17型ノートPCを持ち歩く!? LGエレクトロニクス「LG gram」が提案する“モバイルデスクトップ”という新基軸

デスクトップPCや大画面ノートPCは自宅用、機動力にすぐれたモバイルノートは仕事用や外出用、といった具合に複数のパソコンを使い分けている人は多いはず。とはいえ自宅でも、外出先でも同じ1台のパソコンで作業できたらそれに越したことはないだろう。そこで注目したいのが、2019年2月に発売されたLGエレクトロニクスの最新ノートPC「LG gram」シリーズの17型液晶モデル「17Z990-VA76J」だ。持ち歩ける17型ノートPC、“モバイルデスクトップ”をキャッチコピーに掲げる本機だが、自宅でも外出先でも、これ1台で本当に満足できるのか? じっくり検証していこう。

ボディデザインコンパクトでスタミナも抜群! だから17型でも持ち運べる

LGエレクトロニクスの最新ノートPC「LG gram」シリーズの17型液晶モデル「17Z990-VA76J」のキャッチコピーは“モバイルデスクトップ”。おいおい、ちょっと待ってくれ。モバイルなのにデスクトップ? このふたつは本来、両立しないはずなのだが……。

でも確かに、“モバイルデスクトップ”なるものが存在するのなら、それは魅力的かもしれない。デスクトップPCや大画面ノートPCは作業しやすく、生産性が高い半面、持ち運びには向いてない。だからこそ仕事用や外出用にはモバイルノートを持ち歩く人が多いわけで、結局のところ適材適所、面倒であろうとも複数のパソコンをシーンに合わせて使い分けざるを得なかったのだ。

LGエレクトロニクス「LG gram」

「LG gram」シリーズの先代モデルには13.3型、14型、15.6型という3つの画面サイズがラインアップされていたが、最新の4代目ではこれに17型を追加。今回は、“モバイルデスクトップ”をキャッチコピーに掲げるこの17型液晶モデルをじっくりとレビューしていこう

LGエレクトロニクス「LG gram」 LGエレクトロニクス「LG gram」 LGエレクトロニクス「LG gram」

天板や、パームレスト、底面など、ボディ各所に軽量かつ高剛性のマグネシウム合金を採用したボディからは、洗練された雰囲気が漂う。メタル素材ならではのサラサラとした手触りも好印象だ

「17Z990-VA76J」の画面サイズは17型で、解像度はWQXGA(2560×1600)。大画面に写真や動画を高精細に表示できるのはもちろん、解像度が高く広々とした表示領域を確保できるため、デスクトップPCや、大画面ノートPCの大きなアドバンテージである作業効率の高さについても申し分ない印象だ。だが問題は、17型の大画面を軽快に持ち運べるのかどうか。“モバイル”と言うからには、「持ち運ぼうと思えば持ち運べる」のではなく、携帯するのが苦にならないサイズや軽さが求められる。

そんな視点で「17Z990-VA76J」のボディをチェックしてみたが、なるほど、確かにこれならラクに持ち運べそうだ。ボディサイズは、約380.6(幅)×265.7(奥行)×17.4(厚さ)mm。狭額縁デザインによって、17型液晶モデルとしてはコンパクトなボディを実現しており、一般的なビジネスバッグにもすっぽりと収まった。さらに驚いたのが、約1340gという軽さ。13.3型液晶モデルや14型液晶モデルのモバイルノートでも、この程度の重量はよくあることを考えると、17型液晶モデルの本機は本当に驚異的な軽さなのだ。ひと目見たときには17型の大画面とメタル素材のボディから「ズッシリ」とした重量感を想像していたのだが、実際は片手で「ヒョイッ」。カバンに入れて外出先に持ち運ぶのも、小脇に抱えて社内を移動するのもまったく苦にならない。これがLGエレクトロニクスの提案する新機軸、“モバイルデスクトップ”というわけだ。

LGエレクトロニクス「LG gram」 LGエレクトロニクス「LG gram」

液晶画面を取り囲むベゼルをできる限り細くすることで、一般的な15.6型液晶モデルに迫るボディサイズを実現している。そのため、大きなカバンに入れて持ち歩く必要はなく、一般的なビジネスバッグにもすっぽりと収まった

