させることも可能なので、春や秋など、冷暖房を必要としない時期もエアコンを活躍させられる

アクティブクリーンフィルターの動作をチェック

「アクティブクリーンフィルター」の動作を確認してみた。室内機左端の「ホコリセンサー」に擬似ホコリを吹きかけると、「クリーンサイン」が緑から赤に変化。「アクティブクリーンフィルター」がエアコン上部の吸気口へと移動し、空気清浄を開始した。清浄が完了すると「クリーンサイン」が緑に戻り、「アクティブクリーンフィルター」は再び前面に収納された。なるほど、賢い空気清浄機能である
*動画内のモデルは「エオリア WXシリーズ」

小さな子どもがいるのに加え、ペットを飼っています。エアコンのイオン機能でアレル物質を除去したり、ペットのニオイを消したりすることができるのでしょうか?

次世代健康イオン「ナノイーX」技術を搭載したパナソニック「エオリア」なら、空気中のアレル物質を無力化したり、嫌なニオイを脱臭したりすることができます。

健康意識が高まっている昨今。PM2.5や花粉などのアレル物質に敏感になっている人は多いはずだ。また、部屋干しした洗濯物から漂う生乾きのニオイや、タバコのニオイ、調理中のニオイなどが気になる人も少なくないだろう。その点、パナソニック「エオリア」は先に説明した「アクティブクリーンフィルター」による空気清浄機能に加え、次世代健康イオン「ナノイーX」技術を搭載。空気の汚れをフィルターでこし取るだけでなく、空気中のアレル物質を無力化※10※11したり、気になるニオイを軽減※15※16したりすることもできる。

さまざまモノとたたかう「ナノイーX」って?

そもそも「ナノイー」とは、水に包まれたOHラジカルを含むパナソニック独自の微粒子イオンのことで、ウイルス※14※15やアレル物質※10※11、花粉※16などに作用し、その活動を抑制したり、無力化したりする効果を持っている。このほか、ニオイ成分を分解※15したり、肌や髪に潤いを与えたりする効果もあるので、エアコンだけでなく、空気清浄機や冷蔵庫、ドライヤーなど、幅広いパナソニック製品に搭載されているのをご存じの人も多いだろう。

なかでも「エオリア」が搭載している「ナノイーX」は、OHラジカル発生量を「ナノイー」の10倍※18となる毎秒4兆8000億個まで増加させた、いわば強化版。OHラジカルの濃度が高まったことで、シーズンや地域によって飛散種類が異なる日本全国の花粉を、1年を通じて無力化※20できるほか、タバコ臭・衣類の生乾き臭・汗臭・ペット臭・料理臭といった生活5大臭に対して脱臭効果※13を発揮する。「エオリア」は空気清浄機能に加え、イオン放出機能においても高い効果が期待できるのだ。

ナノイーXとは?

「ナノイー」に含まれるOHラジカルは、空気中の菌などから水素を抜き取る性質※19※20がある。この性質を利用して、空気中の菌※24を抑制、または無力化するというのが「ナノイー」の基本的なメカニズムだ。そして、「エオリア」に搭載されている「ナノイーX」は、OHラジカル発生量を「ナノイー」の10倍※18に増やし、より効果を高めたものとなる

ナノイーXの効果をチェック

※実使用空間での実証結果ではありません。設置環境、使用状況により効果は異なります。 「ナノイーX」の効果を確かめるため、菌にイメージした蛍光剤の指紋を付着させたガラス板を「ナノイーX」が充満するボックス内に設置してみた。すると「ナノイーX」のボックスに入れた蛍光剤は時間が経つにつれ、みるみる薄くなり、約3分半後には見えなくなった。いっぽう、自然放置の指紋の蛍光剤に変化は見られない。目には見えない「ナノイーX」だが、実際に作用している様子が見て取れた

まとめ【まとめ】疑問を解決して失敗のないエアコン選びを!