LGエレクトロニクス「LG gram」

重量を計測したところ、カタログスペックよりも約63g軽い1277gだった。2019年1月時点で、「世界一軽い17型ノートパソコン」として、ギネスにも認定されているという

ただし、これだけボディが軽いと堅牢性に一抹の不安を覚えてしまうものである。軽さを追求するあまり、ボディの強度が二の次、三の次、となってしまっては困りもの。さまざまな場所に持ち出してアクティブに使うモバイルノートだけに、「軽いのだから堅牢性が低いのは仕方ない」では済まされないのだ。

その点「17Z990-VA76J」は、軽量ボディながら、堅牢性も十分。米国国防総省の調達基準(MIL-STD-810G)に準拠した7項目のテストをクリアしており、ラッシュ時の通勤電車など、カバンの中に入れたパソコンに強い圧力がかかる環境下でも、安心して持ち運ぶことができる。また、この軽量ボディに72Whの大容量バッテリーを搭載し、最長22時間の長時間駆動を実現している点も見逃せない。外出先でも1日中安心して使用できる、“モバイル”の名に恥じない納得のスタミナだ。

LGエレクトロニクス「LG gram」

軽いのに頑丈なのが「17Z990-VA76J」のいいところ。米国国防総省の調達基準(MIL-STD-810G)に準拠したテストでは、衝撃・運送時落下(*梱包時の落下テスト結果)/低圧(高度)/高温/低温/砂塵/振動/塩水噴霧の7項目をクリア。無造作にバックに入れて持ち運んでも簡単には故障しない、タフな設計だ

LGエレクトロニクス「LG gram」

メールの送受信や、Webブラウジング、写真・動画のチェック、原稿作成など、午前10時から午後7時までの約9時間、「17Z990-VA76J」を使って普段通りに仕事をこなしてみたが、午後7時の時点でバッテリー残量は58%とまだまだ余裕があった。1泊2日程度の出張なら、ACアダプターを持ち歩く必要もなさそうだ

パフォーマンスクリエイティブ用途にも使えるハイスペックを搭載

大画面をラクに持ち運べるのはよくわかったが、デスクトップPCにせよ、モバイルノートにせよ、処理性能が低くては用途が限られてしまう。これまで使い分けていたデスクトップPCとモバイルノートを1台に集約するのなら、高い機動力に加え、あらゆる用途で快適に使えるだけのスペックも必須要件となるだろう。

というわけで、ここでは「17Z990-VA76J」の処理性能をチェックしていく。まずはCPUだが、「17Z990-VA76J」は、最新の高性能CPU「第8世代インテル Core i7-8565U プロセッサー」を搭載。4コア/8スレッドの並列処理に対応し、定格クロックは1.80GHz、処理負荷に応じて動作クロックを自動的に上昇させる「インテル ターボ・ブースト」時には最大4.60GHzまでオーバークロック可能な現時点では最高レベルのモバイルCPUだ。また、メモリーは高速なDDR4の8GBで、ストレージはSATA接続の512GB SSD。メールの送受信やWebサイトの閲覧、ビジネス文書の作成などといった一般的なデスクトップ作業はもちろん、写真・動画の編集やカジュアルな3Dゲームもストレスなく行えるハイスペックな構成であり、パソコンの総合的な性能を測るベンチマークテストプログラム「PCMark 8」でも、「快適」の目安となるトータルスコア「3000」をしっかりと上回ってみせた。

LGエレクトロニクス「LG gram」

ベンチマークテストプログラム「PCMark 8」では、トータルスコアで「3530」をマーク。一般的な用途で快適なパフォーマンスが得られる目安が「3000」と言われるので、普段使いでストレスを感じる場面はまずないだろう

LGエレクトロニクス「LG gram」

ストレージの転送速度を測るベンチマークプログラム「CrystalDiskMark 6.0.2」では、シーケンシャル(Q32T1)リードが550.6MB/s、ライトが513.0MB/sと、SATAインターフェイスの上限(約600MB/s)に近い転送速度を記録した。シーケンシャル(Q32T1)リードのみならず、ライトでも良好なスコアを記録したことから、大量のデータの読み込み、書き込みともにスピーディーな動作が期待できる