パナソニックのエアコン「エオリア」を例に、エアコンに関する疑問に答えてきた本企画。冷暖房機能や、省エネ機能、清潔機能に関する疑問に答えてきたが、エアコン選びに悩む価格.comユーザーのリアルな疑問だからこそ、多くの人が“失敗のないエアコン”を選ぶためのヒントになったのではないだろうか。

暑い夏を目前に控えた今、量販店のエアコン売り場にはエアコンメーカー各社のさまざまなモデルが並んでいる。その中でも、冷暖房機能や省エネ機能、清潔機能において高い満足度が得られるパナソニックの「エオリア」は有力な選択肢となるに違いない。この夏は、本記事を参考に“失敗のないエアコン選び”を行ってほしいと思う。

製品紹介
プレミアムモデルエオリア WXシリーズ
プレミアムモデル エオリア WXシリーズ
「適用畳数の目安」は、お住まいの地域やお部屋の構造によって異なります。
機種の選定にあたっては、これらの条件を考慮する必要があります。

注釈

  • ※1 累積24時間以上運転後に自動で掃除します。フィルターの掃除は自動で行いますが、ホコリや油汚れが多い環境等でご使用になる時は、取り外して水洗いをする等をおすすめします。
  • ※2 平均室温一定で運転した場合の購入時に対する消費電力量の割合を、フィルターお掃除ロボットありと、フィルターお掃除ロボットなし(フィルターにホコリ約2gが付着した状態)の約1年後で比較。(パナソニック調べ)【試験条件】CS-X409C2の場合。パナソニック環境試験室(14畳)、外気温2℃、設定温度23℃、風量・風向自動、暖房運転安定時。消費電力量の、フィルターお掃除あり(455Wh)と、フィルターお掃除なし(606Wh)との比較。使用頻度や使用環境により効果は異なります。
  • ※3 約6畳空間での、約8時間後の効果です。
  • ※4 【試験機関】(一財)日本食品分析センター【試験方法】試験室(約6畳)において布に付着させたカビ菌の発育を確認【抑制の方法】「ナノイー」を放出【対象】付着したカビ菌【試験結果】約8時間で抑制効果を確認(2013年6月14日、第13044083002-01号)。
  • ※5 【運転条件】「ナノイー」を併用して冷房または除湿の各モード運転を30分以上行い、停止した時。約40分〜85分間運転。
  • ※6 【試験機関】環境生物学研究所【試験方法】25m² (約6畳)、室温25℃、湿度70%の試験室にて、エアコン内部にカビセンサーを設置、1日2時間の冷房運転後に「内部クリーン」運転ありとなしの条件において、4日後のカビの菌糸長を比較【抑制の方法】エアコン内部の熱と乾燥【対象】エアコン 内部に付着したカビ【試験結果】カビセンサー内のすべてのカビ(2種類)で、成長が抑制されることを確認 (No.141104)。
  • ※7 【試験方法】日本電機工業会規格「JEM1467:微小粒子状物質(PM2.5)に関する除去性能」に準拠し確認。(パナソニック調べ) 【判定基準】0.1㎛〜2.5㎛の微小粒子状物質を32㎥(約8畳)の密閉空間で99%除去できる時間が90分以内であること。20㎥(約5.1畳)にて試験。(32㎥(約8畳)の試験空間に換算した値です。)
  • ※8 【試験機関】新日本空調(株)【試験方法】CS-X409C2において、60㎥試験室にて、30㎛のAPPIE標準粉体を浮遊させ、エアコンを空気清浄運転。継時的に試験室内(室内中央・床上120cm)の粉体数を計測。【試験結果】空気清浄運転前に比べ、約5分で99%減少。
  • ※9 PM2.5とは2.5㎛以下の微小粒子状物質の総称です。このエアコンでは0.1㎛未満の微粒子状物質については、除去の確認ができていません。また空気中の有害物質のすべてを除去できるものではありません。32㎥(約8畳)の密閉空間での効果であり、実使用空間での結果ではありません。
  • ※10 <イヌ由来アレル物質・ネコ由来アレル物質> 【試験機関】ITEA株式会社東京環境アレルギー研究所 【試験方法】45Lの密閉容器内で直接曝露しELISA法で測定 【抑制の方法】「ナノイー」を放出 【対象】イヌ由来アレル物質、ネコ由来アレル物質 【試験結果】〈イヌ(フケ)〉1時間で99%以上抑制(11M-RPTAPR047_1)〈ネコ(フケ)〉2時間で98%以上抑制(11M-RPTAPR051_1) <ダニのフン・死がい> 【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター 【試験方法】約6畳の試験室内で布に付着させたアレル物質をELISA法で測定 【抑制の方法】「ナノイー」を放出 【対象】付着したダニのアレル物質 【試験結果】24時間で60%以上抑制(BAA33-130304-F04) <カビ由来アレル物質> 【試験機関】ITEA株式会社東京環境アレルギー研究所 【試験方法】45Lの密閉容器内で直接曝露しELISA法で測定 【抑制の方法】「ナノイー」を放出 【対象】カビ由来アレル物質 【試験結果】2時間で93%以上抑制。
  • ※11 【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター 【試験方法】約6畳の試験室内で電気泳動法による検証 【抑制の方法】「ナノイー」を放出 【対象】アレル物質(ヤケヒョウヒダニ・スギ・ヒノキ・ハンノキ・シラカンバ・カモガヤ・オオアワガエリ・ブタクサ・ヨモギ・アルテルナリア・アスペルギルス・カンジダ・マラセチア・イヌ・ネコ・ゴキブリ・ガ) 【試験結果】24時間で低減効果を確認。
  • ※12 【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター 【試験方法】試験室(約6畳)において6段階臭気強度表示法により検証 【脱臭の方法】「ナノイー」を放出 【対象】付着したタバコ臭 【試験結果】2時間で臭気強度1.2低減(BAA33-130125-D01)。【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター【試験方法】250 Lボックス内にて帯電微粒子水を15分間曝露 【対象】付着した生ゴミ臭【試験結果】15分で消臭性能あり。【試験協力先】大同大学情報学部総合情報学科かおりデザイン専攻【試験方法】約7畳のペットショップゲージ室(ペット平均13頭在室)にて約1週間装置で運転し、臭気濃度による検証【脱臭・抑制の方法】「ナノイー」放出(2台)【対象】付着したペット臭【試験結果】約33.9%抑制。【試験依頼先】大同大学情報学部総合情報学科かおりデザイン専攻 【試験方法】6畳の試験室内。6段階臭気強度表示法による検証【脱臭の方法】ナノイー発生装置を運転【対象】枕カバーに付着した中高年模擬体臭(頭皮臭)【試験結果】6時間で臭気強度0.65低減。
  • ※13 【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター  【試験方法】試験室(約6畳)において6段階臭気強度表示法により検証【脱臭の方法】「ナノイー」を放出  【対象】付着したタバコ臭  【試験結果】12分で臭気強度2.4低減(4AA33-160615-N04)。
  • ※14 1立方メートルの密閉容器の試験による120分後の効果であり、実使用空間での効果ではありません。
  • ※15 安息香酸)約4時間で99%以上分解(アルカン・ヘキサデカン)24時間で99%以上分解(Y15MK125, Y15MK134)。 ※9:(浮遊ウイルス)【試験期間】(一財)北里環境科学センター【試験方法】試験室(約6畳)においてウイルスを浮遊させ空気中のウイルス感染価を測定【抑制の方法】「ナノイー」を放出【対象】浮遊したウイルス【試験結果】約6時間で99%以上 抑制(北生発24_0300_1号)。<付着ウイルス>【試験期間】ホーチミンパスツール研究所【試験方法】試験室(約6時間密閉空間)においてウイルスを布に付着させウイルス感染価を測定【抑制の方法】「ナノイー」を放出【対象】浮遊したウイルス【試験結果】約2時間で99%以上 抑制(2017年7月24日、Accreditation No. VILAS Med 014)。 (試験は1種類のみのウイルスで実施)