LGエレクトロニクス「LG gram」

高性能CPUや8GBメモリーの恩恵は、複数のアプリケーションを立ち上げて行うマルチタスク作業において実感できる。Webブラウザーで調べ物をしながら原稿を作成しても、メーラーを開きながら写真をチェックしても、動作がモタつく場面はほとんどない。アプリケーションの切り替えや、容量の大きな画像データをクリップボードにコピーするシーンでもサクサクと軽快に動作した

LGエレクトロニクス「LG gram」

「Photoshop CC」を使った写真編集もサクサクとこなしてくれる。高解像度の画像データに負荷の高いエフェクトをかけてもプレビューが瞬時に表示されるなど、待ち時間がほとんどなく、終始快適に作業できた

LGエレクトロニクス「LG gram」 LGエレクトロニクス「LG gram」

解像度がWQXGA(2560×1600)、sRGBカバー率が96%を誇る17型液晶ディスプレイを搭載。写真や動画を高精細かつ色鮮やかに表示できるのはもちろん、IPSパネルを採用するため、視野角も広い

LGエレクトロニクス「LG gram」 LGエレクトロニクス「LG gram」

キーボードは余裕のあるレイアウトで、表計算ソフト「Excel」などでスムーズに数字を入力できるテンキーも備える。また、明るさを2段階で切り替えられるバックライトを搭載。強めに入力してもたわみが少なく、心地よい打鍵感が得られた

また、最近のノートPCとしては比較的珍しく、メモリーとストレージの増設・交換が行えるのもポイントだ。もちろん、上述した購入時のスペックでもなんら不足はないが、購入後に、よりハイスペックなマシンに仕立てたい場合は、LGカスタマーセンターでのアップグレードが可能となっている。パソコンをよりパワフルに、より長く使用したいというユーザーにとっては想像以上にメリットが大きいはずだ。

LGエレクトロニクス「LG gram」

外部インターフェイスには、USB 3.0ポート×3、HDMI出力ポート、microSDメモリーカードスロット、ヘッドホン出力端子に加え、Thunderbolt 3に対応したUSB Type-Cポートを装備。このUSB Type-Cポートに4Kディスプレイを接続し、表示領域をさらに広げれば、作業の効率や生産性を飛躍的に高められる

使用レポート使って実感! クリエイターも認めた「大画面を持ち運べる」メリット

モバイルノート感覚で大画面を持ち運ぶ、というのはこれまでになかった新しい体験。それだけにどのようなシーンでどのようなメリットが得られるのか、今ひとつピンと来ないかも知れない。というわけで、価格.comの編集スタッフやカメラマンなどに「17Z990-VA76J」を使ってもらい、「大画面を持ち運べる」メリットを詳しくレポートしてもらうことにした。

Report:1編集スタッフKの場合

LGエレクトロニクス「LG gram」

打ち合わせ先や立ち寄ったカフェなど、いつでもどこでも、時間があれば原稿や企画書を書いているという編集スタッフK。これまでは機動力を優先して13.3型のモバイルノートを使っており、そのほか職場ではデスクトップPC、自宅では大画面ノートPCと、合計3台のパソコンを使い分けていたという。できれば自宅で使用している大画面ノートPCを、外出先にも持って出かけたいところだが、大きく、重い大画面ノートPCを常に持ち歩くのは現実的じゃない。そう考えて仕方なく3台持ちに甘んじていた編集スタッフKにとって、「17Z990-VA76J」は救世主とも言える1台になったようである。

外出先でも大画面で作業できるなら、それに越したことはありません。17型の液晶を搭載しながらボディサイズは15.6型並み。このサイズ感でこの軽さなら持ち歩いても苦じゃないですし、1台のパソコンで仕事もプライベートもまかなえますよね。印象的だったのは、16:10の画面アスペクト比が想像以上に使いやすかったことです。大画面かつ高解像度なので、左にブラウザー、右に『Word』といった具合に画面を分割してもそれぞれのウインドウを大きく表示できるのはもちろん、16:10は16:9に比べて縦長なので、ブラウザーも『Word』もフォントサイズをキープしたまま、より多くの情報を一覧できるんです。多くの情報を同時に扱い、整理し、まとめていく編集という仕事において、情報の一覧性は作業効率に直結する重要なファクターですから、これはありがたかったです。