  • ※16 花粉の代表格であるスギ花粉において、花粉に含まれるアレルを無害な物へ99%以上変性。【試験機関】パナソニック(株)プロダクトセンター【試験方法】試験室(約6畳)内で、布に付着させたアレル物質をELISA法で測定【抑制の方法】「ナノイー」を放出【対象】花粉(スギ)【試験結果】約8時間で97%以上抑制、24時間で99%以上抑制(4AA33-151001-F01)。【試験機関】パナソニック(株)プロダクトセンター【試験方法】試験室(約6畳)内で、電気泳動法による検証【抑制の方法】「ナノイー」を放出【対象】花粉(スギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサ・ススキ・シラカンバ・ヨモギ・オリーブ・ビャクシン・モクマオウ・ハンノキ・オオアワガエリ) 【試験結果】約24時間低減効果を確認(No.4AA33-151015-F01,4AA33-151028-F01、No.4AA33-160601-F01,4AA33-160601-F02,4AA33-160701-F01)
  • ※17 <スギ花粉>【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター 【試験方法】約6畳の試験室内で、布に付着させたアレル物質をELISA法で測定 【抑制の方法】「ナノイー」を放出 【対象】花粉(スギ) 【試験結果】8時間で97%以上抑制、24時間で99%以上抑制(4AA33-151001-F01)。<スギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサ・ススキ・シラカンバ・ヨモギ・オリーブ・ビャクシン・モクマオウ・ハンノキ・オオアワガエリ花粉> 【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター【試験方法】約6畳の試験室内で電気泳動法による検証 【抑制の方法】「ナノイー」を放出 【対象】花粉(スギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサ・ススキ・シラカンバ・ヨモギ・オリーブ・ビャクシン・モクマオウ・ハンノキ・オオアワガエリ) 【試験結果】24時間で低減効果を確認(No. 4AA33-151015-F01、 4AA33-151028-F01、No. 4AA33-160601-F01、4AA33-160601-F02)。
  • ※18 「ナノイー」:毎秒4,800億個と、「ナノイーX」:毎秒4兆8,000億個との比較。ESR法による測定。(パナソニック調べ)
  • ※19 約6畳空間での〈浮遊菌〉約4時間後〈付着菌〉約8時間後の効果です。
  • ※20 〈浮遊菌〉【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】試験室(約6畳)において菌を浮遊させ空気中の菌数を測定【除菌の方法】「ナノイー」を放出【対象】浮遊した菌【試験結果】4時間で99%以上抑制(北生発24_0301_1号)。〈付着菌〉【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター【試験方法】試験室(約6畳)において布に付着させた菌数を測定【除菌の方法】「ナノイー」を放出【対象】付着した菌【試験結果】8時間で99%以上抑制(2013年6月14日、第13044083003-01号)。(試験はそれぞれ1種類のみの菌で実施)
  • ※21 【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター 【試験方法】約6畳の実験室においてカビ菌数の変化を測定 【除菌の方法】「ナノイー」を放出 【対象】浮遊したカビ菌 【試験結果】60分で99%以上抑制(第205061541-001号)。
  • ※22:【試験機関】環境生物学研究所 【試験方法】39m³、室温25℃、湿度70%の試験室にて、エアコン内部にカビセンサーを設置、3時間の冷房運転後に「内部クリーン」運転を12時間ごとに動作(カビみはり運転)させ、7日後のカビの菌糸長を比較【抑制の方法】「内部クリーン」運転を12時間ごとに作動【対象】エアコン内部に付着したカビ【試験結果】カビセンサー内のすべてのカビ(2種類)で発芽はなく、カビの成長が抑制されることを確認(No.140703)。
この記事は2018年6月11日の情報を基にしております。

© Kakaku.com, Inc.