Report:2カメラマンTの場合

LGエレクトロニクス「LG gram」

現在の撮影現場では、カメラマンがシャッターを切るとWi-Fi経由でカメラからパソコンに画像が転送され、編集者がその場で写真をチェックするのが一般的である。そのため現在のカメラマンは常にパソコンを持ち歩くわけだが、カメラのボディに複数のレンズ、ストロボ、三脚など、ただでさえカメラバックは撮影機材がぎっしりと詰め込まれているもの。「やっぱり、少しでも荷物は軽くしたいですよ」とカメラマンTは言う。

とはいえ小さな画面では編集者が写真をチェックしにくいので、画面サイズはできる限り大きいほうがいい。だから仕方なく、これまでは大きくて、重い大画面ノートPCを持ち歩いていましたが、『17Z990-VA76J』は17型液晶モデルなのに驚くほど軽い。あまりに軽いので、アシスタントに『バッグにパソコン入れてくれた?』と確認してしまったほどです。それに、この画面サイズでこの解像度だと、その場でちょっとした画像のレタッチ作業もできてしまいます。おかげで撮影がスムーズに進んで、編集者にもよろこんでもらえました。

Report:3編集スタッフSの場合

LGエレクトロニクス「LG gram」

休日はもっぱら動画鑑賞やゲームを楽しんでいるという編集スタッフS。自宅ではパソコンをエンターテインメントマシンとして利用しており、大画面や、高解像度、高い処理性能は必須項目だという。

17型の大画面なら動画もゲームも大迫力で楽しめます。ベゼルが細く没入感が高いですし、カジュアルな3Dゲームであれば動作がモタつくこともない。エンタメ用途にも十分使える1台だと思います。これまでは会社用と自宅用とでパソコンを使い分けていましたが、これなら『17Z990-VA76J』1台に集約できますね。このサイズ感と重量なら、持ち運ぶのが苦になりませんから。

4つの画面サイズで全11機種をラインアップ

豊富な製品ラインアップも「LG gram」シリーズの魅力だ。今回レビューした17型に加え、15.6型、14型、13.3型という4つの画面サイズにスペックやカラーの異なる全11機種が用意され、軽量、コンパクト、長時間バッテリーといった特徴は全モデルに共通する。予算や用途に合わせて、ぴったりの1台を選んでみてほしい。

  • 17型液晶モデル17Z990-VA76J
  • 15.6型液晶モデル15Z990-VA76J
  • 14型液晶モデル14Z990-VA76J
  • 13.3型液晶モデル13Z990-VA76J
  • LGエレクトロニクス「LG gram」

まとめ「これ1台で十分」と素直に思える完成度

“モバイルデスクトップ”というキャッチコピーを目にした当初は、頭の中に「?」が浮かんだが、レビューを進めていくうちに、「なるほど、そういうことか」と納得させられることになった。17型液晶モデルながら、従来の15型液晶モデル程度のボディサイズと、約1340gという軽さを実現しているうえ、最長22時間という長時間駆動を実現。また処理性能についても、「第8世代インテル Core i7-8565U プロセッサー」をはじめとするハイスペックパーツを搭載し、サイズ的にも、スタミナ的にも、スペック的にも「これ1台で十分」と思える製品となっていたのだ。自宅でも、外出先でも、プライベートでも、ビジネスでも、同じ1台のパソコンを使うというスタイルが、こんなにも快適で、便利なものだということを実感できたのは、本当に目からウロコの体験だった。

LG gram 17Z990-VA76J

17型液晶搭載モデル

LG gram 17Z990-VA76J
価格.comで最安価格をチェック!
ボディカラー ダークシルバー
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU 第8世代インテル Corei7-8565U プロセッサー
メモリー容量 DDR4-2400MHz 8GB
ストレージ 約512GB(Serial ATA)
ディスプレイ 17型 IPS液晶(2560×1600)
バッテリー駆動時間 約22時間 ※JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver.2.0)
充電時間 約3時間
外部インターフェイス USB3.1 Type-Cポート(Thunderbolt 3)×1、USB3.0ポート×3、microSDメモリーカードスロット×1、HDMI出力ポート、ヘッドホン出力端子×1
セキュリティ 指紋認証
ボディサイズ 約380.6(幅)×265.7(奥行)×17.4(高さ)mm
重量 約1340g